「頭のかたち外来」の開設 | 自治医科大学附属病院からのお知らせ | 自治医科大学附属病院
自治医科大学附属病院からのお知らせ
  1. トップページ
  2. 自治医科大学附属病院からのお知らせ
  3. 「頭のかたち外来」の開設

「頭のかたち外来」の開設

赤ちゃんの頭の形のゆがみには、病気である頭蓋骨縫合早期癒合症と、いわゆる「向き癖」の頭位性斜頭があります。

頭位性斜頭の赤ちゃんには、お母さんのおなかの中でのポジションによる子もいます。また、うつぶせ寝の危険性が浸透したため、仰向け寝による頭位性斜頭の赤ちゃんも増えています。しかし、その治療の必要性は、小児科の先生の間でもあまり認識されていません。

頭位性斜頭は、枕や寝る向きを変えるなどの親の工夫では決してなおりません。自然によくなることもありません。なおすためには、できれば生後6か月までにヘルメットでの矯正治療を始める必要があります。

当院でも「頭のかたち外来」を開始し、ヘルメット治療を始めましたのでお知らせいたします。ヘルメットは日本製のカスタムメイドで、約3-6か月間装着して矯正します。なお、この治療は保険治療ではなく、自費治療(総額45万円+税)になります。

どうぞよろしくお願いいたします。

対象年齢:7ヵ月未満

診察日:火曜日(午前) 10/15より金曜日(午後)に変更になります。 ※10/29は休診です。

※診察には必ず予約が必要になりますので、お電話でお問い合わせください。

 

自治医科大学とちぎ子ども医療センター小児脳神経外科