トップ > 医学部 > 泌尿器科学部門 > 教授挨拶

自治医科大学 医学部 泌尿器科

教授挨拶

私どもの腎泌尿器外科学講座は、泌尿器科学部門と腎臓外科学部門との2部門から構成されており、診療においては、成人泌尿器科、小児泌尿器科、腎移植を担当する腎臓外科とに分かれ様々な疾患に幅広く対応しています。泌尿器科では、腎・尿管・膀胱・前立腺・精巣(睾丸)の癌、前立腺肥大症や神経因性膀胱などに伴う排尿障害、男性不妊症、尿路性器感染症、尿路結石、副腎、後腹膜疾患などの診断・治療を精力的に行っています。特に、泌尿生殖器腫瘍の診療は腫瘍センターと、男性不妊症は生殖医学センターと連携して診療を行っております。また、停留精巣、水腎症、夜尿症、膀胱尿管逆流などの小児泌尿器疾患に関しては、自治医科大学とちぎ子ども医療センターにおいて小児泌尿器専門医が診療にあたっております。ひとつの講座が、臨床において三つの診療ユニットに分かれ、有機的な連携をもって泌尿器疾患を診療するシステムは国内に類をみません。そのような利点を生かして、エビデンスに基づく標準的医療を提供するとともに、QOLを重視した低侵襲手術(内視鏡手術)や分子標的薬の導入など最先端の医療を提供できるよう努力しています。これら最先端医療は様々な基礎・臨床研究の成果の上に成立しており、私どもは臨床に基盤をもちながらも臨床に還元できる基礎・臨床研究を中心に取り組んでいます。さらに、その医療・研究の担い手である泌尿器科医の育成も重要であります。患者さんの病んでいる気持ちを理解するとともに、その疾患を的確に判断し対処する能力を備えた泌尿器科医を育成することを目指しています。以上のように、私どもは、地域医療を担う病院の泌尿器科医として、また、附属病院泌尿器科医として診療、研究、教育に励んでおります。