HOME > 活動実績

学会発表

2016年度
1.高橋恵美,臼井麻納美,寺門大輔:先天性両上肢欠損および腓骨列欠損のある児の膝関節外反角度の増強に対しての一考察.第20回栃木県理学療法士学術大会.栃木.2016年12月4日

2.吉本恵子,中川泰宏,関根一樹,金子操:重症大動脈弁狭窄症に両側変形膝関節症を重複したが,術前より理学療法を行うことで術後遅延することなく退院可能となった一例.第20回栃木県理学療法士学術大会.栃木.2016年12月4日

3.秋野玲奈,米澤亜美,玉野彩,黒渕永寿:SST終了半年後の対象児の変化〜保護者へのアンケート結果より〜.第7回栃木県作業療法士学会.栃木.2016年11月27日

4.牡鹿実:当院のリバース型人工肩関節置換術患者の調査内容と結果報告.第7回栃木県作業療法士会.栃木.2016年11月27日

5.関根利江,関根一樹,M田桂佑,金子操:重症肺炎加療後にClitical illines pelyneuropathy(CIP)を発症した1例.第34回日本私立医科大学理学療法研究会学術集会.2016年10月29日

6.矢田理恵,中山雅之,坂東政司,村上知征,関根利江,菊池貴明,間藤尚子,山沢英明,荻原弘一,杉山幸比古:COPD患者に対する夏の早期歩行による身体活動量の維持効果について.第26回日本呼吸ケア・リハビリテーション学術集会.神奈川.2016年10月11日

7.関根一樹,吉本恵子,中川泰宏:心臓血管外科術後のリハビリテーションについて〜参加率向上への取り組み〜.第8回栃木県心血管リハビリテーション研究会.栃木.2016年4月7日