自治医科大学 精神医学講座

English

文字サイズ変更

教授挨拶

Offenem Geist(オフェネム ガイスト)
 われわれの教室のモットーとしている言葉で、初代の故宮本忠雄教授より受け継いだものです。ハイデルベルク大学の講堂入口に掲げられている文字で、学問が「開かれた精神」に差し向けられているものであることを告げています。
 Offenem Geistの考え方のもと、私達は患者さんを師として謙虚に学びつつ、教室員各自の個性と感性を自由に伸ばし、優れた臨床家・研究者が育つ学びの場をしつらえることを旨としています。自治医大の卒業生だけでなく、全国様々な大学、病院より教室員、研修医、大学院生、研究生が集まってきています。


お知らせ

2020年03月14日
当教室の執筆陣による書籍「摂食障害入院治療─超低体重と多様性』(星和書店)が刊行されます(外部リンク)
2020年03月12日
西依先生の総説が臨床精神医学に掲載されました(外部リンク)
2020年03月05日
臨床研究(研究題目:精神疾患を有する患者による絵画の画像解析)に関する情報の公開について(患者さん用)
2020年03月05日
臨床研究(研究題目:精神疾患を有する患者による絵画の画像解析)に関する情報の公開について(病棟スタッフ用)
2020年02月17日
清水加奈子先生の論文がDeath studiesに掲載されました(外部リンク)
2020年01月31日
2020年度に開催される第67回日本病跡学会総会は、当教室が主催します(学会HPへのリンク)
2020年01月31日
2020年度に開催される第43回日本精神病理学会総会は、当教室が主催します(学会HPへのリンク)
2020年01月29日
小林聡幸先生の原著論文が臨床精神病理に掲載されました(外部リンク)
2020年01月07日
清水加奈子先生の下記論文がPsychogeriatricsのearly viewに掲載されました(外部リンク)
2019年11月12日
岡田剛史先生の論文がAsian Journal of Psychiatryに掲載されました(外部リンク)
2019年10月25日
精神科治療学増刊号に、西嶋康一先生、小林聡幸先生、安田学先生、稲川優多先生による総説がそれぞれ掲載されました(外部リンク))
2019年10月04日
黒鳥先生の論文がNeuropsychiatric Disease and Treatmentに掲載されました(外部リンク)
2019年09月04日
稲川優多先生の症例報告が臨床精神病理に掲載されました
2019年07月18日
福田周一先生の症例報告が老年精神医学雑誌に掲載されました
2019年07月11日
小林聡幸教授が『音楽と病のポリフォニー』で日本病跡学会賞を受賞しました(外部リンク)。
2019年06月24日
小林教授と清水病院助教の総説が精神科治療学に掲載されました。
2019年06月11日
EGUIDEプロジェクトの臨床研究に関する情報の公開について
2019年06月11日
当科はEGUIDEプロジェクトに参加しています(外部リンク)
2019年06月10日
岡田剛史先生の総説が移植に掲載されました。
2019年05月30日
清水先生の総説が精神神経誌に掲載されました。
2019年05月28日
西依助教と須田教授の総説が日本社会精神医学雑誌に掲載されました。
2019年04月22日
岡田剛史先生の論文が老年精神医学雑誌に掲載されました。
2019年04月18日
安田学講師の論文がこころと文化に掲載されました。
2019年04月09日
佐藤謙伍先生の論文が精神医学に掲載されました。
2019年04月05日
小林教授の総説がGeriatric Medicineに掲載されました。
2019年03月14日
小林教授の論文が臨床精神医学に掲載されました。
2019年02月22日
臨床研究に関する情報の公開について
2018年11月12日
安田講師の救急部における自殺企図患者の実態に関する研究がAsian Jounal of Psychiatryにアクセプトされました。
2018年11月12日
公式twitter始めました
2017年09月31日
精神科領域専門医研修プログラムのリンクはこちら
2017年09月01日
自治医大のロゴを作ってみました。リンクフリーです。
2017年08月31日
医局紹介文をアップデートしました。リンクはこちら
2017年08月31日
最新の研究紹介はこちら
2016年06月03日
ホームページをリニューアルしました

ページのトップへ