自治医科大学 小児科学講座 | Jichi Medical University Dept. of Pediatrics

自治医科大学とちぎ子ども医療センターは、大学病院併設型の小児病院です。

【診療内容】神経・発達

calendar

reload

診療

ひと月の疾患毎ののべ診療患者数としては、てんかん 400-500人、脳性麻痺や脳炎等による痙性麻痺 100-150人、自閉症スペクトラム障害、知的障害、学習障害や注意欠陥多動性障害等の発達障害400-500人、先天代謝異常症 約20人、染色体異常や中枢神経形成異常 約70人、神経皮膚症候群20-30人、筋ジストロフィー、重症筋無力症などの神経筋疾患 30-40人、白質脳症、脊髄小脳変性症などの神経変性疾患 4-5人、チック障害、吃音、頭痛等 30-40人であり。この他、人工呼吸器外来において、35人の在宅人工呼吸器患者を診療しています
また、入院治療はインフルエンザ脳症などの急性脳炎・脳症が年間約20例、その他、難治性てんかんの診断治療、先天代謝異常症、髄膜炎、その他の神経筋疾患の入院患者数は月に平均約15名です。当院は小児神経科専門医研修認定施設、日本てんかん学会認定医(臨床専門医)研修施設であり、これらの資格をとることができます。

研究

神経疾患・代謝異常の遺伝子解析、生化学的検査、発達障害の原因遺伝子解析、脳機能解析などを行うグループがあり、それぞれ活動的に研究を行っています。現在、小児神経疾患の分子病態・治療に関する研究の中でも主に発達障害に着目し、以下の課題に取り組んでいます。

  1. 遺伝性疾患・先天異常の原因遺伝子解析(a.自閉性障害、知的障害の病因遺伝子解析、b.自閉性障害の分子病態解明と治療法開発研究、c.ミトコンドリア異常症等の原因遺伝子の研究、d.遺伝子診断など)

    自閉性障害、知的障害を中心とした発達障害の病因解明のため、分子遺伝学的解析による患者の病因遺伝子同定、Social Brain(言語機能など)の分子機構、遺伝子変異を導入した遺伝子改変マウスや神経細胞培養系を用いて、機能障害と小胞体ストレスを中心に病態解析と治療法の開発を行っています。こうした病態解析は、自閉性障害のみならず、睡眠障害、てんかん、不安障害等の解析へつながることが期待できます。ミトコンドリア異常症等についても解析を行なっています。また、代謝性筋疾患の酵素診断、遺伝子診断は国内の症例が本講座に数多く集ま っています。

  2. 発達障害児の脳機能解析 注意欠陥多動性障害(ADHD)患者における近赤外線スペクトロメトリー(光トポグラフィー)を用いた脳機能解析も行っています
    また、研究機器として、Real time PCR、マイクロアレイ解析機など大型機器および基礎実験機器類が常備されています。

研修内容

神経筋疾患で入院した患者の主治医となり、診断、治療について研修します。
病歴の取り方、症状の見方、神経学的所見の取り方、検査プランの立て方、脳波、画像診断、誘発電位などの電気生理学的検査など、神経筋疾患の診断に必要な検査の結果の判定、治療方針の決定等について習熟していただきます。
抗てんかん薬の使用方法、療育やリハビリに関して理解します。
疾患の種類は多く、多彩な疾患について研修可能です。
神経筋疾患には、先天代謝異常や遺伝子変異により起こる疾患も多く、先天代謝異常症や遺伝学的知識の理解も重要です。
病棟診療により神経疾患診療に慣れた後、神経外来を見学し、やがて外来主治医として神経外来診療を行なっていただきます。

研修施設認定

小児神経専門医研修施設認定
てんかん専門医研修施設認定
臨床遺伝専門医研修施設認定(大学として認定)
小児神経専門医取得とともに、これらの専門医の取得が可能です。