#

新入生歓迎ページ

#



新入生の諸君
  入学おめでとう!!



photo
 

このページでは、写真を混ぜながら私たち弓道部について知ってもらおうと思う。

photo
 
photo

これから自治医科大学弓道部を、いくつかの特徴を挙げながら説明してみる。


@活動場所

みんなもちろんわかると思うが、弓道部の練習場所は弓道場。寮から約3分くらいで到着する。


photo

ちなみに、使用している道場は最大12的まで立てられる。他の大学に比べてもとても恵まれている!


A活動時間

他のページにも書いてあるとは思うが、弓道部の練習時間は

月・水 17:30〜20:30  土 9:00〜12:00 だ!


B部員が多彩

自治医科大学の学生は全国から来ているから、現役部員だけでも北は北海道、南は鹿児島までいる。自分の県人会の先輩だけではなく、看護学生なら同じ高校の先輩がいることもあるぞ。


我ら弓道部は、初心者経験者大歓迎!

部員の中には高校時代インターハイに出場した者もいる。でも4年生は全員初心者だった。


 

他にも

photo

記録に残る先輩や


 

 
photo

記憶に残る先輩もいるぞ!


 
 
photo

さらにこんな美人な先輩や


 
photo

こんなかわいい先輩と


 
photo

一緒に写真を撮ったり


 
photo

足の下に敷いてもらったりできるのもうちの部の特権だ。(キャラによる)
受験生活は長く苦しかっただろうが、君もこんな楽しい大学生活を満喫してみないか?だって大学生だもの。



 
 
photo

女の子の君たちには、道場でこんなイケメン達が待っているぞ。


 
photo

もしかしたら、HONDAのスポーツカーでご飯食べドライブがあるかもしれない。どうだい、わくわくするだろう?



 

Cご飯食べ

うちの弓道部はご飯食べ抜きでは語れない。
もちろん新入生は1年間タダ飯!!
しかも弓道部は焼き肉屋からおしゃれなカフェまで、行きたいところに連れて行ってくれるぞ。せっかく栃木まで来たんだから、おいしいもの食べんとねぇ☆


 
photo

土用の丑の日に。うな重マジうまいっす。



 
 

Dイベント

弓を引くだけが弓道部の活動ではない。
弓道部では新入生とドライブに行ったり、各遠征先でも観光したり小さな恋が芽生えたり♡したり、決して飽きることはないはず。


photo

去年の夏はみんなで花火大会に遊びに行きました。


 
 

E最後に…

いろいろ話してきたが、最後はやはり自治医大弓道部について自分なりに語らせてもらおうと思う。


実は自治医大弓道部には先生が3人いらっしゃる。

千葉栄祐教士七段

笠倉昭彦教士七段

山田憲一教士六段

なかでも、千葉先生は本田流と小笠原流のどちらの師範でもある。
もし入部すれば、昇段審査の審査員をしていらっしゃる先生方に体配などを教えていただくことができるぞ!

photo
 

我が弓道部には多くの初心者が入部しているが、一年以内にそのほぼ全員が初段を獲得している。


また、弓道部員は射礼が全員できるようになる。社会人になってから弓道を続けていくことになっても、射礼ができることは大きな利点となるらしい。
場合によっては和服での射礼も見たり行ったりできるかもしれない。

photo
 

初心者なりに弓道の楽しいところを挙げてみると、やっぱり矢が的に中った(あたった)時の音だと思う。特に新的(これは一部の人だが)

最初はなかなか中らないが、しだいに中るようになるにつれてその音の気持ちよさがわかると思う。


 
 
photo

他大学さんともチームを組んで試合に臨んだり


 
 
photo

飲んだりすることで仲良くなれる。


 
 

ところで正規連は

月・水 17:30〜20:30  土 9:00〜12:00

だったね?


ぜひ道場に足を運んでもらって、弓道という武道の持つ楽しさ、そして弓を引いている時の緊張感を肌で体感して欲しい。


photo
 
photo
 
photo
 
 
 
 
 

医学部の君たちには僕たちと

東医体

(東日本の医学部生で争われる夏の祭典)を一緒に戦って欲しい!


photo
 
photo

俺たちと暑い夏を過ごそうぜ!!


 
 

看護学生のあなたも、仲良く和気あいあいとした雰囲気の中で

看学戦

に向かって一緒に弓道をしよう!!

photo
 
photo
 
 
 

そして弓を引いた後にはおいしいお酒をみんなで飲もう!!

photo
 
 

私たちは、新入生のみんなが自治医科大学で最高に楽しい大学生活を送って欲しいと考えています。もしその大学生活の一部分を弓道部で過ごしてもらえるなら、こんなに嬉しいことはありません。


最後まで読んでくださってありがとうございました。

 
 
totop