新型コロナウイルス感染症対策による面会禁止について | 自治医科大学附属病院からのお知らせ | 自治医科大学附属病院
自治医科大学附属病院からのお知らせ
  1. トップページ
  2. 自治医科大学附属病院からのお知らせ
  3. 新型コロナウイルス感染症対策による面会禁止について

新型コロナウイルス感染症対策による面会禁止について

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、入院患者さんに対するご面会につきましては8月6日(金)より禁止させていただきます。

荷物の受け渡しが必要な場合や病院から来院要請をした場合は、【来院許可証】を発行いたします。【来院許可証】は病院に入ることを許可するものであり、必ずしも面会を許可するものではありません。

Ⅰ. 来院許可の条件

  1. 病院から来院要請をした場合(病状説明・緊急呼出・手術当日等)
  2. 入院日、退院日
  3. 荷物を届ける場合
  4. その他、看護師長または病棟医長が必要と判断した場合

Ⅱ. 来院者の条件

来院許可の条件を満たしており「来院許可証」がある方

  1. 「来院許可証」発行の条件
    • 同居家族またはキーパーソン(意思決定に関わる方)に限ります。
    • 患者1名につき1枚の発行とします。
    • 許可証の共有は禁止とします。
  2. 来院の要件
    • 日常生活において、感染予防のための生活様式を実践していること

      a 感染予防(マスク着用、まめな手洗い、手指消毒)の実践
      b 密集、密接、密閉の三密を避けること
      c 不特定多数が参加する集会や多人数での宴会、食事会への参加がないこと

    • 来院までの2週間以内に発熱、全身倦怠感、気道症状がないこと
    • 原則的に緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が発出された都道府県に居住していないこと

Ⅲ.来院方法

  1. 必ず手指消毒を行い、マスクを着用してください。
  2. 基本的に病棟の受付での対応となるため、病室への入室は許可いたしません。
  3. 荷物の受け渡しは職員が行い、デイルームでの面会も許可いたしません。
  4. 病状説明・緊急呼出・手術当日等は原則1人の来院許可といたしますが、状況によっては2人まで許可いたします。

Ⅳ.その他

来院許可証の発行は、個々の患者の状態や背景があるため、患者により対応が異なる場合がございます。ご理解とご協力をお願い申し上げます。