お知らせ

HOME > ニュース&トピックス > 研究情報 > 2017年度 > [医学部] 加齢黄斑変性治療中の炎症性サイトカイン減少を発見

research

研究情報

[医学部] 加齢黄斑変性治療中の炎症性サイトカイン減少を発見

2017年8月17日

眼科学講座(教授 川島秀俊、以下自治医大眼科)の准教授 煖エ秀徳の研究チームは、このたび滲出型加齢黄斑変性に対する抗血管内皮増殖因子治療において、血管内皮増殖因子に限らず多くの炎症性サイトカインにおいて眼内濃度が激減している事を発見し、British Journal of Ophthalmology誌に発表いたしました。今後、より有効な治療と少ない副作用を目指して更に研究を進めます。

British Journal of Ophthalmology誌に” Changes in Multiple Cytokine Concentrations in the Aqueous Humor of Neovascular Age-related Macular Degeneration after Two Months of Ranibizumab Therapy.” 「滲出型加齢黄斑変性に対するラニビズマブ治療2ヶ月後の眼内サイトカイン濃度変化」著者:坂本晋一・煖エ秀徳・譚雪・井上裕治・野村陽子・新井悠介・藤野雄次郎・川島秀俊・柳靖雄として掲載されたことをご報告致します。

滲出型加齢黄斑変性は先進国の失明原因第一位であり、日本でも近年増えています。ここ数年はラニビズマブ含め抗血管内皮増殖因子薬の硝子体注射で失明患者が減少していますが、治療中の眼内変化など分からないことが残っています。滲出型加齢黄斑変性には炎症の関係が知られていて、以前は抗炎症治療も行われていました。そのため抗血管内皮増殖因子治療の有効性の乏しい症例を中心に抗炎症治療の併用が検討されてきました。

今まで抗血管内皮増殖因子薬単回投与後の眼内サイトカイン濃度変化は報告されてきましたが、今回我々は治療導入期における3ヶ月毎月連続投与に着目し、1回目と3回目の前房中濃度を測定し炎症性サイトカイン濃度が正常例以下まで減少していることを突き止めました。抗炎症治療の併用は経験則通り意義が乏しく、炎症性サイトカイン抑制による長期予後悪化がないか今後の検討が必要であると思われました。今後、より有効な治療と少ない副作用を目指して更に研究を進めます。

自治医科大学医眼科学講座 概要

教授 川島秀俊
栃木県下野市
年間手術件数:白内障1,100件、網膜硝子体600件、硝子体注射2,000件

本件に関するお問合せ先

学校法人自治医科大学眼科学講座
担当:奥沢
電話:0285-58-7382
メールアドレス:ophthal@jichi.ac.jp

掲載先