統合病理学部門

松原 大祐

Matsubara Daisuke

松原 大祐

あいさつ

足掛け15年間、自治医科大学の病理学講座に携わってまいりました。2021年4月以降は、診断業務からは離れますが、研究に関しては、非常勤として、サポートさせてください。 病理標本は増え続け、診断の比重が日に日に増していき、若手病理医にとっては、目の前の標本を片付けるので手一杯かもしれませんが、その一方で、国内外でのAIによる病理画像解析、次世代シークエンサーによる解析がすすみ、さらに、IT企業の参入によって、”病理業界の未来”は、ある意味、明るいと思います。数年ですぐに刷新される規約に従って書くことを頑張っていれば(大事ですけど)、食べてはいけますが、それだけでは、飽きてくるかもしれません。病理医であれば、くいっぱぐれることはないわけですから、研究なんて、別にやってもやらなくてもよいのかもしれませんが、だからこそ、”遊び”として研究をやってみては、と思います。

略歴

2000年:東京大学医学部卒業
     東京大学大学院 医学系研究科 人体病理学教室進学
2004年:博士課程修了(医学博士取得)
2004年:国立国際医療センター病理部 技官
2006年:自治医科大学 病理学講座 統合病理学部門 助教
2012年:東京大学医科学研究所 人癌病因遺伝子分野 講師
     東京大学医科学研究所 病理コアラボI 室長
2015年:自治医科大学 病理学講座 統合病理学部門 准教授
     東京大学医科学研究所 人癌病因遺伝子分野 客員准教授
2021年:国立大学法人 筑波大学医学医療系 診断病理学研究室 教授
     自治医科大学 客員教授

学位・専門医資格等

医師、医学博士
日本病理学会 認定専門医
日本臨床細胞学会 細胞診専門医
日本臨床検査医学会 臨床検査管理医

学会・委員

日本癌学会評議員
日本病理学会評議員
日本肺癌学会評議員
日本細胞診学会
日本臨床検査医学会
米国癌学会 (Active member)
国際肺癌学会 (Pathology committee member)

日本病理学会「ゲノム研究用試料に関する病理組織検体取扱ガイドライン審議会」委員
日本肺癌学会病理委員会委員

受賞

2018年11月 日本病理学会 学術研究賞(A演説)
2018年11月 自治医科大学医学部優秀論文賞(First author)
2014年11月 国際病理アカデミー(IAP)日本支部 病理診断学術奨励賞
2010年4月 日本病理学会 学術奨励賞
2009年11月 日本肺癌学会 優秀ポスター賞

著書・論文

総説、著書

1.著者:Matsubara Daisuke. WHO Classification of Tumors-Thoracic Tumor, 5th edition. Responsible author of "AAH" and "MIA"(分担執筆)
2.著者:Matsubara Daisuke. IASLC ATLAS OF DIAGNOSTIC IMMUNOHISTOCHEMISTRY. (分担執筆)
3.著者:松原大祐 「胸部の原発不明がんの鑑別」病理と臨床 巻:35(2) 2017年
4.著者:仁木利郎、松原大祐 「クロマチンリモデリング因子と癌」病理と臨床 巻:30(9):1019 -1021、2012年
5.「癌診療指針のための病理診断プラクティス肺癌」中山書店(分担執筆)
6.標準臨床検査学「病理学・病理検査学」病理学各論 医学書院(分担執筆) 総説・解説記事
7.著者:松原大祐、仁木利郎 「病理診断医になじみのある疾患関連分子 MET 診断編」病理と臨床 巻:29 号:臨時増刊号 ページ:318-319、発行年:2011年04月23日
8.著者:松原大祐、仁木利郎 「病理診断医になじみのある疾患関連分子 MET 解説編」病理と臨床 巻:29 号:臨時増刊号 ページ:313-317、発行年:2011年04月23日

論文

1.Matsubara, Daisuke; Yoshimoto, Taichiro; Soda, Manabu; Amano, Yusuke; Kihara, Atsushi; Funaki, Toko; Ito, Takeshi; Sakuma, Yuji; Shibano, Tomoki; Endo, Shunsuke; Hagiwara, Koichi; Ishikawa, Shumpei; Fukayama, Masashi; Murakami, Yoshinori; Mano, Hiroyuki; Niki, ToshiroReciprocal expression of TFF-1 (trefoil factor-1) and TTF-1 (thyroid transcription factor-1) in lung adenocarcinomas. Canser Sci, 2020 in press (IF:4.966)

2.Takeshi Ito, Atsuko Nakamura, Ichidai Tanaka, Yumi Tsuboi, Teppei Morikawa, Jun Nakajima, Daiya Takai, Masashi Fukayama, Yoshitaka Sekido, Toshiro Niki, Daisuke Matsubara*, and Yoshinori Murakami. CADM1 associates with Hippo pathway core kinases; membranous co-expression of CADM1 & LATS2 in lung tumors predicts good prognosis. Canser Sci, 2019;110:2284-2295. doi: 10.1111/cas.14040. (corresponding author, co-last author) Cancer Science2019年7月号のハイライト論文(IF:4.966)

3.Matsubara D, Soda M, Yoshimoto T, Amano Y, Sakuma Y, Yamato A, Ueno T, Kojima S, Shibano T, Hosono Y, Kawazu M, Yamashita Y, Endo S, Hagiwara K, Fukayama M, Takahashi T, Mano H, Niki T. Inactivating mutations and hypermethylation of the NKX2-1/TTF-1 gene in non-TRU-type lung adenocarcinomas. Cancer Sci, 2017 Jul 5. doi: 10.1111/cas.13313. (IF:4.966)

4.Ito T, Matsubara D*, Tanaka I, Makiya K, Tanei ZI, Kumagai Y, Shiu SJ, Nakaoka HJ, Ishikawa S, Isagawa T, Morikawa T, Shinozaki-Ushiku A, Goto Y, Nakano T, Tsuchiya T, Tsubochi H, Komura D, Aburatani H, Dobashi Y, Nakajima J, Endo S, Fukayama M, Sekido Y, Niki T, Murakami Y. Loss of YAP1 Defines Neuroendocrine Differentiation of Lung Tumors. Cancer Sci, 2016;107:1527-1538. doi: 10.1111/cas.13013. (corresponding author) (IF:4.966)

5.Matsubara D, Kishaba Y, Yoshimoto T, Sakuma Y, Sakatani T, Tamura T, Endo S, Sugiyama Y, Murakami Y, Niki T. Immunohistochemical analysis of the expression of E-cadherin and ZEB1 in non-small cell lung cancer. Pathol Int. 64: 560-8, 2014. (IF:2.110)

6.Ibrahim R, Matsubara D*, Osman Y, Morikawa T, Goto A, Morita S, Ishikawa S, Aburatani H, Takai D, Nakajima J, Fukayama M, Niki T, Murakami Y. Expression of PRMT5 in lung adenocarcinoma and its significance in epithelial-mesenchymal transition. Human Pathol. 45: 1397-1405, 2014 (corresponding author) (IF:2.740)

7.Matsubara D, Kishaba Y, Ishikawa S, Sakatani T, Oguni S, Tamura T, Hoshino H, Sugiyama Y, Endo S, Murakami Y, Aburatani H, Fukayama M, Niki T. Lung Cancer with Loss of BRG1/BRM, shows Epithelial Mesenchymal Transition Phenotype and Distinct Histologic and Genetic Features. Cancer Sci. 2013;104(2):266-73. (IF:4.966)

8.Matsubara D, Kanai Y, Ishikawa S,Ohara S, Yoshimoto T, Sakatani T, Oguni S,Tamura T, Kataoka H, Endo S, Murakami Y, Aburatani H, Fukayama M and Niki T. Identification of CCDC6-RET Fusion in a Human Lung Adenocarcinoma Cell Line, LC-2/ad.J Thorac Oncol. 2012;7(12):1872-6. (IF:13.357)

9.Matsubara D, Niki T. Epidermal Growth Factor Receptor Mutation and Chemosensitivity. J Thorac Oncol. 2012;7(4):771-772. (IF:13.357)

10.Matsubara D, Ishikawa S, Oguni S, Aburatani H, Fukayama M, Niki T. Co-activation of epidermal growth factor receptor and c-MET defines a distinct subset of lung adenocarcinomas. Am J Pathol. 2010;177(5):2191-2204. (IF:3.762)

11.Matsubara D, Ishikawa S, Oguni S, Aburatani H, Fukayama M, Niki T. Molecular predictors of sensitivity to the MET inhibitor PHA665752 in lung carcinoma cells. J Thorac Oncol. 2010;5:1317-24.Journal of thoracic oncoly 2010年9月号のハイライト論文(IF:13.357)

12.Matsubara D, Morikawa T, Goto A, Nakajima J, Fukayama M, Niki T. Subepithelial myofibroblast in lung adenocarcinoma: a histologic indicator of excellent prognosis. Mod Pathol. 2009;22:776-85. (IF:6.365)

13.Matsubara D, Niki T, Ishikawa S, Goto A, Ohara E, Yokomizo T, Heizmann CW, Aburatani H, Moriyama S, Moriyama H, Nishimura Y, Funata N, Fukayama M Differential expression of S100A2 and S100A4 in lung adenocarcinomas: clinicopathologic significance, relationship to p53, and identification of their target genes. Cancer Sci. 2005;96:844-57. (IF:4.966)