ご挨拶

スタッフ紹介

鯉渕 晴美 (こいぶち はるみ)

千葉県船橋市出身(千葉県立船橋高等学校卒)
大分医科大学卒(現在の大分大学医学部)

大分医大を1998年3月に卒業後、自治医大小児科を経て、2001年3月から現在の自治医大臨床検査医医学に所属しています。
超音波検査専門医を取得後、「せっかく臨床検査医学に所属しているのだから」と検体系の勉強もさせていただき、臨床検査専門医も取得しました。
大学での仕事のメインは超音波検査ですが、検体検査にも関わっています。
学位のテーマは「超音波探触子が細菌を伝搬する可能性についての研究」で、2012年8月に学位を取得しました。
現在は、「超音波エネルギーを用いたカテーテル関連バイオフィルム血流感染症の新規予防法の開発」という課題で研究しています。

役職

講師

資格

日本臨床検査医学会臨床検査専門医
日本超音波医学会認定超音波専門医/指導医(総合)
Infection Control Doctor (ICD)
日本医師会認定産業医
日本臨床微生物学会認定医

専門分野

超音波検査全般
院内感染対策

ページトップに戻る