医学生・レジデントの方へ

耳鼻咽喉科・頭頸部外科は、鎖骨から上、脳と目と歯、脊椎をのぞく領域の疾患を扱います。聴覚、平衡覚、嗅覚、味覚といった感覚器学、神経科学、腫瘍学アレルギー学、免疫学、感染症学などの基礎研究分野をほぼすべて含みます。

自治医科大学附属さいたま医療センター耳鼻咽喉科では、まず、耳鼻咽喉科医(general ENT)として必要な基本的手技を習得し、頻度の高い各疾患の診断、治療を行い、さらに豊富な症例を通して診断のアルゴリズム、論理的な臨床判断能力を培っていきます。また、手術にも早期から積極的に術者として参加していただき、正確でかつ安全な手術手技を習得します。

当院は、人口が多く、耳鼻咽喉科の基幹病院が全国的にみて少ない埼玉県さいたま市にあり、症例数、手術件数は非常に豊富です。耳科、鼻科、口腔・咽頭、喉頭、腫瘍の多岐にわたり研修が出来ます。研修では多くの症例を経験できること、医局員と楽しく仕事、研究できることは将来にわたり大きな財産となると考えています。

1年間はマンツーマンで指導医のもとでの研修をおこない、耳鼻咽喉科領域一般についての知識を得ます。 2年目以降は指導医のもとに入院患者の受け持ち医として配属されます。 研究面では臨床報告や、臨床に基づいた研究を推奨し、各種学会、学術誌に発表しています。さらに、競争的研究費も毎年獲得しており臨床の問題点をもとにした基礎研究、他大学、他機関との基礎的共同研究も行っています。

見学ご希望の方は、随時下記まで電話あるいはメールでご連絡ください。


連絡先 自治医科大学附属さいたま医療センター耳鼻咽喉科  吉田尚弘

電話番号 048-647-2111 (代表)

email: naoyoshida★jichi.ac.jp(吉田尚弘)
(セキュリティの関係上、上記★を半角アットマークに変えて送信してください。)

先輩からのメッセージ

証言1 耳鼻咽喉科といえばマイナー・・・と思われがちですが、扁桃炎やめまいなど内科的な疾患にも耳鼻科的観点から診療を行う一方、手術では耳科手術など顕微鏡下に行うものから、頭頸部外科のようなダイナミックなものまで、非常に専門性の高い技術が要求されるという多面性のある科です。当院ではさいたまの中核病院という位置付けから、様々な疾患の経験ができます。必ずや幅広くかつ奥深い耳鼻科の醍醐味を感じることができるでしょう。

今後の進路に悩む学生/研修医のみなさん、この大宮の地で一緒に耳鼻科をやりませんか。是非一度見学に来ていただければ、和気あいあいとした医局の雰囲気も感じていただけるはずです!医局員一同、額帯鏡をぴかぴかに磨いて心よりお待ちしています。

 

証言2  女性医師も当科ではバリバリ活躍しています(どちらかといえば男性らしい!?)。もちろん子育て中の医師もいます。医局員の人数もそれなりにいますので、お互い協力しながら頑張っています。どこの医局よりも雰囲気は良い!!!と皆自負しております。

是非一度見学にいらしてください。