自治医科大学-消化器内科学部門/栃木県の大学病院 医師の募集

自治医科大学内科学講座 消化器内科学部門 自治医大TOP | Login
業績
CATEGORIES
HOME
教授挨拶
消化管グループ
肝臓グループ
胆道・膵臓グループ
消化器病研究チーム
スタッフ紹介
業績
地域医療と消化器病研究会
同門会
関連施設一覧
医学生実習のご案内
医局員募集
ギャラリー

> 業績一覧へ

2008年の実績
原著
学会発表
著書・総説
その他
イメージ写真2

原著


1)細谷好則,瑞木 亨,俵藤正信,山本博徳,冨樫一智,遠藤和洋,堀江久永,仁平芳人,佐田尚宏,永井秀雄,安田是和:消化器癌早期発見の最新の工夫と治療戦略. 栃木県医学会会誌38:93-98,2008.

2)菅野健太郎:シドニーシステムは何をもたらしたか。日本ヘリコバクター学会誌 9(2):10-11, 2008

3)冨樫一智,志村国彦,濱田 徹,大澤博之,山本博徳: NBI/FICE拡大観察によるpit pattern診断 (6) pit pattern診断におけるFICE位置付づけと今後の展望. 早期大腸癌12(4):395-399,2008.

4)冨樫一智,山本博徳,大澤博之,林 芳和,宮田知彦,砂田圭二郎,北條宣幸,志村国彦,鯉沼広治,宮倉安幸,堀江久永,安田是和,菅野健太郎:大腸の新しい内視鏡診断 FUJI Intelligent Color Enhancement(FICE).胃と腸43(6):901-909,2008.

5)津久井舞未子、礒田憲夫、大竹俊哉、東澤俊彦、大澤博之、佐藤慎、砂田富美子、小野和則、長嶺伸彦、井戸健一、菅野健太郎、桃谷孝之、四元茂、田中亨:若年男性で急性発症した自己免疫性肝炎の1例。肝臓49(5): 200-208, 2008

6)Ajibe,H., Osawa,H., Yoshizawa,M., Yamamoto,H., Satoh,K., Koinuma,K., Morishima,K., Hosoya,Y., Yasuda,Y., Sugano,K.: Phlegmonous gastritis after endoscopic submucosal dissection for early gastric cancer. Therapeutic Advances in Gastroenterology 1(2): 91-95, 2008

7)Choi Y.L., Takeuchi,K., Soda,M., Inamura,K., Togashi,Y., Hatano,S., Enomoto,M., Hamada,T., Haruta,H., Watanabe,H., Kurashina,K., Hatanaka,H., Ueno,T., Takada,S., Yamashita,Y., Sugiyama,Y., Ishikawa,Y., Mano,H.: Identification of Novel Isoforms of the EML4-ALK Transforming Gene in Non-Small Cell Lung Cancer. Cancer Res 68(13): 4971-4976, 2008

8)Fock,K.M., Talley,N., Moayyedi,P., Hunt,R., Azuma,T., Sugano,K., Xiao,S.D., Lam,S.K., Goh,K.L., Chiba,T., Uemura,N., Kim,J.G., Kim,N., Ang,T.L., Mahachai,V., Mitchell,H., Rani,A.A., Liou,J.M., Vilaichone,R., Sollano,J.: Asia-Pacific consensus guidelines on gastric cancer prevention. Journal of Gastroenterology and Hepatology 23: 351-365, 2008

9)Fujiwara,S-i., Yamashita,Y., Nakamura,N., Choi,YL., Ueno,T., Watanabe,H., Kurashina,K., Soda,M., Enomoto,M., Hatanaka,H., Takada,S., Abe,M., Ozawa,K., Mano,H.: High-resolution analysis of chromosome copy number alterations in angioimmunoblastic T-cell lymphoma and peripheral T-cell lymphoma,unspecified,with single nucleotide polymorphism-typing microarrays. Leukemia 22: 1891-1898, 2008

10)Fukase,K., Kato,M., Kikuchi,S., Inoue,K., Uemura,N., Okamoto,S., Terao,S., Amagai,K., Hayashi,S., Asaka,M., for the Japan Gast Study Group (Satoh,K., Kihira,K., Kawata,H., Sugano,K. ): Effect of eradication of Helicobacter pylori on incidence of metachronous gastric carcinoma after endoscopic resection of early gastric cancer : an open-label, randomised controlled trial. Lancet 372: 392-397, 2008

11)Haruta,H., Hosoya,Y., Sakuma,K., Shibusawa,H., Satoh,K., Yamamoto,H., Tanaka,A., Niki,T.,Sugano,K.,Yasuda,Y.: Clinicopathological study of lymph-node metastasis in 1389 patients with early gastric cancer: Assessment of indications for endoscopic resection. Journal of Digestive Diseases 9: 213-218, 2008

12)Hosoya,Y., Satoh,K., Hironaka,M., Nokubi,M., Kurashina,K., Shibayama,C., Sugimoto,H., Sugano,K., Nagai,H., Yasuda,Y.: Multiple gastric carcinoids associated with parietal cell hyperplasia: intraoperative detection with a radiolabeled somatostatin analog. Gastric Cancer 11: 123-126, 2008

13)Iwamoto,M., Yamamoto,H., Miyata,T.,Sunada,K.,Sugano,K., Ozawa,K.: Leukemic cell infiltration into the large intestine in a patient with acute myelogenous leukemia. Gastrointestinal Endoscopy 67(2): 353-354, 2008

14)Kawano,Y., Mizuta,K., Hishikawa,S., Egami,S.,Fujiwara,T., Hyodo,M., Yasuda,Y.,Yano,T., Nakazawa,K., Yamamoto,H., Kawarasaki,H.: Rendezvous Penetration Method Using Double-Balloon Endoscopy for Complete Anastomosis Obstruction of Hepaticojejunostomy After Pediatric Living Donor Liver Transplantation. Liver Transplantation 14: 385-387, 2008

15)Kurashina,K., Yamashita,Y., Ueno,T., Koinuma,K., Ohashi,J., Horie,H., Miyakura,Y.,Hamada,T., Haruta,H., Hatanaka,H.,Soda,M., Choi,Y.L., Takada,S., Yasuda,Y., Nagai,H., Mano,H.: Chromosome copy number analysis in screening for prognosis-related genomic regions in colorectal carcinoma. Cancer Sci 99(9): 1835-1840, 2008

16)Matsumoto,T., Kudo,T., Esaki,M.,Yano,T.,Yamamoto,H.,Sakamoto,C., Goto,H., Nakase,H., Tanaka,S., Matsui,T., Sugano,K., Iida,M.: Prevalence of non-steroidal anti-inflammatory drug-induced enteropathy determined by double-balloon endoscopy: A Japanese multicenter study. Scandinavian Journal of Gastroenterology 43: 490-496, 2008

17)Mita,A., Hashikura,Y., Masuda,Y., Ohno,Y., Urata,K., Nakazawa,Y.,Ikegami,T., Terada,M., Yamamoto,H., Miyagawa,S-i: Nonsurgical policy for treatment of bilioenteric anastomotic stricture after living donor liver transplantation. Transpl Int 21: 320-327, 2008

18)Osawa,H.: Ghrelin and Helicobacter pylori infection. World J Gastroenterol 14(41): 6327-6333, 2008

19)Osawa,H., Ohnishi,H., Kita,H., Igari,T.,Hayashi,Y.,Iwamori,M., Kawakami,M.,Sugano,K.:Reduced Expression of Sulfatides and Galactosylceramide 3’-Sulfotransferase in the Gastric Mucosa of Chronic Gastritis. J Clin Gastroenterol 42(1): 23-28, 2008

20)Osawa,H., Yoshizawa,M., Yamamoto,H., Kita,H., Satoh,K., Ohnishi,H., Nakano,H., Wada,M., Arashiro,M., Tsukui,M., Ido,K., Sugano,K.: Optimal band imaging system can facilitate detection of changes in depressed-type early gastric cancer. Gastrointestinal Endoscopy 67(2): 226-234, 2008

21)Pohl,J., Blancas,J.M., Cave,D., Choi,K.Y., Delvaux,M., Ell,C., Gay,G., Jacobs,M.A.J.M., Marcon,N., Matsui,T., May,A., Mulder,C.J.J., Pennazio,M., Perez-Cuadrado,E., Sugano,K., Vilmann,P., Yamamoto,H., Yano,T., Zhong,J.J.: Consensus report of the 2nd International Conference on Double Balloon Endoscopy. Endoscopy 40: 156-160, 2008

22)Satoh,K., Osawa,H., Yoshizawa,M., Nakano,H., Hirasawa,T., Kihira,K., Sugano,K.: Assessment of Atrophic Gastritis Using the OLGA System. Helicobacter 13: 225-229, 2008

23)Shinozaki,S., Ohnishi,H., Hama,K.,Kita,H., Yamamoto,H., Osawa,H.,Sato,K.,Tamada,K., Mashima,H., Sugano,K.: Indian Hedgehog Promotes the Migration of Rat Activated Pancreatic Stellate Cells by Increasing Membrane Type-1 Matrix Metalloproteinase on the Plasma Membrane. J Cell Physiol 216(1): 38-46, 2008

24)Shinozaki, S.,Yamamoto,H., Ohnishi,H., Kita,H.,Yano,T., Iwamoto,M.,Miyata,T.,Hayashi,Y.,Sunada,K., Ido,K., Takayashiki,N., Sugano,K.: Endoscopic observation of Meckel’s diverticulum by double balloon endoscopy: Report of five cases. Journal of Gastroenterology and Hepatology 23:e308-311, 2008

25)Sugano,K.: Gastric Cancer: Pathogenesis, Screening, and Treatment. Gastrointest Endoscopy Clin N Am 18: 513-522, 2008

26)Sunada,F., Hanatsuka,K.,Yoshida,T.,Osawa,H., Kita,H., Sugano,K.: ENDOSCOPIC MANIPULATION OF GASTRIC PROLAPSE IN MORGAGNI HERNIA. Digestive Endoscopy 20: 90-91, 2008

27)Sunada,K., Yamamoto,H.: Double Balloon Enteroscopy: Techniques. Techniques in Gastrointestinal Endoscopy 10(2): 46-53, 2008

28)Taguchi,H., Yamamoto,H., Miyata,T., Hayashi,Y., Sunada,K.,Sugano,K.: In vivo diagnosis of whipworm (Trichuris trichiura) with high-definition magnifying colonoscope (with video). Gastrointestinal Endoscopy 68(2): 376-377, 2008

29)Takada,S., Yamashita,Y., Berezikov,E., Hatanaka,H., Fujiwara,S-i.,Kurashina,K., Watanabe,H., Enomoto,M., Soda,M., Choi,Y.L., Mano,H.: MicroRNA expression profiles of human leukemias. Leukemia 22(6): 1274-1278, 2008

30)Tsukui,D.,Yano,T.,Nakazawa,K.,Osawa,H.,Kawano,Y.,Mizuta,K.,Kawarasaki,H.,Yamamoto,H.: Rendezvous technique combining double-balloon endoscopy with percutaneous cholangioscopy is useful for the treatment of biliary anastomotic obstruction after liver transplantation(with video). Gastrointestinal Endoscopy 68(5): 1013-1015, 2008

31)Yamamoto,H., Ell,C., Binmoeller,K.F.: Double-balloon endoscopy. Endoscopy 40: 779-783, 2008

32)Yamamoto,H., Yahagi,N., Oyama,T., Gotoda,T., Doi,T., Hirasaki,S., Shimoda,T., Sugano,K., Tajiri,H., Takekoshi,T., Saito,D.: Usefulness and safety of 0.4% sodium hyaluronate solution as a submucosal fluid “cushion” in endoscopic resection for gastric neoplasms: a prospective multicenter trial. Gastrointestinal Endoscopy 67(6): 830-839, 2008

33)Yano,T., Yamamoto,H.,Sunada,K.,Miyata,T.,Iwamoto,M.,Hayashi,Y., Arashiro,M., Sugano,K.: Endoscopic classification of vascular lesions of the small intestine(with videos). Gastrointestinal Endoscopy 67(1): 169-172, 2008
34)Yoshizawa,M., Osawa,H., Yamamoto,H., Satoh,K., Nakano,H., Tsukui,M., Sugano,K.: NEWLY DEVELOPED OPTIMAL BAND IMAGING SYSTEM FOR THE DIAGNOSIS OF EARLY GASTRIC CANCER. Digestive Endoscopy 20: 194-197, 2008





▲Page Top



学会発表


1)阿治部弘成、矢野智則、山本博徳:(シンポジウム)成人の腸重積の解除にダブルバルーン内視鏡が有用であった3例。第75回日本消化器内視鏡学会総会、横浜、2008年5月26日(Gastroenterol.Endosc. 50(Suppl.1): 675, 2008)

2)阿治部弘成、吉澤充代、大澤博之:(合同ビデオシンポジウム)早期胃癌のESD前の範囲診断に対するFICEの有用性。第50回日本消化器病学会大会、DDW2008、東京、2008年10月4日(日消誌105(臨増):A712, 2008)

3)阿治部弘成、吉澤充代、砂田圭二郎、大澤博之、山本博徳:(ビデオワークショップ)残胃癌に対するESD治療の工夫。第87回日本消化器内視鏡学会関東地方会、東京、2008年12月12日(Progress of Digestive Endoscopy 74(1): 72, 2008)

4)新城雅行、山本博徳、宮田知彦、砂田圭二郎、矢野智則、林芳和、福島寛美、阿治部弘成、岩下裕一、茂森昌人、坂本博次、津久井大介、北出卓、仲谷朋久、本田徹郎、佐藤貴一、菅野健太郎:(パネルディスカッション)当科における大腸ESDの適応と取り組み。第86回日本消化器内視鏡学会関東地方会、東京、2008年6月21日(Progress of Digestive Endoscopy 73(1): 65, 2008)

5)新城雅行、山本博徳、砂田圭二郎、宮田知彦、矢野智則、竹澤敬人、林芳和、福島寛美、北村絢、沼尾規且、篠崎聡、茂森昌人、豊田亮、井野裕治、佐藤光亮、永山学、佐藤貴一、菅野健太郎:(パネルディスカッション)ダブルバルーン内視鏡の経験から見たカプセル内視鏡の役割。第86回日本消化器内視鏡学会関東地方会、東京、2008年6月20日(Progress of Digestive Endoscopy 73(1): 68, 2008)

6)新城雅行、吉澤充代、津久井大介、坂本博次、山本博徳、佐藤貴一、菅野健太郎:内視鏡的粘膜下層剥離術を行った食道リンパ管腫の1例。第300回日本消化器病学会関東支部例会、東京、2008年7月5日

7)福田久、畑中恒、沼尾規且、井野裕治、佐藤光亮、吉田徹、大橋明、和田伸一、玉田喜一、菅野健太郎:急速に進行した十二指腸乳頭部低分化癌の1例。第302回日本消化器病学会関東支部例会、東京、2008年12月6日

8)福島寛美、仲谷朋久、北出卓、津久井大介、竹澤敬人、中野秀聡、中澤克行、阿治部弘成、茂森昌人、林芳和、矢野智則、新城雅行、岩下裕一、岩本美智子、宮田知彦、砂田圭二郎、大橋明、和田伸一、玉田喜一、山本博徳、菅野健太郎:内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)にて一括切除し得た十二指腸乳頭部腺腫内癌の1例。第75回日本消化器内視鏡学会総会、横浜、2008年5月25日(Gastroenterol.Endosc. 50(Suppl.1): 906, 2008)

9)福島寛美、中澤克行、畑中恒、大橋明、和田伸一、玉田喜一、菅野健太郎:術前に経口胆道鏡が有用であった粘液産生性胆管内乳頭状腫瘍(IPN-B)の1例。第298回日本消化器病学会関東支部例会、東京、2008年2月23日

10)福島寛美、大竹俊哉、津久井舞未子、佐藤慎、東澤俊彦、長嶺伸彦、礒田憲夫、田中亨、菅野健太郎:多発性硬化症に対するIFN-β1b治療が発症誘因となったと考えられた自己免疫性肝炎の一例。第37回日本肝臓学会東部会、東京、2008年12月4日(肝臓49(Suppl.3): A759, 2008)

11)畑中恒、倉科憲太郎、曽田学、榎本宗浩、渡辺秀紀、山下義博、菅野健太郎、間野博行:新規がん遺伝子FFAR2の同定と消化管癌への関与。第67回日本癌学会学術総会、名古屋、2008年10月29日(日本癌学会総会記事67回:404, 2008)

12)畑中恒、玉田喜一、倉科憲太郎、細谷好則、佐田尚宏、安田是和、菅野健太郎、間野博行:cDNA発現ライブラリースクリーニングによる新規癌遺伝子FFAR2(free fatty acid receptor 2)の同定と消化管癌への関与。第19回日本消化器癌発生学会総会、別府、2008年8月29日(抄録集:187, 2008)

13)畑中恒、玉田喜一、倉科憲太郎、細谷好則、佐田尚宏、安田是和、菅野健太郎、間野博行:cDNA発現ライブラリースクリーニングによる新規癌遺伝子FFAR2(free fatty acid receptor 2)の同定と消化管癌への関与。第50回日本消化器病学会大会、東京、2008年10月1日(日消誌105(臨増):A797, 2008)

14)林芳和、林俊治、太田英孝、佐藤貴一、平井義一、菅野健太郎:(シンポジウム)Helicobacter pylori感染によって形成される胃細菌叢。第14回日本ヘリコバクター学会、神戸、2008年6月27日(抄録集:82, 2008)

15)東澤俊彦、礒田憲夫、大竹俊哉:(ワークショップ)NASH肝癌症例と非発癌症例の背景肝所見・患者背景についての考察。第12回日本肝臓学会大会、東京、2008年10月1日(肝臓49(Suppl.2): A496, 2008)

16)東澤俊彦、礒田憲夫、大竹俊哉:(ワークショップ)巨大肝嚢胞の治療の現況。第37回日本肝臓学会東部会、東京、2008年12月4日(肝臓49(Suppl.3): A679, 2008)

17)東澤俊彦、礒田憲夫、大竹俊哉、津久井舞未子、佐藤慎、井戸健一、長嶺伸彦、菅野健太郎:自己免疫性肝炎における腹部リンパ節腫脹とその病的意義についての考察。第44回日本肝臓学会総会、愛媛、2008年6月6日(肝臓49(Suppl.1): A368, 2008)

18)東澤俊彦、長嶺伸彦、礒田憲夫:(シンポジウム)肝癌合併食道静脈瘤の治療戦略。第75回日本消化器内視鏡学会総会、横浜、2008年5月26日(Gastroenterol.Endosc. 50(Suppl.1): 682, 2008)

19)本田徹郎、大澤博之、山本博徳:(ビデオシンポジウム)十二指腸腫瘍の精密診断とESD治療?FICE画像による新しい内視鏡診断と新デバイスの十二指腸疾患への応用?。第75回日本消化器内視鏡学会総会、横浜、2008年5月26日(Gastroenterol.Endosc. 50(Suppl.1): 759, 2008)

20)本田徹郎、矢野智則、太田英孝、周東利奈、荒井洋実、中澤克行、林芳和、砂田圭二郎、林俊治、山本博徳、菅野健太郎:Helicobacter pylori除菌療法により胃酸分泌能が回復し消化管Bacterial Overgrowth症候群が改善した1例。第94回日本消化器病学会総会、福岡、2008年5月10日(日消誌105(臨増):A371, 2008)

21)礒田憲夫、大竹俊哉、東澤俊彦:(ワークショップ)全麻下腹腔鏡的局所治療を中心とした肝細胞癌の治療の現状。第75回日本消化器内視鏡学会総会、横浜、2008年5月25日(Gastroenterol.Endosc. 50(Suppl.1): 735, 2008)

22)岩下裕一、矢野智則、北出卓、本田徹郎、仲谷朋久、津久井大介、坂本博次、茂森昌人、福島寛美、阿治部弘成、新城雅行、宮田知彦、岩本美智子、砂田圭二郎、山本博徳、菅野健太郎:血液透析患者における小腸出血は血管性病変が多く、ダブルバルーン内視鏡による診断・治療が有効である。第75回日本消化器内視鏡学会総会、横浜、2008年5月25日(Gastroenterol.Endosc. 50(Suppl.1): 848, 2008)

23)金澤恵理、栗田真紀子、仁平芳人、佐久間康成、俵藤正信、細谷好則、佐田尚弘、安田是和、木村有香、矢野智則、山本博徳、原嶋宏樹、中村哲也:カプセル内視鏡およびダブルバルーン小腸内視鏡で術前診断が可能であった空腸原発癌の1例。第299回日本消化器病学会関東支部例会、前橋、2008年5月17日

24)北出卓、阿治部弘成、仲谷朋久、本田徹郎、津久井大介、坂本博次、福島寛美、茂森昌人、岩下裕一、林芳和、新城雅行、宮田知彦、砂田圭二郎、矢野智則、山本博徳、菅野健太郎:ダブルバルーン内視鏡(DBE)を用いて上部空腸の義歯を回収した一例。第86回日本消化器内視鏡学会関東地方会、東京、2008年6月21日(Progress of Digestive Endoscopy 73(1): 102, 2008)

25)北出卓、仲谷朋久、本田徹郎、坂本博次、津久井大介、矢野智則、砂田圭二郎、山本博徳、菅野健太郎:ダブルバルーン内視鏡で腸リンパ管拡張症を診断した2例。第75回日本消化器内視鏡学会総会、横浜、2008年5月24日(Gastroenterol.Endosc. 50(Suppl.1): 881, 2008)

26)北村絢、矢野智則、北出卓、仲谷朋久、本田徹郎、津久井大介、坂本博次、茂森昌人、岩下裕一、篠崎聡、林芳和、福島寛美、新城雅行、宮田知彦、砂田圭二郎、山本博徳、菅野健太郎:肝硬変患者における小腸出血に対する小腸内視鏡による診断・治療。第76回日本消化器内視鏡学会総会、東京、2008年10月3日(Gastroenterol. Endosc. 50(Suppl.2): 2278, 2008)

27)宮田知彦、砂田圭二郎、山本博徳:(ビデオシンポジウム)ダブルバルーン内視鏡は、内視鏡操作困難例、挿入困難例における大腸ESDに有用。第75回日本消化器内視鏡学会総会、横浜、2008年5月26日(Gastroenterol.Endosc. 50(Suppl.1): 770, 2008)

28)宮田知彦、山本博徳、砂田圭二郎:(合同パネルディスカッション)安全な大腸ESDの普及を目指して?現状と展望?。第50回日本消化器病学会大会、DDW2008、東京、2008年10月3日(日消誌105(臨増):A597, 2008)

29)武藤弘行:(合同シンポジウム)前癌病変としての腸上皮化生における転写因子Cdx1とCdx2の役割。第50回日本消化器病学会大会、DDW2008、東京、2008年10月3日(日消誌105(臨増):A518, 2008)

30)仲谷朋久、矢野智則、北出卓、本田徹郎、津久井大介、坂本博次、茂森昌人、岩下裕一、福島寛美、阿治部弘成、新城雅行、砂田圭二郎、宮田知彦、岩本美智子、山本博徳、菅野健太郎:ダブルバルーン内視鏡にて観察し得た虚血性小腸炎の3例。第75回日本消化器内視鏡学会総会、横浜、2008年5月25日(Gastroenterol.Endosc. 50(Suppl.1): 909, 2008)

31)中澤克行、阿治部弘成、津久井舞未子、永井成勲、畑中恒、大橋明、和田伸一、玉田喜一、菅野健太郎:化学療法により胆管ステント挿入が容易になった胆嚢原発小細胞癌の一例。第94回日本消化器病学会総会、福岡、2008年5月10日(日消誌105(臨増):A421, 2008)

32)沼尾規且、畑中恒、大竹俊哉、津久井舞未子、東澤俊彦、礒田憲夫、菅野健太郎、中田学:巨大肝細胞癌に対するTAE施行後に肺塞栓・急性肺障害を呈した一例。第37回日本肝臓学会東部会、東京、2008年12月4日(肝臓49(suppl.3): A744, 2008)

33)沼尾規且、矢野智則、本田徹郎、阿治部弘成、新城雅行、中澤克行、砂田圭二郎、宮田知彦、山本博徳、菅野健太郎、喜舎場由香、金井信行、弘中貢、田中亨:小腸内視鏡検査にて特異な所見を呈した消化管アミロイドーシスの一例。第76回日本消化器内視鏡学会総会、東京、2008年10月3日(Gastroenterol. Endosc. 50(Suppl.2): 2284, 2008)

34)大橋明、中澤克行、北村絢、畑中恒、阿治部弘成、岩下裕一、田野茂夫、冨山剛、和田伸一、玉田喜一、菅野健太郎:胆管末端部の石灰化病変の鑑別(胆管結石or脈管の石灰化)に、IDUSが有用であった1例。第76回日本消化器内視鏡学会総会、東京、2008年10月4日(Gastroenterol. Endosc. 50(Suppl.2): 2366, 2008)

35)大橋明、玉田喜一、菅野健太郎:(パネルディスカッション)胆管結石に対するEPBDの長期予後。第75回日本消化器内視鏡学会総会、横浜、2008年5月25日(Gastroenterol.Endosc. 50(Suppl.1): 708, 2008)

36)大澤博之、吉澤充代、山本博徳、中野秀聡、津久井舞未子、佐藤貴一、茂森昌人、菅野健太郎:経鼻FICE内視鏡画像による上部消化管病変の新しい内視鏡診断。第75回日本消化器内視鏡学会総会、横浜、2008年5月24日(Gastroenterol.Endosc. 50(Suppl.1): 800, 2008)

37)太田英孝、林俊治、林芳和、新城雅行、矢野智則、宮田知彦、砂田圭二郎、山本博徳、菅野健太郎:ダブルバルーン内視鏡を用いた小腸各部位からのHelicobacter pylori検出。第76回日本消化器内視鏡学会総会、東京、2008年10月3日(Gastroenterol. Endosc. 50(Suppl.2): 2276, 2008)

38)太田英孝、林俊治、林芳和、菅野健太郎、佐藤貴一、平井義一:ダブルバルーン内視鏡による上部小腸からのHelicobacter pyloriの分離。第14回日本ヘリコバクター学会、神戸、2008年6月27日(抄録集:141, 2008)

39)太田英孝、林俊治、山本博徳:(パネルディスカッション)ダブルバルーン内視鏡を用いた小腸細菌叢の解析。第94回日本消化器病学会総会、福岡、2008年5月10日(日消誌105(臨増):A107, 2008)

40)大竹俊哉、長嶺伸彦、津久井舞未子、東澤俊彦、礒田憲夫、菅野健太郎:当院における孤立性胃静脈瘤に対する予防的治療のアルゴリズム。第75回日本消化器内視鏡学会総会、横浜、2008年5月24日(Gastroenterol.Endosc. 50(Suppl.1): 789, 2008)

41)坂本博次、林芳和、山本博徳:(パネルディスカッション)Peutz-Jeghers症候群の治療・経過観察におけるダブルバルーン内視鏡の有用性。第75回日本消化器内視鏡学会総会、横浜、2008年5月24日(Gastroenterol.Endosc. 50(Suppl.1): 693, 2008)

42)佐野友美、赤羽学、菅野健太郎、今村知明:国際疾病分類ICD11改訂に向けての動向?進展状況と問題点の抽出・改善?。第67回公衆衛生学会総会、福岡、2008年11月6日

43)佐藤貴一:(消化器病学会特別企画)H.pylori除菌治療(3)再除菌。第50回日本消化器病学会大会、東京、2008年10月1日(日消誌105(臨増):A444, 2008)

44)佐藤貴一、山本博徳、菅野健太郎:(合同パネルディスカッション)自治医科大学光学医療センターの紹介。第50回日本消化器病学会大会、DDW2008、東京、2008年10月2日(日消誌105(臨増):A574, 2008)

45)茂森昌人、仲谷朋久、吉澤充代、本田徹郎、北出卓、津久井大介、坂本博次、岩下裕一、新城雅行、矢野智則、砂田圭二郎、岩本美智子、宮田知彦、山本博徳、菅野健太郎:小腸壁内血腫による腸管狭窄を認めたAnticoagulat Ileusの2例。第94回日本消化器病学会総会、福岡、2008年5月9日(日消誌105(臨増):A329, 2008)

46)周東利奈、矢野智則、林芳和、宮田知彦、南信弘、三浦義正、田口宏樹、和田正浩、新城雅行、岩本美智子、砂田圭二郎、山本博徳、井戸健一、菅野健太郎、大平猛:ダブルバルーン内視鏡補助下イレウスチューブ留置にて診断、腹腔鏡下癒着剥離術を行った内ヘルニア合併術後癒着性イレウスの1例。第75回日本消化器内視鏡学会総会、横浜、2008年5月25日(Gastroenterol.Endosc. 50(Suppl.1): 910, 2008)

47)曽田学、榎本宗浩、崔永林、山下義博、畑中恒、板東政司、大野彰二、仁木利郎、間野博行、杉山幸比古:新規融合型癌遺伝子EML4-ALK発現肺癌症例の臨床像。第105回日本内科学会総会、東京、2008年4月13日(日本内科学会雑誌97(suppl): 244, 2008)

48)曽田学、山下義博、畑中恒、杉山幸比古、間野博行:(ワークショップ)肺癌発症モデルマウスにおける新規融合型遺伝子EML4-ALKの機能解析。第67回日本癌学会学術総会、名古屋、2008年10月29日(日本癌学会総会記事67回:298, 2008)

49)菅野健太郎:ICD-11への改訂について(内科疾患)。第34回日本診療録管理学会学術大会、昭和大学、2008年8月21日

50)菅野健太郎:胃潰瘍ガイドラインとその検証。日本内科学会学術集会・第36回内科学の展望?内科学におけるガイドラインとその検証?、仙台、2008年11月9日

51)菅野健太郎:壁細胞の医学。日本消化器病学会東海支部第109回例会 第20回教育講演会、名古屋、2008年11月22日

52)須磨崎有希、矢野智則、茂森昌人、福島寛美、篠崎聡、宮田知彦、砂田圭二郎、三室淳、山本博徳、菅野健太郎:von Willebrand病に合併した消化管のangioectasiaの1例。日本内科学会関東支部主催 第555回関東地方会、東京、2008年7月13日

53)砂田圭二郎、岩本美智子、矢野智則:(シンポジウム)クローン病の小腸狭窄性病変に対する内視鏡的バルーン拡張術?インフリキシマブを併用した新しい治療戦略?。第75回日本消化器内視鏡学会総会、横浜、2008年5月24日(Gastroenterol.Endosc. 50(Suppl.1): 661, 2008)

54)砂田圭二郎、矢野智則、林芳和:(合同ビデオシンポジウム)ダブルバルーン内視鏡を用いた小腸良性狭窄性病変に対するバルーン拡張術の成績と工夫。第50回日本消化器病学会大会、DDW2008、東京、2008年10月4日(日消誌105(臨増):A734, 2008)

55)竹澤敬人、仲谷朋久、坂本博次、福島寛美、林芳和、新城雅行、矢野智則、宮田知彦、砂田圭二郎、山本博徳、菅野健太郎、弘中貢、中村哲也、藤盛孝博:黒色便を契機にカプセル内視鏡、ダブルバルーン小腸鏡を施行し、特異な病理像を示した小腸ポリープの1例。第76回日本消化器内視鏡学会総会、東京、2008年10月3日(Gastroenterol. Endosc. 50(Suppl.2): 2283, 2008)

56)竹澤敬人、佐藤光亮、永山学、豊田亮、井野裕治、西村直之、福島寛美、林芳和、新城雅行、矢野智則、宮田知彦、砂田圭二郎、宮倉安幸、山本博徳、菅野健太郎:診断に難渋した虫垂原発腫瘍による回腸末端狭窄の1例。第87回日本消化器内視鏡学会関東地方会、東京、2008年12月13日(Progress of Digestive Endoscopy 74(1): 115, 2008)

57)竹澤敬人、吉田徹、阿治部弘成、中野秀聡、吉澤充代、大澤博之、佐藤貴一、菅野健太郎:同部位に2度ESDを施行した過形成性ポリープの1例。第299回日本消化器病学会関東支部例会、前橋、2008年5月17日

58)玉田喜一、大橋明、和田伸一:(合同ワークショップ)検診を契機に診断された無黄疸肝外胆管癌の診断。第50回日本消化器病学会大会、DDW2008、東京、2008年10月3日(日消誌105(臨増):A688, 2008)

59)冨樫一智,志村国彦,濱田 徹,鯉沼広治,宮倉安幸,熊野秀俊,堀江久永,安田是和,大澤博之,山本博徳:Fuji Intelligent Color Enhancement(FICE)を用いた大腸内視鏡検査(第二報).第63回日本大腸肛門病学会学術集会,東京,2008年10月18日. 日本大腸肛門病学会雑誌61(9):595,2008.

60)豊田亮、宮田知彦、阿治部弘成、永山学、佐藤光亮、井野裕治、福島寛美、矢野智則、新城雅行、砂田圭二郎、佐藤貴一、山本博徳、菅野健太郎、鯉沼広治:デスモイド腫瘍を合併したPeutz-Jeghers症候群の1例。第301回日本消化器病学会関東支部例会、東京、2008年9月6日

61)津久井大介、矢野智則、岩本美智子、宮田知彦、新城雅行、福島寛美、阿治部弘成、沼尾規且、北村絢、竹澤敬人、坂本博次、本田徹郎、北出卓、仲谷朋久、茂森昌人、岩下裕一、砂田圭二郎、山本博徳、菅野健太郎、田中亨:ダブルバルーン内視鏡により低侵襲な術式を選択することができた小腸血管腫の1例。第94回日本消化器病学会総会、福岡、2008年5月8日(日消誌105(臨増):A299, 2008)

62)津久井舞未子、大澤博之、吉澤充代、山本博徳、中野秀聡、佐藤貴一、菅野健太郎:FICEを使用した腸上皮化生の内視鏡診断。第75回日本消化器内視鏡学会総会、横浜、2008年5月25日(Gastroenterol.Endosc. 50(Suppl.1): 828, 2008)

63)山本博徳、井上晴洋、豊永高史、藤井隆広、下田忠和:(サテライトシンポジウム)早期がんと闘う内視鏡治療?術前診断から治療、そして病理確定診断までー。第76回日本消化器内視鏡学会総会、東京、2008年10月3日

64)山岡正治、天貝賢二、砂田圭二郎、五頭三秀、大関瑞治、荒木眞裕、斉藤仁昭、飯嶋達生、矢野智則、新城雅行、宮田知彦、山本博徳、菅野健太郎、金井信行:小腸、大腸に多発転移を認めた胃原発表在型低分化型癌の1例。第76回日本消化器内視鏡学会総会、東京、2008年10月3日(Gastroenterol. Endosc. 50(Suppl.2): 2284, 2008)

65)矢野智則、阿治部弘成、新城雅行:(合同シンポジウム)反復する癒着性イレウスに対する腹部CT、ダブルバルーン内視鏡と腹腔鏡下癒着剥離術の有効性の検討。第76回日本消化器内視鏡学会総会、東京、2008年10月2日(Gastroenterol. Endosc. 50(Suppl.2): 2023, 2008)

66)矢野智則、福島寛美、新城雅行:(ワークショップ)小腸出血に対する診断・治療戦略?ダブルバルーン内視鏡を施行した226例の検討?。第75回日本消化器内視鏡学会総会、横浜、2008年5月25日(Gastroenterol.Endosc. 50(Suppl.1): 741, 2008)

67)横田真一郎、笠原尚哉、小泉大、鯉沼広治、宮倉安幸、堀江久永、冨樫一智、安田是和、砂田圭二郎、菅野健太郎:診断に苦慮した虫垂クローン病の1例。第300回日本消化器病学会関東支部例会、東京、2008年7月5日

68)吉田徹、吉澤充代、大澤博之、山本博徳、中野秀聡、佐藤貴一、菅野健太郎:FICEが局在診断に有用であった食道胃接合部腺癌の1例。第76回日本消化器内視鏡学会総会、東京、2008年10月4日(Gastroenterol. Endosc. 50(Suppl.2): 2322, 2008)

69)吉澤充代、大澤博之、山本博徳:(シンポジウム)胃腫瘍性病変に対するFICEを使用した内視鏡診断の有用性の検討。第75回日本消化器内視鏡学会総会、横浜、2008年5月24日(Gastroenterol.Endosc. 50(Suppl.1): 652, 2008)

70)吉澤充代、大澤博之、山本博徳:(合同ビデオシンポジウム)胃腫瘍性病変に対するFICEを使用した内視鏡診断の検討。第50回日本消化器病学会大会、DDW2008、東京、2008年10月4日(日消誌105(臨増):A716, 2008)

71)Hatanaka,H.,Tamada,K.,Sugano,K.,Mano,H.: Identification of Oncogene By Retroviral Expression Screening in Gallbladder Cancer. 109th Annual Meeting of AGA, DDW 2008, San Diego, CA, USA, May 19, 2008 (Gastroenterology 134(4;Suppl.1):A-384, 2008)

72)Hayashi,Y., Yamamoto,H., Yano,T., Sunada,K., Miyata,T., Iwamoto,M., Arashiro,M., Ajibe,H., Sugano,K.: (Plenary presentation)Nonsteroidal anti-inflammatory drug-induced small intestinal lesions identified by double balloon endoscopy : clinical features and endoscopic treatments for diaphragm disease. 第94回日本消化器病学会総会(国際交流フォーラム)、福岡、2008年5月9日(日消誌105(臨増):A14, 2008)

73)Nagamine,N.: Strategy for Prophylactic Patients with Risky Esophageal Varices Complicated with Hepatocellular Carcinoma. 2008 ASGE Meeting, DDW 2008, San Diego, CA,USA, May 19, 2008 (Gastrointestinal Endoscopy 67(5):AB193, 2008)

74)Nonaka,K., Nishimura,M., Yoshinaga,S., Kitada,H., Sakaguchi,M., Okuda,A., Takekuma,Y., Kawaguchi,T., Hifumi,M., Kita,H., Yamamoto,H.: Comparison of Endoscopic Submucosal Dissection Using Sodium Hyaluronate and Needle-Knife Versus Endoscopic Mucosal Resection for Colonic Laterally Spreading Tumors. 2008 ASGE Meeting, DDW 2008, San Diego, CA,USA, May 21, 2008 (Gastrointestinal Endoscopy 67(5):AB282, 2008)

75)Sakaguchi,M., Nishimura,M., Nonaka,K., Yoshinaga,S., Kitada,H.,Yamamoto,H.,Sugano,K.: Comparison of the Outcome of Endoscopic Submucosal Dissection (ESD)Using Sodium Hyaluronate and Needle-Knife Versus Endoscopic Aspiration Mucosectomy (EAM) for Esophageal Squamous Cell Neoplasm. 2008 ASGE Meeting, DDW 2008, San Diego, CA,USA, May 20, 2008 (Gastrointestinal Endoscopy 67(5):AB245, 2008)

76)Sugano,K.: Helicobacter pylori and Gastric Cancer: An Approach for Effective Prevention. 25th National Gastroenterology Week, Adana, Turkey, November 14, 2008

77)Sunada,K., Yano,T., Iwamoto,M., Miyata,T., Arashiro,M., Ajibe,H., Fukushima,H.,Numao,N., Kitamura,A.,Takezawa,T., Nakaya,T., Kitade,T., Honda,T.,Sakamoto,H.,Tsukui,D., Shigemori,M., Iwashita,Y., Hayashi,Y., Yamamoto,H., Sugano,K.:Successful Endoscopic Balloon Dilation Therapy with Infliximab for Crohn’s Strictures. 2008 ASGE Meeting, DDW 2008, San Diego, CA,USA, May 20, 2008 (Gastrointestinal Endoscopy 67(5):AB274, 2008)

78)Togashi,K., Osawa,H., Koinuma,K., Hayashi,Y., Miyata,T., Sunada,K., Nokubi,M., Horie,H., Yamamoto,H.: FUJINON INTELLIGENT COLOR ENHANCEMENT CAN DIFFERENTIATE SMALL NEOPLASTIC COLON POLYPS FROM NON-NEOPLASTIC ONES. 16th United European Gastroenterology Week (UEGW 2008), Vienna, Austria,October 20, 2008 (Endoscopy 40(Suppl.1): A12, 2008)

79)Yano,T.,Sunada,K.,Yoshizawa,M.,Shigemori,M.,Sakamoto,H.,Nakaya,T.,Fukushima,H., Tsukui,D., Honda,T., Kitade,T.,Iwashita,Y.,Takezawa,T., Numao,N., Kitamura,A.,Tanaka,H.,Kobayashi,E., Yamamoto,H., Sugano,K.: A New Technique for Direct Percutaneous Endoscopic Jejunostomy Using Double Balloon Endoscopy and Magnetic Anchors in a Porcine Model. 2008 ASGE Meeting, DDW 2008, San Diego, CA,USA, May 20, 2008 (Gastrointestinal Endoscopy 67(5):AB260, 2008)







▲Page Top



著書・総説


1)阿部太郎:大腸憩室、大腸ポリープ、ポリポーシス、大腸がん、直腸脱、痔核、裂肛、肛門周囲膿瘍。臨床病態学2巻(総編集:北村聖)ヌーヴェルヒロカワ、2008年1月1日(2刷発行)、P.61-69

2)新城雅行、林芳和、砂田圭二郎、山本博徳:小腸良性腫瘍。日本医事新報No.4393(2008年7月5日発行)、P. 49-52

3)藤枝真司:潰瘍性大腸炎、クローン病、腸管型ベーチェット病、腸結核。臨床病態学2巻(総編集:北村聖)ヌーヴェルヒロカワ、2008年1月1日(2刷発行)、P.49-55

4)福島寛美、中澤克行、山本博徳:術後再建腸管。日本医事新報No.4406(2008年10月4日発行)、P. 49-52

5)林芳和、山本博徳:ダブルバルーン内視鏡によるNSAIDs起因性小腸病変の診断と治療。消化器内視鏡20(2): 211-216, 2008

6)林芳和、山本博徳:小腸・大腸疾患。2008治療薬・治療指針ポケットマニュアル(監修:梶井英治)羊土社、2008年2月10日(第1刷発行)、P. 298-311

7)本田徹郎、冨樫一智、宮田知彦、山本博徳:FICEとクリスタルバイオレット染色により拡大観察されたSM癌の1例。早期大腸癌12(4): 414-415, 2008

8)細谷好則、瑞木亨、俵藤正信、山本博徳、冨樫一智、遠藤和洋、堀江久永、仁平芳人、佐田尚宏、永井秀雄、安田是和:消化器癌早期発見の最新の工夫と治療戦略。栃木県医学会々誌38号(2008年10月発行)P. 93-98

9)石野祐三子、菅野健太郎:鎮痙薬・制吐薬。治療薬Up-To-Date(監修:矢崎義雄)メディカルレビュー、2008年1月10日(第1版第1刷発行)、P.337-343

10)北出卓、砂田圭二郎、山本博徳:クローン病。日本医事新報No.4397(2008年8月2日発行)、P. 49-52

11)女屋純一、吉岡敬二、随念亮至、星野二郎、南澤由佳、高橋響、山本博徳:内視鏡的粘膜下層剥離術に用いる粘膜下注入材としてのヒアルロン酸ナトリウムの有用性の基礎的検討。消化器内視鏡20(2): 242-248, 2008

12)南信弘、山本博徳:小腸・大腸疾患。わかりやすい内科学(第3版)(編集主幹:井村裕夫)文光堂、2008年1月25日(第3版第1刷発行)、P.572-575

13)宮田知彦、山本博徳、砂田圭二郎:ダブルバルーン内視鏡を用いた大腸ESDと先端フードの選択。消化器の臨床11(3): 289-293, 2008

14)宮田知彦、山本博徳、砂田圭二郎、新城雅行:ESDにより一括完全切除したEPMR後遺残再発病変の2例。治療学42(9): 1050-1054, 2008

15)中野秀聡:病状と病態生理。臨床病態学2巻(総編集:北村聖)ヌーヴェルヒロカワ、2008年1月1日(2刷発行)、P.9-21

16)中野秀聡、山本博徳、吉澤充代、砂田圭二郎、大澤博之、佐藤貴一、菅野健太郎:早期胃癌の遺残再発例に対するESD前後の我々の工夫。消化器の臨床11(2): 205-208, 2008

17)仲谷朋久、岩本美智子、砂田圭二郎、山本博徳:小腸GIST. Frontiers in Gastroenterology 13(2): 156-159, 2008

18)仲谷朋久、岩本美智子、砂田圭二郎、山本博徳:小腸悪性腫瘍。日本医事新報No.4389(2008年6月7日発行)、P. 49-52

19)中澤克行:診断と検査。臨床病態学2巻(総編集:北村聖)ヌーヴェルヒロカワ、2008年1月1日(2刷発行)、P.22-28

20)中澤三郎、浅香正博、伊藤俊之、井口秀人、井本一郎、上村直実、加藤元嗣、佐藤貴一、島田忠人、菅野健太郎、高木敦司、高橋信一、田嶋章弘、千葉勉、中村孝司、羽生泰樹、春間賢、平石秀幸、藤岡利生、水野元夫、溝上裕士、村上和成、森實敏夫、山形道子、山口直比古、芳野純治、若林貴夫:EBMに基づく胃潰瘍診療ガイドラインQ&A(編集:胃潰瘍ガイドラインの適用と評価に関する研究班)じほう、2008年5月15日初版発行

21)中澤三郎、菅野健太郎、芳野純治、新井晋、石野祐三子、一瀬雅夫、伊東進、岩崎有良、鵜飼宏司、加藤公敏、木下芳一、後藤祐大、杉山和久、杉山敏郎、高橋信一、林繁和、春間賢、藤岡利生、藤本一眞、水野滋章、峯徹哉、宮島一、吉田行雄:除菌治療後のH2受容体拮抗薬(シメチジン)による潰瘍および逆流性食道炎の発生抑制効果の検討。消化器医学6: 98-104, 2008

22)小俣俊明:ダンピング症候群、感染性腸炎(腸管感染症)、虚血性腸炎。臨床病態学2巻(総編集:北村聖)ヌーヴェルヒロカワ、2008年1月1日(2刷発行)、P.46-49

23)太田英孝:薬剤性腸炎、過敏性腸症候群、カルチノイド、急性腹症、虫垂炎。臨床病態学2巻(総編集:北村聖)ヌーヴェルヒロカワ、2008年1月1日(2刷発行)、P.55-61

24)大竹俊哉:構造と機能。臨床病態学2巻(総編集:北村聖)ヌーヴェルヒロカワ、2008年1月1日(2刷発行)、P.2-9

25)坂本博次、武藤弘行、菅野健太郎:腸上皮化生にみられる遺伝子異常と胃癌発生。日本臨床66(増刊5): 95-99, 2008

26)坂本博次、砂田圭二郎、矢野智則、新城雅行、林芳和、宮田知彦、山本博徳:緊急診療における小腸内視鏡の役割。消化器内視鏡20(6):960-965, 2008

27)佐藤博之、喜多宏人、山本博徳:アンギオディスプラジア。講義録 消化器病学(編集:上西紀夫、菅野健太郎、田中雅夫、滝川一)メジカルレビュー社、2008年9月10日発行、P.408-411

28)茂森昌人、矢野智則、山本博徳:小腸血管性病変。日本医事新報No.4402(2008年9月6日発行)、P. 49-52

29)新畑博英:食道静脈瘤、胃炎、胃潰瘍・十二指腸潰瘍。臨床病態学2巻(総編集:北村聖)ヌーヴェルヒロカワ、2008年1月1日(2刷発行)、P.33-38

30)篠崎聡:ヘリコバクター・ピロリと胃・十二指腸疾患、胃がん、メッケル憩室、腸閉塞(イレウス)。臨床病態学2巻(総編集:北村聖)ヌーヴェルヒロカワ、2008年1月1日(2刷発行)、P.38-46

31)篠崎聡、砂田圭二郎、山本博徳:小腸悪性リンパ腫。Frontiers in Gastroenterology 13(4): 314-317, 2008

32)菅野健太郎:アスピリンと消化管出血。CLINICIAN’08(567): 42-47, 2008

33)菅野健太郎:話題のキーワード解説?MAGIC?。International Review of Thrombosis 3(2): 60-61, 2008

34)菅野健太郎:低用量アスピリンによる消化管傷害の予防について。Frontiers in Gastroenterology 13(2): 141-143, 2008

35)菅野健太郎:消化性潰瘍治療薬。治療薬ハンドブック2008(編集:堀正二、菅野健太郎、門脇孝、乾賢一、林昌洋)じほう、2008年1月25日発行、P. 441-467

36)菅野健太郎:食習慣と消化管疾患。日医雑誌136(12): 2388-2392, 2008

37)菅野健太郎:原因不明の消化管出血に関する米国消化器病学会声明。(Raju,G.S., Gerson,L., Das,A., and Lewis,B. : American Gastroenterological Association (AGA) Institute Medical Position Statement on Obscure Gastrointestinal Bleeding. )Review of Gastroenterology & Clinical Gastroenterology and Hepatology 3(1): 3-4, 2008

38)菅野健太郎:原因不明の消化管出血に関する米国消化器病学会の医療技術評価報告。(Raju,G.S., Gerson,L., Das,A. and Lewis,B. : American Gastroenterological Association (AGA) Institute Technical Review on Obscure Gastrointestinal Bleeding. )Review of Gastroenterology & Clinical Gastroenterology and Hepatology 3(1): 5-19, 2008

39)菅野健太郎(座長)、春間賢(演者):NSAIDsによる消化管傷害;現治療を見直す(第94回日本消化器病学会総会ランチョンセミナー)。Pharma Medica 26(9): 109-114, 2008

40)砂田圭二郎、宮田知彦、新城雅行、矢野智則、岩本美智子、阿治部弘成、福島寛美、仲谷朋久、北出卓、本田徹郎、坂本博次、津久井大介、茂森昌人、岩下裕一、林芳和、山本博徳:大腸ESDの今後の展望。消化器内視鏡20(3):367-372, 2008

41)砂田圭二郎、宮田知彦、矢野智則、山本博徳:ダブルバルーン大腸内視鏡。胃と腸43(6):982-984, 2008

42)砂田圭二郎、沼尾規且、北村絢、竹澤敬人、佐藤光亮、永山学、豊田亮、井野裕治、西村直之、福島寛美、林芳和、新城雅行、矢野智則、宮田知彦、山本博徳:ダブルバルーン内視鏡。成人病と生活習慣病38(9): 1056-1064, 2008

43)砂田圭二郎、矢野智則、新城雅行、宮田知彦、山本博徳:内視鏡治療。日本臨床66(7): 1268-1276, 2008

44)砂田圭二郎、矢野智則、宮田知彦、岩本美智子、新城雅行、阿治部弘成、福島寛美、仲谷朋久、北出卓、本田徹郎、津久井大介、坂本博次、茂森昌人、岩下裕一、林芳和、山本博徳、菅野健太郎:ダブルバルーン内視鏡検査。胃と腸43(4): 435-442, 2008

45)玉田喜一、和田伸一、大橋明、畑中恒、中澤克行、菅野健太郎:画像診断の基本と実際 EUS/IDUS. 消化器の臨床11(6): 662-665, 2008

46)玉田喜一、和田伸一、大橋明、畑中恒、中澤克行、冨山剛、田野茂夫、沼尾規且、西村直之、菅野健太郎:当施設におけるERCPの教育システムー動物モデルを用いたトレーニングを含めてー。消化器内視鏡20(12): 1760-1765, 2008

47)冨樫一智、志村国彦、濱田徹、大澤博之、山本博徳:NBI / FICE拡大観察によるpit pattern診断。早期大腸癌12(4): 395-399, 2008

48)冨樫一智,山本博徳:大腸Iic−未来に向けて III 大腸癌のメインルートはなにか 表面型由来癌の頻度.早期大腸癌12(6):604,2008.

49)冨樫一智、山本博徳、大澤博之、林芳和、宮田知彦、砂田圭二郎、北條宣幸、志村国彦、鯉沼広治、宮倉安幸、堀江久永、安田是和、菅野健太郎:大腸の新しい内視鏡診断。胃と腸43(6):901-909, 2008

50)刀根幸夫:食道アカラシア、食道裂孔ヘルニア、食道炎、食道潰瘍、食道がん。臨床病態学2巻(総編集:北村聖)ヌーヴェルヒロカワ、2008年1月1日(2刷発行)、P.29-33

51)津久井大介、菅野健太郎:消化性潰瘍。からだの科学(編集:永本潤)日本評論社、2008年2月1日発行,P164-167

52)和田伸一、佐藤貴一:抗血栓療法と内視鏡下観血的処置(消化器内科の立場より)。血栓止血誌19(6): 739-741, 2008

53)山本博徳:整腸薬・止瀉薬。治療薬Up-To-Date(監修:矢崎義雄)メディカルレビュー、2008年1月10日(第1版第1刷発行)、P.323-330

54)山本博徳:下剤・浣腸薬。治療薬Up-To-Date(監修:矢崎義雄)メディカルレビュー、2008年1月10日(第1版第1刷発行)、P.331-336

55)山本博徳:薬の知識?内視鏡用ヒアルロン酸ナトリウム(ムコアップ)。臨床消化器内科23(6): 767-770, 2008

56)矢野智則:小腸出血。治療学42(9): 965-968, 2008

57)矢野智則、砂田圭二郎、山本博徳:ダブルバルーン内視鏡。消化器内視鏡の最前線?カラーアトラスでみる達人の技?(監修:丹羽寛文)日本メディカルセンター、2008年10月1日(第1版第1刷発行)、P. 64-67

58)矢野智則、山本博徳:小腸内視鏡の適応?従来のモダリティとの比較も含めてー。消化器内視鏡20(10): 1505-1510, 2008

59)矢野智則、山本博徳:血管性病変。日本臨床66(7):1335-1341, 2008

60)矢野智則、山本博徳:小腸血管性病変。Frontiers in Gastroenterology 13(1): 46-49, 2008

61)矢野智則、山本博徳、砂田圭二郎、岩本美智子、林芳和、新城雅行、宮田知彦、阿治部弘成、菅野健太郎:小腸の血管性病変。胃と腸43(4): 657-661, 2008

62)吉澤充代:針状メス、STフードを使用したESD困難例の治療戦略。消化器内視鏡20(9): 1428-1431, 2008

63)吉澤充代:食道・胃・十二指腸疾患。2008治療薬・治療指針ポケットマニュアル(監修:梶井英治)羊土社、2008年2月10日(第1刷発行)、P. 290-292

64)吉澤充代:食道癌。疾患と治療薬 改定第6版、南江堂

65)吉澤充代、大澤博之、山本博徳:FICEによる早期食道癌の存在・質的診断法。胃と腸43(10): 1462-1470, 2008

66)吉澤充代、佐藤貴一、中野秀聡、武藤弘行、大澤博之、菅野健太郎:ヘリコバクター・ピロリ陽性で十二指腸潰瘍を合併した食道胃接合部癌に対しESDを施行した1例。消化器医学6: 51-55, 2008




▲Page Top



その他


1)畑中恒、菅野健太郎、間野博行:cDNA発現ライブラリースクリーニングによる新規癌遺伝子FFAR2(free fatty acid receptor 2)の同定と消化管癌への関与。第15回消化管分子機構研究会、東京、2008年8月2日

2)林芳和:ピロリ菌感染に伴う胃細菌叢。平成20年度 自治医科大学大学院医学研究科奨励賞受賞

3)林芳和、太田英孝、菅野健太郎、林俊治、平井義一:Helicobacter pylori感染によって形成される胃細菌叢。自治医大フォーラム、自治医科大学、2008年8月30日

4)東澤俊彦:自治医大 IFN治療成績。第2回自治医大 C型肝炎地域連携の会、自治医科大学、2008年3月26日

5)井戸健一、倉井清彦、木平健:(対談)地域連携の進めかた。第3回栃木県肝炎地域連携の会、自治医科大学、2008年7月2日

6)礒田憲夫:肝細胞癌に対する腹腔鏡的局所治療の現状と未来。第13回和歌山内視鏡治療研究会、和歌山県立医科大学(和歌山)、2008年3月1日

7)礒田憲夫:C型慢性肝炎のインターフェロン治療成績。栃木県肝がん撲滅講演会、宇都宮、2008年3月15日

8)礒田憲夫:C型慢性肝炎IFN治療公費助成について。第2回自治医大 C型肝炎地域連携の会、自治医科大学、2008年3月26日

9)礒田憲夫:C型慢性肝炎の治療について。市民公開講座「C型肝炎?その最新治療を学ぶ」、宇都宮、2008年6月15日

10)礒田憲夫:B型慢性肝炎治療のガイドラインと地域連携。第3回栃木県 肝炎地域連携の会、自治医科大学、2008年7月2日

11)礒田憲夫、東澤俊彦、大竹俊哉、津久井舞未子、西村直之、佐藤慎、藤枝毅、長嶺伸彦、井戸健一、菅野健太郎:全麻下腹腔鏡的局所治療を中心とした肝細胞癌の治療の現状。第19回腹腔鏡的治療研究会、東邦大学附属大森病院(東京)、2008年11月22日

12)礒田憲夫、東澤俊彦、大竹俊哉、津久井舞未子、佐藤慎、長嶺伸彦、菅野健太郎:肝疾患における地域連携?ウイルス性慢性肝疾患の地域連携パスを中心としてー。第24回栃木県肝疾患談話会、宇都宮、2008年11月29日

13)宮田知彦:(討論)IBS診断のコツ(検査・除外診断)。IBS TOP Meeting in Tochigi(第三報)、宇都宮、2008年9月26日

14)西村直之、大竹俊哉、津久井舞未子、東澤俊彦、礒田憲夫、菅野健太郎、岡本宏明、弘中貢:結婚30年目に夫婦間感染で発症したC型急性肝炎と考えられた一例。第23回栃木県肝疾患談話会、宇都宮、2008年7月19日

15)西村直之、大竹俊哉、津久井舞未子、東澤俊彦、長嶺伸彦、礒田憲夫、菅野健太郎:原因不明の若年男性の肝機能障害の一例。第34回肝疾患の集い、東京、 2008年10月2日

16)西村直之、矢野智則、阿治部弘成、新城雅行、宮田知彦、砂田圭二郎、山本博徳:反復する癒着性イレウスに対する腹部CT,ダブルバルーン内視鏡と腹腔鏡下癒着剥離術の有効性の検討。第48回栃木県消化器内視鏡研究会、宇都宮、2008年11月8日

17)大木了、小嶋和夫、小倉利恵子、菅谷洋子、礒田憲夫:健常成人に発症したサイトメガロウイルスによる急性肝炎の一例。?前回報告のまとめー。第23回栃木県肝疾患談話会、宇都宮、2008年7月19日

18)大澤博之:(講演)分光内視鏡画像処理FICEの有用性。「分光内視鏡画像処理の有用性」学術講演会、さいたま市、2008年2月2日

19)大澤博之:低用量アスピリン療法の功罪。AstraZeneca PrimaryCare Symposium水戸、水戸、2008年2月27日

20)大澤博之:見逃せない!お腹の症状!薬剤起因?Hp?胃酸? 藤岡多野学術講演会、群馬、2008年4月30日

21)大澤博之:(ランチョンセミナー)「経鼻内視鏡の挑戦」?より診やすく、より正確に?。第75回日本消化器内視鏡学会、横浜、2008年5月25日

22)大澤博之:(講演)画像処理機能「FICE」の臨床的有用性と将来展望。第2回北陸経鼻的胃内視鏡セミナー、金沢、2008年5月31日

23)大澤博之:薬剤起因性消化管傷害への新たな治療戦略。AstraZeneca PrimaryCare Symposium栃木、宇都宮、2008年6月12日

24)大澤博之:薬剤起因性消化管傷害への新たな治療戦略?見逃せないお腹の症状?。AstraZeneca PrimaryCare Symposium小山、小山、2008年6月27日

25)大澤博之:FICEによる上部消化管疾患の新しい内視鏡診断。筑波メディカルセンター講演会、つくば市、2008年7月24日

26)大澤博之:上腹部不定愁訴に対する新たな治療戦略。ACID Meeting 2008, 小山、2008年7月25日

27)大澤博之:FICEによる内視鏡診断の有用性。エーザイMR研修会、宇都宮、2008年8月5日

28)大澤博之:FICEによる分光画像内視鏡診断。地域医療と消化器研究会、品川、2008年10月3日

29)大澤博之:特殊光を用いた内視鏡検査。第34回日本消化器内視鏡学会埼玉部会学術講演会、さいたま市、2008年10月11日(日本医師会生涯教育認定講座)

30)大澤博之:FICEによる分光画像内視鏡診断。第9回志太榛原消化管疾患研究会、藤枝市、2008年11月5日

31)大澤博之:(講演)医薬品の適正使用に関わる医学薬学的知識の向上。大塚製薬社内招聘勉強会、宇都宮、2008年11月10日

32)大澤博之:酸分泌はどこまで上腹部症状に関与しているか。BA Symposium 2008 in 小山、小山、2008年11月28日

33)大澤博之:FICEによる分光画像内視鏡診断。Tokyo GI Forum 2008, 東京、2008年12月6日

34)大澤博之:(特別講演)酸分泌が上腹部症状に何処まで関与しているか。宇都宮南地区学術講演会、宇都宮、2008年12月10日

35)太田英孝、林俊治、林芳和、新城雅行、矢野智則、宮田知彦、砂田圭二郎、山本博徳、平井義一、菅野健太郎:(シンポジウム)小腸細菌叢の解析及び、小腸各部位におけるClostridium difficileの検出菌数、検出率、毒素遺伝子保有率の解析。第46回小腸研究会、東京、2008年11月29日

36)佐藤貴一、菅野健太郎:消化性潰瘍。MEDICAMENT NEWS第1946号(2008年6月15日発行)P.15-17

37)菅野健太郎:(序)Helicobacter pylori除菌の適応と時期をめぐる諸問題。Helicobacter Research 12(5): 309-310, 2008

38)菅野健太郎:医療の包括化。消化器now 第40号: 1, 2008

39)菅野健太郎:NSAIDs起因性消化管障害。消化器診療80: 4-5, 2008

40)菅野健太郎:内視鏡所見(瘢痕所見)の解説。D961H NSAID 潰瘍予防 第V相試験 研究会、東京、2008年1月20日

41)菅野健太郎:(講演)NSAIDs起因性消化管傷害。Celecoxib Expert Meeting, 東京、2008年4月26日

42)菅野健太郎:(講演)整形外科医のための上部消化管リスクの予防と治療。栃木県臨床整形外科セミナー、宇都宮、2008年6月19日

43)菅野健太郎:セクション1:MAGIC研究の意義について。MAGIC研究 第2回 中間検討会、東京、2008年7月12日

44)菅野健太郎:(特別講演)NERD(非びらん性胃食道逆流症)FD(機能性ディスペプシア)の考え方。上都賀郡市医師会学術講演会、鹿沼、2008年7月17日(日本医師会生涯教育講座)

45)菅野健太郎:(追加発言)IBS Expert Meeting, 東京、2008年8月3日

46)菅野健太郎:NSAIDと消化管障害。ラジオNIKKEI 医学講座、2008年9月17日放送

47)菅野健太郎:(特別講演)ヘリコバクター・ピロリ感染症と機能性ディスペプシア。城西消化性潰瘍研究会、東京、2008年11月20日

48)菅野健太郎:(オーガナイズドセッション)第28回医療情報学連合大会(第9回日本医療情報学会学術大会)、横浜、2008年11月24日

49)菅野健太郎:(教育講演)低用量アスピリン・非ステロイド消炎薬と消化管障害。日本内科学会関東支部主催 第39回生涯教育講演会、東京、2008年12月13日

50)菅野健太郎(司会)、福土審、小長谷敏浩:5-HT3受容体拮抗薬への期待。消化器診療 81: 1-9, 2008

51)砂田圭二郎:小腸内視鏡の実際?ダブルバルーン内視鏡とカプセル内視鏡?。関東内視鏡技師会 レベルアップ講習会、NTT関東病院(東京)、2008年6月8日

52)砂田圭二郎:ダブルバルーン内視鏡による内視鏡治療。第16回富山内視鏡治療研究会・富山内視鏡フォーラム、富山、2008年9月28日

53)武田葉子、石塚雅子、福田百合子、小宅守、宮田文江、岩崎安子、佐藤寛丈、塚原宗俊、鯉沼広治、東澤俊彦、大橋明:新薬ビジクリア錠を使用した大腸内視鏡検査前処置の検討。第47回栃木県消化器内視鏡研究会、宇都宮、2008年3月22日

54)冨山剛、佐藤慎、寺門道之:(対談)地域連携の進めかた。第2回自治医大 C型肝炎地域連携の会、自治医科大学、2008年3月26日

55)山本博徳:ダブルバルーン内視鏡検査。消化器now 第41号: 12, 2008

56)山本博徳:<連載>病気を知ろう 第8回「腸の病気の検査と治療」。自治医科大学附属病院だより第8号(2008年8月1日発行)P. 3-8

57)山本博徳:(序説)小腸内視鏡?カプセルとバルーン内視鏡の最新知識。消化器内視鏡20(10): 1495, 2008

58)山本博徳:(序説)内視鏡治療の最近の進歩。治療学42(9): 949-951, 2008

59)山本博徳:小腸内視鏡検査。第19回日本消化器内視鏡学会関東セミナー、東京、2008年1月20日

60)山本博徳:(特別講演)ダブルバルーン内視鏡による新たな内視鏡の世界?小腸から大腸までー。芳賀郡市医師会学術講演会、真岡、2008年1月24日

61)山本博徳:(講演)ダブルバルーン内視鏡を中心に。第7回大腸画像アカデミー、東京、 2008年1月26日

62)山本博徳:(特別講演)ダブルバルーン内視鏡による大腸内視鏡挿入法。第29回埼玉大腸疾患研究会、さいたま市、2008年2月9日

63)山本博徳:(特別講演)小腸内視鏡治療の最前線。第11回小腸内視鏡研究会、東京、2008年2月23日

64)山本博徳:(特別講演)ダブルバルーン内視鏡による新たな世界?小腸疾患診断と治療内視鏡の新展開?。第2回小腸疾患診断法研究会、岡山、2008年3月14日

65)山本博徳:(ライブデモ)第7回国際消化器内視鏡セミナー、横浜、2008年3月15-16日

66)山本博徳:(ランチョンセミナー)内視鏡診療における工夫と進歩?ダブルバルーン内視鏡とESDを中心に?。第94回日本消化器病学会総会、福岡、2008年5月9日

67)山本博徳:(ポストグラデュエイトコース)内視鏡。第94回日本消化器病学会総会、福岡、2008年5月10日

68)山本博徳:(ランチョンセミナー)繊維化症例へのアプローチ。第75回日本消化器内視鏡学会総会、横浜、2008年5月24日

69)山本博徳:(サテライトセミナー)内視鏡診断の新展開?Mega Pixel Endoscopeと画像処理機能(i ? scan)の融合?。第75回日本消化器内視鏡学会総会、横浜、2008年5月25日

70)山本博徳:(ランチョンセミナー)内視鏡治療の新たな世界。第45回日本小児外科学会学術集会、つくば、2008年5月28日

71)山本博徳:(教育講演)大腸に対するダブルバルーンエンドスコピー。第17回大腸ONCOLOGY研究会、東京、2008年6月27日

72)山本博徳:(Meet the Expert2) 最新の小腸内視鏡学。第100回日本消化器内視鏡学会中国地方会、広島、2008年6月28日

73)山本博徳:(特別講演)ダブルバルーン内視鏡による新たな世界?小腸疾患診断と治療内視鏡の新展開?。第3回苫小牧消化管研究会、苫小牧、2008年7月4日

74)山本博徳:(ランチョンセミナー)ESD vs ラパロ。第69回大腸癌研究会、横浜、2008年7月4日

75)山本博徳:(シンポジウム)これからの消化管学?ダブルバルーン内視鏡?。第15回GI Frontiers Club, 東京、2008年7月5日

76)山本博徳:大腸ESDは標準手技となりうるか??安全で確実なESDのための新たな機器開発と工夫?。TV Takeda Alimentary Conference, 東京、 2008年7月17日

77)山本博徳:(特別講演)小腸内視鏡?ダブルバルーン内視鏡を中心にー。沖縄消化器内視鏡会総会・講演会?45周年記念特別講演会?、那覇、2008年7月19日

78)山本博徳:ダブルバルーン内視鏡及びESD用処置具の開発。第7回自治医科大学シンポジウム、自治医科大学、2008年8月30日

79)山本博徳:(ライブデモ)Endo Skill Up-date 2008, 東京、2008年9月6日

80)山本博徳:(基調講演)小腸疾患の診断治療最前線。第66回日経健康セミナー21、東京、2008年9月24日

81)山本博徳:(特別講演)バルーン内視鏡による大腸内視鏡検査。第17回首都圏大腸内視鏡研究会、東京、2008年9月26日

82)山本博徳:NSAID起因性小腸粘膜障害の現状と治療(予防)戦略。第13回アジア太平洋リウマチ会議、横浜、2008年9月26日

83)山本博徳:(サテライトシンポジウム:特別講演)PillCamカプセルとダブルバルーンの最前線。第76回日本消化器内視鏡学会総会、東京、2008年10月2日

84)山本博徳:(サテライトシンポジウム)早期がんと闘う内視鏡治療?術前診断から治療、そして病理確定診断までー。第76回日本消化器内視鏡学会総会、東京、2008年10月3日

85)山本博徳:(特別講演)大腸におけるESDの役割。ESD研究会、秋田、2008年11月7日

86)山本博徳:(講演)ダブルバルーン法による大腸内視鏡検査の有用性。ダブルバルーン大腸内視鏡検査勉強会、東京、2008年11月8日

87)山本博徳:(特別講演)ダブルバルーン内視鏡による新たな世界。第一回京滋消化管先端医療フォーラム、京都、2008年11月27日

88)山本博徳:(特別講演)安全且つ確実な内視鏡手技をめざして?ダブルバルーンとESDの工夫?。第二回両毛消化器病懇話会、佐野、2008年12月4日

89)山本博徳(司会)、工藤進英、矢作直久、藤田直孝:(座談会)内視鏡治療の進歩と限界。治療学42(9): 1029-1036, 2008

90)山本博徳、三輪洋人、中村哲也:(ディベート)小腸観察のファーストチョイスは、カプセル内視鏡か、ダブルバルーン内視鏡か。THE GI FOREFRONT 4(2): 141-150, 2008

91)矢野智則:(招待講演)小腸の内視鏡治療。第7回国際消化器内視鏡セミナー、横浜、2008年3月16日

92)矢野智則:(招待講演)原因不明の消化管出血に対するダブルバルーン内視鏡。第1回東北小腸内視鏡セミナー、仙台、2008年9月13日

93)吉田徹、吉澤充代、中野秀聡、大澤博之、佐藤貴一、菅野健太郎:FICE(FUJI Intelligent Color Enhancement)により局在診断しえた、Barrett食道腺癌の1例。第47回栃木県消化器内視鏡研究会、宇都宮、2008年3月22日

94)吉澤充代:早期食道癌、胃癌の診断と治療?内科の立場よりー。Cancer Board Conference,自治医科大学、2008年6月4日

95)吉澤充代:ESD困難症例に対するアプローチの工夫。EMRG研究会、東京、2008年7月11日

96)吉澤充代、細谷好則、藤井博文:Cancer Board Conference胃癌治療。Cancer Board Conference,自治医科大学、2008年11月5日

97)吉澤充代、大澤博之、山本博徳、菅野健太郎:新しい分光内視鏡システム;FICEを使用した胃病変に対する内視鏡診断。第3回電子内視鏡画像の形態・色情報の客観的再現性の研究会、横浜、2008年5月26日

98)吉澤充代、大澤博之、山本博徳、菅野健太郎:FICEを使用した胃腫瘍性病変の内視鏡診断。第1回分光画像内視鏡研究会、東京、2008年7月12日

99)Osawa,H.:Ghrelin and Helicobacter pylori infection. The 9th NPY Meeting,Okinawa, Japan, March 17, 2008

100)Osawa,H.: (Live Demo) XXXVI REUNION NACIONAL DE ENDOSCOPIA, Mexico City, Mexico, September 3, 2008

101)Osawa,H.:Endoscopic diagnosis of upper gastrointestinal diseases by FICE system. Fujinon Simposium, IXTAPA, Mexico, September 4, 2008

102)Osawa,H.:Nasogastroscopia experiencia en Japon. Fujinon Simposium, IXTAPA, Mexico, September 4, 2008

103)Osawa,H.: Nasoendoscopia y cromoendoscopia digital. XXXVI REUNION NACIONAL DE ENDOSCOPIA, IXTAPA, Mexico, September 5, 2008

104)Sugano,K.: H.pylori and Clarithromycin resistance in Asia. ASIA PACIFIC CONSENSUS ON HELICOBACTER PYLORI INFECTION, Bangkok, Thailand, June 14, 2008

105)Sugano,K.:(SessionU: Gastric cancer) How to prevent gastric cancer in East and West. Strategies of Cancer Prevention in Gastroenterology, Mainz, Germany, September 17, 2008

106)Yamamoto,H.: Techniques,Live Cases and Evidence Base. Double balloon endoscopy Workshop, Dublin, Ireland, February 12, 2008

107)Yamamoto,H.: Techniques,Live Cases and Evidence Base. Double balloon endoscopy Workshop, London, UK, February 15, 2008

108)Yamamoto,H.: Endoscopic Mucosal and Submucosal Resection. 10th Bill Owen Oesophago-Gastric Symposium, London, UK, March 6, 2008

109)Yamamoto,H.: Can CE and DBE be Complimentary? ICCE(International Conference on Capsule Endoscopy), Jerusalem, Israel, March 9, 2008

110)Yamamoto,H.: Endoscopic Submucosal Dissection for Early GI Tract Cancer. The 5th Conference of Taiwan Small Intestine Study Club (TSISC), Taipei, Taiwan, March 29, 2008

111)Yamamoto,H.: Endoscopic therapy of Crohn’s strictures using double balloon endoscopy. IOIBD(International Organization of Inflammatory Bowel Disease)Annual Meeting 2008, Kyoto, Japan, April 4, 2008

112)Yamamoto,H.:(Clinical Symposium) The Asian Approach. 2008 ASGE Meeting, DDW 2008, San Diego, CA,USA, May 20, 2008

113)Yamamoto,H.: (Live demonstrations) DBE technique and live demonstration, Warsaw, Poland, June 4, 2008

114)Yamamoto,H.:(Live demonstrations)Czech and Slovak Endoscopic Days, Luhacovice, Czech, June 6-7, 2008

115)Yamamoto,H.: (Lecture) Tips and tricks to diagnose superficial neoplasia in the upper tract. 6th International Workshop on Digestive Endoscopy, Belo Horizonte, Brazil, June 12, 2008

116)Yamamoto,H.: (Lecture) Endoscopic treatment of gastric superficial neoplasia: EMR versus ESD. 6th International Workshop on Digestive Endoscopy, Belo Horizonte, Brazil, June 12, 2008

117)Yamamoto,H.: (Lecture) Colo-rectal superficial neoplasia: How to diagnose and treat. 6th International Workshop on Digestive Endoscopy, Belo Horizonte, Brazil, June 12, 2008

118)Yamamoto,H.: (Live Demonstration) 6th International Workshop on Digestive Endoscopy, Belo Horizonte, Brazil, June 12, 2008

119)Yamamoto,H.: (Lecture) Management of EMR / ESD complications. 6th International Workshop on Digestive Endoscopy, Belo Horizonte, Brazil, June 13, 2008

120)Yamamoto,H.: (Lecture)Small bowel ? Capsule and DBE: Can they be complimentary? 6th International Workshop on Digestive Endoscopy, Belo Horizonte, Brazil, June 13, 2008

121)Yamamoto,H.: (Lecture)Update on Therapeutic Enteroscopy. 6th International Workshop on Digestive Endoscopy, Belo Horizonte, Brazil, June 13, 2008

122)Yamamoto,H.: (Live Demonstration) 6th International Workshop on Digestive Endoscopy, Belo Horizonte, Brazil, June 13, 2008

123)Yamamoto,H.: Advanced course:Training on live tissue Surgical Endoscopy. Interventional GI Endoscopy Techniques, Strasbourg, France, July 3-5, 2008

124)Yamamoto,H.: (Endoscopy Demonstration) GIHep Singapore, Singapore, July 11-13, 2008

125)Yamamoto,H.: (Clinical Symposium) Diagnostic and therapeutic impact of double balloon enteroscopy. GIHep Singapore, Singapore, July 11-13, 2008

126)Yamamoto,H.: (session) New endoscopic tools, Non-invasive tools in diagnosis of IBD, Genetic testing: clinical & therapeutic implications. Enterocon 2008, Kolkata, India, August 1-3, 2008

127)Yamamoto,H.: (lecture) Double balloon enteroscopy. Enterocon 2008, Kolkata, India, August 1-3, 2008

128)Yamamoto,H.: (Live demonstration) Enterocon 2008, Kolkata, India, August 1-3, 2008

129)Yamamoto,H.:Double Balloon Enteroscopy. The Winning Concepts of Gastroenterology and Hepatology: The View of International Experts. Shanghai, China, August 5, 2008

130)Yamamoto,H.:(STATE-OF-THE-ART LECTURE) New Applications of Double Balloon Enteroscopy for Digestive Diseases. The Winning Concepts of Gastroenterology and Hepatology: The View of International Experts. Shanghai, China, August 5, 2008

131)Yamamoto,H.: Evolution of Small Bowel Imaging. 3rd INTERNATIONAL CONFERENCE ON DOUBLE BALLOON ENDOSCOPY, Chicago, IL, USA, August 22, 2008

132)Yamamoto,H.:(Live Demonstration) 3rd INTERNATIONAL CONFERENCE ON DOUBLE BALLOON ENDOSCOPY, Chicago, IL, USA, August 23, 2008

133)Yamamoto,H.: EMR and ESD for Upper and Lower GI Lesions. INNOVATIONS IN ENDOSCOPY & MINIMALLY INVASIVE SURGERY , Dallas, TX, USA, September 11, 2008

134)Yamamoto,H.: Balloon Enteroscopy. INNOVATIONS IN ENDOSCOPY & MINIMALLY INVASIVE SURGERY , Dallas, TX, USA, September 11, 2008

135)Yamamoto,H.: (Lecture) Topic- Future of GI endoscopy: Opportunities and challenges. Asia Pacific Digestive Week 2008, New Delhi, India, September 13-16, 2008

136)Yamamoto,H.:(Symposium)Endoscopic imaging (capsule and SBE / DBE): How far have we come? Asia Pacific Digestive Week 2008, New Delhi, India, September 13-16, 2008

137)Yamamoto,H.:(Symposium)Endoscopic mucosal resection for EGC. Asia Pacific Digestive Week 2008, New Delhi, India, September 13-16, 2008

138)Yamamoto,H.: Screening and early detection (chromoendoscopy, OCT, endomicroscopy). GI Endoscopy ? Standards & Innovations, Mainz, Germany, September 18, 2008

139)Yamamoto,H.: Endoscopic submucosal dissection (ESD). GI Endoscopy ? Standards & Innovations, Mainz, Germany, September 18, 2008

140)Yamamoto,H.: ESD ? how deep can we go… 8th International Advanced Endoscopy Workshop, Kuala Lumpur, Malaysia, October 9, 2008

141)Yamamoto,H.: International Working Group Meeting. 16th United European Gastroenterology Week (UEGW VIENNA 2008), Vienna, Austria, October 18-22, 2008

142)Yamamoto,H.: (Live Video Demonstrations) Twentieth-First International Course On Therapeutic Endoscopy, Toronto, Canada, October 22-25, 2008

143)Yamamoto,H.: (Mini-Symposium) Enteroscopy ? Role in the Small Bowel. Twentieth-First International Course On Therapeutic Endoscopy, Toronto, Canada, October 22-25, 2008

144)Yamamoto,H.: (Mini-Symposium) Accessing the Papilla After Gastric Surgery. Twentieth-First International Course On Therapeutic Endoscopy, Toronto, Canada, October 22-25, 2008

145)Yamamoto,H.: Small Intestine and colon. Chile Gastro 2008 (Pan-American Congress of Gastroenterology 2008), Santiago, Chile, November 11, 2008

146)Yamamoto,H.:How to Perform Double Balloon Enteroscopy: Tips and Tricks. Chile Gastro 2008 (Pan-American Congress of Gastroenterology 2008), Santiago, Chile, November 12, 2008

147)Yamamoto,H.:Double Balloon Endoscopy;Beyong Small Intestine. Chile Gastro 2008 (Pan-American Congress of Gastroenterology 2008), Santiago, Chile, November 12, 2008

148)Yamamoto,H.:Conference Double Balloon Enteroscopy. Chile Gastro 2008 (Pan-American Congress of Gastroenterology 2008), Santiago, Chile, November 13, 2008

149)Yamamoto,H.:Conference Enteroscopy and Hemorrhage Therapy. Chile Gastro 2008 (Pan-American Congress of Gastroenterology 2008), Santiago, Chile, November 14, 2008

150)Yamamoto,H.: DBE: Other applications. Chile Gastro 2008 (Pan-American Congress of Gastroenterology 2008), Santiago, Chile, November 10-14, 2008

151)Yamamoto,H.: ESD Today. Chile Gastro 2008 (Pan-American Congress of Gastroenterology 2008), Santiago, Chile, November 10-14, 2008

152)Yamamoto,H.: Double balloon enteroscopy with therapeutic intent. 40th anniversary Live Endoscopy Symposium, Seoul, Korea, December 6-7, 2008

153)Yamamoto,H.:ECCO ? OMED position statement on the role of small bowel endoscopy in the management of IBD. ECCO / OMED Small Bowel Endoscopy Project, Brussels, Belgium, December 12-13, 2008

154)Yamamoto,H., Ge,Z., Kantsevoy,S.V.: (Discussion) The Winning Concepts of Gastroenterology and Hepatology: The View of International Experts. Shanghai, China, August 5, 2008

155)Yano,T.:An Algorithm for Obscure GIB. 3rd INTERNATIONAL CONFERENCE ON DOUBLE BALLOON ENDOSCOPY, Chicago, IL, USA, August 23, 2008

156)Yano,T.,Yamamoto,H.: Balloon enteroscopy and capsule enteroscopy. SGI 2008, Seoul, Korea, October 10, 2008

157)Yano,T., Yamamoto,H.: Double balloon endoscopy for postoperative anastomosis. SGI 2008, Seoul, Korea, October 10, 2008






▲Page Top
 〒329-0498
 栃木県下野市薬師寺3311-1
 TEL 0285-58-7348
 FAX 0285-44-8297

copyright(c) Jichi Medical University Department of Internal Medicine Division of Gastroenterology