1. トップページへ戻る
  2. 初期臨床研修
  3. 各科初期研修カリキュラム
  4. 泌尿器科

各科初期研修カリキュラム

泌尿器科

泌尿器科では、腎・尿管・膀胱・前立腺・精巣の癌、前立腺肥大症や神経因性膀胱などに伴う排尿障害、男性不妊症、尿路性器感染症、尿路結石、副腎、後腹膜疾患などの診断・治療を精力的に行っています。エビデンスに基づく標準的医療を提供するとともに、QOLを重視した低侵襲手術(内視鏡手術)や分子標的薬の導入、ロボット支援手術など最先端の医療を提供できるよう努力しています。患者さんの病んでいる気持ちを理解するとともに、その疾患を的確に判断し対処する能力を備えた泌尿器科医を育成することを目指しています。

指導医(人数) 7名
専門医(人数) 10名
指導医・専門医(氏名) 高山 達也中西 公司黒川 真輔

研修概要

高齢化社会を迎え、前立腺癌、前立腺肥大症、尿失禁などの泌尿器科疾患が増加し、泌尿器科の臨床的需要は拡大傾向にあります。当科では、泌尿器科指導医によるマンツーマンでの指導の下に、泌尿器科領域におけるプライマリケアを習得するとともに医師として望ましい診療態度を習得します。診療チームの一員として、外来・病棟診療ならびに手術に参加し、泌尿器科疾患全般を経験し、泌尿器科特有の基本的検査・治療手技・診断知識を短期間に習得できるようなカリキュラムとなっています。

研修内容(1~3ヶ月間)

経験できる症例の平均的モデルを示します。
病棟では、指導医の下で入院患者(主に泌尿器生殖器腫瘍、尿路感染症、尿路結石症)を受け持ち(約15症例),担当患者を診察し、診断・治療計画をたて、手術には助手として参加し、術前術後管理を習得します。また、指導医の下で、外来検査、小手術ならびにESWLを経験することができます(約30症例)。

到達目標

(1)一般目標(GIO)
泌尿器疾患の病態・診断・治療を理解し、泌尿器科の診断や手技を理解する。
1) 病歴聴取、全身診察、局所診察法(腎、前立腺、陰嚢内容)など 泌尿器科的診察が出来る。
2) 指導医のもとで尿検査、超音波検査(腎、膀胱、前立腺)、放射線検査、膀胱鏡検査、下部尿路機能検査を実施またはオーダーし、評価できる 。
3) 指導医のもとで導尿、尿道カテーテル留置、膀胱瘻造設、腎瘻造設や尿管ステント留置を行うことが出来る。
4) 術者あるいは助手として手術に参加するし、手術内容を理解できる。

(2)個別目標(SBO)
1.診断・検査手技
□前立腺直腸診
□腎、膀胱、精巣、前立腺の超音波検査
□膀胱尿道鏡検査
2.治療手技
□導尿法
□留置カテーテル交換
3.手術手技
□切開・縫合
□前立腺生検
□精巣摘除術
□経皮的腎瘻造設
□経皮的膀胱瘻造設
□体外衝撃波結石破砕術(ESWL)

週間スケジュール

午前 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
病棟回診 抄読会、病棟回診、手術 病棟回診 病棟カンファレンス、教授回診、手術 病棟回診、手術
午後 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
外来検査、外来小手術 手術、、医局会、外来カンファレンス 外来検査、外来手術(体外衝撃波砕石術) 手術、外来検査・小手術 手術

研修協力病院

自治医科大学附属さいたま医療センター、新小山市民病院、JCHOうつのみや病院、芳賀赤十字病院、古河赤十字病院、佐野厚生総合病院、とちぎメディカルセンター下都賀総合病院、とちぎメディカルセンターとちの木病院、今市病院、結城病院、真岡病院、小金井中央病院、二宮中央クリニック

経験できる症例

尿路性器腫瘍、尿路結石、尿路性器感染症、神経因性膀胱、腎後性腎不全、男性性機能障害、尿路性器奇形、腎外傷、尿道損傷、男性不妊症

指導医からのメッセージ

急速に進行する高齢化社会に伴い、泌尿器科医の臨床的需要(前立腺癌、排尿障害等)は高まるばかりです。当科での研修の特徴のひとつは、短期間で様々な泌尿器科疾患を有する多くの症例を経験することができることです。皆さんの研修のお手伝いをさせていただきます。

このページのトップへ戻る