診療
Medical care

自治医科大学 神経内科学部門

診療の紹介

 脳卒中や神経疾患の治療法・診断法は常に進歩しています.特に近年は新規抗凝固薬の登場や超急性期血管内治療の進歩もあり,常に最新の知見を意識していかなければなりません.そして最新のエビデンスに基づいた治療を選択するとともに,絶えず治療成績を謙虚に検証し,最適な治療が継続できるように進化していく必要があります.また,脳卒中では,内科的治療と外科的治療の選択を迫られることがありますので,脳神経外科とは常に連携し,治療適応についての基準を共有しておく必要もあります.チームワークを大切にした急性期診療を重視したいと思います.もちろん,救急疾患としての脳卒中および神経疾患の診療を担うからには24時間体制を維持し,地域に信頼される診療を展開します.そのために,積極的に地域医療の医師や救急隊との連携を深め,顔の見える信頼関係を構築していく努力を惜しみません.
 神経疾患は,心房細動,高血圧,糖尿病,脂質異常,虚血性心疾患,末梢動脈疾患などの危険因子や種々の全身合併症を有していることが少なくありません.また,それらの危険因子と認知症との関連も重要視されており,全身の評価を行い各専門医とも連携を図ることがベストな治療選択には欠かせません.他科との連携が診療のレベルを上げるとともに学術的な発見にもつながると考えています.
 地域のニーズに応えるには,頭痛,しびれ,めまい,歩きにくさ,ふるえ,物忘れなど様々な症状を呈する患者への対応も必要です.これからの神経内科は,脳卒中を中心とした救急疾患と変性疾患との両輪での診療が求められます.また,時に脳卒中とその他の神経疾患との鑑別が求められる症例も少なくありません.脳卒中の専門チームと変性疾患の専門チームが連携し,お互いに切磋琢磨し精度の高い診断と治療を展開する必要があります.

対象疾患

  • 脳血管障害(脳梗塞,脳出血,一過性脳虚血発作,主幹脳動脈狭窄)
  • 髄膜炎,脳炎など神経感染症,炎症性疾患
  • 筋萎縮性側索硬化症,パーキンソン病,多系統萎縮症,脊髄小脳変性症など神経変性疾患
  • アルツハイマー病,レビー小体型認知症など認知症
  • 多発性硬化症,急性散在性脳脊髄炎など脱髄疾患
  • ギランバレー症候群,慢性炎症性脱髄性多発神経炎
  • 筋ジストロフィー,筋炎,重症筋無力症
  • 片頭痛,群発頭痛
  • てんかん
  • その他神経疾患全般

神経内科での検査

  • 神経放射線学的検査:頭部MRI・MRアンギオグラフィー・脳血流シンチグラフィー(標準脳と対比した統計解析)など。
  • 超音波検査:頸部血管エコー、経食道心エコー、経頭蓋カラードプラ、下肢静脈エコーなど。
  • 神経生理学的検査:脳波・末梢神経伝導検査・針筋電図・経頭蓋磁気刺激検査など。
  • 神経心理学的検査:MMSE、HDS-R、FAB、WAIS-R・標準失語症検査など。
  • 神経病理学的検査:筋生検・神経生検・脳生検
  • 検体検査:髄液検査
  • 遺伝子検査:神経変性疾患の遺伝子診断

神経内科の得意分野

  • 閉塞性脳血管障害(脳梗塞)の急性期治療
  • 神経感染症(脳炎・髄膜炎)の急性期治療
  • ギラン・バレー症候群の大量ガンマグロブリン静注療法・血漿交換療法
  • パーキンソン病の薬物療法
  • 神経変性疾患の診断および治療
  • 認知症の診断および治療
  • 顔面痙攣や四肢痙縮およびジストニアに対するボツリヌス毒素を用いた治療

先進医療・特殊医療

  • 脳梗塞超急性期のrt-PA静注治療
  • 神経変性疾患の呼吸不全に対する人工呼吸器導入および在宅療養マネジメント
  • パーキンソン病の脳深部刺激療法