医学部 School of news

ニュース&トピックス

News & Topics

[看護学部]令和4年度一般選抜入学試験第一次試験における出題範囲を超える出題への対応について

入試情報

令和4年度自治医科大学看護学部一般選抜入学試験第一次試験における出題範囲を超える出題への対応について

自治医科大学

 令和4年1月22日に実施いたしました令和4年度自治医科大学看護学部一般選抜入学試験第一次試験(筆記試験)に係る数学において、出題範囲を超える出題があることが判明しました。
 受験生をはじめ関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけしましたことに対し、お詫び申し上げますとともに、再発防止に向け万全を期してまいります。

1.内容
 学生募集要項において、数学の出題範囲を次のとおり指定していましたが、範囲を超えた「データの分析」の問題が含まれていました。
 数学I:「数と式」「図形と計量」「二次関数」
 数学A:「場合の数と確率」「図形の性質」

 ・数学 3ページ
   第1問〔3〕
  (2) 8人の正答数の中央値が15であるとき、分散は タチ . である。

2.措置
 出題範囲を超える問題であったため、当該設問については受験生全員を正解(加点措置)としました。

3.追加合格の有無
 再度合格者判定を行い、新たに2名を合格者としました。

4.追加合格者への対応について
 合格者2名の方には、すでに連絡を取り、謝罪のうえ、それぞれの意向をうかがい、補償等も含め真摯に対応しております。