Presentations at meetingCollections of member's presentations)
International meetings
Domestic meetings
Publications

  International meetings  [To meetings' top page] 

   L. Cui    S. Watanabe    K. Kiga   
T. Sasahara    Y. Sato    Y. Aiba    

  Longzhu Cui, Professor  [To international meetings' top page]
  1. Longzhu Cui & Hui-min Neoh.  Reversible Chromosome Inversion and Staphylococcal SCV. Poster.  Gordon Research Conference on Staphylococcal Diseases, July 11-18, 2015.  Renaissance Tuscany Il Ciocco, Lucca (Barga), Italy. 
  2. Longzhu Cui, Hidehito Matsui and Hideaki Hanaki. A modified agar screening method for detection of heterogeneous vancomycin-intermediate Staphylococcus aureus. 24th European Congress of Clinical Microbiology and Infectious Diseases (ECCMID). Barcelona, Spain, 10 - 13 May, 2014.
  3. Longzhu Cui, Akira Iwamoto, Hiramatsu Keiichi and Hideaki Hanaki.  Reversible Chromosome Inversion and Phenotype Switching of Staphylococcal SCV. Gordon Research Conference, Staphylococcal Diseases, July 28 - August 2, 2013, Waterville Valley Resort, Waterville Valley, NH, USA.
  4. Longzhu Cui, Hidehito Matsui, Taiji Nakae and Hideaki Hanaki.  Chromosomal mutation, other than mec operon, promotes high-level oxacillin resistance in OS-MRSA. 28th International Congress of Chemotherapy and Infection (ICC 2013), 5th-8th, June, 2013, Yokohama, Japan.
  5. Longzhu Cui.  Staphylococcal Phenotype Switching via a Large-scale Genome Flip-Flop Inversion. Oral presentation. 15th International Symposium on Staphylococci & Staphylococcal Infections (15th ISSSI), 26–30 August, 2012, Lyon, France. (Symposium).
  6. Longzhu Cui, Hui-min Neoh, Akira Iwamoto and Keiichi Hiramatsu.  Genetic Mechanism of Dual Daptomycin and Vancomycin resistance in Staphylococcus aureus.  The 8th International Symposium on Antimicrobial Agents and Resistance.  April 6-8, 2011 COEX, Seoul, Korea. 
  7. Longzhu Cui, Mitutaka Shoji, Yukiko Watanabe and Keiichi Hiramatsu.  Genetic Mechanisms of Vancomycin Resistance in Vancomycin Intermediate Staphylococcus aureus.  International Union of Microbiological Societies 2011 Congress.  6 - 16 September 2011.  Sapporo, Japan. 
  8. Longzhu Cui.  Molecular and Genetic Mechanisms of Vancomycin Resistance in Vancomycin Intermediate Staphylococcus aureus (VISA).  Invited speaker.  BIT's 1st Annual World Congress of Microbes-2011 (WCM-2011).  July 30 - August 1, 2011, Beijing, China. (Symposium)
  9. Longzhu Cui.  Do we need a smaller Magic Bullet for combating Staphylococcal infections?: Mechanism of vancomycin-resistance in vancomycin-intermediate S. aureus. Invited speaker.  EHRLICH II, 2nd World Conference on Magic Bullets, October 3-5, 2008, in Nürnberg, Germany. (Workshop)
  10. Longzhu Cui, Hui-min Neoh, Keiichi Hiramatsu.  On graSR system.  2007.  GRC on Staphylococcal diseases (Switzerland). 
  11. Longzhu Cui, Hui-min Neoh, Keiichi Hiramatsu.  A Mutated Response-Regulator graR is Responsible for Hetero-VISA to VISA Phenotypic Conversion of Vancomycin Resistance in Staphylococcus aureus.  2007.  ISAAR (Singapore).  (優秀パスター賞を受賞).  
  12. Longzhu Cui, Title: Mechanism of Vancomycin Resistance in Vancomycin-Intermediate Staphylococcus aureus.  Oral presentation. 12th International Symposium on Staphylococci and Staphylococcal Infections (ISSSI), 3-6 September 2006, Maastricht Exhibition & Congress Centre, Maastricht, The Netherlands. (Symposium)
  13. Longzhu Cui, Akira Iwamoto and Keiichi Hiramatsu.  Thickened Cell Wall Delays the Diffusion of Vancomycin to the Target of Action: a new Model of Vancomycin Resistance in Vancomycin-Intermediate S. aureus (VISA).  Gordon Research Conference, Staphylococcal Diseases, August 21-26, 2005, Salve Regina University, Newport, RI, USA. 
  14. Longzhu Cui, Jianqi Lian, Huimin Neoh and Keiichi Hiramatsu.  A novel mechanism of antibiotic resistance: Thickened cell wall determines low-level vancomycin resistance in S. aureus.  Poster.  Gordon Research Conference, Staphylococcal Diseases, September 7-12, 2003.  Queen's College, Oxford, UK. 
  15. Longzhu Cui,  Title: Mechanism of Glycopeptide Resistance.  Invited speaker.   The 3rd International Symposium on Antimicrobial Agents and Resistance (ISAAR2003). Abs.B1;p393.  July 16-18, 2003, Seoul Korea. (Symposium)
  16. Longzhu Cui and Keiichi Hiramatsu.  Thickened cell wall as the major phenotypic determinant of vancomycin resistance in S. aureus.  International Symposium on Staphylococci and Staphylococcal Infections (ISSSI) 10th meeting in Tsukuba, Japan (16-19 October 2002).
  17. Longzhu Cui. The mechanism of vancomycin resistance in S. aureus.  Invited speaker.  The 10th International Symposium on Staphylococci and Staphylococcal Infections (ISSSI), Tsukuba, Japan.  Oct. 16-19, 2002.  (Symposium)
  18. Longzhu Cui.  Biochemical and genetic basis of vancomycin resistance in staphylococci.  Invited speaker, Gordon Research Conference, Staphylococcal Diseases, August 12-17, 2001 Roger Williams University, Bristol, Rhode Island. Tuesday August 14th 19:30 - 21:30, Session 5, Staphylococcal Resistance to Antibiotics. 
  19. Longzhu Cui and Keiichi Hiramatsu, Cell-wall thickness is the major contributor to vancomycin resistance in S. aureus.  The 3rd International Symposium on Antimicrobial Agents and Resistance.  Abstract B1; p393.  April 12-13, 2001, Seoul Korea. 
  20. Longzhu Cui, Hiroko Murakami, Kyoko Kuwahara-Arai, Hideaki Hanaki, and Keiichi Hiramatsu.  Mechanism of Vancomycin Resistance Expressed by Staphylococcus aureus Strain Mu50. Sept 2000, 40th Interscience conference on Antimicrobial Agents and Chamerotherapy (Canada), Abstracts, p79.  Presented in Slide Session. 
  21. Longzhu Cui,  Hiroko Murakami, Kyoko Kuwahara-Arai, Hideaki Hanaki, and Keiichi Hiramatsu.  REDUCED VANCOMYCIN SUSCEPTIBILITY IN MU50 IS DUE TO THE THICKENED CELL WALL AND ITS GLUTAMINE-NON-AMIDATED COMPONENT.  Denmark.  9th International Symposium on Staphylococcui and Staphylococcual Infections (ISSSI) 2000.  6.  14~17: P114. 
  22. Longzhu Cui, Hideaki Hanaki, Keiichi Hiramatsu.  The prevcalence of highly virulent Staphylococcus aureus strains in Japan.  J Antimicrob Chemother 1999; 41(Suppl.  A): 170, 21th International Congress of Chamotherapy.  Birmingham, UK, 4-7 July 1999.

 Hirofumi Shimomura, Associate Professor  [To international meetings' top page]
  1. Shimomura, H., Hayashi, S., Yokota, K., Oguma, K., and Hirai, Y.  Conversion of flavodoxin from holoenzyme to apoprotein during growth phase changes in Helicobacter pylori. ASM General 107th Meeting Final Program; 52, 2007.
  2. Shimomura, H., Hayashi, S., Yokota, K., Oguma, K., and Hirai, Y.  Alteration in the composition of cholesteryl glucosides and other lipids in Helicobacter pylori undergoing morphological change from spiral to coccoid form. 5th Western Pacific Helicobacter Congress Abstracts, 2004.
  3. Shimomura, H., Hayashi, S., Yokota, K., Oguma, K., and Hirai, Y.  Identification of the functional protein that is strongly detected in coccoid forms of Helicobacter pylori. The 3rd Annual Conference of Japan-Korea Joint Meeting on Helicobacter Infection Abstracts; 51, 2004.

 Shinya Watanabe, Lecturer   [To international meetings' top page]
  1. Watanabe, S., Kirikae, T., and Miyoshi-Akiyama, T. The Transcriptional Responses of Group G Streptococci to Various Stress Conditions. In 114th General Meeting of American Society for Microbiology. Poster nuber: 2664. (In Microbial Responses to Stress and Environmental Stimuli (Division I) May 20 12:30 pm-1:45 pm; Exhibit Hall B), the Boston Convention & Exhibition Center (Boston, Massachusetts, USA). May 17-20, 2014.
  2. Watanabe, S., Kirikae, T., and Miyoshi-Akiyama, T. Transcriptomic Profiling of Group G Streptococci Using a Murine Infection Model. In 113th General Meeting of American Society for Microbiology. Poster nuber: 182. (In Gene Expression-General (Division H) May 19 10:45 am-12: 30 pm; Exhibit Hall A). Colorado Convention Center (Denver, Colorado, USA). May 18-21, 2013.
  3. Watanabe, S., Goodwin, M., Barry, CE 3rd, and Boshoff, HI. Mycobacterium tuberculosis Utilized the Reductive Branch of TCA Cycle Coupled to Succinate Secretion under Anaerobic Condition to Maintain Redox Balance and Proton Motive Force. In International Union of Microbiological Societies 2011 Congress. P-BA28-6. Sapporo Convention Center (Sapporo, Hokkaido, Japan). September 6-10, 2011.
  4. Watanabe, S., Ito, T., Morimoto, Y., Takeuchi, F. and Hiramatsu, K. Large-scale chromosome inversion and deletion mediated by insertion sequences causes phenotypic flexibility in Staphylococcus haemolyticus JCSC1435. In Gordon Research Conference on Staphylococcal Diseases. 96. Salve Regina University (Newport, RI, USA). August 21-26, 2005.
  5. Watanabe, S., Ito, T., and Hiramatsu, K. The Diversity of Staphylocoagulase Gene in Staphylococcus aureus. In Genomes 2004. 045A. The Wellcome Trust Conference Centre (Hinxton, Cambridgeshire, UK). April 14-17, 2004.
  6. Watanabe, S., Ito, T., and Hiramatsu, K. Genetic analysis of coa gene involved in pathogenesis of Staphylococcus aureus. In 3rd The Awaji International Forum on Infection and Immunity. P-113. Awaji Yumebutai International Conference Center (Awaji, Hyogo, Japan). August 25-28, 2003.
  7. Watanabe, S., Ito, T. and Hiramatsu, K. In Vitro Activity of Novel des-F(6)-Quinolone DX-619 against Healthcare-Associated and Community-Acquired Methicillin-Resistant Staphylococci with and without Reduced Susceptibility to Glycopeptide Antibiotics. In 43rd Interscience Conference on Antimicrobial Agents and Chemotherapy. F-1055 McCormick Place (Chicago, IL, USA). September 14-17, 2003.

 Kotaro Kiga, Lecturer   [To international meetings' top page]
  1. Kotaro Kiga, Hitomi Mimuro and Chihiro Sasakawa. Epigenetic silencing of miR-210 increases the proliferation of gastric epithelium during chronic Helicobacter pylori infection. The 13th Awaji International Forum on Infection and Immunity S2-5/P-76 (Nara, Japan) September 2014.
  2. Kotaro Kiga, Hitomi Mimuro and Chihiro Sasakawa. Epigenetic silencing of miR-210 increases the proliferation of gastric epithelium during chronic Helicobacter pylori infection. The 21st East Asia Joint Symposium on Biomedical Research S8/P1-2 (Seoul, Korea) July 2014.

 Yusuke Sato, Asistant Professor   [To international meetings' top page]
  1. Yusuke Sato, Hisaya K. Ono, Mari Shibata, Mikihiro Fukuma, Katsuhiko Omoe. IDENTIFICATION OF MAJOR CLONAL COMPLEXES OF FOOD POISONING-RELATED STAPHYLOCOCCUS AUREUS IN JAPAN. International Union of Microbiological Societies 2011 congress 2011/9 Sapporo. P-BA06-35
  2. Yusuke Sato’o, Mitsutaka Shoji, Shinya Watanabe, Ken Kikuchi, Keiichi Hiramatsu, Longzhu Cui. Genomic analysis of Staphylococcus capitis resistant to glycopeptide antibiotics. 17th International Symposium on Staphylococci and Staphylococcal Infections. Seoul, South Korean, Aug 30-Sep 2, 2016. 

 Tepei Sasahara, Lecturer   [To international meetings' top page]
  1. Sasahara T, Hayashi H, Hosoda K, Inagawa H, Morisawa M, Hirai Y.  Bacterial Growth in Intravenous Fluid Products. Abstracts of the 11th East Asian Conference on Infection control and Prevention 2012:38.
  2. Sasahara T, Hayashi S, Hosoda K, Morisawa Y, Yoshimura A, Hirai Y.  Hand hygiene methods for remobing Bacillus cereus spores from contaminated hands. Abstracts of the 4th Inter national infection control conference 2010:97.
  3. Sasahara T, Morisa Y, Yoshimura A, Hayashi S, Gomi H, Hirai Y.  Nosocomial outbreak of Bacillus cereus bloodstream infection caused by highly contaminated linens. Abstracts of the 107th General Meeting of American Society for Microbiology 2007:L-004.
  4. Sasahara T, Yoshimura A, Takaoka E, Amagai E, Gomi H, Takahashi N, Morisawa Y, Hirai Y.  Staphylococcal scalded skin syndrome outbreak due to methicillin-resistant Staphylococcus aureus in the neonatal care unit. J Hosp Infect 2006;64(Suppl.):S78.

 Domestic meetings  [学会発表トップページへ]
    崔 龍洙 教授   渡邊 真弥 講師    氣駕 恒太朗 講師   笹原 鉄平 講師(兼)   佐藤 祐介 助教   相羽 由詞  助教 

 崔龍洙(筆頭のみ)  [国内学会発表ページへ]
  1. 崔龍洙、藤上理奈、松井秀仁、花木秀明. 黄色ブドウ球菌の23S rRNA遺伝子G2576T変異の簡易検出方法. 第63回日本化学療法学会総会. 2015年6月4日〜6日. 東京プラザホテル新宿.
  2. 崔龍洙、松井秀仁、花木秀明.  MRSAにおけるß-ラクタム高度耐 性化とそれに寄与する染色体遺伝子の変異について. 第5回MRSAフォーラム. 2014年 7 月 12 日 (新宿 京王プラザホテル). (最優秀演題賞を受賞)
  3. 崔龍洙、松井秀仁、花木秀明. MRSAにおけるβ-ラクタム剤高度耐性化に関わる染色体変異の同定. 第88回日本感染症学会学術講演会 第62回日本化学療法学会総会 合同学会. 2014年6月18日〜20日. 福岡市ヒルトン福岡シーホーク.
  4. 崔龍洙、松井秀仁、花木秀明. オキサシリン感受性MRSAにおけるβ-ラクタム高度耐性化の遺伝学的背景について. 第87回日本細菌学会総会. 2014年3月26日〜3月28日(東京・タワーホール船堀).
  5. 崔龍洙、松井秀仁、花木秀明. リネゾリド耐性臨床分離MRSA株における23S rRNA変異のコピー数とMIC値について. 第60回日本化学療法学会東日本支部総会/第62回日本感染症学会東日本地方学術集会合同学会. 2013年10月30日〜11月1日(東京ドームホテル).
  6. 崔龍洙、松井秀仁、花木秀明. オキサシリン感受性MRSA (OS-MRSA)のß-ラクタム高度耐性化について. 第4回MRSAフォーラム. 2013 年 7 月 13 日 (新宿 京王プラザホテル).
  7. Longzhu Cui, Hidehito Matsui, and Hideaki Hanaki.  Characterization of highly methicillin-resistant mutants derived from OS-MRSA. 第86回日本細菌学会総会(千葉、幕張メッセ), 2013年3月18-20.
  8. 崔龍洙、松井秀仁、花木秀明. 微生物ゲノムの大規模Flip-Flop逆位による表現型のスイッチングについて. 第26回バイオサイエンスフォーラム/第16回北里微生物アカデミー. 2013年8月8日(北里大学相模原キャンパスL2号館)
  9. Longzhu Cui, Hui-min Neoh, Akira Iwamoto and Keiichi Hiramatsu.  Reversible Chromosome Inversion and Bacterial Heterogeneous Population.  第85回日本細菌学会総会(長崎), 2012年3月27-29日. WS4-5/P1-162.  日本細菌学雑誌 2012: 67(1).
  10. 崔龍洙, 石井太祐, 福田稔, 落合友則, Hui-min Neoh, LBCC Ilana, 渡辺由希子, 鐘司光貴, 菱沼知美, 平松啓一.  RpoB変異による黄色ブドウ球菌のダプトマイシンとバンコマイシンの交差耐性.  2010年, 第83回 日本細菌学会総会(横浜).  Poster-2-039.  日本細菌学雑誌 65(1):p170.  2010.
  11. 崔龍洙, 岩本昭, 平松啓一.  ゲノムのFlip-Flop逆位による表現型のスイッチング.  2009年, 第82回日本細菌学会総会(名古屋).
  12. 崔龍洙, 鐘司光貴, 渡辺由希子, 平松啓一.  染色体の突然変異による黄色ブドウ球菌のバンコマイシン耐性.  2009年, 第57回 日本化学療法学会総会(東京). (日本化学療法学会学術奨励賞を授賞)
  13. 崔龍洙, 岩本昭, 平松啓一.  ゲノムのFlip-Flop逆位による表現型のスイッチング.  2009年, 第82回日本細菌学会総会(名古屋).
  14. 崔龍洙, 鐘司光貴, 渡辺由希子, 平松啓一.  染色体の突然変異による黄色ブドウ球菌のバンコマイシン耐性.  2009年, 第57回 日本化学療法学会総会(東京).
  15. 崔龍洙, Hui-min Neoh, 平松啓一.  vraS点突然変異の修復によるバンコマイシン耐性の回復.  2008年, 第81回日本細菌学会総会(京都).
  16. 崔龍洙, Hui-min Neoh, 平松啓一.  黄色ブドウ球菌のゲノムFlip-Flop逆位.  2007年, 第80回日本細菌 学会総会(大阪).
  17. 崔龍洙, 平松啓一.  Novel Mechanism of Antibiotic Resistance Originating in VISA.  2006年, 第54回日本化学療法学会総会 (京都).
  18. 崔龍洙,平松啓一.  黄色ブドウ球菌の全ゲノム情報に基づく薬剤耐性機構の解明とその克服.  科学研究費補助金「特定領域研究(C)」感染の成立と宿主応答の分子基盤.  平成17年度第二回全体班会議.  (東京学術総合センター, 2005. 1. 7~9).  講演要旨集p268-269.
  19. 崔龍洙, 岩本 昭, 平松啓一.  A New Strategy of Antibiotic Resistance Originating in Vancomycin-Intermediate Staphylococcus aureus.  第50回ブドウ球菌シンポジウム.  2005.  岡山大学.  (平成17年9月15日〜16日).
  20. 崔龍洙, Hui-min Neoh, 田島 裕, 平松啓一.  黄色ブドウ球菌 におけるバンコマイシン耐性モデルの試み.  第78回日本細菌学会総会 (東京).  Poster-1-240.  日本細菌学雑誌 60(1):p122.  2005.
  21. 崔龍洙, JianQi Lian, Huimin Neoh, Ethel Reyes, 平松啓一.  Glycopeptide 耐 性に関与する遺伝子の同定及び機能解析.  第49回ブドウ球菌シンポジ ウム.  2004. つくば国際会議場(茨城県つくば市竹園2丁目).
  22. 崔龍洙, 連建奇, 黒田誠, Huimin Nhor, 平松啓一.  Identification of the genes associated with glycopeptide-resistance in Staphylococcus aureus using microarray.  第77回日本細菌学会総会(大阪).   Poster-1088.  日本細菌学雑誌 59(1):p116.  2004.
  23. Longzhu Cui, Jian-Qi Lian, Makodo Kuroda and Keiichi Hiramatsu, Identification of the genes associated with vancomycin resistance in Staphylococcus aureus.  第3回あわじしま感染症・免疫フォーラム(淡路島)2003年8月25日(月)-28日(木)
  24. 崔龍洙, 連建奇, 黒田博子, 平松啓一.  細胞壁の厚さとバンコマシン耐性 との関係.  第76回日本細菌学会総会(熊本)S-7-5.  日本細菌学雑誌 58(1):p90.  2003.
  25. 崔龍洙, 平松啓一.  Vancomycin 耐 性黄色ブドウ球菌の耐性メカニズム.  Poster.  第 50回日本化学療法学会 (神戸). 2002年5月9日.
  26. 崔龍洙, 黒田誠, 連建奇, 平松啓一.  The mechanism of vancomycin resistance in Staphylococcus aureus.  As a speaker at symposium.  第75回日本細菌学会総会(横浜).  日本細菌学 雑誌 57(1):1213.  (横浜, 2002年4月)
  27. 崔龍洙, 左藤勝弘, 平松啓一.  電子顕微鏡下に於けるVancomycin耐性黄色ブドウ球菌の形態変化.  平成13年度順天堂大学医学部中央電顕室研究会.  順天堂医学 Vol47(4): 548~550 (2002).
  28. 崔龍洙, 平松啓一.  The mechanism of vancomycin resistance in Staphylococcus aureus.  ブドウ球菌研究会シンポジスト, 第46回 日本ブドウ球菌研究会, 徳島市・徳島大学 長井記念ホール, 2001年9月6日(木)〜7日(金).
  29. 崔龍洙, 馬 笑雪, 大熊 慶湖, 平松啓一.  細胞壁の厚さと黄色ブドウ球菌バンコマイシン耐性の相関.  日本細菌学雑誌 56(1):281, pm100, (岡山)2001.
  30. 崔龍洙, 村上博子, 桑原京子, 花木秀明, 平松啓一.  ON THE THICKENED CELL WALL AND ITS GLUTAMINE-NON-AMIDATED COMPONENT IN VRSA STRAIN MU50.  日本細菌学雑誌, 2005, 55(2):231, 29amE08 (北海道). 
  31. Longzhu Cui, Hiroko Murakami, Kyoko Kuwahara-Arai, Hideaki Hanaki, and Keiichi Hiramatsu.  Thickened Cell Wall and It's Glutamine-non-amidated Component May Determine Vancomycin Resistance in Mu50.  第82回日本細菌学会関東支部総会(筑波).   講演抄録 P38(1999年11月18日)
  32. 崔龍洙, 花木秀明, 大熊慶子, 平松啓一.  血液によるTSST-1の誘導産生.  第44回ブドウ 球菌研究会(仙台).  講演抄録. 1999-09-11-17.  P19.
  33. 崔龍洙, 花木秀明, 大熊慶子, 平松啓一.  血液中で誘導産生されるTSST-1について.  第28回薬剤耐性シンポジウム(Proceeding of the 28th symposium on microbiol drug resistance, 26-27 August 1999, Minakami, Gunma, Japan).  講演抄録.  p56-57.
  34. Longzhu Cui, Hideaki Hanaki and Keiich Hiramatsu: On the highly virulent staphylococcus aureus.  第81回 日本細菌学関東支部総会, 1999年6月28〜30日:P39.
  35. Cui Longzhu, Yang Weisong and Zang Wenbin.  Pathogenic Role of Some Immunological Factors in Hemorrhagic Fever with Renal Syndrome.  Abstracts:  Third Asian-Pacific Congress of Medical Virology.  October 23-28, 1994, P.  36.  Beijing.
  36. Cui Longzhu and Yang Weisong.  Studies of the metabolism of AA in patients with HFRS.  Abstracts 2nd.  International Conference on Hemorrhagic Fever with Renal Syndrome, October 26-28, 1992, Beijing, China, P.  108.
  37. Cui Longzhu, Xu Haifeng, Yang Wiesong.  Analysis of antigen epitope recognizing by rat monoclonal antibodies against HFRS virus.  Abstracts.  2nd International Conference on  Hemorrhagic Fever with Renal  Syndrome, October 26-28, 1992, Beijing, China, P.  124.
  38. Cui Longzhu, Yang Weisong and Yang Fenyi.  The role of thromboxane A2 in the pathogenesis of HFRS.  Abstracts of International Conference on Medical Virus.  July 25 -27, 1991:72.  Beijing, China.
  39. Cui Longzhu and Yang Fengyi.  Preliminary approach to variation of serum phospholipase A2 levels in HFRS.  Abstracts of International Conference on Medical Virus.  July  25 -27, 1991:77.  Beijing, China.
    .

 下村 裕史(筆頭のみ)  [国内学会発表ページへ]
  1. 下村裕史、細田浩一、林俊治、平井義一:ピロリ菌に致命的なステロー ルのグルコシル化による無毒化. 日本細菌学会誌. 68; 129, 2013.
  2. 下村裕史、林俊治、平井義一:3β-OHステロイド結合脂質として機 能するピロリ菌のホスファチジルエタノールアミン. 第18回日本ヘリコバクター学会抄録集; 110, 2012.
  3. 下村裕史、林俊治、平井義一:Unique interaction of Helicobacter pylori phosphatidylethanolamine with the cholesterols. 日本細菌学会誌. 67; 131, 2012.
  4. 下村裕史、細田浩一、林俊治、平井義一:遊離型コレステロールおよび ジメチルβシクロデキストリンの両分子と相互作用するピロリ菌のホスファチジルエタノールアミン. 第94回日本細菌学会関東支部総会抄録集; 35, 2011.
  5. 下村裕史、細田浩一、林俊治、平井義一;ピロリ菌と脂溶性化合物の相 互作用に影響を及ぼすβ-シクロデキストリン. 第93回日本細菌学会関東支部総会抄録集; 24, 2010.
  6. 下村裕史、細田浩一、林俊治、横田憲治、小熊恵二、平井義一;ステロ イド吸収によって惹起されるピロリ菌のホスファチジルコリン耐性の発現. 日本細菌学雑誌. 65; 121, 2010.
  7. 下村裕史、細田浩一、林俊治、平井義一;レシチンの溶菌作用に対する 耐性発現に重要なピロリ菌のステロイド吸収. 第92回日本細菌学会関東支部総会抄録集; 35, 2009.
  8. 下村裕史、細田浩一、林俊治、平井義一;ヘリコバクター・ピロリの外 膜脂質バリア強化に重要なコレステロール吸収. 第15回日本ヘリコバクター学会抄録集; 112, 2009.
  9. 下村裕史、林俊治、横田憲治、小熊恵二、平井義一;ヘリコバクター・ ピロリのホスファチジールコリン耐性におけるコレステリールグルコシドの関与. 日本細菌学雑誌. 64; 210, 2009.
  10. 下村裕史、林俊治、平井義一;これまで知られていないヘリコバクター 属細菌の無γグロブリン血症患者からの分離. 第14回日本ヘリコバクター学会抄録集; 85, 2008.
  11. 下村裕史、林俊治、横田憲治、小熊恵二、平井義一;ヘリコバクター・ ピロリにおけるフラボドキシン代謝. 第13回日本ヘリコバクター学会抄録集; 154, 2007.
  12. 下村裕史、林俊治、横田憲治、小熊恵二、平井義一;ヘリコバクター・ ピロリのフラボドキシン代謝におけるクラスC酸性ホスファターゼの関与. 日本細菌学雑誌. 62; 87, 2007.
  13. 下村裕史、林俊治、平井義一;Helicobacter pyloriのフラボドキシン代謝におけるクラスC酸性ホスファターゼの関与. 第89回日本細菌学会関東支部総会抄録集; 39, 2006.
  14. 下村裕史、林俊治、平井義一;アモキシシリンの予防的投与による豚胸 膜肺炎の防遏効果. 日本細菌学雑誌. 61; 120, 2006.
  15. Shimomura, H., Hayashi, S., and Hirai, Y.: Alteration in the composition of cholesteryl glucosides and other lipids in Helicobacter pylori undergoing morphological change from spiral to coccoid form. 第88回日本細菌学会関東支部総会抄録集; 13, 2005.
  16. 下村裕史、林俊治、倉園久生、横田憲治、小熊恵二、平山寿哉、平井義 一;Helicobacter pyloriの球状化によるVacA産生の亢進. 第11回日本ヘリコバクター学会抄録集; 148, 2005.
  17. 下村裕史、林俊治、横田憲治、小熊恵二、平井義一; Helicobacter pyloriにおけるフラボドキシン代謝経路の解析. 日本細菌学雑誌. 60; 74, 2005.
  18. 下村裕史、林俊治、横田憲治、小熊恵二、平井義一; Helicobacter pyloriにおけるフラボドキシンの解析. 第10回日本ヘリコバクター学会抄録集; 163, 2004.
  19. 下村裕史、林俊治、菅原隆一、横田憲治、小熊恵二、平井義一; Helicobacter pyloriの球状化過程におけるフラボドキシン蛋白質像の変化. 日本細菌学雑誌. 59; 239, 2004.
  20. 下村裕史、林俊治、横田憲治、小熊恵二、平井義一; Helicobacter pyloriにおけるフラボドキシンの解析. 第9回日本ヘリコバクター学会抄録集; 115, 2003.
  21. 下村裕史、林俊治、横田憲治、小熊恵二、平井義一; Helicobacter pyloriの球状体におけるflavodoxinの発現. 日本細菌学雑誌. 58; 117, 2003.
  22. 下村裕史、林俊治、平井義一;Helicobacter pyloriの球状化過程におけるフラボドキシン蛋白質像の変化. 第86回日本細菌学会関東支部総会抄録集; 193, 2003.
  23. 下村裕史、林俊治、平井義一;Helicobacter pyloriの球状体形成過程における生化学的性状の変化. 第85回日本細菌学会関東支部総会抄録集; 11, 2002.
  24. 下村裕史、林俊治、斎藤慎二、倉園久生、平山寿哉、横田憲治、小熊恵 二、平井義一;Helicobacter pylori (HP) の球状化における脂質成分およびVacA量の変化. 日本細菌学雑誌. 55; 249, 2000.
  25. 下村裕史、松浦基博、平井義一、一色恭徳、川原一芳; Burkholderia cepacia LPSの高度精製に伴う生物活性の変化. 日本細菌学雑誌. 54; 216, 1999.
  26. 下村裕史、松浦基博、平井義一、一色恭徳、川原一芳; Burkholderia属細菌LPSによるエンドトキシン活性の発現. 第46回毒素シンポジウム予稿集;193~197, 1999.

 渡邊 真弥(筆頭のみ)  [国内学会発表ページへ]
  1. 渡邊真弥,切替照雄,秋山徹 A群レンサ球菌の高病原化スイッチングComprehensive transcriptome analysis of group A streptococci using the murine invasive model reveals a key gene network for causing severe invasive diseases BMB2015 第38回日本分子生物学会年会第88回日本生化学会大会合同大会,1P1137,神戸国際展示場 3号館1F,神戸ポートアイランド,兵庫県神戸市 2015年12月1日〜4日(ポスター発表)
  2. 渡邊真弥,切替照雄,秋山徹 A群レンサ球菌の劇症型感染症発症時における遺伝子発現ネットワーク解析 第9回細菌学若手コロッセウム KKRホテル 敬天閣,鹿児島県鹿児島市 2015年11月23日〜25日(ポスター発表)
  3. 渡邊真弥,切替照雄,秋山徹 Regulatory Network Analysis of Group A Streptococci during Sevier Invasive Diseases 第88回日本細菌学会総会,WS2 オミックス研究と微生物,WS2-5/P1-188,長良川国際会議場,岐阜県岐阜市 2015年 3月26日〜28日 (口頭発表+ポスター発表)
  4. 渡邊真弥,松村和典,祝弘樹,舩渡川圭次,はい島由二,奥村香世,加 藤雅子,橋本雅仁,切替富美 子,秋山徹,切替照雄 臨床分離カナマイシン耐性結核菌株と異なる16SリボゾームRNAの解読領域の変異は結核菌を弱毒化する 第8回細菌学若手コロッ セウム 一般演題40 ホテルニセコ いこいの村,北海道虻田郡ニセコ町 2014年8月6日〜8日(口頭発表)
  5. 渡邊真弥,切替照雄,秋山徹 G群レンサ球菌による劇症型レンサ球菌 感染症発症機構の解明 第7回細菌学若手コロッセウム 一般演題4 広島エアポートホテル,広島県三原市 2013年8月7日〜9日(口頭発表)
  6. 渡邊真弥,切替照雄,秋山徹 マウス感染モデルを用いたG群レンサ球 菌の二成分制御因子CsrRSの解析 第22回Lancefield レンサ球菌研究会 7ホテル 島根イン青山 パインコートT・U,東京都港区 2013年6月28日〜29日(口頭発表)
  7. 渡邊真弥,切替照雄,秋山徹 マイクロアレイを用いた劇症型感染症モ デルにおけるG群レンサ球菌の発現解析 第6回細菌学若手コロッセウム 35 大学セミナーハウス,東京都 2012年8月8日〜10日(口頭発表+ポスター発表)
  8. 渡邊真弥,切替照雄,秋山徹 マイクロアレイを用いた劇症型感染症モ デルにおけるG群レンサ球菌の発現解析 第21回Lancefield レンサ球菌研究会 大阪大学吹田キャンパス内,歯学研究科 弓倉記念ホール,大阪 府 2012年6月8日〜9日(口頭発表)
  9. 渡邊真弥,Goodwin, M.,Barry, CE 3rd,and Boshoff, HI. Fumarate Reductase Activity Maintains an Energized Membrane in Anaerobic Mycobacterium tuberculosis.  第9回 感染症沖縄フォーラム20 健康文化村 カルチャーリゾート フェストーネ,宜野湾市,東京都 2011年2月10日〜12日 (口頭発表+ポスター発表)
  10. 渡邊真弥,伊藤輝代,平松啓一 Staphylococcus haemolyticusのマンノース及びN-アセチルグルコサミンによる増殖抑制 第52回日本ブドウ球菌研究会 8 徳島大学長井記念ホール,徳島市  2007年9月20日〜21日 (口頭発表)
  11. 渡邊真弥,伊藤輝代,森本ゆふ,竹内史比古,平松啓一 挿入配列が引 き起こすStaphylococcus haemolyticusゲノムの大規模ゲノムリアレンジメント 第19回微生物シンポジウム 微生物科学の発展と感染症対策 9 東京大学本郷キャンパ ス薬学系研究科総合研究棟講堂,東京都 2007年9月7日〜8日 (口頭発表)
  12. 渡邊真弥,伊藤輝代,森本ゆふ,竹内史比古,平松啓一 挿入配列に よってもたらされるStaphylococcus haemolyticus JCSC1435ゲノムの可塑性と表現型の変化 第79回日本細菌学会総会 IH-12金沢市観光会館,石川県金沢市,2006年3月28日〜31日(口頭発表)
  13. 渡邊真弥,伊藤輝代,森本ゆふ,竹内史比古,平松啓一 挿入配列に よってもたらされるStaphylococcus haemolyticus JCSC1435ゲノムの可塑性と表現型の変化 第17回微生物シンポジウム−微生物科学の発展と感染症対策− 26 JTBフォレスタ,東京都  2005年9月2日〜3日 (口頭発表)
  14. 渡邊真弥,伊藤輝代,平松啓一 コアグラーゼ遺伝子のアロタイプとそ の周辺の遺伝子について 第31回薬剤耐性菌シンポジウム 5 水上ホテル聚楽,群馬県 2002年8月30日〜31日 (口頭発表)
  15. 渡邊真弥,生方公子,切替照雄,秋山徹 Molecular mechanisms of invasive diseases induced by group G streptococci 第87回日本細菌学会総会,P2-201,タワーホテル船堀,東京都江戸川区 2014年3月26日〜28日 (ポスター発 表)
  16. 渡邊真弥,切替照雄,○秋山徹 Lancefield C群抗原を保有するStreptococcus dysgalactiae subsp. equisimilis 167株の完全ゲノム配列 第87回日本細菌学会総会,P2-083,タワーホテル船堀,東京都江戸川区 2014年3月26日〜28日 (ポスター発 表)
  17. 渡邊真弥,祝弘樹,舩渡川圭次,はい島由二,奥村香世,加藤雅子,橋 本雅仁,切替富美子,秋山徹,切替照雄 A mutation in the decoding region of 16S rRNA attenuates the virulence of Mycobacterium tuberculosis 第86回日本細菌学会総会,PA-196 幕張メッセ,千葉市 2013年3月18日〜20日 (ポスター発表)
  18. 渡邊真弥,伊藤輝代,森本ゆふ,竹内史比古,平松啓一 挿入配列の転 移酵素により引き起こされたStaphylococcus haemolyticusゲノム逆位と欠失 第80回日本細菌学会総会 P2-22 アジア太平洋トレードセンター,大阪市 2007年3月26日〜28 日 (ポスター発表)
  19. 渡邊真弥,伊藤輝代,森本ゆふ,竹内史比古,平松啓一 Long PCRスキャニングによるStaphylococcus haemolyticusゲノムの比較 第78回日本細菌学会総会 P2-15 タワーホール船堀,東京都 2005年4月4日〜6日 (ポスター発表)
  20. 渡邊真弥,伊藤輝代,森本ゆふ,平松啓一  Staphylococcus haemolyticusゲノムの高頻度のリアレンジメントについて 第77回日本細菌学会総会 1102 大阪国際会議場,大阪市 2004年4月1 日〜3日(ポスター発表)
  21. 渡邊真弥,伊藤輝代,平松啓一 コアグラーゼのアロタイプ間の比較  第76回日本細菌学会総会 2P-14-1 ホテル日航熊本,熊本県熊本市 2003年4月1日〜3日(ポスター発表)

 氣駕恒太朗(筆頭のみ)  [国内学会発表ページへ]
  1. Kotaro Kiga, Zhu Bo and Hitomi Mimuro. Identification of sRNAs regulating oxidative stress in Helicobacter pylori. 第16回 東京大学 生命科学シンポジウム (ポスター発表) 2016年 4月 東京 東京大学駒場キャンパス.
  2. Kotaro Kiga, Zhu Bo and Hitomi Mimuro. Identification of sRNAs controlling respiratory chain in Helicobacter pylori. 第89回 日本細菌学会総会 P1-041 (ポスター発表)2016年 3月 大阪 大阪国際交流センター.
  3. Kotaro Kiga and Hitomi Mimuro. Acute bacterial infection activates HIF-1α/miR-210 axis to control IL8 production in AGS cells. 第15回 東京大学 生命科学シンポジウム (ポスター発表) 2015年 6月 東京 東京大学武田先端知ビル.
  4. Kotaro Kiga and Hitomi Mimuro. Acute bacterial infection activates HIF-1α/miR-210 axis to control IL8 production in AGS cells. 平成27年度 医科学研究所研究成果発表会 (ポスター発表) 2015年 6月 東京 東京大学医科学研究所.
  5. Kotaro Kiga , Hitomi Mimuro and Chihiro Sasakawa. Downregulation of miR-210 increases gastric cell proliferation during Helicobacter pylori infection. 第88回 日本細菌学会総会 WS5-3 (口頭発表) 2015年 3月 岐阜 長良川国際会議場.
  6. Kotaro Kiga, Hitomi Mimuro and Chihiro Sasakawa. Epigenetic silencing of miR-210 increases the proliferation of gastric epithelium during chronic Helicobacter pylori infection. 平成26年度 医科学研究所研究成果発表会 (ポスター発表) ベストポスター賞を受賞 2014年 5月 東京 東京大学医科学 研究所.
  7. Kotaro Kiga and Taro Fukao. Cluster-Wide microRNA Silencing is a Mechanism for SIRT1 Overexpression in Cancer. 第36回 日本分子生物学会年会 1P-0273 (ポスター発表) 2013年 12月 兵庫 神戸ポートアイランド.
  8. Kotaro Kiga, Yoko Fukuda, Hiroyuki Kayo and Taro Fukao. Simultaneous control of miR-212/132 and HIC1 on chromosome 17p13.3. MPI retreat 2011 (ポスター発表) 2011年 11月 フランス Val-Vignes.
  9. 氣駕恒太朗、深尾太郎 ヒト染色体17p13.3上に存在するマイクロRNAによる発癌制御 RNAフロンティアミーティング2010 (口頭発表)
    2010年9月 静岡 富士教育研究所.
  10. 氣駕恒太朗、深尾太郎 ヒト染色体17p13.3上に存在するマイクロRNAによる発癌制御 第一回microRNA研究会本会 S1 (口頭発表) 2010年8月 神奈川 万葉の湯.
  11. 氣 駕恒太朗、川村綾、深尾太郎 Transcription factors regulating myeloid lineage-specific miRNA. 第35回 日本免疫学会総会・学術集会 1-C-W5-8-O/P (口頭発表、ポスター発表) 2005年 12月 神奈川 パシフィコ 横浜.

 佐藤 祐介(筆頭のみ)  [国内学会発表ページへ]
  1. 佐藤祐介、鐘司光貴、渡邊真弥、崔龍洙. グリコペプチド耐性 Staphylococcus capitis のゲノム解析. 日本細菌学会 関東支部 インターラボセミナー 2016 in 栃木 2016年11月 栃木
  2. Yusuke Sato’o, Mitsutaka Shoji, Shinya Watanabe, Ken Kikuchi, Keiichi Hiramatsu, Longzhu Cui. Genome analysis of Staphylococcus capitis resistant to glycopeptide antibiotics.
 第89回日本細菌学会総会 2016年3月 大阪
  3. 佐藤 祐介、久恒 順三,菅井 基行.  ブドウ球菌エンテロトキシン H(SEH)の食中毒における重要性. 第88回日本細菌学会総会 2015年3月 岐阜. (第88回日本細菌学会総会 優秀ポスター賞)
  4. 佐藤 祐介、久恒 順三、小野 久弥、胡 東良、中根 明夫、菅井 基行.  黄色ブドウ球菌が産生する新規Staphylococcal_enterotoxinの解析. 第158回日本獣医学会総会 2015年9月 青森
  5. 佐藤祐介、久恒順三、菅井基行. ブドウ球菌エンテロトキシンH (SEH) の発現制御機構と食中毒における重要性.  第157回日本獣医学会総会 2014年9月札幌. (日本獣医学会公衆衛生学分科会奨励賞).
  6. 佐藤祐介、重茂克彦、内藤郁慶、小野久弥、中根明夫、菅井基行、山岸 則夫、胡東良.   日本における高食中毒原性黄色ブドウ球菌クローンの分子生物学的解析.  第7回細菌学若手コロッセウム 2013年8月広島.
  7. 佐藤祐介、内藤郁慶、小野久弥、菅井基行、久恒順三、瀬尾宏美、上原 良雄、胡東良、中根明夫、重茂克彦.   黄色ブドウ球菌の分子生物学的解析.  第57回 日本ブドウ球菌研究会 2012年9月東京.
  8. 佐藤祐介、小野 久弥、胡 東良、中根 明夫、重茂 克彦.  Staphylococcus aureus pathogenicity islands解析法の確立とそれを用いた多様性解析.  第56回日本ブドウ球菌研究会 2011年9月高知.
  9. 佐藤祐介、小野 久弥、胡 東良、中根 明夫、重茂 克彦.  食中毒事例分離黄色ブドウ球菌におけるゲノム構成の解明.  第152回日本獣医学会学術集会 2011年9月大阪.
  10. 佐藤祐介、小野久弥、胡 東良、中根明夫、重茂克彦.  食中毒原性黄色ブドウ球菌における特有のゲノム構成.  第65回 日本細菌学会東北支部総会 2011年8月山形. 
  11. 佐藤祐介、小野久弥、胡東良、中根明夫、重茂克彦.  黄色ブドウ球菌エンテロトキシンB遺伝子を保有する新規Staphylococcus aureus pathogenicity islandの解析.  第64回 日本細菌学会東北支部総会 2010年8月仙台.
  12. 佐藤祐介、重茂克彦、小野久弥、中根明夫、菅井基行、胡東良.   Molecular epidemiology of S. aureus isolated from food poisoning. 第 87 回 日本細菌学会総会 2014年3月東京.
  13. 佐藤祐介、重茂 克彦、小野 久弥、中根 明夫、胡 東良.  Staphylococcus aureus pathogenicity islandsの新規解析手法の確立とそれを用いた解析.  第155回日本獣医学会 2013年3月東京. 
  14. Yusuke Sato’o, Hisaya Ono, Dong-Liang Hu, Akio Nakane, Katsuhiko Omoe.  Genetic features of Staphylococcus aureus carring Staphylococcal enterotoxin Type H.  第85回日本細菌学会 2012年3月長崎.
  15. 佐 藤祐介、小野久弥、胡東良、菅井基行、中根明夫、重茂克彦.  ブドウ球菌エンテロトキシンB関連Staphylococcus aureus pathogenicity islands の多様性解析と食中毒関連islandsの同定. 日本大学生物資源科学部 私立大学戦略的研究基盤形成事業 「人獣共通感染症の戦略的国際疫学研究の推進と若手研究者の実践的育成」 2011年12月 藤沢. 
  16. 佐藤祐介、小野久弥、胡東良、中根明夫、重茂克彦.  ブドウ球菌エンテロトキシンB関連新規staphylococcus aureus pathogenicity islandsの同定.  第33回日本分子生物学会 2010年12月神戸.
  17. 佐藤祐 介、小野久弥、胡東良、中根明夫、重茂克彦.  ブドウ球菌エンテロトキシンB遺伝子を保有する新規Staphylococcus aureus pathogenicity islandsの解析.  第83回日本細菌学会 2010年3月横浜.

  相羽由詞 (筆頭のみ)  [国内学会発表ページへ]
  1. Yoshifumi Aiba, Yuki Katayama, Tomomi Hishinuma, Takashi Sasaki, Kyoko Kuwahara-arai , Keiichi Hiramatsu. Effect of rpoB gene mutation on antibiotic susceptibility in Staphylococcus aureus. 第88回日本細菌学会 2014年3月岐阜.
  2. 相羽由詞, 片山由紀, 菱沼知美, 黒田(村上)博子, 崔龍洙, 平松啓一. RNAポリメラーゼβサブユニット遺伝子の変異が黄色ブドウ球菌のヘテロ型β-ラクタム剤耐性をホモ型に変換する. 第96回日本細菌学会関東支部総会 2013年11月東京.
  3. Yoshifumi Aiba, Yuki Katayama, Tomomi Hishinuma, Hiroko Murakami-Kuroda, Longzhu Cui, Keiichi Hiramatsu.  A mutation of RNA polymerase β subunit contributes to β-lactam antibiotic resistancein Staphylococcus aureus. 第85回日本細菌学会 2012年3月長崎.
  4. 相羽由詞, 矢部修平, 酒井康輝, 葉坂勝, 横田明. コンポストから分離した新規高熱性細菌の分類. 日本農芸化学大会 2010年3月東京.
  5. 相羽由詞, 矢部修平, 酒井康輝, 葉坂勝, 横田明. 堆肥からの高熱性糸状形成細菌の分類と分離. 東大院・分生研・所内発表会 2009年11月東京.
  6. 相羽由詞, 前出佳美, 森哲也, 進藤斉, 角田潔和, 小泉武夫. メナキノン低生産性納豆菌の分離及び変異株の造成 日本生物工学会大会2004年8月熊
  7. 相羽由詞, 土井幸子, 進藤斉, 角田潔和, 小泉武夫. メナキノン低生産性納豆菌の分離 日本農芸化学会大会 2004年3月神奈川.

 笹原 鉄平(筆頭のみ)  [国内学会発表ページへ]
  1. 笹原鉄平.医療環境整備のエビデンスと問題点.第65回日本感染症学会東日本地方会学術集会.2016年10月26-28日,新潟.
  2. 笹原鉄平,渡辺美智代,山越裕美,林俊治,森澤雄司.Clostridium difficile感染患者周囲環境の芽胞汚染.(第31回日本環境感染学会総会・学術集会.2016年2月19-20日,京都)環境感染誌.2016; 31(supple): 253.(学会優秀演題賞受賞
  3. 笹原鉄平, 種市明代, 木村由美子, 森澤雄司. クラリスロマイシン内服によって治癒したセフトリアキソン耐性淋菌感染症の小児例. 日本性感染症学会誌 2014;25:77.
  4. 笹原鉄平, 菅原香織, 渡邉美智代, 稲川秀樹, 林俊治, 森澤雄司, 平井義一. 医療スタッフにおける手指衛生と手指芽胞汚染の関係. 日本環境感染学会誌 2014;29(Suppl.):268.
  5. 笹原鉄平, 林俊治, 稲川秀樹, 森澤雄司, 平井義一. 輸液製剤におけるセレウス菌増殖の検討. 日本環境感染学会誌2013;28(Suppl.):315.
  6. 笹原鉄平. 環境衛生 感染対策における病院環境整備の重要性と問題点について考える.日本環境感染学会誌 2013;28(Suppl.):201.
  7. 笹原鉄平. HIV感染症と性感染症における地域医療連携. 泌尿器外科 2012;25:421.
  8. 笹原鉄平, 大友慎也, 佐々木一雅, 澤田威男, 吉村章, 林俊治, 森澤雄司. 自治医大附属病院における抗菌薬使用量の変化とグラム陰性桿菌の薬剤耐性率の関連性についての検討. 日本化学療法学会雑誌 2011;59(Suppl.A):259.
  9. 笹原鉄平, 林俊治, 吉村章, 森澤雄司, 平井義一. 洗浄方法の違いによるセレウス菌汚染リネンからの芽胞除去効果の比較検討. 日本環境感染学会誌 2009;24(Suppl.):359.
  10. 笹原鉄平, 林俊治, 森澤雄司, 平井義一. Bacillus cereusに汚染された手指の衛生管理方法の検討. 日本環境感染学会誌 2008;23(Suppl. ):246.
  11. 笹原鉄平, 吉村章, 高岡恵美子, 林俊治, 佐々木一雅, 大野高司, 五味晴美, 森澤雄司, 平井義一. Bacillus cereusと病院感染対策 リネンをどこまで重視すべきか 自治医科大学附属病院における血液培養でのセレウス菌の検出と環境汚染. 日本環境感染学会誌 2007;22(Suppl.):96.
  12. 笹原鉄平, 加藤温, 秋山由里香, 大野邦彦, 有岡宏子, 正田良介. 咽頭炎における抗菌薬適正使用の検討〜当院総合外来9年前の記録と比較して. 総合診療医学 2005;10:143.
  13. 笹原鉄平, 中原康雄, 上坂義和, 國本雅也, 田山二朗. BiPAPを用いた多系統萎縮症の夜間呼吸不全の治療. 神経治療学 2004;21:330.

Recruitment
   
If you are prospective graduate student, please see the graduate student page.     recruitment
 Contact us


 Links
 Copyright © 2015 Dept. Bacteriology, Jichi Medical Univ. All Rights Reserved