自治医科大学-消化器内科学部門/栃木県の大学病院 医師の募集

自治医科大学内科学講座 消化器内科学部門 自治医大TOP | Login
業績
CATEGORIES
HOME
教授挨拶
消化管グループ
肝臓グループ
胆道・膵臓グループ
消化器病研究チーム
スタッフ紹介
業績
地域医療と消化器病研究会
同門会
関連施設一覧
医学生実習のご案内
医局員募集
ギャラリー

> 業績一覧へ

2005年の実績
原著
学会発表
著書・総説
その他
イメージ写真2

原著


1)肱岡範、佐藤幸浩、岩下裕一、犬童裕成:野生シカ・イノシシを頻回に生食した猟師に生じたE型急性肝炎の1例:E型肝炎ウイルスの分子系統樹解析。日消誌102: 723-728, 2005

2)井戸健一,冨樫一智,山本博徳,佐藤貴一 :内視鏡治療を行う場合の抗血小板・抗凝固薬の取り扱い.
Gastroenterological Endoscopy 46(9):2079-2085,2005.

3)石野祐三子、菅野健太郎:早期診断に有用な検査とその利用法?消化器疾患(消化管)日本内科学会雑誌 94(12): 50-55, 2005

4)増田舞未子、佐藤貴一、佐藤慎、林芳和、喜多宏人、大澤博之、菅野健太郎、久野宗寛:胃過形成性ポリープ自然脱落後の噴出性出血が観察できた1例。Progress of Digestive Endoscopy 66(2): 50-51, 2005

5)武藤弘行:Cdx2と胃癌。日本消化器病学会雑誌102(8): 986-993, 2005

6)武藤弘行:腸上皮化生と発癌。日本ヘリコバクター学会誌7(1): 13-18, 2005

7)大澤博之:グレリンとHelicobacter pylori感染。日本ヘリコバクター学会誌6(2): 54-58, 2005

8)玉田喜一、菅野健太郎:胆管癌の診断と治療?内科の立場から?。日消誌102: 866-872, 2005

9)和田伸一、玉田喜一、田野茂夫、畑中恒、中澤克行、大橋明、花塚和伸、冨山剛、菅野健太郎:高齢者(80歳以上)総胆管結石の内視鏡的治療の現状と問題。日本高齢消化器医学会議会誌 7(2): 40-47, 2005

10)山本博徳:ダブルバルーン内視鏡?小腸疾患に対する診断治療の最前線。Endoscopic Forum for digestive disease 21(2): 136-142, 2005

11)山本博徳、喜多宏人、砂田圭二郎、矢野智則、林芳和、佐藤博之、阿治部弘成、岩本美智子、井戸健一、菅野健太郎:小腸内視鏡の現況。Gastroenterological Endoscopy 47(10): 2353-2360, 2005

12)Chiaki Kawamoto, Kenichi Ido, Norio Isoda, Masanori Hozumi, Nobuhiko Nagamine, Kazunori Ono, Yoshiaki Sato, Yuko Kobayashi, Genta Nagae, Kentaro Sugano: Long-Term Outcomes for Patients with Solitary Hepatocellular Carcinoma Treated by Laparoscopic Microwave Coagulation. Cancer 103(5): 985-993, 2005

13)Duan LP, Wang HH, Ohashi A, Wang DQ: Role of intestinal sterol transporters Abcg5, Abcg8, and Npc1l1 in cholesterol absorption in mice: gender and age effects. Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol. 2005 Sep 22; (Epub ahead of print)

14)Fumiko Sunada, Hironori Yamamoto, Hiroto Kita, Kazunobu Hanatsuka, Hironari Ajibe, Mamiko Masuda, Tomosuke Hirasawa, Hiroyuki Osawa, Kiichi Sato, Yasuo Hozumi, Kentaro Sugano: A Case of Esophageal Stricture Due to Metastatic Breast Cancer Diagnosed by Endoscopic Mucosal Resection. Jpn J Clin Oncol 35(8): 483-486, 2005

15)Fumiko Sunada, Masayuki Itabashi, Hisanao Ohkura, Toshiyuki Okumura: p53 negativity, CDC25B positivity, and metallothionein negativity are predictors of a response of esophageal squamous cell carcinoma to chemoradiotherapy. World J Gastroenterol 11(36): 5696-5700, 2005

16)Genta Nagae, Kenichi Ido, Norio Isoda, Shin Sato, Hiroto Kita, Kentaro Sugano: LAPAROSCOPIC ABLATION THERAPY FOR HEPATOCELLULAR CARCINOMA. Digestive Endoscopy 17: 1-8, 2005

17)Hidenori Haruta, Hironori Yamamoto, Koichi Mizuta, Yoshiaki Kita, Takeji Uno, Satoshi Egami, Shuji Hishikawa, Kentaro Sugano, Hideo Kawarasaki: A Case of Successful Enteroscopic Balloon Dilation for Late Anastomotic Stricture of Choledochojejunostomy After Living Donor Liver Transplantation. Liver Transplantation 11(12): 1608-1610, 2005

18)Hiroto Kita: A role of NKT cells in HCV infection and development of hepatocellular carcinoma: Are they protective or destructive? Hepatology Research 32: 197-199, 2005

19)Hiroto Kita: Family study in PBC as a clue to the possible involvement of genetic and environmental factors. Hepatology Research 33: 5-6, 2005

20)Hiroto Kita: PBC and eosinophilia: New insight from autoantibody response. Hepatology Research 32: 12-13, 2005

21)Hiroto Kita, Hironori Yamamoto, Tetsuya Nakamura, Katsuro Shirakawa, Akira Terano, Kentaro Sugano: Bleeding polyp in the mid small intestine identified by capsule endoscopy and treated by double-balloon endoscopy. GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY 61(4): 628-629, 2005

22)Hiroyuki Mutoh, Kiichi Satoh, Hiroto Kita, Hirotsugu Sakamoto, Hiroko Hayakawa, Hironori Yamamoto, Norio Isoda, Kiichi Tamada, Kenichi Ido, Kentaro Sugano: Cdx2 specifies the differentiation of morphological as well as functional absorptive enterocytes of the small intestine. Int. J. Dev. Biol. 49: 867-871, 2005

23)H Mutoh, S Sakurai, K Satoh, H Osawa, T Tomiyama, H Kita, T Yoshida, K Tamada, H Yamamoto, N Isoda, K Ido, K Sugano: Pericryptal fibroblast sheath in intestinal metaplasia and gastric carcinoma. Gut 54: 33-39, 2005

24)Hitoshi Nakagama, Masako Nakanishi, Masako Ochiai: Modeling human colon cancer in rodents using a food-borne carcinogen, PhlP. Cancer Sci 96(10): 627-636, 2005

25)Hiroyuki Osawa, Hiroto Kita, Hirohide Ohnishi, Hiroko Hoshino, Hiroyuki Mutoh, Yumiko Ishino, Eiko Watanabe, Kiichi Satoh, Kentaro Sugano: Helicobacter pylori eradication induces marked increase in H+/K+-adenosine triphosphatase expression without altering parietal cell number in human gastric mucosa. Gut 2005 (Published online first 4 May 2005)

26)H. Osawa, H. Kita, H. Ohnishi, H. Mutoh, Y. Ishino, K. Satoh, K. Sugano: Histamine-2 receptor expression in gastric mucosa before and after Helicobacter pylori cure. Aliment Pharmacol Ther 21(suppl. 2): 92-98, 2005

27)Hiroyuki Osawa, Masamitsu Nakazato, Yukari Date, Hiroto Kita, Hirohide Ohnishi, Hiroaki Ueno, Tomomi Shiiya, Kiichi Satoh, Yumiko Ishino, Kentaro Sugano: Impaired Production of Gastric Ghrelin in Chronic Gastritis Associated with Helicobacter pylori. The Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism 90(1):10-16, 2005

28)Hironori Yamamoto: Double-Balloon Endoscopy. Clinical Gastroenterology and Hepatology 3: S27-S29, 2005

29)Hironori Yamamoto: Endoscopic Submucosal Dissection of Early Cancers and Large Flat Adenomas. Clinical Gastroenterology and Hepatology 3: S74-S76, 2005

30)Hironori Yamamoto, Hiroto Kita: Enteroscopy. J Gastroenterol 40: 555-562, 2005

31)Hironori Yamamoto, Hiroto Kita: Double-balloon endoscopy. Current Opinion in Gastroenterology 21: 573-577, 2005

32)Hironori Yamamoto, Hiroto Kita: Endoscopic therapy of early gastric cancer. Best Practice & Research Clinical Gastroenterology 19: 909-926, 2005

33)H.Yamamoto, N. Yahagi, T.Oyama: Mucosectomy in the Colon with Endoscopic Submucosal Dissection. Endoscopy 37: 764-768, 2005

34)K.Satoh, H.Yamamoto, H.Kawata, H.Osawa, K.Hanatsuka, H.Kita, K.Sunada, T.Hirasawa, M.Yoshizawa, H.Ajibe, Y.Satoh, F.Sunada, K.Sugano: Comparison of hemostatic effects by route of H2 receptor antagonist administration following endoscopic mucosal resection in patients with neoplastic gastric lesions. Aliment Pharmacol Ther 21(Suppl.2): 105-110,2005

35)K. Sugano: Heartburn issues burnt out? J. Gastroenterol 40: 1080-1082, 2005

36)Keijiro Sunada, Hironori Yamamoto, Hiroto Kita, Tomonori Yano, Hiroyuki Sato, Yoshikazu Hayashi, Tomohiko Miyata, Yutaka Sekine, Akiko Kuno, Michiko Iwamoto, Hirohide Ohnishi, Kenichi Ido, Kentaro Sugano: Clinical outcomes of enteroscopy using the double-balloon method for strictures of the small intestine. World J Gastroenterol 11(7): 1087-1089, 2005

37)Kiichi Tamada, Xiao-Ping Wang, F. Charles Brunicardi: Molecular Targeting of Pancreatic Disorders. World J. Surg. 29: 325-333, 2005

38)Madoka Ishikawa, Koji Yoshida, Yoshihiro Yamashita, Jun Ota, Shuji Takada, Hiroyuki Kisanuki, Koji Koinuma, Young Lim Choi, Ruri Kaneda, Toshiyasu Iwao, Kiichi Tamada, Kentaro Sugano, Hiroyuki Mano: Experimental trial for diagnosis of pancreatic ductal carcinoma based on gene expression profiles of pancreatic ductal cells. Cancer Sci 96(7): 387-393, 2005

39)Michiko Iwamoto, Edward J. Hoffenberg, John M. Carethers, Ryan Doctolero, Akihiro Tajima, Kentaro Sugano, Wilbur A. Franklin, Dennis J. Ahnen: Nuclear Accumulation of β-Catenin Occurs Commonly in the Epithelial Cells of Juvenile Polyps. PEDIATRIC RESEARCH 57(1): 4-9, 2005

40)Michiko Iwamoto, Hironori Yamamoto, Hiroto Kita, Keijiro Sunada, Yoshikazu Hayashi, Hiroyuki Sato, Kentaro Sugano: Double-balloon endoscopy for ileal GI stromal tumor. GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY 62(3): 440-441, 2005

41)M Izumiya, H Yamamoto, H Kita, K Sunada: Gastrointestinal: Mucocele of vermiform appendix. Journal of Gastroenterology and Hepatology 20: 315, 2005

42)Mark J. Roth, Nan Hu, Laura Lee Johnson, Wang Quon-Hang, Dennis J. Ahnen, Michiko Iwamoto, Sanford M. Dawsey, Philip R. Taylor, Konrad Huppi: β-Catenin splice variants and downstream targets as markers for neoplastic progression of esophageal cancer. Genes, Chromosomes and Cancer. 2005 Aug 19;(Epub ahead of print)

43)Peter Malfertheiner, Pentti Sipponen, Michael Naumann, Paul Moayyedi, Francis Megraud, Shu-Dong Xiao, Kentaro Sugano, Olof Nyren, the Lejondal H. pylori-Gastric Cancer Task Force: Helicobacter pylori Eradication Has the Potential to Prevent Gastric Cancer: A State-of-the-Art Critique. Am J Gastroenterol 100: 2100-2115, 2005

44)P. Sakai, R. Kuga, A.V. Safatle-Ribeiro, J. Faintuch, J.J. Gama-Rodrigues, R.K.Ishida, C.K.Jr.Furuya, H. Yamamoto, S. Ishioka: Is It Feasible to Reach the Bypassed Stomach after Roux-en-Y Gastric Bypass for Morbid Obesity? The Use of the Double-Balloon Enteroscope. Endoscopy 37(6): 566-569, 2005

45)Tomohiko Miyata, Hironori Yamamoto, Hiroto Kita, Tomonori Yano, Keijiro Sunada, Akiko Kuno, Michiko Iwamoto, Kenichi Ido, Kentaro Sugano: A case report of chronic enterocolic phlebosclerosis; a possible consequence of chronic manifestation of enterocolic phlebitis. Journal of Gastroenterology 40(7): 768-769, 2005

46)Tsutomu Nishizawa, Masaharu Takahashi, Kazunori Endo, Shinji Fujiwara, Nobuo Sakuma, Fumiaki Kawazuma, Hirotsugu Sakamoto, Yukihiro Sato, Masashi Bando, Hiroaki Okamoto: Analysis of the full-length genome of hepatitis E virus isolates obtained from wild boars in Japan . J. Gen. Virol. 86: 3321-3326, 2005

47)Tomonori Yano, Hironori Yamamoto, Hiroto Kita, Keijiro Sunada, Yoshikazu Hayashi, Hiroyuki Sato, Michiko Iwamoto, Yutaka Sekine, Tomohiko Miyata, Akiko Kuno, Makoto Nishimura, Hironari Ajibe, Kenichi Ido, Kentaro Sugano: Technical modification of the double-balloon endoscopy to access to the proximal side of the stenosis in the distal colon. GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY 62(2): 302-304, 2005

48)Yoshikazu Hayashi, Hironori Yamamoto, Hiroto Kita, Keijiro Sunada, Hiroyuki Sato, Tomonori Yano, Michiko Iwamoto, Yutaka Sekine, Tomohiko Miyata, Akiko Kuno, Takaaki Iwaki, Yoshiyuki Kawamura, Hironari Ajibe, Kenichi Ido, Kentaro Sugano: Nonsteroidal anti-inflammatory drug-induced small bowel injuries identified by double- balloon endoscopy. World J Gastroenterol 11(31): 4861-4864, 2005

49)Y.Ishino, K.Ido, K.Sugano: Contamination with Hepatitis B Virus DNA in Gastrointestinal Endoscope Channels: Risk of Infection on Reuse after On-Site Cleaning. Endoscopy 37: 548-551, 2005



▲Page Top



学会発表


1)阿治部弘成、花塚和伸、平澤知介、吉澤充代、砂田圭二郎、喜多宏人、佐藤幸浩、山本博徳、佐藤貴一、井戸健一、菅野健太郎:胃ESD(内視鏡的粘膜下切除術)後の晩期出血に関する検討。第69回日本消化器内視鏡学会総会、東京、2005年5月28日(Gastroenterol. Endosc. 47(Suppl. 1): 803, 2005)

2)阿治部弘成、山本博徳、喜多宏人、砂田圭二郎、岩本美智子、佐藤博之、林芳和、井戸健一、菅野健太郎、伊澤祥光、小島正幸、堀江久永、岡田真樹:クローン病発症後14年経過した後に盲腸癌を発症した1例。第91回日本消化器病学会総会、東京、2005年4月16日(日消誌102(臨増):A354, 2005)

3)青木浩義、大西洋英、濱公治、菅野健太郎:Cyclooxynase-2(COX-2)の膵星細胞活性化における役割の検討。第91回日本消化器病学会総会、東京、2005年4月15日(日消誌102(臨増):A249, 2005)

4)青木浩義、大西洋英、菅野健太郎:(ワークショップ)Cyclooxynase-2 (COX-2)の膵星細胞活性化における役割の検討。第36回日本膵臓学会大会、東京、2005年7月28日(膵臓20(3): 214, 2005)

5)藤枝毅、礒田憲夫、佐藤慎、小野和則、砂田富美子、東澤俊彦、大竹俊哉、長嶺伸彦、喜多宏人、井戸健一、菅野健太郎:腹腔鏡的局所治療における超音波腹腔鏡誘導下深部腫瘍穿刺の工夫?肝門部脈管の穿通を避ける方法?。第9回日本肝臓学会大会、神戸、2005年10月5日(肝臓46 (Suppl.2): A421, 2005)

6)八森久、山本博徳、玉田喜一、喜多宏人、和田伸一、砂田圭二郎、田野茂夫、佐藤博之、佐藤幸浩、林芳和、岩本美智子、阿治部弘成、伊藤勝宣、高松徹、井戸健一、菅野健太郎、齋藤心、太田真、細谷好則、安田是和、永井秀雄:Roux-en-Y再建後の閉塞性黄疸に対し、有効長133cmのダブルバルーン内視鏡にてメタリックステントを留置した1例。第69回日本消化器内視鏡学会総会、東京、2005年5月28日(Gastroenterol. Endosc. 47(Suppl. 1): 842, 2005)

7)濱公治、大西洋英、青木浩義、菅野健太郎:膵星細胞の増殖制御におけるアンギオテンシンUとTGF-βのクロストークについての検討。第36回日本膵臓学会大会、東京、2005年7月28日(膵臓20(3): 250, 2005)

8)林芳和、玉田喜一、荒井康之、竹澤敬人、和田伸一、田野茂夫、佐藤幸浩、畑中恒、菅野健太郎:自家製肝臓モデルを用いた経皮経肝胆道ドレナージ術トレーニングの実際。第47回日本消化器病学会大会、神戸、2005年10月7日(日消誌102(臨増):A834, 2005)

9)林芳和、玉田喜一、佐藤幸浩、畑中恒、花塚和伸、田野茂夫、和田伸一、冨山剛、菅野健太郎、田中亨:FDG-PETにて集積を認めた腫瘤形成性慢性膵炎の一例。第91回日本消化器病学会総会、東京、2005年4月16日(日消誌102(臨増):A362, 2005)

10)林芳和、山本博徳、喜多宏人:(ワークショップ)NSAIDsは出血源不明の消化管出血患者の小腸潰瘍の原因となる。第69回日本消化器内視鏡学会総会、東京、2005年5月27日(Gastroenterol. Endosc. 47(Suppl. 1): 721, 2005)

11)林芳和、山本博徳、佐藤博之:(ビデオシンポジウム)大腸内視鏡挿入困難例におけるダブルバルーン内視鏡一人法の試み。第69回日本消化器内視鏡学会総会、東京、2005年5月27日(Gastroenterol. Endosc. 47(Suppl. 1): 570, 2005)

12)林芳和、矢野智則、山本博徳:(合同ワークショップ)処置用ダブルバルーン内視鏡による小腸疾患の内視鏡的治療。第70回日本消化器内視鏡学会総会、DDW2005、神戸、2005年10月6日(Gastroenterol. Endosc. 47(Suppl.2): 1889, 2005)

13)東澤俊彦、井戸健一、山形仁、嶺義孝、比企進、柳川隆、小野和則、佐藤慎、砂田富美子、礒田憲夫、長嶺伸彦、菅野健太郎:SPS(sono puncture simulator)による肝癌治療の検討。日本超音波医学会第78回学術集会、東京、2005年5月21日(Jpn J Med Ultrasonics 32(Suppl):S540, 2005)

14)東澤俊彦、井戸健一、山形仁、嶺義孝、比企進、柳川隆、小野和則、佐藤慎、砂田富美子、長嶺伸彦、礒田憲夫、菅野健太郎:肝癌から肝表面および体表を観て安全な穿刺ルート決定を行うシミュレーター(SPS)の有用性。第41回日本肝臓学会総会、大阪、2005年6月17日(肝臓46(suppl.1): A297, 2005)

15)東澤俊彦、長嶺伸彦、平澤知介、大竹俊哉、小野和則、佐藤慎、礒田憲夫、井戸健一、菅野健太郎:(ワークショップ)若手医師から見た静脈瘤治療?大きく変化する医療環境の中で。第12回日本門脈圧亢進症学会総会、東京、2005年9月8日(日門亢会誌11: 67, 2005)

16)東澤俊彦、長嶺伸彦、平澤知介、大竹俊哉、小野和則、佐藤慎、礒田憲夫、井戸健一、菅野健太郎:BRTOの治療効果判定におけるカラードプラー超音波内視鏡の有用性。第12回日本門脈圧亢進症学会総会、東京、2005年9月8日(日門亢会誌11: 97, 2005)

17)東澤俊彦、砂田富美子、井戸健一:肝癌から肝表面および体表を観て安全な穿刺ルート決定を行うためのシミュレーター(SPS)の有用性。第91回日本消化器病学会総会、東京、2005年4月14日(日消誌102(臨増):A188, 2005)

18)平田真理、小山元一、山田雄二、佐藤美恵、池井洋子、桑原美樹、米山大、高橋信一、下位洋史、三井秀雄、高安甲平、杉山政則、跡見裕、山本博徳:(ビデオワークショップ)カプセル内視鏡が診断に有用であった小腸潰瘍の1例。第80回日本消化器内視鏡学会関東地方会、東京、2005年6月4日

19)井戸健一、鈴木泰之、井上清:(合同ワークショップ)内視鏡画像ファイリングシステムによるスコープ洗浄情報の電子記録管理について。第70回日本消化器内視鏡学会総会、DDW2005、神戸、2005年10月8日(Gastroenterol. Endosc. 47(Suppl.2): 1937, 2005)

20)伊藤勝宣、山本博徳、喜多宏人、砂田圭二郎、林芳和、佐藤博之、岩本美智子、阿治部弘成、高松徹、八森久、篠崎聡、矢野智則、久野亜希子、宮田知彦、井戸健一、菅野健太郎、中村哲也、白川勝朗、寺野彰:カプセル内視鏡とダブルバルーン内視鏡の併用が有用であった小腸潰瘍の1症例。第69回日本消化器内視鏡学会総会、東京、2005年5月26日(Gastroenterol. Endosc. 47(Suppl. 1): 824, 2005)

21)岩本美智子、Jensen Robert, 菅野健太郎:GastrinomaにおけるVEGFとVEGF receptorの発現:その頻度と量はGastrinomaでは増加している。第91回日本消化器病学会総会、東京、2005年4月15日(日消誌102(臨増):A252, 2005)

22)岩本美智子、山本博徳、喜多宏人、砂田圭二郎、林芳和、佐藤博之、菅野健太郎、中村哲也、白川勝朗、中野路子、寺野彰:(ビデオワークショップ)小腸病変に対するカプセル内視鏡とダブルバルーン内視鏡の比較検討。第80回日本消化器内視鏡学会関東地方会、東京、2005年6月4日(Progress of Digestive Endoscopy 67(1):56, 2005)

23)岩本美智子、山本博徳、中村哲也、白川勝朗、喜多宏人、砂田圭二郎、中野道子、菅野健太郎、寺野彰:カプセル内視鏡とダブルバルーン内視鏡のコンビネーションによって短期間に診断と治療が決定された小腸血管腫。第70回日本消化器内視鏡学会総会、DDW2005、神戸、2005年10月8日(Gastroenterol. Endosc. 47(Suppl.2): 2021, 2005)

24)岩本美智子、山本博徳、白川勝郎:カプセル内視鏡とダブルバルーン内視鏡のコンビネーション:13症例。第69回日本消化器内視鏡学会総会、東京、2005年5月26日(Gastroenterol. Endosc. 47(Suppl. 1): 764, 2005)

25)菊池由紀子、礒田憲夫、砂田富美子、阿治部弘成、佐藤慎、小野和則、井戸健一、菅野健太郎、山本和雄:胆嚢癌が疑われたCrigler-Najjar 2型の1例。第524回日本内科学会関東地方会、東京、2005年2月19日

26)喜多宏人、上野義之、宮川浩:(パネルディスカッション)原発性胆汁性肝硬変の胆管障害における自然免疫と獲得免疫の役割。第91回日本消化器病学会総会、東京、2005年4月15日(日消誌102(臨増):A130, 2005)

27)喜多宏人、山本博徳、菅野健太郎:(シンポジウム)処置用の新たなダブルバルーン内視鏡を用いた小腸疾患の治療。第69回日本消化器内視鏡学会総会、東京、2005年5月26日(Gastroenterol. Endosc. 47(Suppl. 1): 611, 2005)

28)喜多宏人、山本博徳、砂田圭二郎:(シンポジウム)早期大腸癌に対するヒアルロン酸ナトリウムを用いたESD治療。第69回日本消化器内視鏡学会総会、東京、2005年5月27日(Gastroenterol. Endosc. 47(Suppl. 1): 633, 2005)

29)喜多宏人、山本博徳、砂田圭二郎、林芳和、佐藤博之、岩本美智子、阿治部弘成、伊藤勝宣、八森久、篠崎聡、宮田知彦、矢野智則、久野亜希子、関根豊、井戸健一、菅野健太郎:2種類のダブルバルーン内視鏡を用いた小腸疾患の診断と治療。第80回日本消化器内視鏡学会関東地方会、東京、2005年6月3日(Progress of Digestive Endoscopy 67(1):59, 2005)

30)増田舞未子、砂田富美子、山本博徳、阿治部弘成、花塚和伸、吉田徹、佐藤幸浩、穂積康夫、田中亨:乳癌の食道転移により食道狭窄を来たし、EMRで診断がついた乳癌再発症例。第69回日本消化器内視鏡学会総会、東京、2005年5月26日(Gastroenterol. Endosc. 47(Suppl. 1): 737, 2005)

31)松川雅也、大久保政雄、東海林英典、古畑総一郎、関根昌子、高倉裕一、関川憲一郎、松浦広、橋本直明、山本博徳:(ビデオワークショップ)市中病院に於ける小腸内視鏡の導入とその意義。第80回日本消化器内視鏡学会関東地方会、東京、2005年6月3日

32)宮田知彦、玉田喜一、久野亜希子、菅野健太郎:後腹膜気腫を伴った重症急性膵炎の2例。第91回日本消化器病学会総会、東京、2005年4月16日(日消誌102(臨増):A362, 2005)

33)武藤弘行:(パネルディスカッション)転写因子Cdx2による腸粘膜の分化誘導。第91回日本消化器病学会総会、東京、2005年4月14日(日消誌102(臨増):A106, 2005)

34)武藤弘行:(TRANSLATIONAL RESEARCH FORUM) 腸上皮化生からの分化型胃癌の発生。第42回日本臨床分子医学会学術集会、京都、2005年7月23日

35)中澤克行、花塚和伸、玉田喜一、菅野健太郎:放射線性胃十二指腸炎に対しアルゴンプラズマ凝固法が有効であった1例。第69回日本消化器内視鏡学会総会、東京、2005年5月28日(Gastroenterol. Endosc. 47(Suppl. 1): 838, 2005)

36)法月正太郎、太田英孝、東澤俊彦、矢野智則、宮田知彦、喜多宏人、山本博徳、菅野健太郎、小島正幸、永井秀雄:Signet ring cell gastric cancer 術後18年目に腹膜播種、イレウス症状をきたした1例。第287回日本消化器病学会関東支部例会、東京、2005年12月10日

37)大久保政雄、松川雅也、高倉裕一、関川憲一郎、松浦広、橋本直明、山本哲久、関川敬義、山本博徳、菅野健太郎、薬丸一洋:原因不明の消化管出血に対し小腸内視鏡が有効であった一例。第69回日本消化器内視鏡学会総会、東京、2005年5月27日(Gastroenterol. Endosc. 47(Suppl. 1): 780, 2005)

38)大澤博之、喜多宏人、菅野健太郎:(ワークショップ)Helicobacter pylori除菌治療前後におけるグレリン値の変化と肥満および生活習慣病の関連性について。第91回日本消化器病学会総会、東京、2005年4月16日(日消誌102(臨増):A150, 2005)

39)大澤博之、大西洋英、喜多宏人、濱公治、青木浩義、菅野健太郎:胃上皮細胞に対するSonic hedgehogの増殖作用とその細胞内シグナル伝達の検討。第91回日本消化器病学会総会、東京、2005年4月15日(日消誌102(臨増):A222, 2005)

40)太田英孝、礒田憲夫、砂田富美子、佐藤慎、小野和則、井戸健一、菅野健太郎、佐久間裕司、斉藤建:肝Pseudolymphomaの1例。第283回日本消化器病学会関東支部例会、東京、2005年2月19日

41)太田英孝、宮田知彦、東澤俊彦、新畑博英、刀根幸夫、藤枝真司、小俣俊明、篠崎聡、矢野智則、岩本美智子、砂田圭二郎、喜多宏人、山本博徳、菅野健太郎、弘中貢、野首光弘:Hypovolemic shock後にleukemoid reactionを伴い発症した抗生剤未投与例の偽膜性腸炎の1例。第285回日本消化器病学会関東支部例会、東京、2005年7月9日

42)佐多将史、千葉英男、鈴木章文、安田是和、永井秀雄、山本博徳:小腸MALT lymphomaの1例。第283回日本消化器病学会関東支部例会、東京、2005年2月19日

43)佐藤博之、井戸健一、佐藤幸浩、熊谷眞知夫、玉田喜一:マイクロ波を用いた胆嚢結石のin vitroでの破砕実験。第41回日本胆道学会学術集会、岡山、2005年9月29日(胆道19(3): 387, 2005)

44)佐藤博之、砂田圭二郎、竹澤敬人、林芳和、阿治部弘成、八森久、高松徹、伊藤勝宣、篠崎聡、太田英孝、岩本美智子、喜多宏人、山本博徳、井戸健一、菅野健太郎:小腸異物(義歯)をダブルバルーン内視鏡で除去し得た一例。第70回日本消化器内視鏡学会総会、DDW2005、神戸、2005年10月8日(Gastroenterol. Endosc. 47(Suppl.2): 2019, 2005)

45)佐藤博之、玉田喜一、田野茂夫、和田伸一、佐藤幸浩、花塚和伸、冨山剛、大橋明、井戸健一、菅野健太郎:閉塞性黄疸、胆管炎を契機に発見された分岐型IPMTの3例。第91回日本消化器病学会総会、東京、2005年4月16日(日消誌102(臨増):A359, 2005)

46)佐藤博之、山本博徳、喜多宏人、砂田圭二郎、林芳和、岩本美智子、阿治部弘成、八森久、高松徹、伊藤勝宣、篠崎聡、宮田知彦、矢野智則、久野亜希子、井戸健一、菅野健太郎:ダブルバルーン内視鏡を用いて内視鏡的に切除された小腸隆起性病変の検討。第69回日本消化器内視鏡学会総会、東京、2005年5月26日(Gastroenterol. Endosc. 47(Suppl. 1): 762, 2005)

47)佐藤貴一、菅野健太郎:(パネルディスカッション)生検所見に基づいた慢性胃炎の診断。第91回日本消化器病学会総会、東京、2005年4月14日(日消誌102(臨増):A94, 2005)

48)佐藤慎、礒田憲夫、井戸健一:JIS score・CLIP score別の肝細胞癌に対する全麻下腹腔鏡的局所治療の長期予後。第91回日本消化器病学会総会、東京、2005年4月15日(日消誌102(臨増):A231, 2005)

49)佐藤慎、礒田憲夫、井戸健一:(合同パネルディスカッション)肝癌局所治療?全麻下腹腔鏡的局所療法の有用性。第70回日本消化器内視鏡学会総会、DDW2005、神戸、2005年10月6日(Gastroenterol. Endosc. 47(Suppl.2): 1826, 2005)

50)佐藤慎、礒田憲夫、砂田富美子、伊藤勝宣、高松徹、増田舞未子、林芳和、八森久、藤枝毅、東澤俊彦、小野和則、稲森英明、喜多宏人、長嶺伸彦、井戸健一、菅野健太郎:肝細胞癌に対する全麻下腹腔鏡的局所治療後の局所再発形式と予後。第41回日本肝臓学会総会、大阪、2005年6月17日(肝臓 46(suppl. 1): A268, 2005)

51)佐藤慎、金子嘉成、熊谷眞知夫、井戸健一:(ワークショップ)腹腔鏡下胆嚢摘出術の合併症と対策。第41回日本胆道学会学術集会、岡山、2005年9月30日(胆道19(3): 298, 2005)

52)佐藤幸浩、中村浩同、林智彦、長谷部健:極細径内視鏡を用いた経鼻的上部消化管内視鏡検査の経験。第86回日本消化器内視鏡学会北陸地方会、金沢、2005年11月20日

53)佐藤幸浩、佐藤貴一、井戸健一:(パネルディスカッション)内視鏡検査、治療に際しての抗血小板、抗凝血薬の取り扱い。第69回日本消化器内視鏡学会総会、東京、2005年5月27日(Gastroenterol. Endosc. 47(Suppl. 1): 664, 2005)

54)佐藤幸浩、玉田喜一、花塚和伸、田野茂夫、大橋明、冨山剛、和田伸一、井戸健一、菅野健太郎:胆管メタリックステント閉塞例の原因とその対応。第69回日本消化器内視鏡学会総会、東京、2005年5月28日(Gastroenterol. Endosc. 47(Suppl. 1): 808, 2005)

55)関根沙耶花、林芳和、齋藤俊信、八森久、佐藤幸浩、吉澤充代、平澤知介、大澤博之、佐藤貴一、井戸健一、菅野健太郎:透明フードの使用により止血しえた十二指腸憩室出血の1例。第69回日本消化器内視鏡学会総会、東京、2005年5月26日(Gastroenterol. Endosc. 47(Suppl. 1): 817, 2005)

56)新畑博英、武藤弘行、関澤大輔、矢野智則、大竹俊哉、東澤俊彦、佐藤慎、礒田憲夫、玉田喜一、菅野健太郎:B型慢性肝炎に合併した若年発症肝細胞癌の1例。第531回日本内科学会関東地方会、東京、2005年11月12日

57)篠崎聡、山本博徳、喜多宏人、砂田圭二郎、八森久、岩本美智子、林芳和、佐藤博之、伊藤勝宣、高松徹、宮田知彦、久野亜希子、矢野智則、井戸健一、菅野健太郎:ヒアルロン酸を用いた内視鏡的粘膜下層剥離術を施行した大腸カルチノイドの検討。第62回大腸癌研究会、東京、2005年1月21日(日本大腸肛門病会誌58(6): 375, 2005)

58)篠崎聡、山本博徳、喜多宏人、砂田圭二郎、林芳和、佐藤博之、岩本美智子、伊藤勝宣、高松徹、八森久、矢野智則、久野亜希子、宮田知彦、井戸健一、菅野健太郎:上下部消化管内視鏡で出血源が同定できない消化管出血症例66例に対するダブルバルーン内視鏡の有用性の検討。第91回日本消化器病学会総会、東京、2005年4月16日(日消誌102(臨増):A275, 2005)

59)白川勝朗、中村哲也、山本博徳:(合同ワークショップ)カプセル内視鏡とダブルバルーン内視鏡の併用による小腸疾患の診療。第47回日本消化器病学会大会、DDW2005, 神戸、2005年10月6日(日消誌102(臨増): A598, 2005)

60)砂田富美子、礒田憲夫、井戸健一:(ワークショップ)NASH肝癌の腹腔鏡所見とその臨床経過。第69回日本消化器内視鏡学会総会、東京、2005年5月27日(Gastroenterol. Endosc. 47(Suppl. 1): 726, 2005)

61)砂田富美子、礒田憲夫、井戸健一:生活習慣病がC型肝炎非硬変肝に合併した肝癌治療後の再発、生存期間に与える影響について。第9回日本肝臓学会大会、神戸、2005年10月5日(肝臓46 (Suppl.2): A406, 2005)

62)砂田圭二郎、山本博徳、林芳和:(ワークショップ)ダブルバルーン内視鏡(DBE)を用いた小腸狭窄に対するバルーン拡張術とステント留置術。第23回日本大腸検査学会総会、名古屋、2005年11月13日

63)砂田圭二郎、山本博徳、岩本美智子:(パネルディスカッション)ダブルバルーン内視鏡を用いた小腸IBDの診断と治療。第69回日本消化器内視鏡学会総会、東京、2005年5月26日(Gastroenterol. Endosc. 47(Suppl. 1): 669, 2005)

64)砂田圭二郎、山本博徳、喜多宏人:(合同ワークショップ)ダブルバルーン内視鏡によるProtein-losing enteropathyの診断。第70回日本消化器内視鏡学会総会、DDW2005、神戸、2005年10月7日(Gastroenterol. Endosc. 47(Suppl.2): 1902, 2005)

65)砂田圭二郎、山本博徳、喜多宏人:(パネルディスカッション)大腸ESDにおける血管処置と止血処置。第23回日本大腸検査学会総会、名古屋、2005年11月12日

66)砂田圭二郎、山本博徳、喜多宏人、花塚和伸、吉澤充代、林芳和、佐藤博之、阿治部弘成、伊藤勝宣、八森久、高松徹、岩本美智子、井戸健一、菅野健太郎:(パネルディスカッション)ESD困難症例克服のための工夫。第80回日本消化器内視鏡学会関東地方会、東京、2005年6月3日(Progress of Digestive Endoscopy 67(1):51, 2005)

67)砂田圭二郎、山本博徳、喜多宏人、花塚和伸、吉澤充代、林芳和、佐藤博之、阿治部弘成、伊藤勝宣、八森久、高松徹、岩本美智子、井戸健一、菅野健太郎:(ビデオワークショップ)先端細径透明フード(STフード)を用いた食道ESD.
第59回日本食道学会学術集会、東京、2005年7月1日

68)砂田圭二郎、山本博徳、菅野健太郎:(ワークショップ)小腸良性狭窄性病変に対するダブルバルーン内視鏡を用いた内視鏡的バルーン拡張術。第69回日本消化器内視鏡学会総会、東京、2005年5月27日(Gastroenterol. Endosc. 47(Suppl. 1): 716, 2005)

69)高松徹、山本博徳、喜多宏人、砂田圭二郎、林芳和、佐藤博之、岩本美智子、阿治部弘成、伊藤勝宣、八森久、篠崎聡、矢野智則、久野亜希子、宮田知彦、関根豊、井戸健一、菅野健太郎:ダブルバルーン小腸内視鏡を用いて小腸ポリープを内視鏡的に切除したPeutz-Jeghers syndromeの一例。第69回日本消化器内視鏡学会総会、東京、2005年5月26日(Gastroenterol. Endosc. 47(Suppl. 1): 762, 2005)

70)竹澤敬人、砂田圭二郎、林芳和、佐藤博之、阿治部弘成、伊藤勝宣、八森久、高松徹、岩本美智子、喜多宏人、山本博徳、井戸健一、菅野健太郎:難治性のセリアックスプルーに悪性リンパ腫を合併した1例。第47回日本消化器病学会大会、神戸、2005年10月6日(日消誌102(臨増):A776,2005)

71)竹澤敬人、砂田圭二郎、山口浩史、林芳和、佐藤博之、阿治部弘成、伊藤勝宣、八森久、高松徹、岩本美智子、喜多宏人、山本博徳、井戸健一、菅野健太郎:大腿ヘルニア嵌頓術後の虚血性小腸狭窄をダブルバルーン内視鏡を用いたバルーン拡張術で拡張しえた1例。第69回日本消化器内視鏡学会総会、東京、2005年5月26日(Gastroenterol. Endosc. 47(Suppl. 1): 825, 2005)

72)玉田喜一、和田伸一、田野茂夫、大橋明、花塚和伸、菅野健太郎:ガイドワイヤ留置下経乳頭的胆管生検の現況と問題点。第70回日本消化器内視鏡学会総会、DDW2005、神戸、2005年10月8日(Gastroenterol. Endosc. 47(Suppl.2): 2059, 2005)

73)玉田喜一、和田伸一、田野茂夫、佐藤幸浩、大橋明、花塚和伸、井戸健一、菅野健太郎:ERCPにおいて研修医が胆管カニュレイション困難であった症例の検討。第69回日本消化器内視鏡学会総会、東京、2005年5月28日(Gastroenterol. Endosc. 47(Suppl. 1): 806, 2005)

74)當摩祥子、佐藤貴一、大澤博之、砂田富美子、佐藤博之、平澤知介、吉澤充代、中野秀聡、山口浩史、菅野健太郎:腹部大動脈仮性瘤に十二指腸瘻を合併した1例。第70回日本消化器内視鏡学会総会、DDW2005、神戸、2005年10月6日(Gastroenterol. Endosc. 47(Suppl.2): 2009, 2005)

75)和田伸一、玉田喜一、菅野健太郎:(シンポジウム)高齢者(80歳以上)の総胆管結石の内視鏡的治療。第7回日本高齢消化器病医学会、名古屋、2005年2月26日

76)和田伸一、玉田喜一、田野茂夫、中澤克行、畑中恒、大橋明、花塚和伸、佐藤幸浩、冨山剛、井戸健一、菅野健太郎:高齢者における総胆管結石内視鏡治療時の入院期間に及ぼす諸因子の検討。第70回日本消化器内視鏡学会総会、DDW2005、神戸、2005年10月8日(Gastroenterol. Endosc. 47(Suppl.2): 2065, 2005)

77)山口浩史、砂田圭二郎、佐藤貴一、竹澤敬人、佐藤正友、吉澤充代、平澤知介、喜多宏人、大澤博之、山本博徳、井戸健一、菅野健太郎:内視鏡観察により形態変化を追跡しえた胃形質細胞腫の一例。第91回日本消化器病学会総会、東京、2005年4月15日(日消誌102(臨増):A332, 2005)

78)山本博徳、喜多宏人、砂田圭二郎:(ビデオシンポジウム)ダブルバルーン内視鏡を用いた大腸ESD。第69回日本消化器内視鏡学会総会、東京、2005年5月26日(Gastroenterol. Endosc. 47(Suppl. 1): 588, 2005)

79)山本博徳、砂田圭二郎、菅野健太郎:(ワークショップ)ESDを容易にするための新たな工夫?オープン型スネアの試作?。第69回日本消化器内視鏡学会総会、東京、2005年5月26日(Gastroenterol. Endosc. 47(Suppl. 1): 697, 2005)

80)矢野智則、山本博徳、喜多宏人、砂田圭二郎、宮田知彦、岩本美智子、林芳和、佐藤博之、刀根幸夫、小俣俊明、藤枝真司、阿部太郎、新畑博英、篠崎聡、太田英孝、久野亜希子、井戸健一、菅野健太郎:(ワークショップ)ダブルバルーン内視鏡による内視鏡的治療。第81回日本消化器内視鏡学会関東地方会、東京、2005年11月26日(Progress of Digestive Endoscopy 68(1):62, 2005)

81)吉澤充代、山本博徳、喜多宏人:(合同シンポジウム)EMR適応拡大条件の理論的、技術的検討。第70回日本消化器内視鏡学会総会、DDW2005、神戸、2005年10月8日(Gastroenterol. Endosc. 47(Suppl.2): 1809, 2005)

82)Hiroyoshi Aoki, Hirohide Ohnishi, Kouji Hama, Kentaro Sugano: Cyclooxynase-2 Induction Through Smad2/3-Dependent TGF-βSignaling Pathway Is Essential for Cytokines-Stimulated Activation of Pancreatic Stellate Cells. 106th Annual Meeting of AGA, DDW2005, Chicago, USA, May 16, 2005 (Gastroenterology 128( 4; Suppl.2 ): A-377, 2005)

83)H.Kita, H.Yamamoto, K.Sunada, T.Miyata, M.Yoshizawa, M.Iwamoto, T.Yano, H.Ajibe, S.Shinozaki, H.Ota, M.Nishimura, Y.Sekine, A.Kuno, Y.Hayashi, H.Sato, H.Osawa, K.Ido, K.Sugano: ENDOSCOPIC SUBMUCOSAL DISSECTION USING SODIUM HYALURONATE, A NEW TECHNIQUE FOR EN BLOC RESECTION OF A LARGE SUPERFICIAL TUMOR IN THE COLON AND RECTUM. 13th UNITED EUROPEAN GASTROENTEROLOGY WEEK, COPENHAGEN, DENMARK, October 15-19, 2005

84)Hiroto Kita, Hironori Yamamoto, Keijiro Sunada, Yoshikazu Hayashi, Hiroyuki Sato, Michiko Iwamoto, Hironari Ajibe, Katsunori Ito, Hisashi Hachimori, Toru Takamatsu, Satoshi Shinozaki, Tomohiko Miyata, Tomonori Yano, Akiko Kuno, Hiroyuki Osawa, Kenichi Ido, Kentaro Sugano: Development of a New Double-Balloon Endoscope with Larger Channel for Endoscopic Treatment. 2005 ASGE Meeting, DDW2005, Chicago, USA, May 16, 2005 (Gastrointestinal Endoscopy 61(5):AB171, 2005)

85)Hiroto Kita, Hironori Yamamoto, Keijiro Sunada, Yoshikazu Hayashi, Hiroyuki Sato, Mitsuyo Yoshizawa, Michiko Iwamoto, Hironari Ajibe, Katsunori Ito, Hisashi Hachimori, Toru Takamatsu, Satoshi Shinozaki, Tomohiko Miyata, Tomonori Yano, Makoto Nishimura, Yutaka Sekine, Akiko Kuno, Hiroyuki Osawa, Kenichi Ido, Kentaro Sugano: Endoscopic Submucosal Dissection Using Sodium Hyaluronate for a Large Superficial Cancer in the Colon and Rectum. 2005 ASGE Meeting, DDW2005, Chicago, USA, May 18, 2005 (Gastrointestinal Endoscopy 61(5):AB257, 2005)

86)Hiroto Kita, Hironori Yamamoto, Satoshi Shinozaki, Hiroyuki Sato, Keijiro Sunada, Yoshikazu Hayashi, Michiko Iwamoto, Hironari Ajibe, Katsunori Ito, Hisashi Hachimori, Toru Takamatsu, Tomohiko Miyata, Tomonori Yano, Akiko Kuno, Kenichi Ido, Kentaro Sugano: Diagnostic Yields and Outcomes of Treatment in Patients with Obscure Gastrointestinal Bleeding Using Double-Balloon Endoscopy. 2005 ASGE Meeting, DDW2005, Chicago, USA, May 17, 2005 (Gastrointestinal Endoscopy 61(5):AB105, 2005)

87)H.Kita, H. Yamamoto, T. Yano, K.Sunada, T.Miyata, Y.Hayashi, H.Sato, M.Iwamoto, H.Ajibe, S.Shinozaki, H.Ota, A.Kuno, H.Osawa, K.Ido, K.Sugano: DOUBLE-BALLOON ENDOSCOPY FOR THE DIAGNOSIS AND TREATMENT OF SMALL INTESTINAL DISEASES. 13th UNITED EUROPEAN GASTROENTEROLOGY WEEK, COPENHAGEN, DENMARK, October 15-19, 2005

88)H.Kita, H.Yamamoto, Y.Hayashi, K.Sunada, T.Yano, H.Sato, M.Iwamoto, T.Miyata, Y.Sekine, A.Kuno, K.Ido, K.Sugano: Over three hundred experiences of double-balloon endoscopy for small intestinal disorders. WORLD CONGRESS OF GASTROENTEROLOGY 2005, MONTREAL, CANADA,September 10-14, 2005

89)Hiroyuki Osawa, Hiroto Kita, Hirohide Ohnishi, Masamitsu Nakazato, Yukari Date, Hiroko Hoshino, Hiroyuki Mutoh, Yumiko Ishino, Kiichi Satoh, Kentaro Sugano: Helicobacter Pylori Infection Increases Circulating Leptin Levels and Decreases Dirculating Ghrelin Levels. The 14th International Symposium on Molecular Cell Biology of Macrophages 2005, Saitama, Japan, June 3-4, 2005

90)Hiroyuki Sato, Hironori Yamamoto, Kiichi Tamada, Hiroto Kita, Shinichi Wada, Keijiro Sunada, Shigeo Tano, Yoshikazu Hayashi, Yukihiro Sato, Tomonori Yano, Kazunobu Hanatsuka, Hironari Ajibe, Hisashi Hachimori, Toru Takamatsu, Katsunori Ito, Satoshi Shinozaki, Michiko Iwamoto, Tomohiko Miyata, Akiko Kuno, Takeshi Tomiyama, Kenichi Ido, Kentaro Sugano: Application of Double-Balloon Endoscopy for Afferent Limb Lesions of Roux-en-Y Surgical Anastomoses. 2005 ASGE Meeting, DDW2005, Chicago, USA, May 17, 2005 (Gastrointestinal Endoscopy 61(5):AB238, 2005)

91)Yamamoto H: Endoscopic Treatment of Small Intestinal Stenoses by Double-Balloon Endoscopy. 13th UNITED EUROPEAN GASTROENTEROLOGY WEEK, COPENHAGEN, DENMARK, October 15-19, 2005

92)H.Yamamoto, H.Kita, K.Sunada, T.Yano, T.Miyata, M.Iwamoto, Y.Hayashi, H.Sato, H.Ajibe, S.Shinozaki, H.Ohta, A.Kuno, K.Ido, K.Sugano: COLONOSCOPY USING A DOUBLE-BALLOON ENDOSCOPE FOR TECHNICALLY DIFFICULT CASES. 13th UNITED EUROPEAN GASTROENTEROLOGY WEEK, COPENHAGEN, DENMARK, October 15-19, 2005

93)Hironori Yamamoto, Hiroyuki Sato, Yoshikazu Hayashi, Hiroto Kita, Keijiro Sunada, Michiko Iwamoto, Kentaro Sugano, Kiichi Tamada, Shinichi Wada, Yoshinori Hosoya, Hideo Nagai: Mission Impossible with Double-Balloon Endoscopy ERCP in Patient with Roux-en-Y Anastomosis. 2005 ASGE Meeting, DDW2005, Chicago, USA, May 16, 2005

94)Kouji Hama, Hirohide Ohnishi, Hiroyoshi Aoki, Kentaro Sugano: Angiotensin U Enhances DNA Synthesis in Rat Pancreatic Stellate Cells By Blocking Autocrine TGF-β1 Inhibitory Action Through Increasing Smad7 Expression Via PKC-Dependent Pathway. 106th Annual Meeting of AGA, DDW2005, Chicago, USA, May 16, 2005 (Gastroenterology 128( 4; Suppl.2 ): A-378, 2005)

95)Kentaro Sugano: ICD-10 Classification of Gastritis A Time to Change? WHO-FAMILY OF INTERNATIONAL CLASSIFICATIONS NETWORK MEETING 2005. Tokyo, Japan, October 19, 2005

96)Keijiro Sunada, Hironori Yamamoto, Hiroto Kita, Yoshikazu Hayashi, Hiroyuki Sato, Michiko Iwamoto, Hironari Ajibe, Katsunori Ito, Hisashi Hachimori, Toru Takamatsu, Satoshi Shinozaki, Tomohiko Miyata, Tomonori Yano, Akiko Kuno, Kenichi Ido, Kentaro Sugano: Balloon Dilatation of Small-Intestinal Benign Strictures Using Double-Balloon Endoscopy. 2005 ASGE Meeting, DDW2005, Chicago, USA, May 16, 2005 (Gastrointestinal Endoscopy 61(5):AB183, 2005)

97)Michiko Iwamoto, Hironori Yamamoto, Hiroto Kita, Keijiro Sunada, Yoshikazu Hayashi, Hiroyuki Sato, Kentaro Sugano, Katuro Shirakawa, Tetuya Nakamura, Akira Terano: New Diagnostic and Therapeutic Strategy: Combination of Capsule Endoscopy (CE) and Double-Balloon Endoscopy (DBE). 2005 ASGE Meeting, DDW2005, Chicago, USA, May 16, 2005 (Gastrointestinal Endoscopy 61(5):AB167, 2005)

98)M. Iwamoto, H. Yamamoto, K. Sunada, K.Sugano, T. Nakamura, A. Terano: COMBINATION OF CAPSULE ENDOSCOPY AND DOUBLE-BALLOON ENDOSCOPY: THIRTEEN CASES. 4th International Conference on CAPSULE ENDOSCOPY. Florida, USA, March 7-8, 2005 (PROGRAM & ABSTRACTS: 261, 2005)

99)Matthew Remedios, Gregory Monkewich, Nancy Basset, Gabor Kandel, Paul Kortan, Gary May, Hironori Yamamoto,Norman Marcon: Double-Balloon Enteroscopy: An Initial North American Experience. 2005 ASGE Meeting, DDW2005, Chicago, USA, May 16, 2005 (Gastrointestinal Endoscopy 61(5):AB179, 2005)

100)Nobuhiko Nagamine, Kazunori Ono, Tomosuke Hirasawa, Kenichi Ido, Kentaro Sugano: The Usefulness of Endoscopic Ultrasonography with Color Doppler Function for Balloon-Occluded Retrograde Transvenous Obliteration on Gastric Varices. 2005 ASGE Meeting, DDW2005, Chicago, USA, May 18, 2005 (Gastrointestinal Endoscopy 61(5):AB293, 2005)

101)Satoshi Shinozaki, Hironori Yamamoto, Hiroto Kita, Keijiro Sunada, Hiroyuki Sato, Yoshikazu Hayashi, Michiko Iwamoto, Hironari Ajibe, Tomonori Yano, Tomohiko Miyata, Akiko Kuno, Hisashi Hachimori, Katsunori Ito, Toru Takamatsu, Kenichi Ido, Kentaro Sugano: Endoscopic Observation of the Meckel’s Diverticulum by Double-Balloon Endoscopy: Report of the Five Cases. 2005 ASGE Meeting, DDW2005, Chicago, USA, May 16, 2005 (Gastrointestinal Endoscopy 61(5):AB182, 2005)

102)Yoshikazu Hayashi, Hironori Yamamoto, Hiroto Kita, Hiroyuki Sato, Keijiro Sunada, Michiko Iwamoto, Hironari Ajibe, Hisashi Hachimori, Toru Takamatsu, Katsunori Ito, Satoshi Shinozaki, Tomohiko Miyata, Tomonori Yano, Akiko Kuno, Kenichi Ido, Kentaro Sugano: Endoscopic Resection of Elevated Lesions in the Small Bowel by Using Double-Balloon Endoscopy. 2005 ASGE Meeting, DDW2005, Chicago, USA, May 16, 2005 (Gastrointestinal Endoscopy 61(5):AB166, 2005)

103)Yukihiro Satoh, Kiichi Tamada, Hisashi Hatanaka, Kazunori Hanatsuka, Shigeo Tano, Akira Ohashi, Shinichi Wada, Takeshi Tomiyama, Kenichi Ido, Kentaro Sugano: Acute Occlusion of Self-Expandable Metallic Stents of the Bile Duct. 2005 ASGE Meeting, DDW2005, Chicago, USA, May 17, 2005 (Gastrointestinal Endoscopy 61(5):AB218, 2005)




▲Page Top



著書・総説


1)阿治部弘成、砂田圭二郎:再発予防に対する治療法はあるのか?臨床に直結する消化管疾患治療のエビデンス(編集:上村直実、菅野健太郎)文光堂、2005年10月1日(第1版第1刷)P.205-207

2)八森久、林芳和、山本博徳、菅野健太郎:憩室炎の再発予防に対する治療法(有効な再発予防法はあるのか?)臨床に直結する消化管疾患治療のエビデンス(編集:上村直実、菅野健太郎)文光堂、2005年10月1日(第1版第1刷)P.185-186

3)花塚和伸、山本博徳、喜多宏人、砂田圭二郎、平澤知介、佐藤幸浩、吉澤充代、関根豊、阿治部弘成、東澤俊彦、井戸健一、菅野健太郎:十二指腸ESDのコツと治療成績、今後の可能性。消化器内視鏡17(5): 591-596, 2005

4)畑中恒、玉田喜一、菅野健太郎:胆嚢ポリープ。Medicina 42(8):1398-1400, 2005

5)林芳和:機器の準備。ダブルバルーン内視鏡?理論と実際、(監修:菅野健太郎)(編集:菅野健太郎、山本博徳、喜多宏人)南江堂、2005年2月25日発行、P.25-32

6)林芳和:内視鏡診断?小腸潰瘍・糜爛。ダブルバルーン内視鏡?理論と実際、(監修:菅野健太郎)(編集:菅野健太郎、山本博徳、喜多宏人)南江堂、2005年2月25日発行、P.65-70

7)林芳和:内視鏡治療?バルーン拡張術・ステント。ダブルバルーン内視鏡?理論と実際、(監修:菅野健太郎)(編集:菅野健太郎、山本博徳、喜多宏人)南江堂、2005年2月25日発行、P.92-98

8)林芳和、喜多宏人:その他の応用?小腸内異物除去。ダブルバルーン内視鏡?理論と実際、(監修:菅野健太郎)(編集:菅野健太郎、山本博徳、喜多宏人)南江堂、2005年2月25日発行、P.110-112

9)林芳和、山本博徳:下部内視鏡 S状結腸をスムーズに超えるために。消化器の臨床8(1): 63-65, 2005

10)林芳和、山本博徳、喜多宏人、砂田圭二郎、矢野智則、佐藤博之:知られざる小腸病変?これからの小腸診療。内科96(4): 619-624,2005

11)林芳和、山本博徳、喜多宏人、砂田圭二郎、矢野智則、佐藤博之、岩本美智子、竹澤敬人、篠崎聡、太田英孝、新畑博英、久野亜希子、関根豊、宮田知彦、井戸健一、菅野健太郎:ダブルバルーン内視鏡による小腸病変の診断と治療。胃と腸40(11): 1475-1482, 2005

12)東澤俊彦、矢野智則:予期される合併症とその対策。ダブルバルーン内視鏡?理論と実際、(監修:菅野健太郎)(編集:菅野健太郎、山本博徳、喜多宏人)南江堂、2005年2月25日発行、P.45-48

13)石野祐三子、菅野健太郎:鎮痙薬・制吐薬。治療薬UP-TO-DATE 2005(監修:矢崎義雄)メディカルレビュー社、2005年1月20日(第1版第1刷発行)P.330-331

14)石野祐三子、菅野健太郎:日本人のGERDに対する薬物療法は?臨床に直結する消化管疾患治療のエビデンス(編集:上村直実、菅野健太郎)文光堂、2005年10月1日(第1版第1刷)P.46-47

15)礒田憲夫、井戸健一、佐藤慎、東澤俊彦、大竹俊哉、藤枝毅、小野和則、菅野健太郎:肝癌の腹腔鏡下ラジオ波焼灼療法の基本とコツー深部肝癌?。消化器内視鏡17(10): 1895-1899,2005

16)伊藤勝宣、佐藤博之:憩室炎に対する薬物治療(どの抗菌薬が良いのか?経口と静注ではどちらが良い?)臨床に直結する消化管疾患治療のエビデンス(編集:上村直実、菅野健太郎)文光堂、2005年10月1日(第1版第1刷)P.183-184

17)岩本美智子:内視鏡診断?小腸腫瘍。ダブルバルーン内視鏡?理論と実際、(監修:菅野健太郎)(編集:菅野健太郎、山本博徳、喜多宏人)南江堂、2005年2月25日発行、P.53-59

18)岩本美智子、山本博徳:小腸出血:ダブルバルーン内視鏡を用いた水中観察とクリップ止血術。消化器内視鏡17(4): 527-529, 2005

19)岩本美智子、山本博徳、中村哲也、白川勝朗、喜多宏人、砂田圭二郎、林芳和、佐藤博之、中野道子、平石秀幸、菅野健太郎、寺野彰:カプセル内視鏡とダブルバルーン式小腸内視鏡のコンビネーションによる診断と治療。消化器科40(5): 521-524, 2005

20)泉谷昌志、喜多宏人:トピックスー消化管疾患のSNPs. 専門医のための消化器病学(監修:小俣政男、千葉勉)医学書院、2005年4月15日(第1版第1刷)P.34-36

21)喜多宏人:T細胞/B細胞。肝疾患と免疫(編集:各務伸一)医薬ジャーナル社、2005年3月15日初版発行、P. 52-59

22)喜多宏人:消化器疾患。ワシントンマニュアル(監訳:高久史麿、和田攻)メディカル・サイエンス・インターナショナル、2005年3月19日発行(第10版第1刷)P. 441-478

23)喜多宏人:内視鏡診断?小腸狭窄。ダブルバルーン内視鏡?理論と実際、(監修:菅野健太郎)(編集:菅野健太郎、山本博徳、喜多宏人)南江堂、2005年2月25日発行、P.60-64

24)喜多宏人:内視鏡治療?止血術。ダブルバルーン内視鏡?理論と実際、(監修:菅野健太郎)(編集:菅野健太郎、山本博徳、喜多宏人)南江堂、2005年2月25日発行、P.85-87

25)喜多宏人:PBC. 分子消化器病2(2): 145-150, 2005

26)喜多宏人:NK/NKT細胞。肝胆膵51(4): 505-510, 2005

27)喜多宏人、花塚和伸、山本博徳:早期胃癌に対するヒアルロン酸ナトリウムとSTフードを用いたESD。 EMRのコツと落とし穴 上部消化管(編集:工藤進英)、中山書店、2005年4月20日(初版第1刷発行)P. 108-110

28)喜多宏人、宮川浩、上野義之、稲森英明、礒田憲夫、小野和則、佐藤慎、砂田富美子、井戸健一、Gershwin ME, 井廻道夫、菅野健太郎:原発性胆汁性肝硬変における自己反応性T細胞の解析。消化器と免疫41(監修:馬場忠雄)、マイライフ社、2005年5月20日発行、P. 36-39

29)喜多宏人、砂田圭二郎、山本博徳:大腸腫瘍に対するSTフードを用いたESD. EMRのコツと落とし穴 下部消化管(編集:工藤進英)、中山書店、2005年4月20日(初版第1刷発行)P. 32-33

30)喜多宏人、砂田圭二郎、山本博徳:大腸におけるESDの手技と実際。 EMRのコツと落とし穴 下部消化管(編集:工藤進英)、中山書店、2005年4月20日(初版第1刷発行)P. 85-87

31)喜多宏人、上野義之、宮川浩:原発性胆汁性肝硬変の胆管障害における自然免疫と獲得免疫の役割。消化器病学の進歩2005 ?モノグラフー(編集:荒川泰行)、財団法人 日本消化器病学会、2005年12月31日(第1版第1刷)P. 212-215

32)喜多宏人、山本博徳:小腸内視鏡検査法の進歩。消化器疾患最新の治療2005-2006,(編集:戸田剛太郎、菅野健太郎、上西紀夫)南江堂、2005年2月25日発行、P.20-23

33)喜多宏人、山本博徳:ESDにおける偶発症の予防。Mebio 22(6): 101-104, 2005

34)喜多宏人、山本博徳:膠原病に伴う消化管病変。消化器学(編集:上西紀夫、菅野健太郎、田中雅夫、滝川一)メジカルビュー社、2005年4月10日(第1版第1刷発行)P. 402-404

35)喜多宏人、山本博徳、花塚和伸、砂田圭二郎、吉澤充代、菅野健太郎:STフード。臨床消化器内科20(11): 1610-1612, 2005

36)喜多宏人、山本博徳、宮田知彦、砂田圭二郎、矢野智則、岩本美智子、井戸健一、菅野健太郎:いわゆる側方発育型大腸腫瘍の治療?私はこう考える?ヒアルロン酸ナトリウムと先端細径透明フードを用いたESD法を中心に?。胃と腸40(13): 1833-1835, 2005

37)喜多宏人、山本博徳、砂田圭二郎、林芳和、佐藤博之、矢野智則、岩本美智子、阿治部弘成、井戸健一、菅野健太郎:ダブルバルーン内視鏡の開発と臨床応用。消化器内視鏡17(4): 451-457, 2005

38)喜多宏人、山本博徳、砂田圭二郎、矢野智則、岩本美智子、宮田知彦、佐藤博之、林芳和、関根豊、久野亜希子、井戸健一、菅野健太郎:ダブルバルーン内視鏡を用いた小腸疾患の内視鏡的治療。消化器医学3: 123-129, 2005

39)喜多宏人、山本博徳、矢野智則、岩本美智子、宮田知彦、菅野健太郎:ダブルバルーン内視鏡を用いた小腸腫瘍の精査と治療。内科96(4): 690-694, 2005

40)小西文雄、河村裕、山本博徳:潰瘍性大腸炎におけるdysplasia とくにdysplasia associated lesion or mass(DALM)の取り扱いについて。早期大腸癌9(1): 72-76, 2005

41)増田舞未子、佐藤貴一、佐藤慎、林芳和、喜多宏人、大澤博之、菅野健太郎、久野宗寛:胃過形成性ポリープ自然脱落後の噴出性出血が観察できた1例。Progress of Digestive Endoscopy 66(2): 50-51, 2005

42)宮田知彦:適応・禁忌と術前検査。ダブルバルーン内視鏡?理論と実際、(監修:菅野健太郎)(編集:菅野健太郎、山本博徳、喜多宏人)南江堂、2005年2月25日発行、P.9-12

43)宮田知彦、山本博徳、喜多宏人、砂田圭二郎、矢野智則、林芳和、佐藤博之、刀根幸夫、小俣俊明、藤枝真司、阿部太郎、新畑博英、岩本美智子、篠崎聡、太田英孝、久野亜希子、井戸健一、菅野健太郎:ダブルバルーン内視鏡の挿入手技の基本とコツ。消化器内視鏡17(10): 1762-1766, 2005

44)宮田知彦、山本博徳、喜多宏人、砂田圭二郎、矢野智則、岩本美智子、井戸健一、菅野健太郎:早期大腸癌の内視鏡治療(EMR, ESD : 内視鏡的粘膜下層剥離術)Pharma Medica 23(12): 35-40, 2005

45)武藤弘行:胃炎とH.pylori. 医学のあゆみ214(12): 983-986, 2005

46)武藤弘行:H.pyloriは胃の分化にどのような影響をあたえるのか?分子消化器病2(4): 333-337, 2005

47)武藤弘行:バレット食道における転写因子の発現。日本臨床63(8): 1367-1371, 2005

長嶺伸彦:口内炎・口角炎。疾患別最新処方(監修:矢崎義雄、菅野健太郎)48)メジカルビュー社、2005年3月30日、P.268-269

49)大橋明、玉田喜一、田野茂夫、和田伸一、冨山剛、花塚和伸、佐藤幸浩、中澤克行、井戸健一、菅野健太郎:総胆管結石に対するEPBDの長期予後。消化器科41(1): 70-73, 2005

50)大澤博之:ヘリコバクターピロリ感染とグレリン。BIO Clinica 20(7): 610-615, 2005

51)大澤博之:萎縮性胃炎。検査と技術33(6): 496-500, 2005

52)大澤博之:生活習慣病。臨床と微生物32(2): 161-164, 2005

53)大澤博之:グレリン。Helicobacter Research 9(2): 109-114, 2005

54)大澤博之、中里雅光、喜多宏人、大西洋英、菅野健太郎:H. pylori感染における血漿グレリン濃度と胃粘膜グレリン発現量。日本臨床63(増刊号11): 127-131, 2005

55)佐藤博之:内視鏡診断?血管性病変。ダブルバルーン内視鏡?理論と実際、(監修:菅野健太郎)(編集:菅野健太郎、山本博徳、喜多宏人)南江堂、2005年2月25日発行、P.76-80

56)佐藤博之、喜多宏人、山本博徳:アンギオディスプラジア。消化器学(編集:上西紀夫、菅野健太郎、田中雅夫、滝川一)メジカルビュー社、2005年4月10日(第1版第1刷発行)P. 408-411

57)佐藤博之、喜多宏人、山本博徳:ダブルバルーン内視鏡を用いた小腸出血に対する内視鏡的止血。消化器内視鏡17(11): 2028-2032, 2005

58)佐藤博之、矢野智則:具体的な挿入方法。ダブルバルーン内視鏡?理論と実際、(監修:菅野健太郎)(編集:菅野健太郎、山本博徳、喜多宏人)南江堂、2005年2月25日発行、P.33-44

59)佐藤貴一:胃潰瘍。日本臨床 63(増刊号.11): 259-263, 2005

60)佐藤貴一:急性胃炎、急性胃粘膜病変。消化器学(編集:上西紀夫、菅野健太郎、田中雅夫、滝川一)メジカルビュー社、2005年4月10日(第1版第1刷発行)P. 243-245

61)佐藤貴一:胃粘膜萎縮および腸上皮化生に対する除菌の影響。臨床に直結する消化管疾患治療のエビデンス(編集:上村直実、菅野健太郎)文光堂、2005年10月1日(第1版第1刷)P.91-93

62)佐藤貴一、菅野健太郎:消化性潰瘍。Annual Review消化器2005(編集:戸田剛太郎、税所宏光、寺野彰、幕内雅敏)中外医学社、2005年1月30日(初版1刷)P.222-225

63)佐藤貴一、菅野健太郎:胃潰瘍診療ガイドラインとその後の課題。治療学39(5): 477-480,2005

64)佐藤貴一、菅野健太郎:日本ヘリコバクター学会改訂ガイドライン。消化器科40(1): 1-7, 2005

65)佐藤貴一、菅野健太郎:EBMに基づく胃潰瘍診療ガイドライン。消化器疾患診療実践ガイド(編集:千葉勉、井廻道夫)文光堂、2005年10月1日(第1版第1刷発行)P. 824-828

66)菅野健太郎:「EBMに基づく胃潰瘍診療ガイドライン」作成の意義。日本臨床63(増刊号11):17-21, 2005

67)菅野健太郎:サイエンティストゲーム。学術月報58(2): 164, 2005

68)菅野健太郎:胃癌診療の進歩:内科医の役割。日本内科学会雑誌 94(1): 1-2, 2005

69)菅野健太郎:腸上皮化生。THE GI FOREFRONT 1(1): 27-28, 2005

70)菅野健太郎:胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍。今日の治療指針2005年版(総編集:山口徹、北原光夫)医学書院、2005年1月1日発行、P.325-327

71)菅野健太郎:ガストリン。臨床検査ガイド2005-2006(編著:和田攻・大久保昭行・矢崎義雄・大内尉義)文光堂、2005年2月25日(第1版第1刷発行)P.522-523

72)菅野健太郎:消化管ホルモン?ガストリン?。臨床検査データブック 2005-2006(監修:高久史麿)医学書院、2005年3月1日発行、P. 314-315

73)菅野健太郎:胃・十二指腸潰瘍。疾患別最新処方(監修:矢崎義雄、菅野健太郎)メジカルビュー社、2005年3月30日発行、P.284-287

74)菅野健太郎:消化管。消化器学(編集:上西紀夫、菅野健太郎、田中雅夫、滝川一)メジカルビュー社、2005年4月10日(第1版第1刷発行)P. 2-24

75)菅野健太郎:消化性潰瘍(胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍)。消化器学(編集:上西紀夫、菅野健太郎、田中雅夫、滝川一)メジカルビュー社、2005年4月10日(第1版第1刷発行)P. 251-259

76)菅野健太郎:消化器疾患。ガイドラインに基づく臨床指針 改訂版(監修:福井次矢)エルゼビア・ジャパン、2005年5月20日(改訂版第1刷発行)P. 95-118

77)菅野健太郎、喜多宏人:消化管疾患。臨床検査データブック 2005-2006(監修:高久史麿)医学書院、2005年3月1日発行、P. 688-694

78)砂田圭二郎:前処置、前投薬について。ダブルバルーン内視鏡?理論と実際、(監修:菅野健太郎)(編集:菅野健太郎、山本博徳、喜多宏人)南江堂、2005年2月25日発行、P.21-24

79)砂田圭二郎:内視鏡診断?術後の腸管病変。ダブルバルーン内視鏡?理論と実際、(監修:菅野健太郎)(編集:菅野健太郎、山本博徳、喜多宏人)南江堂、2005年2月25日発行、P.71-75

80)砂田圭二郎:内視鏡治療?ポリペクトミー・EMR。ダブルバルーン内視鏡?理論と実際、(監修:菅野健太郎)(編集:菅野健太郎、山本博徳、喜多宏人)南江堂、2005年2月25日発行、P.88-91

81)砂田圭二郎、山本博徳、喜多宏人、林芳和、佐藤博之、阿治部弘成、岩本美智子、井戸健一、菅野健太郎:ダブルバルーン内視鏡を用いた小腸内視鏡検査。最新医学60(6): 1118-1124, 2005

82)砂田圭二郎、山本博徳、喜多宏人、岩本美智子、林芳和、佐藤博之、阿治部弘成、菅野健太郎:ダブルバルーン内視鏡を用いて小腸狭窄を拡張したCrohn病の1例。消化器内視鏡17(4): 523-525, 2005

83)砂田圭二郎、山本博徳、菅野健太郎:小腸内視鏡。消化器疾患診療実践ガイド(編集:千葉勉、井廻道夫)文光堂、2005年10月1日(第1版第1刷発行)P.132-135

84)高松徹、岩本美智子:FAP(特にattenuated form)でのポリペクトミーの効果は?臨床に直結する消化管疾患治療のエビデンス(編集:上村直実、菅野健太郎)文光堂、2005年10月1日(第1版第1刷)P.273-275

85)玉田喜一:胆石症、胆道結石。Medical Practice 22(7): 1267-1271, 2005

86)玉田喜一:胆道の検査。消化器学(編集:上西紀夫、菅野健太郎、田中雅夫、滝川一)メジカルビュー社、2005年4月10日(第1版第1刷発行)P. 126-129

87)玉田喜一:十二指腸憩室。消化器学(編集:上西紀夫、菅野健太郎、田中雅夫、滝川一)メジカルビュー社、2005年4月10日(第1版第1刷発行)P. 290-292

88)玉田喜一、菅野健太郎:胆嚢ポリープ、腺筋腫症。Medical Practice 22(9): 1639-1643, 2005

89)玉田喜一、菅野健太郎:膵胆道疾患の内視鏡診断と画像診断。Annual Review消化器2005(編集:戸田剛太郎、税所宏光、寺野彰、幕内雅敏)中外医学社、2005年1月30日(初版1刷)P.136-139

90)玉田喜一、和田伸一、田野茂夫、花塚和伸、大橋明、菅野健太郎:IDUSによる胆管癌の進展度診断。臨床消化器内科20(7): 989-994, 2005

91)冨樫一智、山本博徳:Meckel 憩室。消化器疾患診療実践ガイド(編集:千葉勉、井廻道夫)文光堂、2005年10月1日(第1版第1刷発行)P. 511-512

92)冨樫一智、山本博徳、菅野健太郎:大腸sm癌の内視鏡診断。臨床消化器内科20(2): 273-277, 2005

93)和田伸一:膵機能検査。消化器学(編集:上西紀夫、菅野健太郎、田中雅夫、滝川一)メジカルビュー社、2005年4月10日(第1版第1刷発行)P. 130-132

94)和田伸一:十二指腸乳頭部腫瘍。消化器学(編集:上西紀夫、菅野健太郎、田中雅夫、滝川一)メジカルビュー社、2005年4月10日(第1版第1刷発行)P. 293-295

95)和田伸一、玉田喜一:ERCPの偶発症と対策。Medical Practice 22(2): 277-280, 2005

96)山本博徳:小腸内視鏡。最新医学60(12): 2643-2648, 2005

97)山本博徳:小腸内視鏡?ダブルバルーン法を中心に。Annual Review消化器2005(編集:戸田剛太郎、税所宏光、寺野彰、幕内雅敏)中外医学社、2005年1月30日(初版1刷)P.11-16

98)山本博徳:ダブルバルーン内視鏡とは何か。ダブルバルーン内視鏡?理論と実際、(監修:菅野健太郎)(編集:菅野健太郎、山本博徳、喜多宏人)南江堂、2005年2月25日発行、P.1-4

99)山本博徳:内視鏡診断?診断にあたって。ダブルバルーン内視鏡?理論と実際、(監修:菅野健太郎)(編集:菅野健太郎、山本博徳、喜多宏人)南江堂、2005年2月25日発行、P.49-52

100)山本博徳:内視鏡治療?内視鏡治療の特徴と工夫。ダブルバルーン内視鏡?理論と実際、(監修:菅野健太郎)(編集:菅野健太郎、山本博徳、喜多宏人)南江堂、2005年2月25日発行、P.81-84

101)山本博徳:Needle ナイフ。消化器内視鏡治療における高周波発生装置の使い方と注意点、(監修:丹羽寛文)日本メディカルセンター、2005年5月25日(第1版第1刷発行)P.72-78

102)山本博徳:小腸内視鏡挿入観察法?ダブルバルーン法を中心に。内視鏡診断のプロセスと疾患別内視鏡像[下部消化管]、(監修:丹羽寛文)日本メディカルセンター、2005年10月10日(第1版1刷発行)P.53-60

103)山本博徳:ダブルバルーン内視鏡。胃と腸 40(4): 485-490, 2005

104)山本博徳:出血性小腸疾患の内視鏡的治療。胃と腸 40(4): 713-716, 2005

105)山本博徳、林芳和:小腸内視鏡検査と生検診断。消化器癌の診断・治療、(編集:藤盛孝博、坂本長逸、星原芳雄、加藤洋)新興医学出版社、2005年7月5日(第1版発行)P.32-37

106)山本博徳、喜多宏人、砂田圭二郎、宮田知彦、矢野智則、岩本美智子、小俣俊明、新畑博英、刀根幸夫、藤枝真司、阿部太郎、井戸健一、菅野健太郎:大腸におけるESD. Gastroenterological Endoscopy47(12): 2672-2680, 2005

107)山本博徳、菅野健太郎:整腸薬・止瀉薬。治療薬UP-TO-DATE 2005(監修:矢崎義雄)メディカルレビュー社、2005年1月20日(第1版第1刷発行)P.316-317

108)山本博徳、菅野健太郎:下剤・浣腸薬。治療薬UP-TO-DATE 2005(監修:矢崎義雄)メディカルレビュー社、2005年1月20日(第1版第1刷発行)P.324-325

109)矢野智則:ダブルバルーン内視鏡。総合臨床54(9): 2436-2442, 2005

110)矢野智則:挿入原理と特徴。ダブルバルーン内視鏡?理論と実際、(監修:菅野健太郎)(編集:菅野健太郎、山本博徳、喜多宏人)南江堂、2005年2月25日発行、P.17-20

91)冨樫一智、山本博徳:Meckel 憩室。消化器疾患診療実践ガイド(編集:千葉勉、井廻道夫)文光堂、2005年10月1日(第1版第1刷発行)P. 511-512

92)冨樫一智、山本博徳、菅野健太郎:大腸sm癌の内視鏡診断。臨床消化器内科20(2): 273-277, 2005

93)和田伸一:膵機能検査。消化器学(編集:上西紀夫、菅野健太郎、田中雅夫、滝川一)メジカルビュー社、2005年4月10日(第1版第1刷発行)P. 130-132

94)和田伸一:十二指腸乳頭部腫瘍。消化器学(編集:上西紀夫、菅野健太郎、田中雅夫、滝川一)メジカルビュー社、2005年4月10日(第1版第1刷発行)P. 293-295

95)和田伸一、玉田喜一:ERCPの偶発症と対策。Medical Practice 22(2): 277-280, 2005

96)山本博徳:小腸内視鏡。最新医学60(12): 2643-2648, 2005

97)山本博徳:小腸内視鏡?ダブルバルーン法を中心に。Annual Review消化器2005(編集:戸田剛太郎、税所宏光、寺野彰、幕内雅敏)中外医学社、2005年1月30日(初版1刷)P.11-16

98)山本博徳:ダブルバルーン内視鏡とは何か。ダブルバルーン内視鏡?理論と実際、(監修:菅野健太郎)(編集:菅野健太郎、山本博徳、喜多宏人)南江堂、2005年2月25日発行、P.1-4

99)山本博徳:内視鏡診断?診断にあたって。ダブルバルーン内視鏡?理論と実際、(監修:菅野健太郎)(編集:菅野健太郎、山本博徳、喜多宏人)南江堂、2005年2月25日発行、P.49-52

100)山本博徳:内視鏡治療?内視鏡治療の特徴と工夫。ダブルバルーン内視鏡?理論と実際、(監修:菅野健太郎)(編集:菅野健太郎、山本博徳、喜多宏人)南江堂、2005年2月25日発行、P.81-84

101)山本博徳:Needle ナイフ。消化器内視鏡治療における高周波発生装置の使い方と注意点、(監修:丹羽寛文)日本メディカルセンター、2005年5月25日(第1版第1刷発行)P.72-78

102)山本博徳:小腸内視鏡挿入観察法?ダブルバルーン法を中心に。内視鏡診断のプロセスと疾患別内視鏡像[下部消化管]、(監修:丹羽寛文)日本メディカルセンター、2005年10月10日(第1版1刷発行)P.53-60

103)山本博徳:ダブルバルーン内視鏡。胃と腸 40(4): 485-490, 2005

104)山本博徳:出血性小腸疾患の内視鏡的治療。胃と腸 40(4): 713-716, 2005

105)山本博徳、林芳和:小腸内視鏡検査と生検診断。消化器癌の診断・治療、(編集:藤盛孝博、坂本長逸、星原芳雄、加藤洋)新興医学出版社、2005年7月5日(第1版発行)P.32-37

106)山本博徳、喜多宏人、砂田圭二郎、宮田知彦、矢野智則、岩本美智子、小俣俊明、新畑博英、刀根幸夫、藤枝真司、阿部太郎、井戸健一、菅野健太郎:大腸におけるESD. Gastroenterological Endoscopy47(12): 2672-2680, 2005

107)山本博徳、菅野健太郎:整腸薬・止瀉薬。治療薬UP-TO-DATE 2005(監修:矢崎義雄)メディカルレビュー社、2005年1月20日(第1版第1刷発行)P.316-317

108)山本博徳、菅野健太郎:下剤・浣腸薬。治療薬UP-TO-DATE 2005(監修:矢崎義雄)メディカルレビュー社、2005年1月20日(第1版第1刷発行)P.324-325

109)矢野智則:ダブルバルーン内視鏡。総合臨床54(9): 2436-2442, 2005

110)矢野智則:挿入原理と特徴。ダブルバルーン内視鏡?理論と実際、(監修:菅野健太郎)(編集:菅野健太郎、山本博徳、喜多宏人)南江堂、2005年2月25日発行、P.17-20




▲Page Top



その他


1)阿部太郎、礒田憲夫、金子由佳、吉澤充代、大竹俊哉、東澤俊彦、佐藤慎、小野和則、井戸健一、菅野健太郎、小野桃子、浅田京子、春田英律、佐田尚宏、川井俊郎:食道裂孔からの横行結腸の脱出と肝細胞癌を合併したアルコール性肝硬変の1例。第18回栃木県肝疾患談話会、宇都宮、2005年10月22日(日本医師会生涯教育講座)

2)東澤俊彦、井戸健一、礒田憲夫、佐藤慎、大竹俊哉、藤枝毅、新畑博英、小野和則:腹腔鏡下マイクロ波、ラジオ波治療による非腫瘍部の壊死体積についての検討。第16回腹腔鏡的治療研究会、秋田、2005年11月19日

3)東澤俊彦、井戸健一、礒田憲夫、佐藤慎、大竹俊哉、藤枝毅、新畑博英、小野和則:肝癌の腹腔鏡治療トレーニングモデルの試作および使用経験。第16回腹腔鏡的治療研究会、秋田、2005年11月19日

4)井戸健一:(特別講演)肝癌の早期診断法総論。小山地区医師会学術講演会、小山、2005年6月29日(日本医師会生涯教育講座)

5)礒田憲夫:(講演)肝癌の局所治療。小山地区医師会学術講演会、小山、2005年6月29日(日本医師会生涯教育講座)

6)礒田憲夫:(講演)肝癌の局所治療。栃木県肝癌撲滅講演会(肝細胞癌の特性と診療の実際?肝癌撲滅に向けて)、宇都宮、2005年12月7日

7)礒田憲夫、佐藤慎、伊藤勝宣、小野和則、砂田富美子、東澤俊彦、大竹俊哉、藤枝毅、長嶺伸彦、井戸健一、菅野健太郎:(パネルディスカッション)経皮的治療では困難と思われる肝細胞癌症例に対する腹腔鏡的治療の検討。第41回日本肝癌研究会、千葉、2005年6月3日

8)上西紀夫、菅野健太郎、田中雅夫、滝川一:(編集)消化器学、メジカルビュー社、2005年4月10日(第1版第1刷)

9)片山茂裕、菅野健太郎、土屋了介:(企画監修)薬剤師のための臨床講座、メジテース、2005年2月18日発行

10)喜多宏人:(基調講演)ダブルバルーン内視鏡。第4回大腸画像アカデミー(CIA),東京、2005年1月29日

11)喜多宏人:(特別講演)ダブルバルーン法による小腸内視鏡。群馬GIカンファレンス、前橋、2005年2月26日(日本医師会生涯教育認定講座)

12)喜多宏人:(講演)ダブルバルーンメソッドによる小腸内視鏡検査。厚生労働省専門記者会本学視察、自治医科大学、2005年3月4日

13)喜多宏人:(FTSブースポイントレクチャー)ダブルバルーン内視鏡を用いた小腸内視鏡検査法。第69回日本消化器内視鏡学会総会、東京、2005年5月26日

14)喜多宏人:(特別講演)小腸疾患に対するダブルバルーン内視鏡の診断と治療。第36回神奈川大腸疾患研究会、横浜、2005年6月23日

15)喜多宏人:(パネリスト)早期胃癌に対するESD適応拡大の検証。第5回内視鏡的粘膜切除術研究会、東京、2005年7月17日

16)喜多宏人:ワーキンググループ報告。第6回小腸内視鏡研究会、東京、2005年8月20日

17)喜多宏人:(講演)小腸の新しい診断法?ダブルバルーン小腸内視鏡。Hokkaido GI Frontier 2005, 札幌、2005年10月22日

18)喜多宏人:(講演)ダブルバルーン法小腸内視鏡検査の現況と実際。第19回日本消化器内視鏡学会北海道セミナー、札幌、2005年12月11日

19)武藤弘行、菅野健太郎:腸上皮化生からの分化型胃癌の発生。第16回消化管細胞機能研究会、静岡、2005年2月11日

20)中澤克行、玉田喜一、田野茂夫、和田伸一、畑中恒、菅野健太郎:Ts1膵癌の2例。第42回栃木県消化器内視鏡研究会、宇都宮、2005年11月19日

21)大澤博之:(講演)Helicobacter pylori eradication induces marked increase in H+/K+-Adenosine Triphosphatase expression without altering parietal cell number in human gastric mucosa. 日本人の酸関連疾患における薬剤評価委員会、東京、2005年4月16日

22)大澤博之:(抄訳)腸上皮化生優位Barrett食道は、上皮表層COX-2発現、細胞増殖亢進、アポトーシスの低下と相関する:NSAIDsにより部分的に改善する粘膜病変。APT Digest 8(3): 33-35, 2005

23)Hiroyuki Osawa, Hiroto Kita, Hirohide Ohnishi, Hiroko Hoshino, Hiroyuki Mutoh, Yumiko Ishino, Kiichi Satoh, Kentaro Sugano: Helicobacter pylori Eradication Induces Marked Increase in H+/K+-Adenosine Triphosphatase Expression without Altering Parietal Cell Number in Human Gastric Mucosa. 日本人の酸関連疾患における薬剤評価委員会、東京、2005年4月16日

24)太田英孝、小野和則、長嶺伸彦、礒田憲夫、砂田富美子、佐藤慎、和田伸一、井戸健一、玉田喜一、菅野健太郎、高屋敷典生、田中亨:胆管癌との鑑別が問題となり腹腔鏡を施行した原発性硬化性胆管炎の一例。第57回腹腔鏡懇話会、東京、2005年2月17日

25)太田英孝、小野和則、長嶺伸彦、礒田憲夫、砂田富美子、佐藤慎、和田伸一、井戸健一、玉田喜一、菅野健太郎、高屋敷典生、田中亨:胆管癌との鑑別が問題となり、腹腔鏡を施行した原発性硬化性胆管炎の一例。第41回栃木県消化器内視鏡研究会、宇都宮、2005年3月26日

26)大竹俊哉、礒田憲夫、東澤俊彦、佐藤慎、小野和則、井戸健一、菅野健太郎、増沢亜紀、長嶺伸彦、金井信幸、田中亨:結核性腹膜炎における腹腔鏡検査の意義。第58回腹腔鏡懇話会、東京、2005年9月15日

27)小俣俊明、北村絢、矢野智則、新畑博英、中澤克行、田野茂夫、玉田喜一、菅野健太郎、井戸健一、山本博徳:Roux脚の狭窄に対しダブルバルーン内視鏡が有用であった一症例。第42回栃木県消化器内視鏡研究会、宇都宮、2005年11月19日

28)佐藤博之:(小腸内視鏡実技指導)岡山済生会病院、岡山、2005年9月2日

29)佐藤博之:(小腸内視鏡実技指導)津山中央病院、岡山、2005年11月15日

30)佐藤博之、井戸健一、佐藤幸浩、熊谷眞知夫、玉田喜一:マイクロ波を用いた胆嚢結石のin vitroでの破砕実験。第24回Microwave Surgery研究会、名古屋、2005年10月14日

31)佐藤貴一:(ランチョンセミナー)H.pylori除菌療法と胃炎の関連。第11回日本ヘリコバクター学会、岡山、2005年7月1日

32)佐藤貴一:(講演)Comparison of hemostatic effects by route of H2 receptor antagonist administration following endoscopic mucosal resection in patients with neoplastic gastric lesions.日本人の酸関連疾患における薬剤評価委員会、東京、2005年4月16日

33)K.Satoh, H.Yamamoto, H.Kawata, H.Osawa, K.Hanatsuka, H.Kita, K.Sunada, T.Hirasawa, M.Yoshizawa, H.Ajibe, Y.Satoh, F.Sunada, K.Sugano: Comparison of Hemostatic Effects by Route of Histamine H2 Receptor Antagonist Administration Following Endoscopic Mucosal Resection in Patients with Neoplastic Gastric Lesions.日本人の酸関連疾患における薬剤評価委員会、東京、2005年4月16日


34)菅野健太郎:(監修)ダブルバルーン内視鏡?理論と実際(編集:菅野健太郎、山本博徳、喜多宏人)南江堂、2005年2月25日発行

35)菅野健太郎:(企画)日本内科学会雑誌 94(1), 2005

36)菅野健太郎:(編集)Vol.8, No.3の編集にあたって。APT Digest 8(3): 4-5, 2005

37)菅野健太郎:Functional dyspepsia とは??病態理解と診療の在り方?。Medical Tribune 2005年2月10日号

38)菅野健太郎:(序説)胃潰瘍の診断と治療のエビデンスを求めて。治療学39(5):455-457, 2005

39)菅野健太郎:(序論)特集:消化管疾患の診断と治療?最近の進歩?。最新医学60(6): 1095-1096, 2005

40)菅野健太郎:(翻訳)セリアック病。ケンブリッジ世界の食物史大百科事典第3巻、朝倉書店、2005年9月刊行、P. 529-540

41)菅野健太郎:(翻訳)システマティックレビュー:Helicobacter pyloriとその除菌が十二指腸潰瘍症例の胃食道逆流症あるいは逆流性食道炎に与える影響。APT Digest 8(3): 6-17, 2005

42)菅野健太郎:(序)特集/Helicobacter pylori感染と消化管生理活性ペプチド。Helicobacter Research 9(2): 90, 2005

43)菅野健太郎:(特別講演)ヘリコバクター・ピロリ?感染症の最新の話題。第15回実地医家の為の臨床内科懇話会、宇都宮、2005年2月12日(日本医師会生涯教育講座)

44)菅野健太郎:(ポストグラデュエイトコース)消化性潰瘍診療ガイドラインの評価とそのピットフォール。第91回日本消化器病学会総会、東京、2005年4月16日

45)菅野健太郎:(講演)ピロリ菌関連の胃の病気とその予防・治療。第91回日本消化器病学会総会 市民健康公開講座、東京、2005年4月17日

46)菅野健太郎:(特別講演)逆流性食道炎の最近の話題。第11回城西地区消化性潰瘍研究会、東京、2005年6月3日

47)菅野健太郎:(セッション)消化性潰瘍の診断・治療のポイント。Acid Related Disease SEMINAR2005, 東京、2005年6月4日

48)菅野健太郎:(講演;高齢社会と胃腸の病気)ピロリ菌感染症の最新の話題。第37回日本消化器病学会関東支部 市民公開講座、石橋町、2005年6月11日

49)菅野健太郎:(特別講演)ダブルバルーン内視鏡。第6回消化管フォーラム、東京、2005年6月16日

50)菅野健太郎:(ランチョンセミナー)Maastricht 3 Consensus Conferenceとわが国の除菌治療。第11回日本ヘリコバクター学会、岡山、2005年6月30日

51)菅野健太郎:(特別講演)わが国の除菌療法と今後の課題。第9回和歌山消化性潰瘍治療懇話会、和歌山、2005年7月8日(日本医師会生涯教育講座)

52)菅野健太郎:(特別講演)今後の消化管研究の方向性:胃から腸へ。平成17年度富山大学医学部第三内科同門会総会、富山、2005年11月12日

53)菅野健太郎:わが国の除菌治療と今後の課題。PHYSICIANS’ THERAPY MANUAL 3(4)OCT.,2005

54)菅野健太郎(司会)、深瀬和利、上村直実、中塚俊博、上西紀夫:(座談会)胃癌診療における内科医の役割について。日本内科学会雑誌94(1):103-123,2005

55)菅野健太郎、郡義明:(対談)よくわかるガイドラインのみそ。臨床研修プラクティス2(8): 138-147, 2005

56)菅野健太郎(司会)、坂本長逸、曽根康博:(座談会)消化性潰瘍の制圧。治療学39(5): 521-531, 2005

57)菅野健太郎、山本博徳、喜多宏人:(編集)ダブルバルーン内視鏡?理論と実際、(監修:菅野健太郎)南江堂、2005年2月25日発行

58)砂田圭二郎:(講演)ダブルバルーン内視鏡による小腸疾患の診断と治療。香川消化器病研究会、香川、2005年3月11日

59)砂田圭二郎:(講演)ダブルバルーン内視鏡による小腸疾患の診断と治療。第17回岡山消化器手技研究会、岡山、2005年3月24日

60)砂田圭二郎:(講演)小腸内視鏡の現状?カプセル内視鏡・ダブルバルーンへの期待?。関東消化器内視鏡技師レベルアップ講習会、東京、2005年6月5日

61)砂田圭二郎:(講演)ダブルバルーン内視鏡の現状と新たな応用。第16回腸疾患若手研究会、大阪、2005年9月30日

62)砂田圭二郎:(講演)ダブルバルーン法による小腸内視鏡検査。第4回消化器低侵襲治療研究会、千葉、2005年10月20日

63)砂田圭二郎:(講演)小腸内視鏡の現状と未来 カプセル内視鏡とダブルバルーン内視鏡。滋賀消化器フォーラム2005, 岐阜、2005年10月22日

64)砂田圭二郎:(講演)ダブルバルーン内視鏡の現状。水曜会、鳥取、2005年12月14日

65)砂田圭二郎:(講演)潰瘍性大腸炎の診断と治療。難病医療講習会、古河保健所、2005年12月20日

66)砂田圭二郎、山本博徳、喜多宏人、矢野智則、岩本美智子、宮田知彦、井戸健一、菅野健太郎:ダブルバルーン内視鏡を応用した試作機による大腸ESDの試み。第5回内視鏡的粘膜切除術研究会、東京、2005年7月17日

67)玉田喜一:(教育セミナー)ERCP胆管deep cannulation の教育。第41回日本胆道学会学術集会、岡山、2005年9月29日

68)玉田喜一:(教育セミナー)PTBD穿刺とその教育(自作ファントムを用いた実習を含む)。第41回日本胆道学会学術集会、岡山、2005年9月29日

69)玉田喜一:(特別講演)現代でも有用なERCPを目指して。第42回栃木県消化器内視鏡研究会、宇都宮、2005年11月19日

70)戸田剛太郎、菅野健太郎、上西紀夫:(編集)消化器疾患最新の治療2005-2006,南江堂、2005年2月25日発行

71)上村直実、菅野健太郎:(編集)臨床に直結する消化管疾患治療のエビデンス、文光堂、2005年10月1日(第1版第1刷)

72)山本博徳:(講演)ダブルバルーン内視鏡による消化管内視鏡診断および治療の進歩。第6回北多摩中央消化管内視鏡粘膜切除術セミナー、立川、2005年1月14日

73)山本博徳:(ランチョンセミナー)小腸内視鏡の将来。第14回日本消化器内視鏡学会中国支部セミナー、下関、2005年1月30日

74)山本博徳:(講演)ダブルバルーン内視鏡による診断と治療。第13回日本消化器内視鏡学会北陸セミナー、富山、2005年2月5日

75)山本博徳:(ミニレクチャー)ダブルバルーン法のコツと留意点。第4回国際消化器内視鏡セミナー、横浜、2005年2月11日

76)山本博徳:(ライブデモ)ダブルバルーン内視鏡検査?経肛門的挿入。第4回国際消化器内視鏡セミナー、横浜、2005年2月11日

77)山本博徳:(ライブデモ)ダブルバルーン内視鏡検査?経口的挿入。第4回国際消化器内視鏡セミナー、横浜、2005年2月12日

78)山本博徳:(講演)消化器病低侵襲医療の最前線:EMR (2)大腸EMRの最新臨床。第15回実地医家の為の臨床内科懇話会、宇都宮、2005年2月12日(日本医師会生涯教育講座)

79)山本博徳:(特別講演)小腸疾患に対するダブルバルーン内視鏡の有用性。第8回山陽消化器内視鏡フォーラム、広島、2005年2月17日

80)山本博徳:(講演)ダブルバルーン内視鏡?小腸疾患に対する診断・治療の最前線を中心に。ダブルバルーン内視鏡フォーラムin岡山、岡山、2005年2月18日

81)山本博徳:(講演)小腸内視鏡検査の手技と診断。第18回日本消化器内視鏡学会近畿セミナー、大阪、2005年2月19日

82)山本博徳:(ディスカッション)胃ESD「偶発症対策と再発治療」。日本消化器内視鏡学会第17回重点卒後教育セミナー、横浜、2005年2月20日

83)山本博徳:(特別講演)知られざる小腸病変?ダブルバルーン内視鏡を使ったアプローチ。第13回弥生消化器カンファランス、東京、2005年3月10日

84)山本博徳:(講演)ダブルバルーン内視鏡。第16回甲信消化器研究会、松本、2005年3月12日

85)山本博徳:(特別講演)ヒアルロン酸ナトリウムとSTフードを用いたESD。第2回和歌山消化器談話会、和歌山、2005年3月19日

86)山本博徳:(ダブルバルーン内視鏡、食道ESDライブデモ)中日内鏡演示活動、広州、中国、2005年3月21日

87)山本博徳:(特別講演)ダブルバルーン内視鏡による消化管内視鏡診断及び治療の進歩。第51回千里消化器病フォーラム、豊中市、2005年3月26日

88)山本博徳:(大腸LST-NGのESDデモ)第4回ESD Live Demonstration Seminar, 長野、2005年4月2日

89)山本博徳:(特別講演)小腸内視鏡の最新の知見。関西消化器内視鏡懇話会、大阪、2005年4月30日

90)山本博徳:(教育講演)安全で確実なESDをめざして?ヒアルロン酸ナトリウムとSTフードを用いたESD?。第1回福島県内視鏡セミナー ドクター&ナースジョイントシンポジウム、福島、2005年5月21日

91)山本博徳:(ランチョンセミナー)状況に応じた高周波出力と内視鏡の選択。第69回日本消化器内視鏡学会総会、東京、2005年5月27日

92)山本博徳:(講演)小腸内視鏡 Enteroscopy . 第4回日中消化器内視鏡・消化器病学術交流会、東京、2005年5月28日

93)山本博徳:(解説)ダブルバルーン小腸内視鏡。第20回Tokyo Gut Club、東京、2005年7月7日

94)山本博徳:ワーキンググループ設立について?小腸内視鏡症例の全国集計の主旨と経過報告?。第6回小腸内視鏡研究会、東京、2005年8月20日

95)山本博徳:(ミニシンポジウム)大腸内視鏡挿入法?原点に戻って。第15回大腸Uc研究会、横浜、2005年8月27日

96)山本博徳:(基調講演)カプセル内視鏡とダブルバルーン内視鏡の将来展望。第70回日本消化器内視鏡学会総会、神戸、2005年10月6日

97)山本博徳:(講演)内視鏡開発と臨床応用。バイオメカニクス応用研究会、自治医科大学、2005年11月29日

98)山本博徳、松井敏幸:(ディベート)ダブルバルーン小腸内視鏡のメリット・デメリット。第20回Tokyo Gut Club、東京、2005年7月7日

99)山本博徳:最先端に挑むーダブルバルーン内視鏡の開発に関して。フジテレビ「とくダネ」、2005年9月20日放映

100)山本博徳:がん医療はいまーダブルバルーン内視鏡?。クローズアップとちぎ、2005年9月25日放映

101)山本博徳:医学の焦点「小腸内視鏡の適応について」。ラジオNIKKEI, 2005年6月13日放送

102)山本博徳:ダブルバルーン内視鏡?小腸全域の内視鏡検査を可能に。消化器now 28号、2005年3月20日発行、P. 7

103)山本博徳、田中周、丹羽康正、中村哲也、北原史章、飯田三雄、田中信治:(座談会)新しい小腸内視鏡検査法をめぐって。胃と腸 40 (11): 1567-1584, 2005

104)矢崎義雄、菅野健太郎:(監修)疾患別最新処方、メジカルビュー社、2005年3月30日

105)吉澤充代、花塚和伸、砂田圭二郎、山本博徳:当院の内視鏡的粘膜切開剥離術における麻酔の選択。第5回内視鏡的粘膜切除術研究会、東京、2005年7月17日

106)Hiroto Kita: DOUBLE BALLOON PUSH ENTEROSCOPY IN THE BOWEL DISEASE. Second Hepato-Gastroenterology Congress, Antalya, Turkey’, September 25-28, 2005

107)Hiroto Kita, Hironori Yamamoto, Keijiro Sunada, Yoshikazu Hayashi, Hiroyuki Sato, Michiko Iwamoto, Hironari Ajibe, Katsunori Ito, Hisashi Hachimori, Toru Takamatsu, Satoshi Shinozaki, Tomohiko Miyata, Tomonori Yano, Akiko Kuno, Hiroyuki Osawa, Hirohide Ohnishi, Kenichi Ido, Kentaro Sugano: Double-balloon Endoscopy for Endoscopic Treatment. The 4th Korea-Japan Joint Symposium on Gastrointestinal Endoscopy, Seoul, Korea, March 26, 2005

108)Hiroyuki Mutoh: Development of Gastric Carcinoma from Intestinal Metaplasia in Cdx2 Transgenic Mice. 10th US-Japan GI Liver Meeting in 21st Century, Kyoto, Japan, June 24, 2005

109)Hironori Yamamoto: (Live demonstration and lectures) Endoscopic Submucosal Dissection (ESD). Scandinavian Association for Digestive Endoscopy (SADE)22, Copenhagen, Denmark, January 20, 2005

110)Hironori Yamamoto: (Live demonstration and lectures) Double-balloon enteroscopy. Scandinavian Association for Digestive Endoscopy (SADE) 22, Copenhagen, Denmark, January 21, 2005

111)Hironori Yamamoto:Diagnosis and Treatment with Double-Balloon Endoscopy. 15th Endoscopy Masters’Forum, Orlando, USA, January 24, 2005

112)Hironori Yamamoto: (Live demonstration) double-balloon endoscopy for NSAIDs ulcers in the small intestine(oral approach). 4th International Workshop on Endoscopic Ultrasonography & Advanced Therapeutic Endoscopy, Seoul, Korea, March 4, 2005

113)Hironori Yamamoto: (Symposium on Endoscopic Resection)Endoscopic submucosal dissection using sodium hyaluronate and small-caliber-tip transparent hood. 4th International Workshop on Endoscopic Ultrasonography & Advanced Therapeutic Endoscopy, Seoul, Korea, March 4, 2005

114)Hironori Yamamoto: (Live demonstration) Polypectomy in P-J synd using DBE(anal approach). 4th International Workshop on Endoscopic Ultrasonography & Advanced Therapeutic Endoscopy, Seoul, Korea, March 5, 2005

115)Hironori Yamamoto: (Satellite symposium: Occult gastrointestinal bleeding) Double balloon endoscopic approaches for small bowel bleeding. 4th International Workshop on Endoscopic Ultrasonography & Advanced Therapeutic Endoscopy, Seoul, Korea, March 5, 2005

116)Hironori Yamamoto:(Fujinon Booth Lecture) Double-balloon endoscopy for small intestinal bleeding. DDW2005, Chicago, IL, USA, May 16, 2005

117)Hironori Yamamoto:(Fujinon Booth Lecture) Double-balloon endoscopy through Roux-en-Y anastomosis. DDW2005, Chicago, IL, USA, May 17, 2005

118)Hironori Yamamoto:(University post-graduate courses for surgical endoscopy) Interventional digestive endoscopy techniques. EITS(European Institute of TeleSurgery, Strasbourg, France, May 30-31, 2005

119)Hironori Yamamoto:(Theoretical and video session: Endoscopic Mucosal Resection (EMR)Lecture)ESD for large superficial tumors of the esophagus, stomach and colon. EITS(European Institute of TeleSurgery), Strasbourg, France, May 30, 2005

120)Hironori Yamamoto:(Lecture) Double-balloon endoscopy for the diagnosis and treatment of small bowel lesions . EITS(European Institute of TeleSurgery, Strasbourg, France, June 1, 2005

121)Michael B. Wallace, Kentaro Sugano:(Editorial) Advanced Endoscopic Imaging. Clinical Gastroenterology and Hepatology 3: S1, 2005



▲Page Top
 〒329-0498
 栃木県下野市薬師寺3311-1
 TEL 0285-58-7348
 FAX 0285-44-8297

copyright(c) Jichi Medical University Department of Internal Medicine Division of Gastroenterology