1. トップページへ戻る
  2. 初期臨床研修
  3. 初期臨床研修の概要

初期臨床研修 初期臨床研修の概要

自治医科大学附属病院卒後臨床研修プログラムには各研修医の希望に応じて多くのパターンがあります。医学部4、5、6年生の皆さん、見学、実習に来てください。構内レジデントハウスのご利用が可能です。(3泊まで無料。4泊目から1日につき1,000円)。近隣のホテル等にご宿泊いただく場合には、1泊につき上限で4,000円の補助があります。
自治医大附属病院は30年以上前からローテート研修を行っている経験・実績があります。入局希望とは関係なく研修医を育てる風土があります。僻地勤務の義務は生じません。

自治医大附属病院卒後臨床研修コースの3大特徴



日本全国から集った、初期・後期研修医がのびのびと修練を積んでいます。
出身大学(愛知医科大学、秋田大学、旭川医科大学、岩手医科大学、愛媛大学、大分大学、鹿児島大学、杏林大学、金沢医科大学、金沢大学、川崎医科大学、岐阜大学、熊本大学、久留米大学、群馬大学、高知大学、埼玉医科大学、佐賀大学、札幌医科大学、産業医科大学、滋賀医科大学、自治医科大学、島根大学、順天堂大学、昭和大学、信州大学、筑波大学、帝京大学、東海大学、東京医科大学、東京医科歯科大学、東京慈恵会医科大学、東京女子医科大学、東京大学、東邦大学、徳島大学、獨協医科大学、鳥取大学、富山大学、長崎大学、奈良県立医科大学、新潟大学、日本大学、日本医科大学、浜松医科大学、弘前大学、福島県立医科大学、藤田保健衛生大学、宮崎大学、山形大学、山口大学、山梨大学、和歌山県立医科大学)。




自治医大はプライマリーケア重視の先駆者 1次-3次医療機関として地域に貢献しています。切り傷・かぜから重症外傷・まれな疾患まで、市中病院と大学病院を合わせた豊富な症例を経験できます。 広い研修医室を用意。仮眠室コーナーあり。新しいデスク・ロッカーを全員に。キャンパス内に研修医住宅。遠足、旅行、懇親会多数あり。

初期研修修了後、約8割の研修医が後期研修に残り、理想的な「屋根瓦」が形成されています。引き続き後期研修を行う場合、4月前半は初期研修最後の科で新研修医の指導を行なう慣例になっています。

このページのトップへ戻る