自治医科大学-消化器内科学部門/栃木県の大学病院 医師の募集

自治医科大学内科学講座 消化器内科学部門 自治医大TOP | Login
業績
CATEGORIES
HOME
教授挨拶
消化管グループ
肝臓グループ
胆道・膵臓グループ
消化器病研究チーム
スタッフ紹介
業績
地域医療と消化器病研究会
同門会
関連施設一覧
医学生実習のご案内
医局員募集
ギャラリー

> 業績一覧へ

2009年の実績
原著
学会発表
著書・総説
その他

原著


1)佐藤隆(栃木県C型肝炎研究会)、菅谷仁、井戸健一、倉井清彦、渡邉博、中澤克行、片山辰郎、鈴木正徳、石塚彰映、塩崎裕士、岡村幸重、森本直樹、蘇原広光、吉益均、木平健、礒田憲夫、室久俊光:C型慢性肝炎に対するPEG-IFNα-2b/Ribavirin併用療法の治療成績 栃木県内多施設共同研究。栃木県医学会々誌39: 30-31, 2009

2)菅野健太郎:(教育講演)ICD-11への改訂について(内科疾患)。診療情報管理(日本診療情報管理学会誌)21(1): 5-14, 2009

3)菅野健太郎:Helicobacter pylori胃炎に対する保険適用に向けて。日本ヘリコバクター学会誌10(2): 73-77, 2009

4)菅野健太郎:胃潰瘍診療ガイドラインとその検証。日本内科学会雑誌98(3): 15-21, 2009

5)菅野健太郎:NSAIDと消化管障害。日消誌106: 321-326, 2009

6)砂田圭二郎、西村直之、福島寛美、林芳和、新城雅行、矢野智則、宮田知彦、山本博徳、菅野健太郎:Crohn病の管理・治療?内視鏡診断、治療の進歩?。日本内科学会雑誌98(1): 94-103, 2009

7)矢野智則、山本博徳、砂田圭二郎、新城雅行、宮田知彦、菅野健太郎:小腸疾患・内視鏡治療の進歩。日消誌106(1): 19-25, 2009

8)吉澤充代、大澤博之、山本博徳、佐藤貴一、中野秀聡、津久井舞未子、菅野健太郎:早期胃癌診断に対するFICEの有用性。Gastroenterol.Endosc. 51(8): 1748-1752, 2009

9)Bourreille, A., Ignjatovic, A., Aabakken, L., Loftus, EV. Jr, Eliakim, R., Pennazio, M., Bouhnik, Y., Seidman, E., Keuchel, M., Albert, JG., Ardizzone, S., Bar-Meir, S., Bisschops, R., Despott, EJ., Fortun, PF., Heuschkel, R., Kammermeier, J., Leighton, JA., Mantzaris, GJ., Moussata, D., Lo, S., Paulsen, V., Panes, J., Radford-Smith, G., Reinisch, W., Rondonotti, E., Sanders, DS., Swoger, JM., Yamamoto, H., Travis, S., Colombel, JF., Van Gossum, A., The World Organisation of Digestive Endoscopy (OMED) and the European Crohn's and Colitis Organisation (ECCO): Role of small-bowel endoscopy in the management of patients with inflammatory bowel disease: an international OMED-ECCO consensus. Endoscopy 41(7):618-637, 2009

10)Fock, KM., Katelaris, P., Sugano, K., Ang, TL., Hunt, R., Talley, NJ., Lam, SK., Xiao, SD., Tan, HJ., Wu, CY., Jung, HC., Hoang, BH., Kachintorn, U., Goh, KL., Chiba, T., Rani, AA.:Second Asia-Pacific Consensus Guidelines for Helicobacter pylori infection. J Gastroenterol Hepatol.:24(10):1587-1600, 2009

11)Fukushima, H., Yamamoto, H., Nakano, H., Nakazawa, K., Sunada, K., Wada, S., Tamada, K., Sugano, K.:Complete en bloc resection of a large ampullary adenoma with a focal adenocarcinoma by using endoscopic submucosal dissection (with video). Gastrointest Endosc.70(3):592-595, 2009

12)Hayashi, Y., Yamamoto, H., Taguchi, H., Sunada, K., Miyata, T., Yano, T., Arashiro, M., Sugano, K.:Nonsteroidal anti-inflammatory drug-induced small-bowel lesions identified by double-balloon endoscopy: endoscopic features of the lesions and endoscopic treatments for diaphragm disease. J Gastroenterol. 44 (Suppl 19):57-63, 2009

13)Hayashi,Y., Yamamoto,H., Yano,T., Sugano,K.: Diagnosis and management of mid-gastrointestinal bleeding by double-balloon endoscopy. Ther Adv Gastroenterol 2(2): 109-117, 2009

14)Hirasaki, S., Kozu, T., Yamamoto, H., Sano, Y., Yahagi, N., Oyama, T., Shimoda, T., Sugano, K., Tajiri, H., Takekoshi, T., Saito, D.: Usefulness and safety of 0.4% sodium hyaluronate solution as a submucosal fluid “cushion”for endoscopic resection of colorectal mucosal neoplasms: a prospective multi-center open-label trial. BMC Gastroenterol 9: 1-9, 2009

15)Honda,T., Yamamoto,H., Osawa,H., Yoshizawa,M., Nakano,H., Sunada,K., Hanatsuka,K., Sugano,K.: Endoscopic submucosal dissection for superficial duodenal neoplasms. Digestive Endoscopy 21: 270-274, 2009

16)Isoda, N., Eguchi, Y., Nukaya, H., Hosho, K., Suga, Y., Suga, T., Nakazawa, S., Sugano, K.:Clinical efficacy of superfine dispersed lentinan (β-1,3-glucan) in patients with hepatocellular carcinoma. Hepatogastroenterology 56(90):437-441, 2009

17)Kusakabe, A., Tanaka, Y., Mochida, S., Nakayama, N., Inoue, K., Sata, M., Isoda, N., Kang, JH., Sumino, Y., Yatsuhashi, H., Takikawa, Y., Kaneko, S., Yamada, G., Karino, Y., Tanaka, E., Kato, J., Sakaida, I., Izumi, N., Sugauchi, F., Nojiri, S., Joh, T., Miyakawa, Y., Mizokami, M.: Case-control study for the identification of virological factors associated with fulminant hepatitis B. Hepatol Res. 39(7):648-656, 2009

18)Mitsui, K., Tanaka, S., Yamamoto, H., Kobayashi, T., Ehara, A., Yano, T., Goto, H., Nakase, H., Tanaka, S., Matsui, T., Iida, M., Sugano, K., Sakamoto, C.:Role of double-balloon endoscopy in the diagnosis of small-bowel tumors: the first Japanese multicenter study. Gastrointest Endosc.70(3):498-504,2009

19)Mutoh, H., Hayakawa, H., Sakamoto, H., Sashikawa, M., Sugano, K.:Transgenic Cdx2 induces endogenous Cdx1 in intestinal metaplasia of Cdx2-transgenic mouse stomach.FEBS J.276(20):5821-5831,2009

20)Nishimura,N., Tamada,K., Wada,S., Ohashi,A., Hatanaka,H., Nakazawa,K., Numao,N., Kitamura,A., Satoh,K., Yamamoto,H., Sugano,K.: Autoimmune pancreatitis associated with a large pancreatic pseudocyst that disappeared after corticosteroid therapy: a case report and literature review. Clin J Gastroenterol 2: 199-203, 2009

21)Ohashi, A., Tamada, K., Wada, S., Hatanaka, H., Tomiyama, T., Tano, S., Nakazawa, K., Sugano, K.:Risk factors for recurrent bile duct stones after endoscopic papillary balloon dilation: long-term follow-up study. Dig Endosc.21(2):73-77, 2009

22)Osawa, H., Yamamoto, H., Yamada, N., Yoshizawa, M., Sunada, K., Kita, H., Ajibe, H., Satoh, K., Sugano, K.:Diagnosis of endoscopic Barrett's esophagus by transnasal flexible spectral imaging color enhancement. J Gastroenterol. 44: 1125-1132, 2009

23)Sakamoto, H., Mutoh, H., Ido, K., Satoh, S., Kumagai, M., Hayakawa, H., Tamada, K., Sugano, K.:Intestinal metaplasia in gallbladder correlates with high amylase levels in bile in patients with a morphologically normal pancreaticobiliary duct. Hum Pathol.40(12):1762-1767, 2009

24)Sugano,K.: How to prevent gastric cancer in East and West. Strategies of Cancer Prevention in Gastroenterology, (Edited by Lieberman,DA., Malfertheiner,P., Riemann,JF., Spechler,SJ.) Springer, 2009, P.51-62

25)Sunada,K., Yamamoto,H.: Double-balloon endoscopy: past, present, and future. J Gastroenterol. 44: 1-12, 2009

26)Sunada,K., Yamamoto,H.: Technology and indications. Gastrointest Endosc Clin N Am. 19(3): 325-333, 2009

27)Sunada,K., Yamamoto, H., Yano,T., Sugano,K.: Advances in the diagnosis and treatment of small bowel lesions with Crohn’s disease using double-balloon endoscopy. Ther Adv Gastroenterol. 2(6): 357-366, 2009

28)Togashi,K., Osawa,H., Koinuma,K., Hayashi,Y., Miyata,T., Sunada,K., Nokubi,M., Horie,H., Yamamoto,H.: A comparison of conventional endoscopy, chromoendoscopy, and the optimal-band imaging system for the differentiation of neoplastic and non-neoplastic colonic polyps. Gastrointest Endosc. 69(3): 734-741, 2009

29)Wada, T., Yamashita, Y., Saga, Y., Takahashi, K., Koinuma, K., Choi ,YL., Kaneda, R., Fujiwara, S., Soda, M., Watanabe, H., Kurashina, K., Hatanaka, H., Enomoto, M., Takada, S., Mano, H., Suzuki, M.: Screening for genetic abnormalities involved in ovarian carcinogenesis using retroviral expression libraries. Int J Oncol. 35(5):973-976, 2009

30)Yano, T., Yamamoto, H.: Vascular, polypoid, and other lesions of the small bowel. Best Pract Res Clin Gastroenterol. 23(1):61-74, 2009

31)Yano, T., Yamamoto, H.: Current state of double balloon endoscopy: the latest approach to small intestinal diseases. J Gastroenterol Hepatol. 24(2):185-192, 2009

32)Yoshizawa, M., Osawa, H., Yamamoto, H., Kita, H., Nakano, H., Satoh, K., Shigemori, M., Tsukui, M., Sugano, K.: Diagnosis of elevated-type early gastric cancers by the optimal band imaging system. Gastrointest Endosc. 69(1): 19-28, 2009




▲Page Top



学会発表


1)阿治部弘成、吉澤充代、大澤博之、山本博徳、砂田圭二郎、佐藤貴一、菅野健太郎:(ESDフォーラム)早期胃癌のESD前の範囲診断に対するFICE(Flexible spectral imaging color enhancement)の有用性。第5回日本消化管学会総会学術集会、東京、2009年2月12日(抄録集:141, 2009)

2)新城雅行、宮田知彦、西村直之:(ビデオシンポジウム)バルーン内視鏡(BE)は、内視鏡操作性不良例・挿入困難例に対する大腸内視鏡的粘膜剥離術(ESD)において有用である。第77回日本消化器内視鏡学会総会、名古屋、2009年5月21日(Gastroenterol.Endosc.51(Suppl.1): 796, 2009)

3)福島寛美、廣澤拓也、津久井舞未子、大竹俊哉、佐藤慎、東澤俊彦、長嶺伸彦、礒田憲夫、菅野健太郎、岡本宏明:当院で経験したE型肝炎の臨床的、ウイルス学的検討。第13回日本肝臓学会大会、京都、2009年10月14日(肝臓50(Suppl.2):A544, 2009)

4)春田英律、細谷好則、田中亨、菅野健太郎、安田是和:ESD適応拡大の可能性:早期胃癌手術1389例におけるリンパ節転移の臨床病理学的検討より。第81回日本胃癌学会総会、東京、2009年3月6日(第81回日本胃癌学会総会記事:332, 2009)

5)畑中恒、倉科憲太郎、曽田学、山下義博、安田是和、永井秀雄、菅野健太郎、間野博行:レトロウイルスライブラリースクリーニングによるIndian hedgehogの悪性形質転換能の同定と胆道癌への関与。第68回日本癌学会学術総会、横浜、2009年10月2日(日本癌学会総会記事68回:203, 2009)

6)畑中恒、大橋明、玉田喜一:(ワークショップ)生体肝移植後の胆管空腸吻合部狭窄に対するダブルバルーン内視鏡を用いたERC関連手技の有用性。第45回日本胆道学会学術集会、千葉、2009年9月19日(胆道23(3):433, 2009)

7)畑中恒、玉田喜一、細谷好則、佐田尚宏、安田是和、菅野健太郎、間野博行:レトロウイルスライブラリースクリーニングによるIndian hedgehog homologの悪性形質転換能の発見と胆道癌への関与。第95回日本消化器病学会総会、札幌、2009年5月8日(日消誌106(臨増):A246, 2009)

8)畑中恒、矢野智則、中澤克行、福島寛美、井野裕治、佐藤光亮、豊田亮、永山学、大橋明、和田伸一、西村直之、新城雅行、宮田知彦、砂田圭二郎、山本博徳、菅野健太郎:生体肝移植後の胆管空腸吻合部狭窄に対するダブルバルーン内視鏡を用いたERC関連手技の有用性。第78回日本消化器内視鏡学会総会、京都、2009年10月17日(Gastroenterol. Endosc.51(Suppl.2):2278, 2009)

9)林芳和、林俊治、太田英孝、菅野健太郎:Helicobacter pylori感染に随伴して形成される胃細菌叢。第95回日本消化器病学会総会、札幌、2009年5月7日(日消誌106(臨増):A192, 2009)

10)東澤俊彦、礒田憲夫、廣澤拓也、津久井舞未子、福島寛美、菅野健太郎:Lymphoma肝浸潤診断における肝生検標本フローサイトメトリーの有用性。第13回日本肝臓学会大会、京都、2009年10月15日(肝臓50(Suppl.2):A594, 2009)

11)東澤俊彦、礒田憲夫、大竹俊哉:NASH肝癌症例と非発癌症例の背景肝所見・患者背景についての考察。第95回日本消化器病学会総会、札幌、2009年5月9日(日消誌106(臨増):A272, 2009)

12)平澤知介、新城雅行、佐藤貴一:(シンポジウム)低用量アスピリンと併用薬による消化管粘膜障害の現状。第95回日本消化器病学会総会、札幌、2009年5月7日(日消誌106(臨増):A22, 2009)

13)平澤知介、佐藤貴一、菅野健太郎:低用量アスピリンと併用薬による高齢者消化管出血。第12回日本高齢消化器病学会、東京、2009年7月11日(日本高齢消化器病学会誌12(1): 37, 2009)

14)廣澤拓也、東澤俊彦、福島寛美、津久井舞未子、礒田憲夫、菅野健太郎:肝硬変患者における飲酒の影響に関する検討。第13回日本肝臓学会大会、京都、2009年10月14日(肝臓50(Suppl.2):A547, 2009)

15)井野裕治、矢野智則、永山学、東澤俊彦、阿治部弘成、林芳和、新城雅行、砂田圭二郎、宮田知彦、山本博徳、菅野健太郎:ダブルバルーン内視鏡下にN-butyl-2-cyanoacrylate(Histoacryl)を用いた硬化療法で消失した小腸静脈瘤の1例。第77回日本消化器内視鏡学会総会、名古屋、2009年5月22日(Gastroenterol.Endosc.51(Suppl.1): 879, 2009)

16)井上賢之,冨樫一智,鯉沼広治,宮田知彦,熊野秀俊,宮倉安幸,堀江久永,山本博徳,安田是和:大腸sm癌に対する内視鏡治療後再発の危険因子,経過観察に基づいた検討.第95回日本消化器病学会総会,札幌市,2009年5月8日.(日本消化器病学会雑誌106(suppl):A268,2009.)

17)井上賢之,冨樫一智,鯉沼広治,宮田知彦,熊野秀俊,宮倉安幸,堀江久永,山本博徳,安田是和:大腸sm癌に対する内視鏡治療後再発の危険因子,経過観察に基づいた検討.第64回日本消化器外科学会総会,大阪市,2009年7月16日.(日本消化器外科学会雑誌42(7):1166,2009.)

18)北村絢、畑中恒、矢野智則、岡野義英、大橋明、和田伸一、玉田喜一、阿部望、佐久間康成、安田是和、菅野健太郎:閉塞性黄疸で発症した結核性リンパ節炎の一例。第51回日本消化器病学会大会、京都、2009年10月16日(日消誌106(臨増):A917, 2009)

19)北村絢、矢野智則、村山瑛、太田英孝、林芳和、新城雅行、宮田知彦、砂田圭二郎、礒田憲夫、山本博徳、菅野健太郎:短腸症候群に対する長期中心静脈栄養下で、銅欠乏による汎血球減少が認められ、ココア内服療法により改善を得られた1例。第95回日本消化器病学会総会、札幌、2009年5月8日 (日消誌106(臨増):A401, 2009)

20)松本健司、三澤知子、畑中恒、廣澤拓也、福島寛美、東澤俊彦、礒田憲夫、菅野健太郎:ダイエット食品が原因と考えられた急性肝炎の1例。第305回日本消化器病学会関東支部例会、宇都宮、2009年7月11日

21)三澤知子、畑中恒、牛尾純、大橋明、和田伸一、玉田喜一、菅野健太郎、清水敦、俵藤正信、安田是和、山口岳彦:DIC-CTが術前診断に有用であった無黄疸低分化型胆管癌の1例。第307回日本消化器病学会関東支部例会、東京、2009年12月5日

22)宮田知彦、砂田圭二郎、新城雅行:(パネルディスカッション)大腸ESDにおける穿孔例の特徴と対策。第78回日本消化器内視鏡学会総会、京都、2009年10月16日(Gastroenterol. Endosc.51(Suppl.2):2085, 2009)

23)宮田知彦、砂田圭二郎、福島寛美:(パネルディスカッション)ヒアルロン酸ナトリウムとSTフードを用いた大腸ESDは、病変長径20-40mmのLST-Gにおいても有用な治療選択肢である。第77回日本消化器内視鏡学会総会、名古屋、2009年5月22日(Gastroenterol.Endosc.51(Suppl.1): 711, 2009)

24)武藤弘行:(パネルディスカッション)転写因子Cdx2によるSonic hedgehog(Shh)の発現低下と胃粘膜分化抑制。第95回日本消化器病学会総会、札幌、2009年5月7日(日消誌106(臨増):A69, 2009)

25)永山学、礒田憲夫、佐藤光亮、井野裕治、豊田亮、西村直之、吉澤充代、大竹俊哉、東澤俊彦、菅野健太郎、鯉沼広治、安田是和、原嶋宏樹、弘中貢、田中亨、川田浩:MUC1とMUC5ACが陽性を示し卵巣間質を有しないBiliary cystadenocarcinoma(BCAC)の1例。第303回日本消化器病学会関東支部例会、東京、2009年2月21日

26)永山学、佐藤貴一、廣澤拓也、佐藤光亮、豊田亮、井野裕治、福島寛美、阿治部弘成、吉澤充代、砂田圭二郎、大澤博之、平澤知介、山本博徳、菅野健太郎仁木利郎、弘中貢:アミロイドーシスに合併した早期胃癌に対し内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を成し得た1例。第78回日本消化器内視鏡学会総会、京都、2009年10月16日(Gastroenterol. Endosc.51(Suppl.2):2192, 2009)

27)永山学、矢野智則、佐藤光亮、井野裕治、豊田亮、西村直之、北村絢、當摩祥子、福島寛美、竹澤敬人、阿治部弘成、新城雅行、宮田知彦、砂田圭二郎、山本博徳、菅野健太郎:胃癌術後のフルルビプロフェン短期経静脈的投与後に出血性小腸潰瘍を呈した1例。第77回日本消化器内視鏡学会総会、名古屋、2009年5月21日(Gastroenterol.Endosc.51(Suppl.1): 917, 2009)

28)西村直之、新城雅行、矢野智則:(ワークショップ)電子カルテ上でのカプセル内視鏡検査依頼・結果閲覧システムの構築。第77回日本消化器内視鏡学会総会、名古屋、2009年5月22日(Gastroenterol.Endosc.51(Suppl.1): 776, 2009)

29)西村直之、玉田喜一、和田伸一、大橋明、畑中恒、牛尾純、菅野健太郎:ステロイド投与で膵仮性嚢胞が消失した自己免疫性膵炎の1例。第305回日本消化器病学会関東支部例会、宇都宮、2009年7月11日

30)西村直之、山本博徳、新畑博英、三浦義正、佐藤博之、矢野智則、宮田知彦、砂田圭二郎:小腸腫瘍の診断と鑑別。第10回臨床消化器病学会、東京、2009年7月25日

31)西村直之、矢野智則、新城雅行:(合同パネルディスカッション)小腸の虚血性狭窄病変に対する内視鏡的バルーン拡張術を用いた新たな治療法の試み。第51回日本消化器病学会大会、DDW 2009, 京都、2009年10月16日(日消誌106(臨増):A662, 2009)

32)西村直之、矢野智則、中澤克行、畑中恒、林芳和、新城雅行、宮田知彦、砂田圭二郎、山本博徳、菅野健太郎:(プレナリーセッション)若年者(18歳未満)におけるダブルバルーン内視鏡の有効性と安全性。第77回日本消化器内視鏡学会総会、名古屋、2009年5月23日(Gastroenterol.Endosc.51(Suppl.1): 816, 2009)

33)岡田昌浩、礒田憲夫、大竹俊哉、廣澤拓也、津久井舞未子、福島寛美、北村絢、佐藤慎、東澤俊彦、長嶺伸彦、菅野健太郎:高齢で診断され、良好な経過が得られた男性・原発性胆汁性肝硬変の一例。第12回日本高齢消化器病学会、東京、2009年7月11日(日本高齢消化器病学会誌12(1): 86, 2009)

34)大澤博之、吉澤充代、山本博徳:細径FICE内視鏡検査による早期胃癌診断の有用性。第78回日本消化器内視鏡学会総会、京都、2009年10月17日(Gastroenterol. Endosc.51(Suppl.2):2098, 2009)

35)太田英孝、林俊治、林芳和、新城雅行、矢野智則、宮田知彦、砂田圭二郎、山本博徳、平井義一、菅野健太郎:(シンポジウム)ダブルバルーン内視鏡を用いた小腸細菌フローラの解析。第5回日本消化管学会総会学術集会、東京、2009年2月12日(抄録集: 109, 2009)

36)佐藤博之、内藤一郎、百田龍輔、小林直哉、大塚愛二:潰瘍性大腸炎における大腸粘膜下基底膜のIV型コラーゲンα鎖の解析。第51回日本消化器病学会大会、京都、2009年10月15日(日消誌106(臨増):A827,2009)

37)佐藤博之、内藤一郎、小林直哉、大塚愛二:大腸粘膜下基底膜のIV型コラーゲンα鎖の解析を行い得た潰瘍性大腸炎の1例。第95回日本消化器病学会総会、札幌、2009年5月9日(日消誌106(臨増):A483, 2009)

38)佐藤博之、砂田圭二郎、矢野智則、宮田知彦、林芳和、西村直之、三浦義正、新畑博英、竹澤敬人、浅川岳士、杉田浩、三澤知子、野口地塩、山本博徳、菅野健太郎:小腸出血例に対する緊急内視鏡のストラテジーと手技の工夫。第89回日本消化器内視鏡学会関東地方会、東京、2009年12月11日

39)佐藤光亮、矢野智則、畑中恒、阿治部弘成、福島寛美、林芳和、新城雅行、中澤克行、砂田圭二郎、宮田知彦、山本博徳、菅野健太郎:250cm長砕石具を使用しダブルバルーン内視鏡を用いたERC下砕石術で治療した生体肝移植後胆管結石の1症例。第77回日本消化器内視鏡学会総会、名古屋、2009年5月22日(Gastroenterol.Endosc.51(Suppl.1): 952, 2009)

40)佐藤慎、東澤俊彦、礒田憲夫:全麻下腹腔鏡的ラジオ波焼灼療法は腫瘍径3cm超の肝細胞癌にも有用である。第95回日本消化器病学会総会、札幌、2009年5月8日(日消誌106(臨増):A225, 2009)

41)佐藤慎、東澤俊彦、礒田憲夫、大竹俊哉、津久井舞未子、藤枝毅、長嶺伸彦、
菅野健太郎:全麻下腹腔鏡的ラジオ波焼灼療法は腫瘍径3cm超の肝細胞癌にも有用である。第45回日本肝臓学会総会、神戸、2009年6月4日(肝臓50(Suppl.1):A290, 2009)

42)佐藤隆、菅谷仁、井戸健一、倉井清彦、渡邉博、中澤克行、片山辰郎、鈴木政徳、石塚彰映、塩崎裕士、岡村幸重、森本直樹、蘇原広光、吉益均、木平健、礒田憲夫、室久俊光:C型慢性肝炎に対するPEG-IFNα-2b/Ribavirin併用療法の治療成績?栃木県内多施設共同研究?。第95回日本消化器病学会総会、札幌、2009年5月8日 (日消誌106(臨増):A214, 2009)

43)島田茉莉、廣澤拓也、佐藤博之、東澤俊彦、大竹俊哉、福島寛美、津久井舞未子、佐藤慎、藤枝毅、長嶺伸彦、礒田憲夫、菅野健太郎、弘中貢:肝類上皮血管内皮腫の1例。第306回日本消化器病学会関東支部例会、東京、2009年9月12日

44)新畑博英、有留邦明:局注を併用した溶解・破砕療法が効果的であった胃潰瘍合併胃石症例。第95回日本消化器病学会総会、札幌、2009年5月7日(日消誌106(臨増):A339, 2009)

45)新畑博英、矢野智則、三浦義正、西村直之、佐藤博之、宮田知彦、砂田圭二郎、山本博徳:(シンポジウム)Peutz-Jeghers症候群に対する内視鏡治療戦略。第27回日本大腸検査学会総会、東京、2009年11月29日(抄録集:48, 2009)

46)篠崎聡、山本博徳、矢野智則、砂田圭二郎、林芳和、宮田知彦、新城雅行、菅野健太郎:(シンポジウム)通常上下部内視鏡で出血源が同定できない消化管出血症例200例に対するダブルバルーン内視鏡の有用性の検討。第88回日本消化器内視鏡学会関東地方会、東京、2009年6月12日(Prog. Dig. Endosc. 75(1): 59, 2009)

47)砂田圭二郎、冨樫一智、志村国彦、宮田知彦、矢野智則、林芳和、山本博徳:(シンポジウム)大腸ポリープの存在診断におけるFICE観察と通常観察の比較。第88回日本消化器内視鏡学会関東地方会、東京、2009年6月12日(Prog.Dig. Endosc. 75(1): 56, 2009)

48)砂田圭二郎、矢野智則、林芳和:(パネルディスカッション)CTとDBEによるクローン病の小腸狭窄病変の評価と治療。第95回日本消化器病学会総会、札幌、2009年5月8日(日消誌106(臨増):A86, 2009)

49)砂田圭二郎、矢野智則、山本博徳:(シンポジウム)DBEによる小腸の小病変の診断と治療。第77回日本消化器内視鏡学会総会、名古屋、2009年5月21日(Gastroenterol.Endosc.51(Suppl.1): 664, 2009)

50)竹澤敬人、西村直之、林芳和、矢野智則、新城雅行、宮田知彦、砂田圭二郎、山本博徳、菅野健太郎、林俊治、足立吉數:内視鏡による経過観察及び原因菌の分離培養できた腸管スピロヘータ症の一例。第51回日本消化器病学会大会、 京都、2009年10月15日(日消誌106(臨増):A871, 2009)

51)玉田喜一、和田伸一、大橋明:(パネルディスカッション)IDUSによる肝外胆管癌の進展度診断(prospective study 100例の検討)。第95回日本消化器病学会総会、札幌、2009年5月8日(日消誌106(臨増):A91, 2009)

52)冨樫一智、砂田圭二郎、宮田知彦、西村直之、矢野智則、山本博徳:(パネルディスカッション)FICEによる大腸腫瘍の内視鏡診断。第27回日本大腸検査学会総会、東京、2009年11月29日(抄録集:57, 2009)

53)當摩祥子、大澤博之、山本博徳:(ワークショップ)FICEによる萎縮性胃炎および腸上皮化生の新しい分光画像内視鏡診断。第77回日本消化器内視鏡学会総会、名古屋、2009年5月22日(Gastroenterol.Endosc.51(Suppl.1): 760, 2009)

54)當摩祥子、大澤博之、吉田徹、阿治部弘成、中野秀聡、吉澤充代、佐藤貴一、菅野健太郎:通常内視鏡検査で見逃されていた0-IIb型早期胃癌診断に細径FICE内視鏡検査が有用であった一例。第78回日本消化器内視鏡学会総会、京都、2009年10月17日(Gastroenterol. Endosc.51(Suppl.2):2234, 2009)

55)牛尾純、佐藤一弘、岩尾年康、吉田浩司、宮田英樹、石野淳、佐藤雅、長田祐輝、野村佳克、河瀬智哉、森本聖子、松川正明:MRI拡散強調画像(DWI)による膵疾患の拾い上げと質的診断。第95回日本消化器病学会総会、札幌、2009年5月8日(日消誌106(臨増):A237, 2009)

56)牛尾純、佐藤一弘、玉田喜一:(シンポジウム)MRI拡散強調画像(DWI)による膵疾患の診断能。第77回日本消化器内視鏡学会総会、名古屋、2009年5月23日(Gastroenterol.Endosc.51(Suppl.1): 685, 2009)

57)牛尾純、佐藤一弘、玉田喜一:(ワークショップ)非拡張胆管に対するX線透視誘導下穿刺法。第45回日本胆道学会学術集会、千葉、2009年9月18日(胆道23(3):405, 2009)

58)歌野健一,冨樫一智,遠藤和洋,宮田知彦,山本博徳,杉本英治:側方発育型大腸腫瘍(LST)はCT colonographyで描出可能か?. 第95回日本消化器病学会総会,札幌市,2009年5月8日.(日本消化器病学会雑誌106(suppl):A268,2009.)

59)矢野智則、林芳和、砂田圭二郎:(ビデオシンポジウム)ダブルバルーン内視鏡における内視鏡機種と各種先端フードの選択・活用と、簡便な先端フード・内視鏡先端バルーン装着方法の工夫。第77回日本消化器内視鏡学会総会、名古屋、2009年5月23日(Gastroenterol.Endosc.51(Suppl.1): 802, 2009)

60)矢野智則、西村直之、砂田圭二郎:(合同パネルディスカッション)Peutz-Jehgers症候群に対する最適な内視鏡治療戦略?17例・89件の経験から?。第51回日本消化器病学会大会、DDW 2009, 京都、2009年10月14日(日消誌106(臨増):A609, 2009)

61)吉田徹、大澤博之、山本博徳:(ビデオシンポジウム)細径FICE内視鏡検査による早期胃癌のESD前評価の有用性。第77回日本消化器内視鏡学会総会、名古屋、2009年5月21日(Gastroenterol.Endosc.51(Suppl.1): 798, 2009)

62)吉田徹、佐藤貴一、菅野健太郎:(パネルディスカッション)H.pylori除菌長期後に発見された胃癌の検討。第95回日本消化器病学会総会、札幌、2009年5月8日(日消誌106(臨増):A73, 2009)

63)吉澤充代、大澤博之、山本博徳:FICEを使用した胃腫瘍性病変の低倍率拡大視鏡所見の検討。第77回日本消化器内視鏡学会総会、名古屋、2009年5月21日(Gastroenterol.Endosc.51(Suppl.1): 841, 2009)

64)Hatanaka,H., Tamada,K., Sugano,K., Mano,H.: Identification of transforming activity of Indian hedgehog by a retroviral expression screening. Annual Meeting of AGA, DDW 2009, Chicago, IL, USA, May 31, 2009

65)Kawamura, Y., Togashi, K., Tsujinaka, S., Yano, T., Koinuma, K., Kuwahara, Y., Sasaki, J., Konishi, F.: Interobserver Variance of Endoscopic Findings and Objective Diagnosis of Submucosal Invasion of Colorectal Cancer. 2009 ASGE Meeting, DDW 2009, Chicago, IL, USA, June 1 , 2009 (Gastrointest Endosc. 69(5): AB223, 2009)

66)Mutoh,H., Sakamoto, H., Ido, K., Sugano, K.: Intestinal metaplasia in gallbladder correlates with high amylase levels in bile in patients with a morphologically normal pancreaticobiliary duct. Asia Pacific Digestive Week 2009, Taipei, Taiwan, September 28, 2009 (J Gastroen Hepatol 24 (Suppl.1): A134, 2009)

67)Nishimura,N., Yano, T., Hayashi, Y., Arashiro,M., Miyata, T., Sunada, K., Yamamoto,H., Sugano, K.: Safety and Efficacy of Double Balloon Enteroscopy in Pediatrics. 2009 ASGE Meeting, DDW 2009, Chicago, IL, USA, June 1 , 2009 (Gastrointest Endosc. 69(5): AB101, 2009)

68)Shinozaki, S., Yamamoto, H., Yano, T., Sunada, K., Miyata, T., Hayashi, Y., Arashiro, M., Shinhata,H., Miura,Y., Sato,H., Nishimura,N., Sugano, K.: Long-term outcome of patients with obscure gastrointestinal bleeding investigated by double-balloon endoscopy. Asia Pacific Digestive Week 2009, Taipei, Taiwan, September 27-30, 2009 (J Gastroen Hepatol 24 (Suppl.1): A105, 2009)

69)Shinozaki, S., Yamamoto, H., Yano, T., Sunada, K., Miyata, T., Hayashi, Y., Arashiro, M., Sugano, K.: Long-Term Outcome of Patients with Obscure Gastrointestinal Bleeding Investigated by Double Balloon Endoscopy. 2009 ASGE Meeting, DDW 2009, Chicago, IL, USA, May 31 , 2009 (Gastrointest Endosc. 69(5): AB193, 2009)

70)Shinozaki,S., Yamamoto,H., Yano,T., Sunada,K., Miyata,T., Hayashi,Y., Sugano,K.: Long-term outcome of patients with obscure gastrointestinal bleeding investigated by double balloon endoscopy. UEGW / WCOG Gastro 2009, London, UK, November 25, 2009 (Final Program : 222, 2009)

71)Sunada,K., Yamamoto,H., Yano,T., Miyata,T., Nishimura,N., Sato,H., Miura,Y., Shinhata,H., Hayashi,Y., Sugano,K.: Successful endoscopic balloon dilation therapy for crohn’s strictures with or without fistula. UEGW / WCOG Gastro 2009, London, UK, November 24, 2009 (Final Program : 44, 2009)

72)Togashi, K., Shimura, K., Hamada,T., Miyakura, Y., Horie, H., Lefor, A., Yasuda, Y., Yamamoto, H.: A Comparison of Conventional Endoscopy and the Flexible Spectral-Image Color Enhancement System for the Detection of Colorectal Polyps. 2009 ASGE Meeting, DDW 2009, Chicago, IL, USA, June 1 , 2009 (Gastrointest Endosc. 69(5): AB208, 2009)

73)Yoshizawa,M.: The newly developed method of diagnosing early gastric cancers by using FICE. Advamced Education Course of Endoscopy (IEE), Taipei, Taiwan, April 26, 2009




▲Page Top



著書・総説


1)新城雅行:Case 8 (P. 64-65) Case 9 (P. 66-67)ダブルバルーン小腸内視鏡アトラス(編集:山本博徳、砂田圭二郎、矢野智則)医学書院、2009年10月1日(第1版第1刷)

2)浅川岳士:Case 42 (P. 132-133) ダブルバルーン小腸内視鏡アトラス(編集:山本博徳、砂田圭二郎、矢野智則)医学書院、2009年10月1日(第1版第1刷)

3)浅川岳士、砂田圭二郎、菅野健太郎:腸管気腫症。Mebio 26(11): 68-73, 2009

4)藤枝真司:潰瘍性大腸炎、クローン病、腸管型ベーチェット病、腸結核。臨床病態学2巻(総編集:北村聖)ヌーヴェルヒロカワ、2009年1月1日(3刷発行)、P. 49-55

5)福島寛美:急性肝炎、劇症肝炎。月刊ナーシング29(12): 114-117, 2009

6)福島寛美:慢性肝炎。月刊ナーシング29(12): 118-120, 2009

7)畑中恒、和田伸一、菅野健太郎:膵リパーゼ。日本臨床67(8): 433-435, 2009

8)畑中恒、矢野智則、大橋明、和田伸一、玉田喜一、山本博徳:術後の解剖変更のため乳頭への到達が困難。消化器内視鏡21(12): 1806-1810, 2009

9)林芳和:Case 13 (P. 74-75) Case 36 (P. 120-121)ダブルバルーン小腸内視鏡アトラス(編集:山本博徳、砂田圭二郎、矢野智則)医学書院、2009年10月1日(第1版第1刷)

10)林芳和:肝・膵疾患治療薬。治療薬イラストレイテッド改訂版(編者:山田信博)羊土社、2009年11月1日(第2版第1刷発行)、P. 123-136

11)林芳和、山本博徳:小腸・大腸疾患。治療薬・治療指針ポケットマニュアル2009(監修:梶井英治)羊土社、2009年2月20日(第1刷発行)、P. 296-312

12)林芳和、矢野智則、山本博徳:バルーン内視鏡。medicina 46(7): 1156-1161, 2009

13)東澤俊彦:薬物性肝障害、アルコール性肝障害、脂肪肝・非アルコール性脂肪性肝炎。月刊ナーシング29(12): 126-130, 2009

14)東澤俊彦:食道静脈瘤。治療薬・治療指針ポケットマニュアル2009(監修:梶井英治)羊土社、2009年2月20日(第1刷発行)、P. 283-287

15)井野裕治:Case 24 (P. 96-97) Case 25 (P.98-99) Case 35 (P. 118-119)ダブルバルーン小腸内視鏡アトラス(編集:山本博徳、砂田圭二郎、矢野智則)医学書院、2009年10月1日(第1版第1刷)

16)石野祐三子、菅野健太郎:鎮痙薬・制吐薬。治療薬Up-To-Date(2009年版)(監修:矢崎義雄)メディカルレビュー社、2009年1月10日(第1版第1刷発行)、P. 340-341

17)石野祐三子、菅野健太郎:消化器官の作用機序?口腔から肛門までのプロセスー。口腔と全身疾患 歯科医療は医学を補完する(編著者:中原泉、鴨井久一)クインテッセンス出版、2009年6月10日(第1版第1刷発行)、P. 12-17

18)礒田憲夫:肝硬変、肝細胞がん。月刊ナーシング29(12): 122-125, 2009

19)礒田憲夫:腹水。がん診療up date 日本医師会雑誌138 特別号(1)(監修:跡見裕)日本医師会、2009年6月15日発行、P. S75-S76

20)金澤曉太郎,冨樫一智,佐藤貴一:【消化管症候群(第2版)その他の消化管疾患を含めて】胃Double pylorus.日本臨床 別冊 消化管症候群(上):205-209,2009.

21)北村絢:Case 18 (P. 84-85) ダブルバルーン小腸内視鏡アトラス(編集:山本博徳、砂田圭二郎、矢野智則)医学書院、2009年10月1日(第1版第1刷)

22)三浦義正、山本博徳:消化管癌に対する内視鏡治療の適応と進歩。医学のあゆみ230(10): 881-885, 2009

23)宮田知彦:Case 7 (P. 62-63) Case 31 (P.110-111)ダブルバルーン小腸内視鏡アトラス(編集:山本博徳、砂田圭二郎、矢野智則)医学書院、2009年10月1日(第1版第1刷)

24)武藤弘行:腸上皮化生にかかわる転写因子の分子生物学。G.I.Research17(5): 457-460, 2009

25)武藤弘行:前癌病変としての腸上皮化生における転写因子Cdx1とCdx2の役割。消化器科48(5): 514-517, 2009

26)武藤弘行:腸上皮化生。別冊 日本臨床 新領域別症候群シリーズNo11 消化管症候群(第2版)(上)ーその他の消化管疾患を含めて―、日本臨床社、2009年7月28日(第2版第1刷発行)、P. 509-511

27)武藤弘行:十二指腸潰瘍。別冊 日本臨床 新領域別症候群シリーズNo11 消化管症候群(第2版)(上)ーその他の消化管疾患を含めて―、日本臨床社、2009年7月28日(第2版第1刷発行)、P. 563-566

28)長嶺伸彦:門脈圧亢進症、バッド・キアリ症候群。月刊ナーシング29(12): 134-136, 2009

29)長嶺伸彦:消化器疾患(肝硬変、門脈圧亢進症)。今日の処方(改訂第4版)(監修:高久史麿、水島裕)南江堂、2009年9月10日(第4版第2刷発行)P. 315-320

30)長嶺伸彦:吐血。研修ノートシリーズ 消化器研修ノート(編集:白鳥敬子、菅野健太郎、坪内博仁、日比紀文)診断と治療社、2009年12月25日(初版第1刷発行) P.50-53

31)永山学:Case 1 (P. 50-51) Case 33 (P.114-115)ダブルバルーン小腸内視鏡アトラス(編集:山本博徳、砂田圭二郎、矢野智則)医学書院、2009年10月1日(第1版第1刷)

32)中野秀聡:胃・十二指腸炎。治療薬・治療指針ポケットマニュアル2009(監修:梶井英治)羊土社、2009年2月20日(第1刷発行)、P. 292-295

33)中野秀聡:症状と病態生理。臨床病態学2巻(総編集:北村聖)ヌーヴェルヒロカワ、2009年1月1日(3刷発行)、P. 9-21

34)中澤克行:診断と検査。臨床病態学2巻(総編集:北村聖)ヌーヴェルヒロカワ、2009年1月1日(3刷発行)、P. 22-28

35)西村直之:Case 12 (P. 72-73) Case 28 (P.104-105) Case37 (P. 122-123) Case 38 (P. 124-125) ダブルバルーン小腸内視鏡アトラス(編集:山本博徳、砂田圭二郎、矢野智則)医学書院、2009年10月1日(第1版第1刷)

36)西村直之、山本博徳:小腸腫瘍。研修ノートシリーズ 消化器研修ノート(編集:白鳥敬子、菅野健太郎、坪内博仁、日比紀文)診断と治療社、2009年12月25日(初版第1刷発行) P.406-408

37)西村直之、山本博徳、矢野智則、林芳和、宮田知彦、砂田圭二郎:小腸出血とNSAID潰瘍の診断と治療。臨床消化器内科24(13): 1715-1721, 2009

38)野口地塩:Case 41 (P. 130-131) ダブルバルーン小腸内視鏡アトラス(編集:山本博徳、砂田圭二郎、矢野智則)医学書院、2009年10月1日(第1版第1刷)

39)沼尾規且:Case 27 (P. 102-103) ダブルバルーン小腸内視鏡アトラス(編集:山本博徳、砂田圭二郎、矢野智則)医学書院、2009年10月1日(第1版第1刷)

40)大澤博之:ピロリ菌感染と肥満・高脂血症の関係は?肥満と糖尿病8(4): 506-507, 2009

41)大澤博之:(抄訳)新たなプロトンポンプ阻害薬AGN 201904-Zの持続的胃酸分泌抑制作用。(Hunt,RH., Armstrong,D., Yaghoobi,M., James,C., Chen,Y., et al.: Predictable prolonged suppression of gastric acidity with a novel proton pump inhibitor, AGN 201904-Z. Aliment Pharmacol Ther 28(2): 187-199, 2008)APT Digest 12(2): 32-35, 2009

42)太田英孝:薬剤性腸炎、過敏性腸症候群、カルチノイド、急性腹症、虫垂炎。臨床病態学2巻(総編集:北村聖)ヌーヴェルヒロカワ、2009年1月1日(3刷発行)、P. 55-61

43)大竹俊哉:構造と機能。臨床病態学2巻(総編集:北村聖)ヌーヴェルヒロカワ、2009年1月1日(3刷発行)、P. 2-9

44)佐野友美、赤羽学、八巻心太郎、菅野健太郎、今村知明:(総説)国際疾病分類ICD-11改訂の動向?2015年の完成に向けてー。医療情報学28(6): 293-300, 2009

45)佐藤博之:胆嚢・胆道疾患治療薬。治療薬イラストレイテッド改訂版(編者:山田信博)羊土社、2009年11月1日(第2版第1刷発行)、P. 137-141

46)佐藤貴一:消化性潰瘍。治療薬・治療指針ポケットマニュアル2009(監修:梶井英治)羊土社、2009年2月20日(第1刷発行)、P. 290-292

47)佐藤貴一:慢性胃炎。消化器疾患最新の治療2009-2010(編集:菅野健太郎、上西紀夫、井廻道夫)南江堂、2009年2月15日発行、P. 128-131

48)佐藤貴一:H.pylori感染診断・除菌。研修ノートシリーズ 消化器研修ノート(編集:白鳥敬子、菅野健太郎、坪内博仁、日比紀文)診断と治療社、2009年12月25日(初版第1刷発行) P.156-159

49)佐藤貴一:二次除菌法の現状と対策。日本臨床67(12): 2297-2302, 2009

50)佐藤貴一、菅野健太郎:消化器疾患(胃・十二指腸潰瘍)今日の処方(改訂第4版)(監修:高久史麿、水島裕)南江堂、2009年9月10日(第4版第2刷発行)P. 269-271

51)佐藤貴一、菅野健太郎:胃・十二指腸潰瘍。日本臨床67(12): 2322-2326, 2009

52)佐藤光亮:Case 30 (P. 108-109) ダブルバルーン小腸内視鏡アトラス(編集:山本博徳、砂田圭二郎、矢野智則)医学書院、2009年10月1日(第1版第1刷)

53)佐藤慎、礒田憲夫、井戸健一:肝疾患。治療薬・治療指針ポケットマニュアル2009(監修:梶井英治)羊土社、2009年2月20日(第1刷発行)、P. 313-342

54)新畑博英:食道静脈瘤、胃炎、胃潰瘍・十二指腸潰瘍。臨床病態学2巻(総編集:北村聖)ヌーヴェルヒロカワ、2009年1月1日(3刷発行)、P. 33-38

55)新畑博英:Case 4 (P. 56-57) ダブルバルーン小腸内視鏡アトラス(編集:山本博徳、砂田圭二郎、矢野智則)医学書院、2009年10月1日(第1版第1刷)

56)篠崎聡:Case 29 (P. 106-107) ダブルバルーン小腸内視鏡アトラス(編集:山本博徳、砂田圭二郎、矢野智則)医学書院、2009年10月1日(第1版第1刷)

57)篠崎聡:ヘリコバクター・ピロリと胃・十二指腸疾患、胃がん、メッケル憩室、腸閉塞(イレウス)。臨床病態学2巻(総編集:北村聖)ヌーヴェルヒロカワ、2009年1月1日(3刷発行)、P. 38-46

58)菅野健太郎:(巻頭言)器に加え、機の進展を図る。漢方医学33(3): 391, 2009

59)菅野健太郎:(翻訳)総説:ヒト腸管神経障害の分子生物学的、病理学的特徴とその治療。( Nardo,GD., Blandizzi,C., Volta,U., Colucci,R., Stanghellini,V.,et al.: Review article: molecular, pathological and therapeutic features of human enteric neuropathies. Aliment Pharmacol Ther 28(1): 25-42, 2008 ) APT Digest 12(2): 6-20, 2009

60)菅野健太郎:はじめに。医学のあゆみ230(10): 825-826, 2009

61)菅野健太郎:下痢、便秘、悪心・嘔吐、食欲不振、腹痛、しゃっくり、口臭。今日の処方(改訂第4版)(監修:高久史麿、水島裕)南江堂、2009年9月10日(第4版第2刷発行)P. 83-95

62)菅野健太郎:消化器疾患(口内炎・舌炎、食道アカラシア)。今日の処方(改訂第4版)(監修:高久史麿、水島裕)南江堂、2009年9月10日(第4版第2刷発行)P. 259-261

63)菅野健太郎:消化器疾患。ガイドラインに基づく臨床指針 改訂第6版(監修:福井次矢)エルゼビア・ジャパン、2009年4月1日(改訂第6版第1刷発行)P. 108-157

64)菅野健太郎:消化性潰瘍治療薬。治療薬ハンドブック2009(監修:高久史麿)じほう、2009年1月30日(2009年版発行)P. 452-457

65)砂田圭二郎:Case 2 (P. 52-53) Case 10 (P. 68-69) Case11(P. 70-71) Case 21 (P. 90-91) Case 22 (P. 92-93) ダブルバルーン小腸内視鏡アトラス(編集:山本博徳、砂田圭二郎、矢野智則)医学書院、2009年10月1日(第1版第1刷)

66)砂田圭二郎:下剤。治療薬イラストレイテッド改訂版(編者:山田信博)羊土社、2009年11月1日(第2版第1刷発行)、P. 102-107

67)砂田圭二郎:止痢・整腸薬。治療薬イラストレイテッド改訂版(編者:山田信博)羊土社、2009年11月1日(第2版第1刷発行)、P. 108-114

68)砂田圭二郎:炎症性腸疾患治療薬。治療薬イラストレイテッド改訂版(編者:山田信博)羊土社、2009年11月1日(第2版第1刷発行)、P. 115-122

69)砂田圭二郎:内視鏡的拡張術。研修ノートシリーズ 消化器研修ノート(編集:白鳥敬子、菅野健太郎、坪内博仁、日比紀文)診断と治療社、2009年12月25日(初版第1刷発行) P.210-214

70)砂田圭二郎:消化管異物除去。研修ノートシリーズ 消化器研修ノート(編集:白鳥敬子、菅野健太郎、坪内博仁、日比紀文)診断と治療社、2009年12月25日(初版第1刷発行) P.215-217

71)砂田圭二郎、西村直之、福島寛美、林芳和、新城雅行、矢野智則、宮田知彦、山本博徳:カラーで見るIBDの小腸画像。INTESTINE13(1): 33-41, 2009

72)砂田圭二郎、竹澤敬人、佐藤光亮、永山学、豊田亮、井野裕治、西村直之、林芳和、新城雅行、矢野智則、宮田知彦、山本博徳:小さな小腸病変の診断と治療の進歩。胃と腸44(6): 937-943, 2009

73)砂田圭二郎、竹澤敬人、佐藤光亮、永山学、豊田亮、井野裕治、西村直之、林芳和、新城雅行、矢野智則、宮田知彦、山本博徳:バルーン補助法。消化器内視鏡21(4): 587-593, 2009

74)高久史麿、島田和幸、谷口信行、菅野健太郎、山本博徳、礒田憲夫、玉田喜一、苅尾七臣、小澤敬也、中野今治、杉山幸比古、石橋俊、簑田清次、草野英二、森田辰男、鈴木光明、星野雄一、茨木信博、市村恵一、草間幹夫、大槻マミ太郎、加藤敏、桃井真里子、渋谷昌三、宮本佳代子、金子操、金丸絵里加、柳沢とも子、MACO, 地曳寛子、検見崎聡美:ぐんぐん健康になる 食事・運動・医学の事典(総監修:高久史麿)法研、2009年9月8日(第1刷発行)

75)竹澤敬人:Case 32 (P. 112-113) ダブルバルーン小腸内視鏡アトラス(編集:山本博徳、砂田圭二郎、矢野智則)医学書院、2009年10月1日(第1版第1刷)

76)竹澤敬人、矢野智則:消化管内視鏡検査(上部、下部)。月刊ナーシング29(12): 178-179, 2009

77)玉田喜一:膵胆管合流異常症(先天性胆道拡張症を含む)、胆道閉鎖症。月刊ナーシング29(12): 142-144, 2009

78)玉田喜一:腹部所見のとりかた。月刊ナーシング29(12): 168-171, 2009

79)玉田喜一:胆道造影、内視鏡的逆行性膵胆管造影、胆道内視鏡、膵管鏡。月刊ナーシング29(12): 194-197, 2009

80)玉田喜一:消化器疾患(胆石症、胆嚢炎・胆管炎、胆嚢摘出後症候群、膵癌・胆嚢癌・胆管癌)。今日の処方(改訂第4版)(監修:高久史麿、水島裕)南江堂、2009年9月10日(第4版第2刷発行)P. 326-329

81)玉田喜一:身体診療。研修ノートシリーズ 消化器研修ノート(編集:白鳥敬子、菅野健太郎、坪内博仁、日比紀文)診断と治療社、2009年12月25日(初版第1刷発行) P.36-37

82)玉田喜一、牛尾純、畑中恒、大橋明、和田伸一、菅野健太郎:検診を契機に診断された無黄疸肝外胆管癌の診断。消化器科49(4): 381-384, 2009

83)冨樫一智、濱田徹、山本博徳:FICE (Flexible spectral-Imaging Color Enhancement). 大腸癌FRONTIER2(4): 345-348, 2009

84)冨樫一智、志村国彦、宮倉安幸、堀江久永、林芳和、砂田圭二郎、宮田知彦、大澤博之、山本博徳:大腸癌の存在診断 FICEによる存在診断。INTESTINE13(2): 162-166, 2009

85)冨樫一智、山本博徳:FICE (Flexible spectral-Imaging Color Enhancement). 臨床と研究86(11): 1469-1472, 2009

86)刀根幸夫:食道アカラシア、食道裂孔ヘルニア、食道炎、食道潰瘍、食道がん。臨床病態学2巻(総編集:北村聖)ヌーヴェルヒロカワ、2009年1月1日(3刷発行)、P. 29-33

87)和田伸一:急性膵炎。月刊ナーシング29(12): 151-153, 2009

88)和田伸一:胆嚢・胆管疾患。治療薬・治療指針ポケットマニュアル2009(監修:梶井英治)羊土社、2009年2月20日(第1刷発行)、P. 343-347

89)和田伸一:膵臓疾患。治療薬・治療指針ポケットマニュアル2009(監修:梶井英治)羊土社、2009年2月20日(第1刷発行)、P. 348-354

90)山本博徳:序説。INTESTINE13(5): 451-452, 2009

91)山本博徳:ダブルバルーン内視鏡を用いた小腸疾患診断と治療?現状と将来?。Modern Physician 29(7): 1004-1009, 2009

92)山本博徳:整腸薬・止瀉薬。治療薬Up-To-Date(2009年版)(監修:矢崎義雄)メディカルレビュー社、2009年1月10日(第1版第1刷発行)、P. 326-327

93)山本博徳:下剤・浣腸薬。治療薬Up-To-Date(2009年版)(監修:矢崎義雄)メディカルレビュー社、2009年1月10日(第1版第1刷発行)、P. 334-335

94)山本博徳:小腸腫瘍を見逃さないために。研修ノートシリーズ 消化器研修ノート(編集:白鳥敬子、菅野健太郎、坪内博仁、日比紀文)診断と治療社、2009年12月25日(初版第1刷発行) P.408

95)山本博徳:内視鏡検査。内科学書Vol.1?内科学総論 臨床症状?(編集:小川聡)中山書店、2009年11月10日発行、P. 148-152

96)山本博徳、阿治部弘成、當摩祥子、吉澤充代、大澤博之:特集 十二指腸隆起性病変をみたら 腺腫(単発)。消化器内視鏡21(10): 1554-1555, 2009

97)山本博徳、砂田圭二郎、矢野智則:(総論)ダブルバルーン内視鏡の仕組み。ダブルバルーン小腸内視鏡アトラス(編集:山本博徳、砂田圭二郎、矢野智則)医学書院、2009年10月1日(第1版第1刷)P. 2-6

98)山本博徳、砂田圭二郎、矢野智則:(総論)内視鏡検査を行うにあたって。ダブルバルーン小腸内視鏡アトラス(編集:山本博徳、砂田圭二郎、矢野智則)医学書院、2009年10月1日(第1版第1刷)P. 7-16

99)山本博徳、砂田圭二郎、矢野智則:(総論)ダブルバルーン内視鏡の挿入手技。ダブルバルーン小腸内視鏡アトラス(編集:山本博徳、砂田圭二郎、矢野智則)医学書院、2009年10月1日(第1版第1刷)P. 17-35

100)山本博徳、砂田圭二郎、矢野智則:(総論)偶発症と防止策。ダブルバルーン小腸内視鏡アトラス(編集:山本博徳、砂田圭二郎、矢野智則)医学書院、2009年10月1日(第1版第1刷)P. 36-39

101)山本博徳、砂田圭二郎、矢野智則:(総論)ダブルバルーン内視鏡の治療手技。ダブルバルーン小腸内視鏡アトラス(編集:山本博徳、砂田圭二郎、矢野智則)医学書院、2009年10月1日(第1版第1刷)P. 40-47

102)矢野智則:Case 3 (P. 54-55) Case 5 (P. 58-59) Case 6 (P. 60-61) Case 14(P. 76-77) Case 15 (P. 78-79) Case 16 (P. 80-81) Case 17 (P. 82-83) Case 39 (P. 126-127) ダブルバルーン小腸内視鏡アトラス(編集:山本博徳、砂田圭二郎、矢野智則)医学書院、2009年10月1日(第1版第1刷)

103)矢野智則:消化管の血管性病変。研修ノートシリーズ 消化器研修ノート(編集:白鳥敬子、菅野健太郎、坪内博仁、日比紀文)診断と治療社、2009年12月25日(初版第1刷発行) P.360-361

104)矢野智則、砂田圭二郎、新城雅行、西村直之、林芳和、宮田知彦、山本博徳、菅野健太郎:小さな小腸血管性病変。胃と腸44(6): 944-950, 2009

105)矢野智則、砂田圭二郎、宮田知彦、山本博徳、菅野健太郎:小腸血管腫。別冊 日本臨床 新領域別症候群シリーズNo12 消化管症候群(第2版)(下)ーその他の消化管疾患を含めて―、日本臨床社、2009年9月28日(第2版第1刷発行)、P. 107-109

106)矢野智則、砂田圭二郎、西村直之、林芳和、宮田知彦、山本博徳、菅野健太郎:小腸血管性病変。INTESTINE13(5): 471-478, 2009

107)矢野智則、山本博徳:消化器系の疾患「下部消化管 小腸出血」。内科学症例図説(総編集者:杉本恒明、小俣政男)朝倉書店、2009年11月25日(初版第1刷発行)、P.223-225

108)吉田徹、大竹俊哉:肝機能検査、肝炎ウイルスマーカー、肝生検。月刊ナーシング29(12): 184-186, 2009

109)吉田徹、矢野智則、砂田圭二郎、(企画・構成:山本博徳):ダブルバルーン内視鏡(DBE)にて切除し得た、成人回腸異所性膵の1例。Frontiers in Gastroenterology14(2): 152-155, 2009

110)吉澤充代:胃癌。治療薬・治療指針ポケットマニュアル2009(監修:梶井英治)羊土社、2009年2月20日(第1刷発行)、P. 287-290

111)吉澤充代、大澤博之、山本博徳:FICE:技術概説。消化器内視鏡 21(2): 204-207, 2009

112)吉澤充代、大澤博之、山本博徳:FICEを使用した早期食道・胃癌の内視鏡診断。消化器内視鏡 21(2): 209-215,2009




▲Page Top



その他


1)1)藤井隆広、山本博徳:(ランチョンセミナー)ムコアップ。第8回国際消化器内視鏡セミナー(横浜ライブ2009)、横浜、2009年3月14日

2)春間賢(司会)、菅野健太郎、坂本長逸、八尾隆史:(座談会)低用量アスピリンの消化管傷害。THE GI FOREFRONT 5(1): 49-57, 2009

3)東澤俊彦:肝硬変・肝癌の治療。市民公開講座「肝疾患の病態と治療」?肝がん撲滅運動?、自治医科大学、2009年1月18日

4)東澤俊彦:ペガシス少量長期投与でSVRを得られた3症例。栃木C型慢性肝炎フォーラム、宇都宮、2009年3月

5)東澤俊彦:当院でのNexavar治療症例 入院での導入と副作用のManagement. 第1回栃木肝細胞癌セミナー、宇都宮、2009年11月20日

6)東澤俊彦、礒田憲夫、福島寛美、廣澤拓也、大竹俊哉、津久井舞未子、佐藤慎、長嶺伸彦、菅野健太郎:UFT投与により肝細胞癌の肝内および肺転移巣の消失を認めた一例。栃木県肝疾患懇話会、宇都宮、2009年6月

7)東澤俊彦、礒田憲夫、福島寛美、廣澤拓也、津久井舞未子、佐藤慎、藤枝毅、長嶺伸彦、菅野健太郎:FICE(Flexible spectral color enhanced)内視鏡を用いた豚肝臓の腹腔鏡下観察の試み。第20回腹腔鏡的治療研究会、松山、2009年11月28日

8)礒田憲夫:肝細胞癌に対する腹腔鏡的局所治療の現状と未来。第12回自治医科大学南九州カンファランス、熊本、2009年6月27日

9)礒田憲夫:(ミニレクチャー)C型慢性肝炎のインターフェロン療法?この10年の知見。第10回自治医科大学消化器内科学教室同門会、宇都宮、2009年9月6日

10)礒田憲夫:栃木県におけるC型慢性肝炎の現状と課題。学術講演会、小山、2009年9月25日

11)三澤知子、玉田喜一、和田伸一、大橋明、畑中恒、矢野智則、牛尾純、大熊慶子、菅野健太郎:MD-CTでの局在診断に難渋した膵内分泌腫瘍の1例。第15回東京膵臓研究会、東京、2009年10月24日

12)西村直之:(症例提示)第10回臨床消化器病研究会、東京、2009年7月25日

13)大澤博之:薬剤起因性消化管障害への新たな治療戦略。牛久消化器ワークショップ、牛久、2009年2月16日

14)大澤博之:FICEによる分光画像内視鏡診断?経鼻内視鏡への応用も含めて?。第4回つくば消化器勉強会、つくば市、2009年2月18日

15)大澤博之:(特別講演)薬剤起因性の消化管障害への治療戦略。薬剤起因性消化管障害の新たな治療戦略におけるACIDMtg, 真岡、2009年3月13日

16)大澤博之:(特別講演)FICEによる分光画像内視鏡診断?経鼻内視鏡への応用も含めて?。第12回経鼻内視鏡研究会in関西、大阪市、2009年4月18日

17)大澤博之:H.pyloriおよびNSAIDsによる消化管粘膜障害とその治療。熊谷市内科医会講演会、熊谷市、2009年4月23日

18)大澤博之:(ランチョンセミナー)FICEによる分光画像内視鏡診断?経鼻内視鏡への応用も含めて?。第88回日本消化器内視鏡学会関東地方会、東京、2009年6月13日

19)大澤博之:薬剤起因性消化管障害への新たな治療戦略。常陸大宮地区消化器ワークショップ、水戸、2009年6月24日

20)大澤博之:(特別講演)FICEによる分光画像内視鏡診断?経鼻内視鏡への応用を含めて?。小山地区医師会学術講演会、小山、2009年6月25日(日本医師会生涯教育講座認定)

21)大澤博之:ヘリコバクターピロリ感染の壁細胞マーカー及び消化管ホルモンへの影響。第7回旭川GERD講演会、旭川、2009年7月17日

22)大澤博之:薬剤起因性消化管障害への新たな治療戦略。Primary Care Symposium宇都宮、宇都宮、2009年8月27日

23)大澤博之:(特別講演)薬剤起因性消化管障害への新たな治療戦略。ACID Meeting 2009, 笠間市、2009年9月10日(日本医師会生涯教育講座)

24)大澤博之:(ブレックファーストセミナー)FICEによる分光画像内視鏡診断。JDDW2009, 京都、2009年10月15日

25)大澤博之:(特別講演)薬剤起因性消化管障害への新たな治療戦略。猿島郡医師会Medical Up To Date, 茨城、2009年11月30日(日本医師会生涯教育講座)

26)大澤博之:FICEによる内視鏡診断の有用性、バレット食道の診断。エーザイMR社内勉強会、宇都宮、2009年12月2日

27)大澤博之、山田直司、吉澤充代、山本博徳、菅野健太郎:経鼻FICE内視鏡によるバレット食道の分光画像診断。第二回分光画像内視鏡研究会、東京、2009年1月31日

28)大竹俊哉、礒田憲夫、東澤俊彦、津久井舞未子、長嶺伸彦、菅野健太郎、中田学、河田浩敏、田中亨:アルコール常習者に認められた造影CT早期で濃染する多発肝結節性病変。第15回肝血流動態イメージ研究会、横浜、2009年1月31日

29)佐藤博之、矢野智則、砂田圭二郎、宮田知彦、林芳和、西村直之、三浦義正、新畑博英、浅川岳士、三澤知子、杉田浩、野口地塩、山本博徳:小腸狭窄に対して内視鏡的バルーン拡張術を施行し穿孔を来した4例の検討。第47回小腸研究会、福岡、2009年11月14日

30)佐藤貴一:(ミニレクチャー)ヘリコバクター・ピロリ除菌治療?この10年の知見。第10回自治医科大学消化器内科学教室同門会、宇都宮、2009年9月6日

31)新畑博英、西村直之、矢野智則、山本博徳:CEとDBEを施行したOGIB19症例の検討。第2回日本カプセル内視鏡研究会、東京、2009年7月26日

32)菅野健太郎:日本消化器病学会が目指すEBMに基づいたガイドライン。消化器診療82: 16-17, 2009

33)菅野健太郎:(編集)APT Digest 12(2),2009

34)菅野健太郎:(編集:消化管疾患)臨床病態学2巻、ヌーヴェルヒロカワ、2009年1月1日(3刷発行)

35)菅野健太郎:変わりゆく“機能性ディスペプシア”診療。Astellas Square 5(2): 12-13, 2009

36)菅野健太郎:(代表世話人)第13回小腸内視鏡研究会、京都、2009年2月21日

37)菅野健太郎:(特別講演)胃癌の抑制を目指して。第4回Bay Area Gut Club, 大阪、2009年2月21日

38)菅野健太郎:(閉会挨拶)IBS Meet the Specialist, 東京、2009年2月22日

39)菅野健太郎:(理事長講演)今後の消化器病学と日本消化器病学会の役割。第95回日本消化器病学会総会、札幌、2009年5月8日

40)菅野健太郎:(特別講演)転写因子Cdx2と腸上皮化生。第91回日本消化器病学会中国支部例会、岡山、2009年6月13日

41)菅野健太郎:(学術講演)ヘリコバクター・ピロリ感染症と機能性ディスペプシア。茅ヶ崎医師会内科医会学術講演会、茅ヶ崎、2009年6月18日

42)菅野健太郎:(特別講演)酸関連疾患におけるファモチジンの位置づけ。第4回KSJ研究会、鹿児島、2009年8月22日

43)菅野健太郎:(特別講演)メタボリック症候群は消化器疾患か。平成21年 和歌山県立医科大学第二内科同門会 夏の集い、和歌山、2009年9月19日

44)菅野健太郎:(特別講演)我が国におけるFGID とその治療。FGIDs講演会IN新潟、新潟、2009年10月2日

45)菅野健太郎:(特別講演)低用量アスピリンによる消化管障害。第8回広島食道胃疾患研究会、広島、2009年10月7日(日本医師会生涯教育講座)

46)菅野健太郎:(理事長講演)公益法人制度改革と日本消化器病学会の対応。第51回日本消化器病学会大会、京都、2009年10月14日

47)菅野健太郎:(特別講演)NSAID, LDAによる消化管障害。栃木県外科医会学術講演会、宇都宮、2009年11月12日

48)菅野健太郎:(特別講演)肥満と消化器疾患。第248回消化管研究会、東京、2009年12月10日

49)菅野健太郎、堀正二、門脇孝、乾賢一、林昌洋:(編集)治療薬ハンドブック2009,じほう、2009年1月30日発行

50)砂田圭二郎:ダブルバルーン内視鏡による診断と治療。第20回日本消化器内視鏡学会東北セミナー、仙台、2009年1月17日

51)砂田圭二郎:ダブルバルーン内視鏡検査の実際。第25回消化器内視鏡学会重点卒後教育セミナー、東京、2009年2月14日

52)砂田圭二郎:(サテライトセミナー)大腸EMR・ESD?安全で確実に行うための工夫とコツ?。第77回日本消化器内視鏡学会総会、名古屋、2009年5月22日

53)砂田圭二郎:ダブルバルーン内視鏡の実際?挿入法と治療法のコツを中心にー。第5回小腸疾患診断法研究会、岡山、2009年9月4日

54)砂田圭二郎:ダブルバルーン内視鏡を用いた大腸内視鏡検査。長野県ダブルバルーン大腸内視鏡勉強会、長野、2009年11月29日

55)砂田圭二郎、宮田知彦、山本博徳:ハイリスク症例・治療困難症例に対するトンネル法を用いたESD. 第9回EMR / ESD研究会、東京、2009年7月19日

56)冨樫一智、志村国彦、濱田徹、宮田知彦、林芳和、砂田圭二郎、大澤博之、山本博徳:(シンポジウム)腸内視鏡検査において分光内視鏡像をどう活用するか?第二回分光画像内視鏡研究会、東京、2009年1月31日

57)津久井舞未子、礒田憲夫、廣澤拓也、西村直之、福島寛美、大竹俊哉、東澤俊彦、佐藤慎、長嶺伸彦、菅野健太郎、弘中貢、井戸健一:腹腔鏡検査にて原発性硬化性胆管炎が疑われた若年男性の肝機能障害の一例。第63回腹腔鏡懇話会、東京、2009年9月17日

58)山本博徳:(特別講演)ダブルバルーン内視鏡による新たな内視鏡の世界ー小腸から大腸までー。第6回前橋消化器病研究会、前橋、2009年1月15日

59)山本博徳:ダブルバルーン内視鏡による小腸病変の診断と治療。第20回日本消化器内視鏡学会関東セミナー、東京、2009年1月25日

60)山本博徳:(特別講演)大腸ESDは標準手技となりうるか? 第10回中越消化器内視鏡手技研究会、長岡、2009年1月30日

61)山本博徳:(シンポジウム)下部消化管における分光画像診断の有効例?私はFICEをこう使う?。第2回分光画像内視鏡研究会、東京、2009年1月31日

62)山本博徳:Endoscopy for small intestinal lesions (double-balloon method). JICA第4回上級早期胃癌診断コース、東京、2009年2月16日

63)山本博徳:(ライブデモ)ダブルバルーン内視鏡のコツ。第8回国際消化器内視鏡セミナー(横浜ライブ2009)、横浜、2009年3月14-15日

64)山本博徳:(ポストグラデュエイトコース)小腸疾患の診断と治療。第95回日本消化器病学会総会、札幌、2009年5月9日

65)山本博徳:(サテライトセミナー;特別発言)大腸EMR・ESD?安全で確実に行うための工夫とコツ?。第77回日本消化器内視鏡学会総会、名古屋、2009年5月22日

66)山本博徳:(特別講演)小腸内視鏡の進歩と今後の展開。第185回近畿外科学会、神戸、2009年6月13日

67)山本博徳:(特別講演)内視鏡における工夫と進歩?ダブルバルーンとESDの開発と応用?。両毛消化器病カンファランス講演会、足利、2009年6月18日

68)山本博徳:(ランチョンセミナー)小児分野におけるダブルバルーン内視鏡の活用?メッケル憩室、PJSから生体肝移植後のERCPまでー。第45回日本小児放射線学会、高松、2009年6月27日

69)山本博徳:(教育講演)小腸内視鏡検査。日本消化器病学会 四国支部 第15回教育講演会、高知、2009年6月27日

70)山本博徳:(セッション)医療用機器・医薬品開発における豚の役割。自治医科大学CDAMtec内覧会 情報交換会、自治医科大学、2009年7月14日

71)山本博徳:(ライブデモ)Endo-Skill Update 2009, 東京、2009年9月5日

72)山本博徳:(特別講演)大腸内視鏡の基本手技?挿入手技を中心にー。TV Takeda Alimentary Conference, 東京、2009年9月9日

73)山本博徳:ダブルバルーン内視鏡による新たな世界?小腸疾患診断と治療内視鏡の新展開?。佐賀県胃癌大腸癌部会合同研修会、佐賀、2009年10月10日

74)山本博徳:(講演)ダブルバルーン内視鏡と小腸粘膜傷害。KYOセミナー2009 ガスロンN発売20周年記念講演会、京都、2009年11月28日

75)矢野智則:(招待講演)小腸出血性病変の診断治療アルゴリズム。第25回重点卒後教育セミナー、東京、2009年2月15日

76)矢野智則:(招待講演)DBEを用いた内視鏡治療 内視鏡的止血術を中心に。第8回国際消化器内視鏡セミナー(横浜ライブ2009)、横浜、2009年3月15日

77)矢野智則:(追加症例提示)第10回臨床消化器病研究会、東京、2009年7月25日

78)矢野智則:(ブレックファーストセミナー)術後再建腸管におけるバルーン内視鏡を用いたERC?ゼメックスクラッシャーカテーテルの使用経験?。第78回日本消化器内視鏡学会総会、京都、2009年10月17日

79)吉澤充代:FICEを使用した胃腫瘍性病変の内視鏡診断。第1回内視鏡画像標準化のための研究会、名古屋、2009年5月23日

80)吉澤充代:表面型胃腫瘍性病変に対する内視鏡診断におけるFlexible spectral Imaging Color Enhancement(FICE)の有用性に関する検討。論文博士 取得 2009年6月11日

81)吉澤充代:(研究発表)表面型胃腫瘍性病変に対する内視鏡診断におけるFlexible spectral Imaging Color Enhancement(FICE)の有用性に関する検討。第10回自治医科大学消化器内科学教室同門会、宇都宮、2009年9月6日

82)Mutoh,H.: Development of Gastric Carcinoma from Intestinal Metaplasia in Cdx2 Transgenic Mice. The G-COE First International Symposium: Inflammation, Signal Transduction, an Cancer, Kobe, March 23, 2009

83)Mutoh,H.: Development of Gastric Carcinoma from Intestinal Metaplasia in Cdx2 Transgenic Mice. The 29th Sapporo Cancer Seminar International Symposium: Helicobacter pylori and Gastric Cancer, Sapporo, July13, 2009

84)Sugano,K.: Burden of NSAID / ASA-related GI diseases in Asia. First Asia-Pacific Multidisciplinary Working Party on the GI and CV Effects of NSAIDs and Anti-platelet Agents, Shanghai, China, March 7, 2009

85)Sugano,K.: Discussion of discrepant statements after 2nd round voting. First Asia-Pacific Multidisciplinary Working Party on the GI and CV Effects of NSAIDs and Anti-platelet Agents, Shanghai, China, March 8, 2009

86)Sugano,K.: Issues related to Internal Medicine in ICD revision : A Progress Report. Preparatory works before the Tokyo meeting, Tokyo, Japan, April 8, 2009

87)Sugano,K.: (Lecture) The role of homeobox protein, Cdx1,2 in the development of intestinal metaplasia and cancer. 6th International Conference of Gastroenterology, Shanghai, China, July 3, 2009

88)Sugano,K.: (Gastric Cancer Symposium) Early Detection and Prevention Strategies of Gastric Cancer. Mid-Annual Meeting The Gastroenterological Association of Thailand, Bangkok, Thailand, July 23, 2009

89)Yamamoto,H.:(Lecture) Tips for smooth intubation of the colon and small bowel. 11th International Symposium: Dianostic and therapeutic endoscopy, Dusseldorf, Germany, February 6-7, 2009

90)Yamamoto,H.: Snack with the experts: Breakout session without lectures to give the participants the opportunity to ask questions on a specific topic. 11th International Symposium: Dianostic and therapeutic endoscopy, Dusseldorf, Germany, February 6-7, 2009

91)Yamamoto,H.: (Live demonstration)11th International Symposium: Dianostic and therapeutic endoscopy, Dusseldorf, Germany, February 6-7, 2009

92)Yamamoto,H.: (Live demonstration) The Fifth Endoscopy Course / Sixth National Digestive Endoscopy Meeting, Coimbra, Portugal, March 6, 2009

93)Yamamoto,H.: (Live demonstration) DBE live demonstration in Rabat Hospital, Rabat, Morocco, March 7, 2009

94)Yamamoto,H.: ESD live demonstration & ESD lecture. ESD live demonstration in Italy, Milano, Italy, March 9, 2009

95)Yamamoto,H.: Endoscopic submucosal dissection. 10th International Endoscopy Course and Workshop, Riyadh, Saudi Arabia, March 12, 2009

96)Yamamoto,H.: (State-of-the-Art Lecture) Whole GUT endoscopy. 10th International Endoscopy Course and Workshop, Riyadh, Saudi Arabia, March 12, 2009

97)Yamamoto,H.: (Live demonstration )10th International Endoscopy Course and Workshop, Riyadh, Saudi Arabia, March 12, 2009

98)Yamamoto,H.:New Application of Double Balloon Enteroscopy. International Symposium of Advanced Endoscopy and Laparoscopic Surgery, Taipei,Taiwan,March 29, 2009

99)Yamamoto,H.:(Live demonstration) 1st Advanced Course in Interventional GI Endoscopy Techniques, Taipei, Taiwan, June 30, 2009

100)Yamamoto,H.:(State-of-the-Art Lecture) Endoscopic mucosal ablation EMR vs. ESD. 6th International Conference of Gastroenterology, Shanghai, China, July 3, 2009

101)Yamamoto,H.:(Live demonstration) Realization of procedures live. Mexican Association of Gastrointestinal Endoscopy(AMEG) National Congress in Cancun, Cancun, Mexico, September 12, 2009

102)Yamamoto,H.:(Live demonstration) Realization of procedures live. Mexican Association of Gastrointestinal Endoscopy(AMEG) National Congress in Cancun, Cancun, Mexico, September 13, 2009

103)Yamamoto,H.:(Module) Methods of endoscopic diagnostic and treatment. Mexican Association of Gastrointestinal Endoscopy(AMEG) National Congress in Cancun, Cancun, Mexico, September 14, 2009

104)Yamamoto,H.:(Masterly conference) State-of-the-art: digestive hemorrhage loss. Mexican Association of Gastrointestinal Endoscopy(AMEG) National Congress in Cancun, Cancun, Mexico, September 14, 2009

105)Yamamoto,H.: Endoscopic treatment of the digestive benign stenosis. Mexican Association of Gastrointestinal Endoscopy(AMEG) National Congress in Cancun, Cancun, Mexico, September 15, 2009

106)Yamamoto,H: Obscure gastrointestinal bleeding. Asian Pacific Digestive Week(APDW 2009), Taipei, Taiwan, September 27, 2009

107)Yamamoto,H: Advances in imaging and endoscopic treatment of small bowel disease. Asian Pacific Digestive Week(APDW 2009), Taipei, Taiwan, September 27, 2009

108)Yamamoto,H: (Live demonstration) Lower Gastrointestinal Tract. Asian Pacific Digestive Week(APDW 2009), Taipei, Taiwan, September 28, 2009

109)Yamamoto,H: (Chair Session) Recent advances in imaging for diagnosis and treatment of occult GI bleeding. Asian Pacific Digestive Week(APDW 2009), Taipei, Taiwan, September 29, 2009

110)Yamamoto,H.: (The bruce family lecture) Visualizing the Small Bowel: My Journey. Twenty-second International course on therapeutic endoscopy, Toronto, Canada, October 2, 2009

111)Yamamoto,H.: (Conference) ESR(Endoscopic Submucosal Resection) HOW I DO IT. XXXV Brazilian Congress of Gastrointestinal Endoscopy, Salvador, Brazil, October 26, 2009

112)Yamamoto,H.: (Lecture) In Neoplasic lesions. XXXV Brazilian Congress of Gastrointestinal Endoscopy, Salvador, Brazil, October 26, 2009

113)Yamamoto,H.:(Conference) Morphological classification of colonic malignant lesions. XXXV Brazilian Congress of Gastrointestinal Endoscopy, Salvador, Brazil, October 27, 2009

114)Yamamoto,H.:(Conference) Results of endoscopic treatment according used technics. XXXV Brazilian Congress of Gastrointestinal Endoscopy, Salvador, Brazil, October 27, 2009

115)Yamamoto,H.: (Lecture) Complicatons’s therapy: techniques and results. XXXV Brazilian Congress of Gastrointestinal Endoscopy, Salvador, Brazil, October 27, 2009

116)Yamamoto,H.: (Fujinon Satellite Symposium) Frontiers of endoscopy: exploring the boundaries. UEGW / WCOG Gastro 2009, London, UK, November 23, 2009

117)Yamamoto,H.: (Lecture) Balloon Enteroscopy. UEGW / WCOG Gastro 2009, London, UK, November 24, 2009

118)Yamamoto,H.:(Lecture) Enteroscopia of Double Balloon-History and General Concepts. Clinical U International Course of Small intestine of Marly, Cartagena, Colombia, December 3, 2009

119)Yamamoto,H.:(Lecture) Enteroscopia in having Bled Digestive Dark. Clinical U International Course of Small intestine of Marly, Cartagena, Colombia, December 3, 2009

120)Yamamoto,H.:(Lecture) Enteroscopia with balloon in E U : Techinical Diagnostic and Therapeutic. Clinical U International Course of Small intestine of Marly, Cartagena, Colombia, December 3, 2009

121)Yamamoto,H.:(Lecture) Enteroscopia in Tumors of Small intestine. Clinical U International Course of Small intestine of Marly, Cartagena, Colombia, December 5, 2009

122)Yamamoto,H.: (Lecture) Enteroscopy: Double, Single or no balloon? ISG-CON’2009, Kolkata, India, December 12, 2009

123)Yamamoto,H.: (Session) Enteroscopy-Present scenario. ISG-CON’2009, Kolkata, India, December 12, 2009




座長・司会

畑中恒:(座長)第303回日本消化器病学会関東支部例会、東京、2009年2月21日

飯田三雄、菅野健太郎:(司会:シンポジウム)第5回日本消化管学会総会学術集会、東京、2009年2月12日

伊佐山浩通、玉田喜一:(司会:ワークショップ)第45回日本胆道学会学術集会、千葉、2009年9月18日

礒田憲夫:(司会)市民公開講座「肝疾患の病態と治療」?肝がん撲滅運動?、自治医科大学、2009年1月18日

礒田憲夫:(座長)第1回栃木肝細胞癌セミナー、宇都宮、2009年11月20日

礒田憲夫:(座長)第95回日本消化器病学会総会、札幌、2009年5月9日

樫田博史、山本博徳:(司会:合同パネルディスカッション)第51回日本消化器病学会大会、京都、2009年10月14日

松井敏幸、山本博徳:(司会)第10回臨床消化器病研究会、東京、2009年7月25日

宮田知彦:(座長)第88回日本消化器内視鏡学会関東地方会、東京、2009年6月13日

宮田知彦:(座長)第305回日本消化器病学会関東支部例会、宇都宮、2009年7月11日

武藤弘行:(座長)第51回日本消化器病学会大会、京都、2009年10月14日

大澤博之:(座長)第51回日本消化器病学会大会、京都、2009年10月14日

坂本長逸、菅野健太郎:(司会:シンポジウム)第95回日本消化器病学会総会、札幌、2009年5月7日

坂本長逸、山本博徳:(司会:ビデオシンポジウム)第77回日本消化器内視鏡学会総会、名古屋、2009年5月23日

菅野健太郎:(司会)第20回日本消化器内視鏡学会関東セミナー、東京、2009年1月25日

菅野健太郎:(司会:教育講演)第77回日本消化器内視鏡学会総会、名古屋、2009年5月22日

菅野健太郎:(司会:ランチョンセミナー)第77回日本消化器内視鏡学会総会、名古屋、2009年5月22日

菅野健太郎:(司会:ランチョンセミナー)第15回日本ヘリコバクター学会学術集会、東京、2009年6月26日

菅野健太郎:(座長)薬師寺消化器セミナー、自治医科大学、2009年7月8日

菅野健太郎:(司会:特別講演)第8回自治医科大学シンポジウム、自治医科大学、2009年8月29日

菅野健太郎:(座長:特別講演)第10回自治医科大学消化器内科学教室同門会、宇都宮、2009年9月6日

菅野健太郎:(座長:特別講演)第35回日本診療情報管理学会学術大会、浜松、2009年9月17日

菅野健太郎:(司会:特別講演)第51回日本消化器病学会大会、京都、2009年10月16日

菅野健太郎:(座長)IBS-IBD TOP Meeting in Tochigi, 宇都宮、2009年11月11


菅野健太郎:(司会:教育講演)第47回小腸研究会、福岡、2009年11月14日

菅野健太郎:(座長:特別講演)第1回栃木肝細胞癌セミナー、宇都宮、2009年11月20日

菅野健太郎:(司会)第8回消化器病フォーラム、品川、2009年11月28日

菅野健太郎、陳勁松:(司会)第81回日本胃癌学会総会、東京、2009年3月5日

砂田圭二郎:(座長)第78回日本消化器内視鏡学会総会、京都、2009年10月17日

田尻久雄、山本博徳:(司会)第8回国際消化器内視鏡セミナー(横浜ライブ2009)、横浜、2009年3月15日

玉田喜一:(座長)第95回日本消化器病学会総会、札幌、2009年5月7日

玉田喜一:(座長)第77回日本消化器内視鏡学会総会、名古屋、2009年5月22日

玉田喜一:(座長)第10回自治医科大学消化器内科学教室同門会、宇都宮、2009年9月6日

玉田喜一:(座長)第51回日本消化器病学会大会、京都、2009年10月16日

玉田喜一:(座長)第78回日本消化器内視鏡学会総会、京都、2009年10月17日

山本博徳:(座長)第8回大腸画像アカデミー、東京、2009年1月17日

山本博徳:(司会)第2回分光画像内視鏡研究会、東京、2009年1月31日

山本博徳:(司会)第13回小腸内視鏡研究会、京都、2009年2月21日

山本博徳:(座長)Infliximab Clinical Seminar in 栃木、宇都宮、2009年4月3日

山本博徳:(司会:サテライトセミナー)第77回日本消化器内視鏡学会総会、名古屋、2009年5月22日

山本博徳:(司会)第88回日本消化器内視鏡学会関東地方会、東京、2009年6月12-13日

山本博徳:(座長)第10回自治医科大学消化器内科学教室同門会、宇都宮、2009年9月6日

山本博徳:(座長)第2回Infliximab Clinical Seminar in 栃木、宇都宮、2009年9月25日

山本博徳:(司会)第78回日本消化器内視鏡学会総会、京都、2009年10月14日

山本博徳:(司会:ランチョンセミナー)第78回日本消化器内視鏡学会総会、京都、2009年10月17日

山本博徳、後藤秀実:(司会:ワークショップ)第5回日本消化管学会総会学術集会、東京、2009年2月13日

山本博徳、緒方晴彦:(司会:シンポジウム)第88回日本消化器内視鏡学会関東地方会、東京、2009年6月12日

山本博徳、緒方晴彦:(司会:シンポジウム)第27回日本大腸検査学会総会、東京、2009年11月29日

矢野智則:(座長)第78回日本消化器内視鏡学会総会、京都、2009年10月17日

矢野智則、大宮直木:(司会)第5回日本消化管学会総会学術集会、東京、2009年2月13日

Sugano,K.: (Chair) ICD Revision Steering Group, Geneva, Switzerland, April 20, 2009

Sugano,K.:(Chairperson) 6th International Conference of Gastroenterology, Shanghai, China, July 2, 2009





▲Page Top
 〒329-0498
 栃木県下野市薬師寺3311-1
 TEL 0285-58-7348
 FAX 0285-44-8297

copyright(c) Jichi Medical University Department of Internal Medicine Division of Gastroenterology