神経内科について
About neurology

自治医科大学 神経内科学部門

自治医科大学神経内科の理念

 自治医科大学神経内科の目指すところは,最高レベルの診療の実施,最先端の臨床神経学的研究の遂行,神経内科学に関する学生教育および神経内科若手医師の育成です.そのためには多くの患者さんと多くの仲間が集まることが不可欠です.神経内科での診療・研究・教育が三位一体で発展していくために,「ヒト」を大切にしていきます.「ヒト」とはすなわち,治療を求めて受診してくる患者さんであり,神経内科で働く医師やメディカルスタッフでもあります.自治医科大学神経内科では「ヒト」を大切に診療・研究・教育に取り組んでいきます.
 高齢化社会の中で患者数が増加している脳卒中を中心とした神経疾患救急医療に力を注いでいます.神経疾患においては,地域住民,救急隊,急性期病院,回復期病院,維持期病院が連携し,院内でも多職種が迅速に協力して動くことが重要です.関連各所とのチームワークを高め,治療成績の向上に努めていきます.日常診療の中から疑問や問題点を抽出し,質の高い臨床研究を実施し,その成果を診療に還元する,そして診療と研究を通して学生や若手医師の教育が充実していくことが神経内科の目指す環境です.

 そのための神経内科のモットー (十戒) として

  • Mission (使命感を持って仕事をする)
  • Passion (各自の診療・教育・研究に対する目標を設定し情熱を持って実行)
  • High-tension (活気のある環境を作り出し,元気よく仕事に取り組む)
  • Communication (仲間との意思疎通を大切に)
  • Recreation (チームで楽しい時間も共有する)
  • Vacation (充電のためきちんと休みを取る)

の「6つのション」と,

  • Active (能動的に仕事に取り組む)
  • Positive (失敗を恐れず建設的な気持ちで)
  • Cooperative (チームで助け合う)
  • Creative (創意あふれる仕事を!)

の「4つのティブ」を大切にしていきます.多くの仲間の参加を期待しています.