ラ・ヴィ日記 


~出産したお母さんからのメッセージ~


虫の声とともに、ラヴィでもかわいい赤ちゃんの産声が響いています♪

                                                                令和元年9月更新      


里帰り出産でラヴィを選んでくれた初産婦さんです。
大学病院でありながら『自然分娩・アットホームな雰囲気』という言葉にひかれてラヴィを希望してくれました。

妊婦健診では、ラヴィのスタッフと会う回数が増えるたびに『早く産まれないかな~』と出産を楽しみにしてくれていたそうです。
実際、お産のときには少しだけ見えてきた赤ちゃんの頭を触り、『丸くて温かい髪の毛に触れることができて、一気に産まれる実感がわき、赤ちゃんが出てくる感覚を実感しながら産むことができました』と話されていました。

妊婦さんが自分らしいお産を迎えることができるように、 これからもひとりひとりの妊婦さんとの関わりを大切にしていきたいと思います。





第1子、第2子をラヴィで出産したお母さんです。そして、今回は第3子の誕生です!!

3人目となると、陣痛は大波のように一気に押し寄せてくるので、痛みで余裕がなくなってしまいます。
しかし、『ラヴィスタッフがかわるがわる腰や背中を力強く押してくれて、陣痛を乗り越えられるように助けてくれました。本当に気持ち良かったです!!』とうれしい言葉をいただきました。

赤ちゃんは元気な産声をあげ、写真の通りまるっとした元気でかわいい男の子でした


出産という大仕事を終えたお母さんの笑顔が、本当に
素敵ですね☆





2人目のお子さんを初めてラヴィで出産したお母さんです。

実は1人目の出産もラヴィで出産予定でしたが、途中ラヴィでの出産が難しくなってしまったため、医師管理のもとで出産されました。
ラヴィスタッフ一同、今回こそは私たちが出産をお手伝いしたい!!と願いました。

妊娠経過中、切迫早産の診断を受け長期にわたって安静入院することになりましたが、無事に正期産を迎えることができ、元気なお子さんをラヴィで迎えることができました。

新たな家族が加わり、幸せそうな笑顔にラヴィスタッフ一同も大変うれしく思います






春風に乗って、かわいい赤ちゃん達の声が聞こえてきます♪


平成31年4月更新

ラヴィで初めて出産された初産婦さんです。
里帰り出産のため、妊娠後期から助産師外来に
通院しました。
妊娠中の身体作りや、おっぱいのケアなど指導を受け
出産への準備が着々と進んでいることを実感しながら
妊娠生活を過ごすことができたそうです。
陣痛は想像以上に強く、恐怖心との戦いでもあったそう
ですが、落ち着いて過ごし、ご主人様も積極的にサポート
していました。

赤ちゃんの泣き声を聞いた時、胸に抱いた時、
赤ちゃんへの愛情と幸福感が駆け巡り、Skin to Skin
では「この世にこんなに幸せな時間があるのか」と
思うほどの言葉にならない経験だったそうです。

ご夫婦の、赤ちゃんを優しく見つめる姿が印象的でした♡





第1子をラヴィで出産された経産婦さんです。

助産師外来では、顔見知りのスタッフがほとんどで、
不安もなく、余裕をもった妊婦生活を送ることができた
そうです。
長男君も健診に来て、一緒に超音波エコー画面を見たりと  赤ちゃんの誕生を楽しみにしてくれているようでした。

予定日も過ぎた夜、待ちに待った陣痛が来ました。
お産はとても順調に進み、大きめな赤ちゃんでしたが
会陰切開もなく産まれてきてくれました。
「家族そろってこの子を迎え入れたこと、新たなスタートを   きれたことはラヴィでしか出来なかったと思います」と
感想をいただきました。

ご家族と共に、大切な時間をラヴィスタッフも共有すること
ができて本当に嬉しく思います♪






ラヴィで初めて出産された初産婦さんです。
里帰り出産を考えている時に、お友達からの勧めで
ラヴィを希望してくださいました。

もともと体を動かすことが好きということで、
バランスボールや雑巾がけなどの運動を積極的に行い
出産の体作りに励んでくれました。

陣痛の前半は、自宅で歩いたりお風呂に入ったり、
お産が進むよう上手に過ごしていたそうです。
ご主人も遠方から無事到着!
心強いサポートを受け、痛みが強くなる中、赤ちゃんに
会えることを願い必死に頑張りました。

「人生の大イベントの出産をラヴィで迎えることができて、
本当に良かったです」と嬉しい感想をいただきました。

出産の日は、何年経っても色あせない素敵な思い出に
なりましたね♡




la vieでは続々と新しい命が誕生しています✿




 第2子、第3子をla vieで出産されたリピーターさんです。

4人目の出産とあって、いつ陣痛が来るのかとドキドキする中、妊娠41週を目前にした夜、陣痛が始まりました!!
バースプランは「家族で迎えるお産」でした。
上のお子さん達が産まれてきた妹の頭を優しく撫でて、
家族みんなで幸せな時間を過ごすことができました。

退院前に一番上のお兄ちゃんからスタッフ宛てに可愛らしい
お手紙をいただきました。
「妹が産まれたのはあなたたちのおかげです。これからもお仕事がんばってください」➔頑張ります\(^o^)/


スタッフ一同とても心の温まる素敵な出産でした♪





 職場の先輩からla vieのことを聞き、アットホームな雰囲気に惹かれ、la vieを選んでくださった初産婦さんです。

 助産師外来では温かな雰囲気にリラックスし、妊婦健診が
毎回楽しみだったとお話しして下さいました。
 
 初めての陣痛は腰の痛みがとても辛かったそうですが、旦那さんがひたすらマッサージをしてくれて、なんとか耐えることができたそうです。

 「あまりの痛さに弱音を吐いてしまいましたが、ずっと励まし、早くお産が進むように的確なアドバイスをしてくれて、安心して身を任せることができました」と感想をいただきました。

 アットホームな雰囲気で少しでも皆さんがリラックスして出産に望めるように、これからも全力でサポートしていきたいと思います(*^_^*)





 第2子をla vieで出産したリピーターさんです。3人目が
できたら絶対にまたla vieで産もうと妊娠前から決めて
くださっていました(*^_^*)

 待ちに待った陣痛がやってきて、病院に連絡すると、よく
知ったスタッフの声に安堵し、緊張や不安よりもリラックス
した気持ちで病院へ向かうことができたそうです。

 2人のお兄ちゃん達はママが頑張っている中、マイペースに過ごし、和やかな雰囲気の中で出産できたことは最高の
思い出になったとお話しして下さいました。

 無事に出産を終えたママの表情がとても素敵です。
お産後に家族で過ごす時間は、何とも言えない幸せな空間です。幸せな空気を一緒に感じ、自然に笑みがこぼれる
la vieスタッフなのでした♪








猛暑を吹き飛ばす元気な産声が響いています♬~
平成30年8月更新

  上のお子さんを立ち会わせたいとラヴィで出産することを選んだ経産婦さんです。

妊娠中は毎日体重計に乗り、ご自身でしっかり体重コントロールをされていました。また、妊娠中から身体づくりの運動もされていました。
そのおかげもあって出産の際には、破水と同時に陣痛も来て、病院に到着したときには子宮口8㎝開大とご本人もびっくりするくらいのスピード出産となりました!
ご家族も無事に立ち会うことができ、満足の出産に
なったそうです。


新たな家族が加わり、幸せそうな笑顔に私たちも嬉しくなります!


ラヴィで第1子を出産された経産婦さんです。

「自分らしいお産をしたい!」と今回もラヴィでの出産を希望してくれました。
出産の際には、上のお子さんに手を握ってもらいながらの安産でした!
今回は、家族で協力して支え合い、乗り越えられ、家族の絆を強くしてくれた妊娠・出産だったそうです


妊娠中は切迫早産のため、安静が必要でなかなか思い通りの妊娠生活を過ごせない中でも、「お産は自分らしく!」という強い思いが赤ちゃんにも届いた素敵なお産でした♪
 


ラヴィで初めて出産された初産婦さんです。

予定日を過ぎてもなかなか陣痛が来ず、不安と焦りでいっぱいでした。それでも運動を続け、
自然に陣痛が来ました。
「長時間の陣痛に耐えきれず、苦しくて逃げたくもなりましたが、ラヴィのスタッフさんがずっと腰をおしてくれたり、声をかけてくれて、それを力に耐え抜くことができました。」
ラヴィで自然なお産ができたことは、とてもいい経験になり、達成感もあったそうです。


ラヴィを選んでくださったご家族をお産まで見届けられることを嬉しく思います!それぞれのご家族が目指すお産が実現できるように、私たちも日々努力していきたいと思っています!



穏やかな春の日に、元気な産声がたくさん聞こえてきました✿
                                
平成30年4月更新

3人目を出産された経産婦さんです。

今回は初めて横向きのお産を経験されました。
出産にはご主人が立ち会い、ご主人のマッサージが本当に心強かったそうですが、分娩台に上がってしまうとそれどころではなかったそうです。
ご主人は今回赤ちゃんが出てくる様子をじっくり見ることができて「横向きのお産ってすごいね!」「感動的だった」とおっしゃっていたそうです。



新たな家族が加わり、素敵な笑顔が見られました♬





ラヴィで第一子を出産された経産婦さんです。
前回の産前産後の手厚いケアに感動し、今回妊娠初期からla vieを希望して下さいました。

37週まで安静が必要だった分、体力作りなど準備が不十分!とご自身で分析され急ピッチで身体作りに取り組まれていました。
充分身体作りができ、母子ともに準備万端となった40週、第一子分娩時と同様の破水から始まり、一気に5分毎の陣痛!!病院到着からわずか40分で出産となりました。

 今回のお産を振り返り、「痛みにもだえながらも、 赤ちゃんが出てくる感覚を感じることができている 客観的な自分を保てました。スピード出産、しかも おしもの傷もなく産後スタスタ歩け身体が楽でした」と、充実感あふれる柔らかな笑顔が印象的でした。




ラヴィで初めて出産された初産婦さんです。
自然なお産がしたいとラヴィを選んでくださいました。里帰りのため妊娠36週から助産師外来通院となりました。
妊娠中は、初めてのお産に不安は全くなく、赤ちゃんに会える嬉しさでいっぱいだったそうです。

出産を振り返って、「皆様に支えられ、印象深い、素晴らしい、そして幸せいっぱいの出産を経験することができました」という言葉を残してくださいました。妊娠36週からの関わりでしたが、短い期間であってもラヴィスタッフと一緒にお産について考え、安心して出産に臨めたのだと思います。

一生に幾度もない出産という貴重な体験が満足のいくものとなるよう、私たちラヴィスタッフは心をこめて妊婦さんをサポートしていきたいと思います。





 爽やかな秋風に乗って、la vieに新しい仲間が増えました♬

                                                    H29年9月27日  更新

5歳のお兄ちゃんをla vieでお産された経産婦さんです。
家族の立会い、アットホームな雰囲気でのお産が忘れられず、今回も迷わずラヴィでのお産を希望してくださいました。
お腹が張りやすく、本格的な身体作りは37週に入ってからでした。
陣痛が来たのは39週の健診後、いつものようにラヴィの部屋でバランスボールにのり、たくさん動いた日の夜でした。お兄ちゃんの立会いを希望されていましたが、直前で発熱!結局お兄ちゃんは立ち会えず残念でしたが、お産はとても順調に進みました。

「いつか息子たちが大きくなったら、素敵な思い出となったお産の話をしてあげたい」と話していました。

貴重なお産の経験が、皆さまにとってかけがえのない思い出となるように私たちスタッフ全力でサポートしていきたいと思います!






この方も1人目をla vieで出産した経産婦さんです。

アットホームな雰囲気の中で、上の子に産まれたばかりの赤ちゃんを見せてあげたいと希望してくれたそうです。

言葉通り、上のお子さんと一緒にダンスを踊って過ごすなどリラックスして過ごされていました。お産直前にはパパとお子さんで一緒に腰をさする姿にほのぼのしました。

「明るく親身になってくれるスタッフに
囲まれて心も身体も開放してリラックスして産めました!バースプランも全て達成! la vieで出産することができ、感謝の気持ちと達成感でいっぱいです。」と感謝の言葉を頂きました。

私たちも産婦さんとご家族の素敵な笑顔に元気をいただいております!





  春の訪れとともに、かわいい赤ちゃんたちが誕生しています♪♪  

                                                       H29年3月30日  更新 


こちらは初産婦さんです。

予定日を過ぎていたこともあり、早く陣痛が来るようにと入院直前まで、寒い夜の外を散歩していました。
散歩の途中、前駆陣痛と思っていた痛みは徐々に強くなり病院へ。実は前駆陣痛ではなく、本当の陣痛が始まっていたため、そのまま入院となりました。

前向きな気持ちで身体作りができていたこともあり、お産は順調に進んで安産での出産となりました。

ラヴィでは、“自分の力で産む”ために、妊娠中からの身体作りやお産への心構えがとても大切です。どのようにお産への準備をしていけばよいか、ひとりひとりに合った方法でサポートさせていただきます!!






お姉ちゃんもラヴィで産まれ、2人目もラヴィで出産された経産婦さんです。

「ラヴィで出産した2歳の娘と、主人が応援するリラックスした雰囲気のなかで、自分の好きな体勢で産むことができました。安全性を確保しながらも、医療化されすぎない人間らしいお産ができて幸せです」との感想をいただきました。

お母さんたちが幸せに感じてくれるようなお産をお手伝いできるよう、私たちも日々技術を磨いていきたいと思います!!









2人目を初めてラヴィで出産された経産婦さんです。胎盤の位置が低い時期もありましたが、医師から普通分娩の許可が下り、ラヴィでの出産を希望されました。

ラヴィの一番の魅力は、子どもの立ち会い出産ができるところだったそうです。2歳になったばかりの甘えん坊のお兄ちゃんですが、出産本番では頑張っているお母さんをうちわで仰いでくれたり、手を握ってくれたりと、一生懸命応援してくれました。

「家族の一大イベントに一家そろって立ち会えたことが、私にとって一番の満足感となりました!」との感想をいただいています。

出産後の幸せそうな家族の笑顔を見ると、ラヴィスタッフも益々やりがいを感じます!!







2人目を出産された経産婦さんです。2歳のお兄ちゃんもラヴィで産まれました。

1人目を出産した時から、「2人目を授かることができたら、またラヴィで出産したいなぁ」とずっと思ってくれていたそうです。そして、念願かなってのラヴィでの出産を無事に迎えられました♪

赤ちゃんを愛おしそうに見つめるお母さんとお父さんの表情に、私たちも温かい気持ちに包まれます。

「またラヴィで出産したい」と少しでも多くのお母さんに思ってもらえるよう、これからも全力でサポートさせていただきたいと思います。






こちらは経産婦さんです。
2人目に引き続き、3人目になる今回もラヴィで出産する予定でしたが、おなかの赤ちゃんがずっと横向きの姿勢だったため、普通分娩は難しく、帝王切開と言われていました。

ところが、「3人目もラヴィで産みたい!!」というお母さんの思いが通じたのか、帝王切開前日に赤ちゃんの頭が下向きとなり、帝王切開は急きょキャンセルに!!

陣痛が来たときは「ドキドキ」というよりも「ワクワク」しながら出産に臨めたとおっしゃっていました。
無事に出産を終えてホッとした表情がとてもステキですね♪

今回、“産まれる”というお母さんと赤ちゃんに備わっている力が帝王切開直前で発揮されたことに、私たちも何か不思議な力(縁?)を感じています!!






2人目をラヴィで出産された経産婦さんです。
2歳のお兄ちゃんに生まれてすぐの妹を見せてあげたいという思いからこちらでの出産を決めました。

お産本番では立ち会う予定のご主人が間に合わず、さらにお兄ちゃんは眠くて「帰る~」と言い出してしまう結果に・・・。ですが、家族がいないなかで、立派に出産されました(^ ^)v

「バースプランからはちょっとはずれた結果(笑)となりましたが、良い思い出となりそうです」という感想と、さらに「“ラヴィで出産することを迷っていた自分に、正しい選択だったよ”と言ってあげたいです」とうれしい言葉をいただきました。

その言葉を胸に、私たちもご家族にとって満足のいくお産を目指していけるよう、さらに頑張っていきたいと思います!!






    ラヴィで誕生したこどもたちに妹や弟が誕生しました♫
                                      
H28.12.22 更新

 3歳のお兄ちゃんの立ち会いを希望され、
la vieを選んでくれた経産婦さんです。
 お兄ちゃんも3年前にラヴィで産まれました。

 「出産の不安、痛み、私とお腹の子の頑張りを
家族がみてくれていると思うだけで力が湧きました。
長男と産まれた次男をふれ合わせることができ、
新しい家族が誕生したことを受け止めてくれたように
見えました。」との感想を残されました。

 出産は何度目でも不安でいっぱいなものです。
でも大切な人に囲まれ、手を握りそばにいてくれるだけで力が湧くものです。家族でお産に立ち会い、喜びいっぱいの時間を共有できることはかけがえのない経験ですね♪





1歳のお姉ちゃんもラヴィで産まれ今回妹誕生です。

 今回は、切迫早産のため32週で緊急入院し点滴と
安静で1ヶ月治療しましたが、無事正期産を迎え
出産となりました。
 「赤ちゃんが力強く産道を降りてこようとする
感覚を感じられとても自然に赤ちゃんと一体に
なりながらお産できました。また、自分がありたい
姿勢を促し、思いやつぶやきを支持し自分が
自分らしくいることを常に承認してもらえることが、
こんなにも幸福なのだと感じさせられました」との感想を残されました

 また、家族立ち会い出産することで家族の存在の
大きさも実感されたそうです

 新しい家族誕生の瞬間を一緒に迎えられる幸せを
感じられるよう、私たち助産師も頑張ります。
 





  2歳のお姉ちゃんもラヴィで産まれ、
今回は妹誕生です。
 妊娠中からの個別的なアドバイスや、家庭的な
雰囲気での出産、親身に接してくれる温かい
スタッフがいる安心できる場所で出産したい、と
今回もラヴィを選んでくれました。
 
 分娩予定日を超え、周りからのプレッシャーを
感じ焦りがでたそうですが、陣痛が来てからは
自分らしいペースで自然分娩することができました。
お姉ちゃんの出産でできなかった
STS(Skin to Skin)を経験され、
「それまで泣いていた赤ちゃんが私の胸の上にくると
泣きやみ、すやすやと穏やかに眠る姿に感動し、
心がポカポカし今まで感じたことのない幸福感を
味わうことができました」との感想を残されました。

 幸福感いっぱいのお写真に私たち助産師も幸せ
いっぱいです!





 アメリカ大統領選でトランプ氏が当選した歴史的な
日に産まれた女の子です。
お兄ちゃんも 4年前にラヴィで産まれました。


お兄ちゃんを出産した時の産前産後ケアの記憶から
ラヴィなら元気な赤ちゃんをベストな状態で産める!と
希望してくれました。
予定日1週間を超え、私たち助産師も毎日連絡が
来るのをドキドキしながら待っていましたが、陣痛が
きてからは順調に出産がすすみました。
 ご主人が腰をさすってくれ、とても心強かった
そうです。 
 「兄妹で同じ場所で幸せな出産ができ夫ともども
感謝でいっぱいです。この場所がずっと続きますように。」 との感想をいただきました。

 これからも笑顔いっぱいのご家族が増えるよう、
ラヴィ一同頑張ります。
  
 





 待望の赤ちゃんを出産されたご夫婦です
 赤ちゃんの成長を願う不安な妊娠生活のなか
ラヴィに出会い、ゆっくり超音波をみたり
分娩に向けた心身の準備をしました。
 予定日が過ぎたころ、「ラヴィでママは産みたい!」  という強い気持ちが赤ちゃんに伝わったのか、
自然に陣痛がきて順調に出産となりました。

 「ラヴィという出産の選択肢に出会え、
素敵なマタニティーライフを過ごせました。
入院から出産まですべての時間を夫婦で共有でき、
私たち家族にとって大切な思い出を作ることができ
幸せです。」との感想を残されました。

ご夫婦で出産にとりくみ赤ちゃんを迎えることは
本当に素敵なことですね。
 





 医療行為ではない出産をしたい、とラヴィを選んできてくれた初産婦さんご夫妻です。
 陣痛が来るように、大平山(栃木県)の階段、歩道橋の階段スーパーの階段・・・と、とにかく階段を頑張って歩かれました。
 そのかいあって、忙しいご主人が立ち会えるベストなタイミングで陣痛が始まり、順調に出産となり元気で可愛い女の子が誕生しました。
 「赤ちゃんが出てきた時は、安心感と無事生まれてくれた嬉しさ、主人をパパにしてあげられた感動で涙が出ました。」


 この感動の瞬間のために、妊娠中からの努力と 強い意志が大切だと改めて感じます。
 





 「自分らしい出産を目指せる場所」としてラヴィを
選んでくれた初産婦さんです。
 助産師外来の中で、妊娠生活の見直しや体作り、
自分の体と向き合うことができ家族で迎えた出産。
「家族に囲まれて赤ちゃんを迎えたい思いが叶い、
笑いが溢れる中で新しい命を誕生させることが
できました。出産は辛かったですが、陣痛と向き合え、
赤ちゃんの回る感覚、元気な心音、ひとつひとつ
鮮明に覚えています。最高のスタッフ、環境、家族に 囲まれての出産は、一生の宝物で忘れられない
時間です。」との感想をいただきました。
 
 出産を見守ってくれる家族は産婦さんと赤ちゃんに
パワーを与えてくれます。そして赤ちゃんは、大人の
笑顔をひきだすパワーが最強です!


     ラヴィで出産されたママとご家族の皆様、ホームページをご覧いただいた皆さま! 
     2017年が幸せいっぱいの1年となりますよう、ラヴィ助産師一同お祈り申し上げます







   おかげさまでラヴィ開設100人目のベビーちゃんが産まれました♪

                                                               H28年 7月5日 更新



助産師外来通院中から、上のお兄ちゃんも
一緒にエコーで赤ちゃんの様子をみたり、
お産のことや赤ちゃんの話をよく聞いていました。


そのためか、産婦さんだけでなく、
上のお子さんも出産を待ち遠しく思っており、
いざ陣痛がきてからは、たくさんママのサポートを
してくれ、大活躍でした✌

以前は「陣痛は一人で乗りきるものだ」
と思っていた経産婦さんですが、
「家族みんなで楽しく、思い出深い出産となりました」
と産婦さんから嬉しい感想をいただきました★






4歳のお姉ちゃんの立ち会いを希望され、la vieを選択された経産婦さんです。

陣痛中、ママの呼吸に合わせて腰をさすり、心折れそうになったママを勇気づけてくれたお姉ちゃん。
その姿は、まるで、小さい助産師のようでした。

産婦さんも「娘が腰をさすってくれ、しっかりとした
優しいお姉さんになったように思えます。」と話してくださいました。

「産まれる瞬間の場にいるだけでなく、産まれるまでの長い時間を一緒に過ごしながら、家族を思いやり、助け合い、新たな家族を迎える」、そんなステキな家族立ち会い出産でした♥






こちらの初産婦さんは、時間が過ぎていくにつれ、お産に向けて準備が出来ていないと焦りや不安を感じられていました。

そこで、la vieスタッフと試行錯誤し、産婦さんに合ったお産までの準備プランを考え、共に取り組んでいきました。

その結果、「大切な人達や家族と望めたお産の雰囲気はとても明るく、楽しく“私らしいお産”になったと思います。」と嬉しい感想を話してくださいました。

待ちに待った赤ちゃんを抱くママやパパの笑顔が輝いていますね(^_^)v






第2子をla vieで出産されたリピーターさんです。 

産婦さんもニッコリ笑顔♥
赤ちゃんもママにぴったり寄り添い、安心しきった表情ですね。

今回のお産について、次のように振り返っています。
「痛かったけれど、お産を自分のペースで、どこか楽しくさえ感じながらできました。たった数時間の出来事ですが、これからの私たち家族にとっては、とてもとても大きな意味を持つことになりました。」

la vieスタッフも、ご家族と共に新しい命を迎える場に
立ち会えることに、とても幸せに感じます♥







          春風にのって、la vieでも可愛らしい産声が聞こえてきます ♪

                                                               H28年 4月5日 更新


こちらは、2年前にもla vieでお産をされたリピーター
の方です。

ご主人と上のお子さんに加え、妹さんも立ち会われ、
とても賑やかで、笑いのあるステキなお産と
なりました。

今回のお産を振り返り、産婦さんからは「すごく愛
にあふれたお産だったな」と嬉しい感想をいただき
ました。

これからも、たくさんの笑顔と喜びを皆様にお届け
したいと思っています♪







こちらは
初産婦さんです。

2年前にla vieで出産したお姉さまに勧められて、
「自分もla vieで産みたい!」と希望してくださいました。

最初は出産に対してネガティブな気持ちだったとのこと
ですが、助産師外来に通ううちに出産が楽しみに思うようになっていったそうです。


「満足なお産は自分で作り上げるもの!」と、バース
プランを積極的に考えることができ、順調なお産を迎えることができました。

達成感あふれる産婦さんの表情に、la vieスタッフも
とても励まされました。




















こちらは念願のla vieでの出産を果たした
経産婦さんです。


今回は、赤ちゃんの体重が小さめだったり、
羊水が少なめだったりという不安を乗り越えての
出産でした。

産婦さんからは、「希望していたskin to skinも
でき、本当に幸せな時間を過ごせました」という
感想をいただきました。
上のお子さんも立ち会うことができて、本当に幸せ
そうな瞬間ですね。


la vieスタッフも、ご家族と一緒に新しい命を迎える
場に立ち会え、とても幸せに感じます♪

こちらは
経産婦さんです。

前回のお産は促進剤を使用し、吸引分娩でした。
その経験から「自然なお産って何だろう。」と興味を
持ち始め
、今回はla vieを希望してくださいました。

しっかり身体作りをした甲斐もあって、今回はとても
順調なお産で、育児もスムーズに始めることができた
ようです。

写真は出産直後に赤ちゃんを抱く様子です。
ママたちのこの穏やかな笑顔を見るたびに、一緒に
過ごした日々を思い出しては、心の底から良かったなと
実感しています。







 寒さを吹き飛ばす元気なla vieベビーが誕生しています♪

H27年 12月9日 更新






こちらも経産婦さんです。
上のお子さんを助産所で出産した経験のある方です。

途中、切迫早産で入院していた時期もありましたが、
la vieでの出産を諦めることなく安静を保ち、妊娠37週を迎えられました。

la vieクラスのエンジョイバースでお会いしたときの
上のお子さんは、ちょっぴり恥ずかしがり屋さんでした
が、もうすっかりお姉ちゃんのお顔をしてますね♥


ご家族の笑顔を見る度に、妊娠・出産・育児の
お手伝いができることに、la vie一同やりがいを感じる毎日です。







次にご紹介するのは、こちらの初産婦さんです。

なんと!!3802gの立派なベビーちゃんを
6時間程で出産されました☆★

出産後、
「本格的な陣痛になるまでは長丁場となりましたが助産師のみなさんがその時々で必要なケアを
行ってくださったため、辛い時にも安心感がありました。」という感想をいただきました。

妊娠中からしっかり身体作りをしたことや、辛い陣痛が来ても前向きにお産に向き合ったことが安産につながったのだと思います。







 
 
次にご紹介するのは、上のお子さん立ち会いのもと、
無事にla vieで出産された経産婦さんです。


助産師外来に通い、妊娠期から一緒に身体作りを 
しました。
その甲斐あって、とても順調にお産が進みました。 
出産直前には赤ちゃんがゆっくりと出てくる感覚を味わう
ことができたそうです。

「前回の出産時には感じられなかった達成感、満足感の
あるお産でした。」と笑顔でお話しされていたのが
とても印象的です。

パパや上のお子さんに囲まれながら誕生した赤ちゃん♪
穏やかに眠っているお顔が、とても微笑ましいですね
(*^。^*)





こちらは、上のお子さんのときもla vieで出産された
経産婦さんです。

嬉しいことに、上のお子さんを出産されたときから、 
「次も絶対にla vieで出産する!」と決めてくださって
いたようです。

顔見知りのスタッフも多く、
「助産師さんの手と声と存在そのものに安心感を
持って出産することができ、やっぱりla vieで出産して
良かった。」と、とても嬉しい感想をいただきました。

助産師外来に通い、顔見知りのスタッフの中で
安心して出産してくださるのもla vieの醍醐味だと
感じていますヽ(^o^)丿

第3子も是非、お待ちしています♥














こちらは、上のお子さんを県外の助産院で出産した
経験のある経産婦さんです。

「今回もアットホームな環境で、家族みんなで赤ちゃんを迎え入れたい」ということで、自らla vieを
希望してくださいました。

上のお子さんはママに声援を送ったり、汗を拭いたりと大活躍でした!!とても頼もしかったです☆
すっかりお兄ちゃんの顔になった上のお子さんの
笑顔がとても印象的な一枚ですね(*^▽^*)

産まれてくる赤ちゃんをご家族でどのように
迎え入れるか考える時間はとても大切です。
la vieスタッフも少しでもそのお手伝いができればと
思っています♬






こちらは、上のお子さんのときからla vieでの出産を
希望していた経産婦さんです。

前回は妊娠後期に医師管理となりました。
そこで、「今回こそはla vieで出産したい。」と、
意気込み十分で迎えた出産の日・・・☆

今回無事にla vieでの出産を終え、
ご自分のお産について、こう振り返っています。

「産まれてくる子と一緒に呼吸を合わせて、一緒に
出産を進めていける。前回がla vieでの出産では 
なかったからこそ違いを実感することができました。」

自分と赤ちゃんの力を最後まで信じて自分らしく出産
できたという達成感が、この写真から伺えます(^^)





 la vieでは、続々と新しい生命が誕生しています♬

H27年 8月1日 更新


こちらは、当院を初めて受診された際、
la vieの存在を知り、la vieでの出産を
即決された経産婦さんです。

大変なことも多かったマタニティ生活でしたが、
産婦さんとお産に対する思いを擦りあわせ、
どのようにすることが“自分らしい満足のいく
お産”となるのか、共に検討していきました。

その結果、無事に出産され、産婦さんから
「パパや長女に見守られ、ステキなお産に
なりました。3人目ができたら、またla vieで
お世話になります。」
と、何とも嬉しい感想をいただきました。

可愛いベビーちゃんを抱きながら、とてもやさしい
笑顔が印象的ですね (*^。^*)






こちらは、以前に上のお子様を当院で出産された
経産婦さんです。


今回は、「上の子をお産に立ち会わせたい」
「でも、産まれてくる赤ちゃんの異常時の対応が
整ったところで産みたい」という思いから、

la vieでのお産を希望されました。

さらに、助産師外来やla vieルームに参加し、
自然と“自分らしいお産とは?”と考えるように
なったそうです。

お産後に

「食生活を意識して、体重コントロールに励み、
会陰や乳房マッサージを自分なりに頑張りました。
産前にやっていたことが全て良い出産・良い産後
経過につながることを、身をもって感じることが
できました。」
と、振り返られていました。

家族4人での初ショット (^^)v
ステキなお写真となりました。






助産師外来でのことを
「私の性格・家族構成・仕事・お産への思いなどを
理解した上で接しようという思いが伝わってきて、
緊張や不安がほぐれていきました。スタッフ全員が
私に関する情報を共有してくれている安心感が
ありました。」と話す初産婦さんです。

お産では、なかなか赤ちゃんの頭が出てこず、
長丁場とはなりましたが、無事にご自分の力で
出産されました。

お産を振り返って

「お産は思っていたより壮絶なものでしたが、
達成感があり、今後の生活に前向きになれるような
お産になりました。」
と感想をいただきました。

ママとなられた穏やかな表情がとても素敵です♪






こちらの初産婦さんは、助産師外来の受診を通し
「きちんと自分の力でお産に向かうようにしなくては」
と、決意が固まってきたそうです。

そんな決意の下、お産に向けての身体作りを
実践された結果、とても順調にお産となりました。

お産について
「自分のことをよく知っているスタッフに支えてもらい、
身体も心も委ねることができました。
自分が産むという思いが、自然なお産や安産には
何よりも大切なのだと思います。」
と、振り返られていました。

自らのお産と真剣に向き合い、努力されたからこその
感想だと思います。
お二人の笑顔がとっても眩しいですね♥






職場の先輩に勧められ、la vieを希望された
経産婦さんです。

マタニティ生活は不安も多いものですが、
「私があきらめちゃいけない」と、お産に向けて
身体作りに励み、無事に元気な赤ちゃんを
出産されました。

お産を振り返り、
「la vieと出会い、自分が満足いく出産とは何かを
少しずつ考えられるようになりました。不安は
もちろんありましたが、出産時や産後の楽しみを
考えられ、前向きにお産することができました。」
と、お話されていました。

こんなステキな感想をいただけて、私たちla vie
スタッフとしても、とても嬉しいです (^_^)v






こちらは、自らla vieを希望し、当院へいらした
初産婦さんです。

「出産は、フリースタイルがいいなぁ。分娩台は
怖いなぁ。」といった漠然としたイメージで
la vieを希望されたそうです。

助産師外来でのアドバイスを実践していくうち、
ご自分のお産に対する意識も変わっていったと、
話されていました。

お産後には
「女性が元々もっている『赤ちゃんを産む』という力を
感じながら出産することができ、大変満足しています。」

と嬉しい感想をいただきました。


ご夫婦の穏やかな笑顔が印象的です (^v^)






お母様も助産師外来に来られたり、
ご主人とエンジョイバースに参加されたりと、
ご家族みんなで、積極的にお産に向けて準備を
された初産婦さんです。


お産では、赤ちゃんが出てくる瞬間や
元気な産声を、ご主人と一緒に、しっかり
確認することができたそうです。

「自分と赤ちゃんの力を信じて
“大丈夫!きっと産める”と思う事、
自分の心も身体もさらけ出す事がポイントになる
のではないかと感じました。」と話されていました。


素敵なお写真からも、ご家族みんなの満足感で
溢れている様子がうかがえますね☆






ご家族からの紹介で、la vieを希望された
初産婦さんです。


今回のお産を振り返り、

「健診の帰りに破水して、そのまま入院・・・
アッという間に痛みが強くなって、朝方には
出産に。
バタバタでしたが、たくさん声をかけてもらい、
忘れられないお産ができました。」

と、話してくださいました。


陣痛に耐え、不安を募らせる産婦さんに、
傍にいて寄り添うことが、
産婦さんに安心感を与え、良いお産に
つながっていくのですね (*^。^*)






こちらの方は、経産婦さんです。
上のお子様をお産に立ち会わせたいと、
la vie でのお産を希望されました。


「里帰り出産のため、数回の助産師外来と
なりましたが、一人の妊婦に対する丁寧なケアや
診察に、本当に驚きました。」

と、嬉しい感想をいただきました。

お産では、一番の目的であった、上のお子様の
立ち会い出産をすることができ、ご家族みんなで
過ごせたことに、とても充実感を感じていたよう
でした。


記念すべき家族写真♥
みんなの笑顔が輝いています (^O^)






こちらは、初産婦さんです。

「la vieで出産できたことで、出産を医療的な
ものでなく、生き物の自然な営みとして
捉えることができ、出産に向けて気持ちを
高める事ができました。
温かな出産を通じて、命の誕生の喜びをより一層
感じることができたと思います。」

と、お話しされていました。


私たちla vieスタッフも、アットホームな
環境の中で、産婦さんとじっくり関わり
“温かな出産”に携わらせていただけることに、
本当に幸せに感じています。








「3人目の妊娠で、赤ちゃんのことを一番に考えて
出産まで迎えることができたと思います

と語る経産婦さんです。


上のお子様たちの時の妊娠・出産経験を踏まえて、
今回は「絶対に安産で産みたい」と強い意志を持ち、
お産に向けての身体作りに励まれていました。


その甲斐あって、とても順調なお産となりました。

これまでの妊娠・出産を振り返り、
「以前は陣痛が来たら生まれるとしか、
思っていませんでした。しかし今回は、
安産で産むにはどうしたら良いか考えるようになり、
自分が安産を作るのだと思いました。」

と話してくださいました。


お写真からも、満足感と喜びが溢れていますね☆






 la vieでは寒さにも負けず、元気な産声があがっています ♪

H27年 1月30日 更新



こちらの方は、職場の先輩に勧められて la vieでの
お産を選んだ初産婦さんです。

産休に入り体重が増えてしまい
「食事の見直しとウォーキング、安産体操など出産に
向けて頑張りました。」
と、お産に向けた身体作りに、積極的に取り組まれて
いました。

その結果、無事に la vie でお産することができました。

お産を振り返って
「ずっと会いたかった我が子に会えた瞬間、本当に幸せな気持ちになりました!」と話されていました。


お産は自然な営みですが、より良いお産にするために努力してきたことが、お産の満足感やその後の育児につながるのですね。





里帰り出産で自治医大に来られた方です。

上のお子さんは、医師立ち会いでの
お産でしたが、今回は la vieを選んで
くださいました。


la vieでのお産について

「破水した時の感覚、赤ちゃんの頭が
出ている感じ、赤ちゃんが誕生した瞬間、
すべてを感じることができ、赤ちゃんを産んだということの喜びを全身で感じられました。」


と、話してくださいました。

お産は「痛いもの・怖いもの」と思われがち
ですが、このような喜びや満足感がもてる
お産のお手伝いができたことを、 私たち
la vieスタッフも、本当に嬉しく思います。





こちらは、la vieリピーターの方です。
今回は、予定日が近づいても、なかなか
お産にならないことに焦りもあったそうです。

しかし、その分お産に向けての身体作りを
しっかりされていたので、いざ陣痛が始まると
とっても順調に経過し、無事に可愛らしい
ベビーちゃん誕生となりました。


これまでの妊娠・出産を振り返り、

「スタッフとの信頼が深まり、最高の縁を
もって出産できる、それがla vie の魅力で
あると思います。このつながりを大切に、
また次もla vieで産みたい!と何度でも
思ってしまいます。」


と話してくださいました。


恒例の家族写真♪
みんなの笑顔が輝いていますねヽ(^o^)丿










こちらは、以前に当院で上のお子さんを出産された経産婦さんです。

今回は、上のお子さんや妹さんを、お産に
立ち会わせたいと、 la vie でのお産を希望されました。

お産後には、

「いつもだと聞きづらいようなことも、 la vie
スタッフには気楽にお話しすることができ、
安心して出産当日を迎えることができました。次の妊娠がもしあるとしたら、また la vie で産もうと思っています。」

と嬉しい感想をいただきました。


産婦さんの「また産みたい」という思いは、
私たち la vie スタッフにも喜びと幸せを与えてくれ、 la vie スタッフの原動力となっています♪



「初めはどこか、病院任せのところが大きかった
気がする・・・」と語る初産婦さんです。

助産師外来で la vie の紹介を受け、
「満足のいく自分らしいお産にしたい」 と決意されたそうです。
それからは、助産師外来で説明された身体作りを
熱心に行って、お産に挑みました。



お産を振り返って

la vie を選んだことで、自分でお産と向き合い自分の子と向き合い、『当たり前に産まれてくる命などない』ということを学ぶことができました。

とお話しされていました。


充実感あふれる笑顔がとても眩しいですね。



助産師外来でのことを
「不安な事や心配事などを遠慮なく言えるような助産師さんの対応がとても良かったです。
健診が待ち遠しく、ウキウキな気持ちでした。」
とお話ししてくださいました。


お産を振り返って

「陣痛で苦しんでいる間、助産師さんが
優しい言葉をかけ、痛い所をピンポイントで
さすってくれたり押してくれたり。
痛いながらも少し和らいだ感じがして、
ありがたかったです。」

との感想をいただきました。



産婦さんからこのような感想をいただき、本当に嬉しく思います。



 秋の訪れと共に、la vieに新しい赤ちゃんがやってきました ♪

H26年 10月25日 更新

助産師外来では、
「妊娠中は自己管理がとても大切だ」 ということを改めて感じたそうです。

 大変なことも多かった妊娠生活でしたが、出産に向けて体力づくりを少しずつ行った甲斐があり、旦那さまやお姉ちゃんが見守る中、無事に出産となりましたね。

 お産後に、
 「ひとつひとつの声かけがピンポイントに良かったです。痛い時のマッサージの手とか、痛みが軽くなっていきました」
という、嬉しい感想をいただきました。

 家族4人での初ショット。
 満足感に満ちた笑顔が眩しいです☆
  


  
このホームページを見て初めてのお産をla vieで、と選んでくれた方です。

 出産後に、

 「健診の際、とてもゆっくりと詳しく、たくさんのアドバイスをいただいたので、出産に向けて準備することができました。

 エンジョイバースでは、出産についていろいろと 考えさせられる素敵な時間となりました。

 出産の時は、心が折れそうになりましたが、 la vieスタッフや家族の応援もあり、 最後まで頑張ることができました。
 みんなに支えられて出産することができ、 感謝と幸せでいっぱいです。」

 と、話してくれました。


 自らのお産に真剣に向き合われていたからこその感想なのですね。

 お写真のような産婦さんやご家族の笑顔が、
 私たちla vieスタッフの原動力となっています。
こちらは、la vieリピーターの方です。

 妊娠が分かった時に
 「もちろん、またla vieで出産したい!」と 思ってくれたそうです。

 お産に向けての身体作りを頑張った結果、 産道のお傷もなく元気な赤ちゃんを出産されました

 「散歩や会陰マッサージ、おっぱいマッサージなど、 la vieで教えてもらったこと全てが、意味のあることだったんだと思います。
 おかげで産後は体がすごく楽だと感じています。」
 と、お産後に笑顔で話されていました。
 ご夫婦の笑顔が素敵なお写真になりましたね☆

 また、次回もお待ちしています (*^_^*)

  

  初夏の風が吹く中、la vieベビーが続々と誕生しています ♥

H26年 7月1日 更新


  
こちらの方は経産婦さんです。

スピード出産となり、大安産でした。

その時のことを振り返って、「陣痛が始まって病院に 来た時、ラヴィスタッフが笑顔で迎えてくれたのが印象的でした。

その後も声をかけたり、腰をずっと押してくれていたので安心できました。本当に良かったです。」

お写真からも、達成感と喜びが溢れていますね☆
里帰り出産で自治医大に来られて、ラヴィを選んでくれた方です。

出産後に
 
「初めての出産で、お産はどのような流れなのか、陣痛はど のような痛みなのか、バースプランはどうしたらいいのか、全て想像がつかず考えられない中、一から細かく教えて 頂き、一緒に考えてくれて、少しずつお産の準備・心の準備 が出来ました。」

と話してくれました。

 心身ともにしっかりお産の準備をした甲斐もあって、長丁場とはなりましたが、無事にご自分の力で出産しましたね。


 一緒に頑張ったご主人さんも満足した表情でお写真に写ってくれました。
  
   



こちらの方はお産後に、
 「すっきりしたぁと思わず言ってしまうくらい爽快なお産でした。」

と話してくれました。

今回は上のお姉ちゃんとお兄ちゃんに囲まれてのお産になりました。
陣痛中はお姉ちゃんが手をさすってくれてすごく 勇気が出たそうです!!
出産後に、お子さんたちが赤ちゃんをなでていて、本当に嬉しそうにしてました。

「一番本能のまま、ありのままの自分で出産できたかなと思っています」

との言葉をもらい、私たちも本当に嬉しかったです。

素敵なお写真になりましたね☆
  
   
こちらは、初産婦さんです。

la vieスタッフの話を聞き、『私らしいお産』を望み、la vieでの出産を選んでくれました。
 
出産後に妊娠中のことを思い出してくれ、 「助産師外来ではゆっくりエコーを見せていただけたので、毎回が驚きと発見の連続でした。
la vieスタッフと、赤ちゃんの様子を語り合ったりして、早く赤ちゃんに会いたいという思いが日に日に増していきました。」

と感想を話してくれました。

 妊娠中から出産に向け意識を高められていたため、長かった前駆陣痛をご主人と乗り切り、とても順調な出産となりましたね。
 

出産だけでなく妊娠から産後まで楽しみを持って過ごしていただけるのは本当に素晴らしい事だと思います。
   
こちらは、このホームページをご覧になって、la vieで出産したいと選んでくれた方です。
(スタッフとしても嬉しい限りです♪)

出産を終えて、

「まるで、お家のような部屋で、畳の上に布団を敷いて、自分の好きな格好で産む。
しかも、女性スタッフに囲まれて。
それも何かあれば大学病院の医療が受けられるという条件のもとで。

安全性を確保しながらも、人間らしく、女性の尊厳を大切にしてもらいながら素晴らしいお産ができました。

la vieで産めたこと、幸せなお産ができたことは私の誇りです。」

と、感想をいただきました。

お写真の穏やかな表情から、母親になった達成感や充実感が満ちている様子が感じられますね。
パパさんもとっても嬉しそうな表情をされていて、スタッフまで嬉しくなります。
 

春の穏やかな風がたくさんのla vieベビーを連れてきてくれました ♪

H26年3月1日 更新

なんと!こちらは、la vieリピーターの第一号さんです。

la vieでの2度目のお産を終えられて、「3人目の赤ちゃんがお腹に来てくれた時から、またla vieで産めたらいいなと思っていました。その願いが叶い、娘をla vieで迎える事ができ嬉しいです。」と感想をいただきました。

今回は上の2人のお子さんの立ち会いを希望していましたが、あっという間の入院・出産だったので、旦那さんと水入らずのお産になりました。

穏やかで本当に素敵な表情ですね。

開設して3年が過ぎようとしている中で、一度ならず二度目のお産もla vieを選んでいただき、スタッフ一同、本当に嬉しい気持ちでいっぱいです
  
こちらの方は、2度目のお産をla vieに選んでくれました。

出産後には、
「毎回の健診はいつも楽しくて、いろんなお話を聞いてもらいました。メンタル面でのケアもバッチリしてもらいました。

それに、今回も生まれた長女のために、全員でハッピーバースデーを歌ってくれ、娘へのステキなプレゼントになりました。

昨今、様々な産院が注目を浴びていますが、la vieはそれ以上の価値があると声を大にして言いたいです。」

と、非常に嬉しい感想をいただきました。

産む方が主役となる出産という貴重な機会をどのように過ごすか、やはり産婦さんやご家族が選んで、決めていって欲しいとla vieスタッフは考えています。
出産後にたくさんの思いを話してくれたのはこちらの方です。

「la vieの紹介を受けた時は、la vieならリラックスしてスムーズに産めるかもという思いと、院内とはいえ助産所だし何かあった時の対応はどうなるんだろうという思いがありました。
でも、施設を見たり同じ環境の中に医師がいるということを知り、すぐに不安がなくなりました。
助産師さんの健診を進めていく中で、お産に対する緊張や怖さがなくなっていくのもわかりました。」

と出産前のことを振り返ってくれました。

出産は赤ちゃんとお母さん、お二人の命が輝く貴重な機会だと思います。お二人が元気であることを第一にこれからもお手伝いをしていきたいと思います。
  
上のお子さんを是非立ち会わせたいとの希望で、la vieを選んでくれたのはこちらの産婦さんです。

「1人目のお産の時もla vieの紹介を受けていたのですが、何も分からず怖かったので選択しませんでした。でも、今になって思えば長女もla vieで産みたかったな。そうすれば、33時間もかからなかったろうに…」

と話してくれました。

3700gの大きな赤ちゃんでしたが、会陰マッサージをしっかり実践してくれた甲斐もあり、お傷なく産むことができました。

喜びに溢れる表情とお姉ちゃんの可愛い笑顔が印象的ですね。
こちらは、切迫早産の入院を乗り越え、la vieでの分娩を選んでくれた方です。
出産後に、

「陣痛は想像を超える痛みで本当に辛かったですが、あの赤ちゃんが出てきた時の喜び、幸福感、本当に感動しました。
 
それもこれも、フリースタイルで一番楽な姿勢でお産に臨めたこと。そして、とても落ち着いたla vieというお部屋でお産できたからこそだと思います。skin to skinも本当に幸せな時間でした。」

と感想を話してくれました。


旦那さんと一緒に初の家族写真☆

赤ちゃんを迎えたパパとママの笑顔が輝いていますね。
  
出産された産婦さんから感想をいただきました。

「お産の進行に伴い、夫につかまり、赤ちゃんをとりあげた時は感動で泣いてしまいました。
痛みというより、赤ちゃんに会える楽しみ、la vieで産めるという嬉しさで一杯の中、出産することができました。

周りの皆さんの励ましも心強かったです。

家族3人でお産を迎える事ができたこと、また家族で頑張ったことで楽しい思い出となりました。

もし、また妊娠出来たら次の子もla vieで産みたいです。」

という思いが聞けてスタッフ一同嬉しく思います。
こちらの方は初産婦さんです。出産前、旦那さまが、
「みんな、君のお産が安産になるように同じ目標に向かってくれているから大丈夫だよ。」
 
と声をかけ、支えてくれていたそうです。
そんな優しいご主人様のサポートを受け、無事に出産となりました。

産婦さんより、

「外来・分娩・入院中・産後までla vieのスタッフがいるので安心です。勤務が変わるごとにla vieのスタッフが顔を出してくれるので、おかげで入院生活も何だか楽しく過ごせました。」

と感想をいただきました。

ご家族みなさんで出産に取り組み、赤ちゃんを迎えることは本当に素敵なことですね。
 
 
  こちらは、初産婦さんです。
こちらのホームページを見て、la vieで出産したい と選んでくれました。

妊娠中から体重管理はもちろんのこと,階段100段昇降や会陰マッサージなど、積極的に取り組まれていました。

実際のお産は、前駆陣痛から考えると長丁場でしたが、

「スタッフが一斉に集まってくれ、ドラマを観ているみたいでした。きっと私は大丈夫と思えました。」

と感想を話してくれました。

写真から、産婦さんと赤ちゃんの満足した様子がうかがえますね。
 

おかげさまでラヴィ開設50人目のベビーちゃんが産まれました♪

H25年11月1日 更新

こちらの方は、「自然なお産がしたい」「安心して産みたい」というのが、産む場所を決める上でのポイントとなったとのことでした。

 今回の出産について、

 「助産師外来ではたくさんのアドバイスをいただいて幸せいっぱいのひと時を過ごすことができました。
 上の子の育児に追われる中、お腹の赤ちゃんと向き合う貴重な時間でもありました。

 妊娠中に助産師さんと関わる中で、自分の産む力や赤ちゃんを信じるキモチを育てることができたかなと思います。」

と話してくれました。

 スタッフ一同、改めて妊娠中からの皆さんとの時間を大切にしていきたいと思っています。。
 
  こちらは、7歳のお姉ちゃんがお産に立ち会ったご家族です。

 ラ・ヴィを選んだきっかけについて、

 「何より決め手になったのは、上の子に生命の誕生を見せてあげるという、めったにできない体験をさせてあげられるという点でした」

 と話してくれました。

 出産後には、ご家族みなさんで揃っての素敵な笑顔を記念に残させてもらいました。

 ご家族みんなが満足できるお産のお手伝いができることはとっても嬉しい事です。
 
 こちらの初産婦さんからお産後に話を聞きました。

 「外来ではいろいろなお話を聞くことができ、とってもためになりました。アドバイスを実践することで、出産に向けて心と身体の準備ができていくのが自分でも実感できました。」

 さらに、お産については、
 
 「赤ちゃんに会えた時の達成感や充実感は一生忘れません。」

 と、感想いただきました。

 素敵なお写真からも、ご家族みんなで出産を乗り越え、満足感で溢れている様子がうかがえますね。
    
   こちらの方は、初産婦さんです。
 里帰り出産のために当院にきてくれました。

 「手術のような分娩はなんか違う」と思い、la vieでの出産を選んでくれたそうです。

 外来では実のお母さんと健診に来てくれ、離れて住む旦那様の立ち会い出産が叶うよう私たちも願っていました。

 お産後には「一方的ではなく、私がしたいことができるようアドバイスしてくれました。
 私らしいお産ができたことを満足しています。」

 と感想をいただきました。

 笑顔が素敵な妊婦さんで、スタッフも皆その笑顔に癒されていました。

  陣痛が来て入院後、順調に経過し、可愛らしいベビーちゃん誕生となりました。
 
 お産後のママより

 「苦しいサインを出していた赤ちゃんは、すばやくNICU医師の元へ運ばれ、良く診ていただけて安心できました。これこそ大学病院の院内助産の魅力だと思います。

  異常時にはすばやく対応してもらえるという安心感、とても必要な、そして大切な要素だと痛感しました。

  産後の身体回復や母乳ケアも充実して受けられ、スタッフひとりひとりの言葉がとても温かく、本当にここで分娩で来てよかったなと思います。大満足です。」

 私たちスタッフも大学病院内の院内助産所という、とても心強い環境の下、産婦さんとじっくり関わらせてもらい、産婦さんの思いに寄り添う事ができているということを、改めて幸せに思います。
 
こちらの方は、初めての赤ちゃんをla vieで迎えた方です。
出産後にこんな感想を話してくれました。

 「産まれてからが始まりだと思います。
  これから赤ちゃんとパパと共にゆっくりと成長していきたいです。

  子どもが大きくなったら、こんな風に産まれたんだよと是非話してあげたいです。
 
 色々な周りの人に支えられていたんだよと。

 ラヴィで産むことができて幸せです♥」


 お産はゴールではなく、同時にママもパパも誕生したことになります。
 
 お産が良い経験となり、自信を持って育児にも取り組めるように、今後も妊婦さんとそのご家族のお手伝いをしていきたいと思います。
 

新緑の風に乗って、新たなla vieベビーが来てくれました ♡

H25年7月1日 更新

  ご家族4人、素敵な笑顔でのベストショットです☆

こちらの方は、お一人目の出産の際、自由な姿勢でのお産ができなかったという思いがあり、今回のお産をla vieに選んでくださいました。

出産後にママより

「ラヴィで産めたこと、家族みんなで赤ちゃんを迎えることができたこと、赤ちゃんが上手におっぱいを飲んでくれていることと、スタッフの皆さんが常にサポートしてくれているおかげで幸せでいっぱいです。」と感想をいただきました。
 
 ピンク色をしたとっても元気なベビーちゃんを大切そうに抱いていらっしゃるのは、 初めてのお産をla vieに選んで下さった産婦さんです。

旦那さまも優しい表情ですね♪

出産後のママより

「『出産・妊娠』を医療とか科学ではなく、自分らしいものとして、そして人間味溢れる自然で素晴らしい経験として捉えることができました。お産のあの場での、赤ちゃんとの一体感や、共に乗り越えたという充実感・達成感は生涯忘れることはありません!」と感想をいただきました。


ご自身にとっての充実感や満足度の高さがお産後の表情にも表れるものですね☆
    
   こちらの写真は、skin to skinの様子です。
出産後の産婦さんも穏やかな表情をされていますし、赤ちゃんも安心しきったお顔をしていますね。

ピンク色の皮膚から、赤ちゃんの元気な様子が伝わってきます。

ママより

「ラ・ヴィの助産師の皆さんの一生懸命に『安心で安全な出産の手助けをしたい!!』という気持ちが伝わってくる声かけや対応が、私の気持ちを落ち着かせてくれました。出産で一番大切なことは、自分にも産めるという自信とリラックスできる空間・・・と私は思います。それがラ・ヴィの中にすべて詰まっています。」と感想を頂きました。

このような思いをうかがうことができ、la vieスタッフ一同、より一層頑張っていかなくてはと気合が入りました!!
 お二人目の出産を上のお子さんと旦那さまとで迎えられた産婦さんです。

ママより

「上の子よりも700gも重い男の子のため、初産婦並みになかなか生まれず17時間41分のお産でした。とっても大変
だったけど、なぜか『またラ・ヴィで出産したい!!!』という気持ちが湧いてきました。」と感想をいただきました。

出産直後の「また産みたい」という思いは、産婦さん自身の達成感や充実感の高さから溢れ出てきているのではないでしょうか。

この瞬間のためには、妊娠中からの少しずつの努力が大切なのですね。
 
  こちらは、1経産婦さんのお産後の一場面のお写真です。
出産は、上のお子さんも立ち会われましたよ♡

ママより

「私一人のお産にこんなにたくさんのスタッフさんが協力してくれていると感激しました。」と感想をいただきました。

ご夫婦お二人で迎えるベビーちゃんはもちろんのこと、上のお子さんを含めたご家族みんなで迎えるベビーちゃんの産声はひときわ元気に聞こえるような気がします。
 

  新年度も気持ち新たに、la vieベビーをお迎えしています ☆

H25年 4月1日 更新 

  お兄ちゃんの満面の笑みが印象的なご家族のお写真を撮らせていただきましたよ♡

こちらの方は、上のお子さんをお産に立ち会わせたいとの思いでla vieを選んで下さいました。

ママより

「助産師外来では、ゆっくりエコーを当ててもらい、いろんな姿を見ることができて感動!指をしゃぶっていたり、足や手の指が分かる写真をもらったりと、エコーでここまで見えるんだと驚きました。」と思いを話されていました。

時々、お兄ちゃんが助産師外来にも一緒に来てくれていましたよね。

お産後の穏やかな風景です。

お二人目の出産を終えたママより

「携わってくれた助産師さんの『笑顔でお産させるから!』という一声がものすごく心強く、安心してお産に臨むことができました。娘を最初に見た時には、感動の涙が止まりませんでした。本当に素敵な瞬間でした。」と感想をいただきました。

ご本人にこのように思っていただくことができ、私たちla vieスタッフも幸せに思います☆
 
   仲良しのご夫婦の様子がお写真からも伝わってきます。

出産後のママより

「自分なりのバースプランを立て、それに合わせて助産師さんの指導。いつもの健診も先生だと言いにくかったりドキドキしていたけど、ラ・ヴィスタッフの人はいつも笑顔で優しく迎えてくれました。すると、不思議と心配なことを口に出していて・・・。ラ・ヴィで出産できたことを本当に自慢に思っていて、『私の出産はね・・・』と友人に話しています。」と感想をいただきました。


ご自身の出産に誇りを持つことは、お産後の自信にも繋がると思います。
お産後に自信が持てると、これから長く続く育児にもより前向きに臨むことができますよね。
初めてのお産をla vieで迎えられたご家族のお写真です。

出産されたママより

「妊娠初期は安静治療があり、後期になり初めてのお産で不安と楽しさ半分。そんな中でラ・ヴィの診察は精神的にもホッとする時でした。たくさんの質問にも優しく回答していただき、不安の気持ちの中に少しずつ『頑張って体調管理をして、絶対にラ・ヴィで産みたい』という思いが大きくなっていきました。」と感想をいただきました。

こんな風に自らの思いの元で、la vieでの出産に取り組んで下さることが、助産師として何より嬉しい事ですし、産婦さんの力も最大限に引き出されるのだと思っています。

これからも素敵な笑顔を見守っていきたいですね☆
 
 

   新しい年を迎え、新しいla vieベビーも誕生しました ♫

H25年 2月1日 更新  

 
こちらは、2経産婦さんとそのご家族です。
スタッフの勧めでla vieを選んでくださいました。

2人目妊娠時に切迫早産となったことで、
「外来の掲示板を見て、la vieには興味があったけど、自分は無理だろう」とあきらめていたそうです。

出産後、ママより

「気の知れた仲間とワイワイお産を楽しみ、みんなで育児を始めたような心温かい妊娠~出産~入院でした。家族立ち会いの出産。子供たちとの産後すぐの対面。その他、どこをとっても私の理想の時間となりました」

との感想をいただきました。

兄弟が増えたお子さんたちの嬉しそうな表情が可愛いですね♪♪
 
  
 ご夫婦での仲良しショットで写ってらっしゃるのは、頑張り屋さんの初産婦さんです。
妊娠生活中は、切迫早産のため早くから自宅安静となり、la vieでの出産に対し、あきらめる気持ちもある中、少し期待もしたりと複雑な思いだったそうです。

37週でla vieでの出産がOKとなってからは体力を取り戻すため、毎日1時間の散歩と、スロートレーニングに励まれました。
出産に立ち会われたご主人さんは、エンジョイバースで覚えたツボ押しでサポートし、ご夫婦で力を合わせて出産を乗り越えました。

ママとなられた後の穏やかな表情がとても素敵ですね☆



 
 
 外来の掲示板をみて、la vieに興味を抱いて下さったのは、こちらの初産婦さんです。

妊娠が分かったときは
「出産に対してのイメージも全く湧かず、ただ元気に産まれてきてくれればそれでいいな」と思っていたそうです。

しかし、助産師外来でゆっくりと関わらせていただいたことで、体重管理はもちろん、これまでの生活スタイルを見直し、赤ちゃんのためにと、食事内容の工夫や適度な運動を取り入れ、身体づくりを頑張ってこられました。
その努力の結果、お産は順調に経過し、ママも認めるイケメンベビーが誕生しました☆

出産後ママより、

「想像を絶する痛みでしたが、それ以上に支えて下さる助産師さんがやさしく声をかけて励ましてくださり、心強く、産後まで頑張ることができました。この貴重な体験をいつか息子にお話しして、パパとも振り返りたいと思います」
と話されていました。
 
『ボクのママはね、ボクがお腹の中にいる時にお腹がたくさん張って病院に入院したんだって。大変だったんだろうなぁ。でもボクが産まれる日が近づいて、ラ・ヴィで産めるようになったみたいだよ。
ボクも嬉しかったなぁ。』

と、赤ちゃんはお話ししているかも…。


赤ちゃんを抱っこしたママは、

「一か月半の入院生活は辛かったけど、無駄ではなかったのかな」

と、感じたそうです。

出産後の産婦さんの表情はやさしさで溢れていて、安心されたのがよく伝わってきました♡
 
 

    『天高く、la vieベビー増える秋』を迎えております ♡

H24年 11月1日 更新  

   こちらは、上のお子さんも立ち会いましたが、お産が終わった後にスヤスヤと眠ってしまいました。
そんなキュートな姿をお写真に収めさせていただきました。

よほど疲れていたのか、それともla vieのお部屋でリラックスしてくれたのか、どちらにしても嬉しい光景です☆

ママより
「陣痛が来て、ピクニックに行くような気持ちで家族そろって病院へ行きました。la vieの部屋の中にはおもちゃで遊ぶ子どもの楽しげな声、みんなの笑い声、スタッフさんの息子への優しさ、みんなの優しい気分の中で私はリラックスしていました。陣痛が来ないとお産のことを忘れそうでした」
との感想をいただきました。

分娩中もそうでしたが、お産後も終始穏やかな表情で過ごされていたのがとても印象的な産婦さんでしたよ。


 

外来でポスターを見て、2回目の分娩をla vieに選んでくださったのは、こちらの方です。

出産がスムーズだったこともあり、出産後とてもお元気だったので、「退院は出産当日でもいいんじゃないかなって思います」と話されていました。

ママより

「前回は体重が13kg増加しましたが、今回は目標の9kg以下に抑えることができました。私もやればできるのねと思え、『産むのは私』という気持ちが前回より強くもてました。」

と感想をいただきました。

お産中も大活躍だったお兄ちゃんが嬉しそうに赤ちゃんに触れているお写真を撮らせていただきましたよ。
微笑ましいですね♡
 
 
   賑やかで楽しそうなお写真は、出産直後の2経産婦さんとそのご家族です。
ご家族の皆さんの温かい雰囲気が伝わってきますね。


「la vieで産むことは医者がいないだけ?!」と初めはそのようなふわっとした感覚を持ちつつ選んでくださったと語る方でしたが、
出産後には、

「とにかく助産師さんとの心の通い合い。そして温かい助産師さんとの温かい空間。物語のように過ぎていったお産までの時間。素晴らしい感動をありがとうございました。」

と絵本作家のような素敵な文章での感想をいただきました。

12歳のお姉ちゃんが「妹が欲しい」と希望され、妊娠を決意されたそうですが、出産直後に二人目の弟を抱っこしているお姉ちゃんはとっても嬉しそうでした。

旦那さまやお母さんが付き添えるのもia vieならではですね☆
新しい小さな家族が真ん中に写っているお写真は、1経産婦さんのご家族です。助産師の勧めで2回目のお産をla vieに選んで下さいました。

経産婦さんでしたが、呼吸を合わせゆっくりお産が進み、最後は四つん這いの姿勢でのお産をご自身で選ばれて臨みました。

出産後、赤ちゃんを本当に楽しみにしていたお兄ちゃんがキリンのぬいぐるみ持参で駆けつけてくれましたよ♫


ママより
「17kg増えてしまった前回はむくみがひどく退院後も続きましたが、今回は産後にむくみがなく体がとても楽です。お産も自分の持っている力で産んであげることができたなぁと思え、本当に意味での出産を体感できたと思います。」と感想をいただきました。


ママの笑顔が本当に素敵ですね。
 




    この夏も、たくさんのla vieベビーを迎えることができました♫

H24年 9月1日 更新  


こちらは、初産婦さんとそのご家族です。24週から助産師外来に来ていただきました。
途中、切迫早産のため、医師外来となり、自宅療養という制限がありましたが、本人さんの努力の甲斐あって、無事にla vieで出産することができました。


お産後、
「助産師外来のエンジョイバースに参加して、実際のお部屋がお産の流れを見せていただき、不安な気持ちがなくなり、前向きな気持ちで当日を迎える事ができました。」というラヴィのクラスへの思いを話してくださいました。

さらに「入院してから陣痛の痛みがしんどくなるまでは、夫と二人でかなりくつろいでました」
とla vieの部屋の感想を下さいました。


畳の上で、新しいご家族3人で横になっているお写真が撮れるのも、la vieの醍醐味です♫

 
   2回目の出産を自然な形で迎えたいとla vieでの分娩を希望してくださいましたのは、こちらの1経産婦さんです。ご家族と新しく誕生した小さな主役を優しい眼差しで見つめていますね♡


 お産は、来院してからあっという間に進んで、兼ねてから希望されていた大好きな福山雅治のCDを聞くこともままならず赤ちゃんを迎えることになりました。

上のお子さんは出産後にお部屋に入ってもらい、ラヴィの部屋でご家族4人でゆっくり過ごされていました。



産後、ママより
「パパと息子がお産に立ち会えなかったのは残念でしたが、産んだ後に赤ちゃんに対面させてもらったら、お兄ちゃんはすごく照れていて、嬉しそうだったのが良かったです。」
と感想をいただきました。


お写真からもお兄ちゃんが赤ちゃんに興味を持ちながらも、照れてしまっている様子が分かりますね。
 
 こちらの方は、予定日が近づくと、神社の長い階段を一日に何往復もして、陣痛が来るようにと頑張られたそうです。

上のお子さんの立ち会い出産を希望されていましたが、予定日の4日前の夜中に陣痛が始まり、いざ病院へ!という場面で、上のお子さんはぐっすりと眠ってまったく起きず、結局パパさんとともに出産を迎えられました。

それでも、穏やかで素敵なお産でしたよ。


今回の出産について
「助産師外来では、お腹のエコー写真のベストショットを撮ろうと頑張ってくれたり、少しでも不安なことに応えてくれたりと、とてもありがたかったです。何でも話せる助産師さん達が何より心強かったです。」
と話してくださいました。

  
 
  『ボクのママはね、ママのお腹の中でボクが包まれていた膜が破れて、羊水がお外に出てから病院に入院になったんだよ。それからは、あっという間にボクが産まれたんだ。ジェットコースターに乗るのってこういう感じなのかな♪』
って赤ちゃんはお話ししてくれているかもしれません♡


出産後、ママは、

「3回の出産の中で最もリラックスした気持ちでゆとりのある出産が出来ました。女性に囲まれた女性らしい出産が出来たと思います。」と感想を下さいました。


また、パパからは
「ラ・ヴィの雰囲気はいいですね。1人目からラ・ヴィで出産できれば良かったです。」
と嬉しいお言葉をいただきました。


ご家族らしいお産をお手伝いできることができて、
私たちラ・ヴィスタッフも本当に嬉しく思っています。
 

こちらは、26週から助産師外来を受診し、毎日のウォーキングやおっぱいマッサージなどお産に向けての身体づくりを一生懸命にされたママです。その努力が功を奏し、大安産でした。

外来の度に、エコーに映し出される赤ちゃんに早く会いたいという思いを感じていたとおっしゃっていました。


ママより、「赤ちゃんを幸せそうに抱っこしている主人を見ると、頑張って良かったなと思いました。次また妊娠した時もラ・ヴィで産めるよう頑張りたいと思います!!」
と嬉しい言葉をいただきました。

 
本当に素敵な笑顔のご夫婦写真ですね☆


陣痛が来てからほぼ丸一日かかっての出産でしたが、ご主人とお母さまの温かいサポートに励まされ、一生懸命に陣痛を乗り越えられました。


赤ちゃんを抱くママとパパ、本当に幸せそうです。
赤ちゃんの誕生の瞬間に立ち会ったスタッフもとても幸せな気持ちになったそうです。

ママより
「赤ちゃんの産声を聞いて、胸に抱っこした時の感動は一生忘れられません。いつか子どもが大きくなった時に、この素敵なお産の話をしてあげたいです。」

と笑顔を見せてくださいました。

 
 




すっかり初夏の陽気になってきたこの季節に2組のご家族をla vieに迎えました♫

H24年 7月1日 更新  

 

1組目は可愛らしい女の子をご出産されました☆元気な旦那様が立ち会われ、出産直後には両家のお母様もにこやかに撮影に応じてくださいました。主役である産婦さんはとても我慢強い方で、最後まで弱音を吐くことなく頑張られていました。


旦那様が「どの旦那もみんな立ち会い(出産)をするっている法律ができればいいですよね。」立ち会われた感動をユニークな発想に転換されていました。

こんな風に旦那様にも満足できる分娩のお手伝いお続けていきたいと思います。


2組目の産婦さんは、実のお母様と旦那様の応援のもと出産されました。産婦さんは赤ちゃんを胸に抱かれた時の感動はとても大きかったようでした。お写真でも本当に素敵な笑顔を見せてくれましたね。

産婦さんから「陣痛が始まってからラヴィの部屋であんなにリラックスができるなんて思っていなかったので、本当に理想の出産になりました。」と感想をいただきました。

産婦さんやそのご家族が満足できるお産のお手伝いができることが私たちの願いでもありますので、本当に嬉しいお言葉でした☆

 
 



   ゴールデンウィークにはさらにla vieの仲間が増えました ♫

H24年 6月1日 更新

  ゴールデンウィークに入り、初の出産は初産婦さんでした。
赤ちゃんへの愛情がたっぷりの妊婦さんで、赤ちゃんが産まれる瞬間にはご自分で手を伸ばし、赤ちゃんの身体を両手で迎えてくれました。
その瞬間に「可愛い!」と声に出されたのが印象的でした。


パパより
 「夫立ち会いは本当にできて良かったです。涙ポロリですよ。」
ママより
「skin to skin(スキン・トウ・スキン)もできて本当に幸せな時間でした。
夫もlavieでbabyを産めたことを100点と言っていました。夫よりもう一つ、『次回の出産はこの子も立ち会わせたい』そうです。」


お写真はskin to skinをしている様子です。
赤ちゃんの安心しきった表情がとってもカワイイですね♡

次の日には、上のお子さんや実のお母さんのお手伝いのもと賑やかな雰囲気で新しい命を迎えることができました。

パパさんも今回は的確なマッサージをして下さったようで、産婦さんも喜んでいました。


ママより
「正直、上の子もいたので、早く出産できればいいくらいにしか考えていなかったので、『ラヴィ』での出産計画をしていくうちに出産は楽しむもんなんだと教えて頂きました。
何より出産時の経過や赤ちゃんとの一体感、産道を抜けてくる感覚。すべてをはっきりと覚えており、出産の素晴らしさを体感することが出来ました。
5歳になる娘も生まれたての赤ちゃんと対面させてあげられました。家族が増えたことをを皆で喜ぶことが出来たことは、私たち家族の一生の宝になりました。」


ご家族の皆さんで赤ちゃんを囲んでいるお写真は本当にキラキラしています。


 

   4月、桜の季節に今年度初のla vieベビーが誕生しました♡ 

H24年 5月1日 更新


  4月になって無事出産された方は、上のお子さんが「赤ちゃんが欲しい」とお願いをしたことで、  新しい家族を迎えることになった妊婦さんです。

出産後の場面では、妹さんを迎えてとっても満足そうなお姉ちゃんの表情が光っていますね。

(パパさんもちゃんと立ち会えましたよ♡)

ママより

「長女も健診やクラスで助産師さんの話を聞いていたこともあり、『おっぱいマッサージもう少し頑張らないとね』や『生む時はエビの形になるんだよ』等としっかりイメージが持てていたようで、陣痛の間、手を握ってくれたりお茶を持ってきてくれたりとサポートしてくれました。

 パパと一緒に頑張ってと言ってくれて嬉しさがある中で、アロマの香りや音楽に癒され、痛みの中に落ち着きのある感覚がとても居心地よく感じられました。

母親にとって出産は大きな仕事の一つです。
その大きな仕事、感動の瞬間を信頼できる助産師さんや『ラ・ヴィ』の空間が素敵な一つの経験として一生の宝物にして下さったことに感謝しています。」

 
 

   3月になり、続々と新しい仲間を迎えています ♫

H24年 4月1日 更新

  今回3回目の出産となったため、上のお子さん達が応援団でしたね。待ち時間にも二人はおもちゃで遊んだり、お歌を歌ったりと、スタッフも微笑ましくお手伝いさせていただきました。  

出産後4人でのベストショットです。皆さんイイ表情ですね♡
(パパさんが間に合わなかったのは残念でしたが)



ママより

「病院に到着後、ラヴィで助産師さんに迎えられ、ホッとする。こども達が持参してきたおもちゃで部屋の中はなんだかお産をする場所というより、いつもの日常な感じでした。
はじめ、こどもの前で痛がったりしている自分を見せることに抵抗もありましたが、それ以上に子ども達と一緒にいられることが、一番のパワーになったと思います。ラヴィだからこそできたこの経験を子ども達に大きくなったら聞かせてあげたいです。」

赤ちゃんはなかなか立派な体重でしたが、大安産でしたね。
出産後とは思えないくらい穏やかな表情が印象的です。
色白の赤ちゃん、パパにそっくりですね(^O^)



ママより

「一人目は微弱陣痛で正直疲れてヘトヘトになってしまったので、生まれてくれて嬉しかったのですが、『感動!!』とまでは感じられませんでした。二人目を妊娠した時に、フリースタイル分娩のできる『ラ・ヴィ』を知り、ここで産んでみたいという思いが強くなりました。

毎回健診は待ち時間もなく、丁寧に話を聞いて下さるので本当に不安な思いもなく、妊娠期間を過ごすことができました。

5分間隔が夜から明け方まで続き、長い間、助産師さんに腰をさすってもらい続けました。あのおかげで陣痛を乗り切ることが出来ました。

また機会があれば、是非『ラ・ヴィ』で産みたいと思います。」 
 

 12月にla vieの新しい仲間が増えました♪

お産後1日目のママと赤ちゃんの2ショットです。
ママの表情がとっても穏やかなのが印象的ですね。
   
赤ちゃんはパパ似でしたよ♡


ママより

「陣痛が強くなり病院へ連絡をした時、電話を受けてくれたのは、外来で大変お世話になった助産師さんでした。少しパニックになっていた私は、その助産師さんの声を聞いた時に安心することができました。」

「今回のお産は大変いいものとなりました。家に帰ってからも育児をすることが楽しみになればいいなと思っています。」


とってもスムーズなお産でしたね。
楽しんで育児をしていっていただければ、私達スタッフも嬉しいです。


 お兄ちゃんもお部屋に入って記念撮影

 パパもママもみんなイイ表情ですね。   
ママより

「助産師外来、ラヴィルームからお世話になった助産師さんと共に陣痛から出産を迎えることができ、本当に安心して出産に臨むことができました。
前回は正直感動する余裕はなく、出産=医療処置というイメージが切り離せずにいました。しかし、今回は多くの助産師さんに見守られ、声かけしていただき、何の処置が入ることもなく、本当に自然に力で産むことができた!と実感できたお産でした。」



パパより

「陣痛が来てから出産までの時間の妻の表情が、一人目の出産の時と全然違ったのが印象的でした。『ラヴィ』での出産は笑顔が多かったように思います。私も助産師さんのサポートの下で、前回の出産とは比べものにならないくらい出産のサポートに参加することができました。本当にうれしかったです。『家族』で出産を迎えられるこのラヴィのおかげで。『家族の絆』も深まった気がします。」
 
 私達も、お産の後に皆さんが笑顔で過ごしている姿を
 見られて、とても嬉しいです。

la vieのお部屋で赤ちゃんが誕生しました

 とっても可愛い
女の子の赤ちゃんです。

お兄ちゃんも生まれたての赤ちゃんに会えましたよ。
満面の笑みですね


ママより
「2度目の妊娠・出産となると、上の子の育児や家事で上の子の時に比べると、児と向き合ってじっくりと考える機会がない中で、助産師外来やラヴィルームの時間が唯一の貴重な時間でした。夫婦で出産に臨め、とても良い経験となりました。」

パパより
「息子(3歳)も生まれたばかりの妹を見て、『ちっちゃい』『可愛い』と言っており、家に帰ってから自分のことを『お兄ちゃんだから』と言っていたのが印象的でした。
大学病院の安心さと助産所の温かさの両方があるので、la vieはとても良かったと思います。」



みんなで新しい家族の誕生を迎えられて、本当に良かったですね。


 続々と新しいお産の方々をお迎えしています♫

  お子さんが立ち会われる場合は、
こんなカワイイゼッケンを付けて
もらっています
 

つけてくれたお子さんにもなかなかの評判ですよ



ママより
「暖かい雰囲気のお部屋で家族で
赤ちゃんをお迎えでき、とても素敵な思い出になりました。家族で過ごしたあの時間は、家族の絆を一層深めてくれた気がします。」



お産の最中、積極的にママに声を
かけているお兄ちゃんの姿がとても微笑ましかったです♬
   
こうやって来ていただける方を見ていると、お産に対して皆さんがそれぞれたくさんの思いを抱えながら妊娠生活を送られていることが実感できました。  
これからも、そんな皆さんの思いに寄り添っていけるよう頑張っていきたいと思います。
お産ってやっぱりイイですね~

Home