医局ブログ

織田医師が異動となりました(2017年9月)


東北大学より赴任されていた織田医師がこの度東北に戻ることとなり、送迎会を開きました。

織田先生一年間本当にありがとうございました。

日本耳鼻咽喉科学会専門医認定試験


8月4日~5日に日本耳鼻咽喉科学会専門医制度による平成29年度認定試験がおこなわれました。

当院からは山本医師が受験し、見事合格致しました。

8月25日には合格祝賀会をひらきました。試験お疲れ様でした。おめでとうございます!

 

第126回 埼玉県地方部会に参加しました


6月4日に埼玉県耳鼻咽喉科医会に参加しました。当院からは3題、さいたま市民医療センターから1題演題を発表しました。

特別演題では最先端の頭頸部医療について、東京医科大学の塚原教授より御講演頂きました。

なお、前回の学会奨励賞の授与式もおこなわれ、当院より増田医師が受賞しました。

 

第12回 日本小児耳鼻咽喉科学会に参加しました

6月2、3日に宇都宮の栃木県総合文化センターにて小児耳鼻咽喉科学会が開かれました。

当院からは民井医師(口演)と高橋医師(ポスター)の演題発表があり、大宮から近いこともあり多くの医師が参加しました。

今年のテーマは「気道」で、興味深い演題を沢山学ぶことができました。

カンファレンスの風景

週1回カンファレンスを行っています。

外来や病棟業務のまとめを行うほか、手術手技の確認や、学会前には発表予演を行い、皆でよく話し合いお互いが精進できるように努めています。

(写真:緊急気管切開の方法について、シュミレーションを行っています) 

(写真:5月に入り緑が爽やかな裏門より)

日本耳鼻咽喉科学会総会に参加しました

5/17-20に広島にて 第118回日本耳鼻咽喉科学会総会が開かれました。

当院からは口演1題出しました。活発な質疑応答が行われました。


お天気に恵まれ、口演の合間に広島市内を散策しました。

レジデントの渡辺先生も参加しました! 

裏門にて

正面だけでなく、裏門周囲も桜がキレイに咲きました。

研究業績

以下の論文がアクセプトされました!!

Matsuzawa S, Iino Y, Yamamoto D, Hasegawa M, Hara M, Shinnabe A, Kanazawa H, Yoshida N.

Attic cholesteatoma with closure of the entrance to pars flaccida retruction pocket. ANL.Dec 29,2016.

 

増田麻里亜、江洲欣彦、白倉真之、長谷川雅世、松澤真吾、新鍋晶浩、飯野ゆき子、吉田尚弘. 耳性脳膿瘍の3症例.Otol Jpn 27(1):24-30,2017.

異動報告 (2017年4月)

4月より新鍋医師が異動になりました。

(新鍋先生、引き続き手術等でご指導よろしくお願いします)

病棟忘年会が開かれました (2016年12月)


 今年は病院として3次救急が始まり、大忙しの1年でした。病棟の皆様1年間お疲れ様でした。

 

増田医師が埼玉県地方部会学術奨励賞を受賞しました (2016年10月16日)

第124回日耳鼻地方部会学術講演会にて、増田医師が学術奨励賞を受賞しました。おめでとうございます!

同日、前回受賞の村木医師の授賞式も行われました。併せておめでとうございます!



各地で学会が行われました。

学会の秋です。爽やかな秋晴れのもと、各地で学会が開かれました。当科からの演題は以下です。

 第26回 耳科学会(長野)ポスター2演題

 第55回 鼻科学会(宇都宮)ポスター1演題

 第124回 埼玉県地方部会学術講演会 口演2演題

   (写真は耳科学会会場のすぐ近くの善光寺)

医師の異動 (2016年10月)

10月より関根医師がさいたま市民医療センターへ、民井医師が当院へそれぞれ異動になりました。

引き続きよろしくお願いいたします。

 

織田医師が赴任しました (2016年9月)

9/1付けで、東北労災病院より織田医師が赴任しました。

小児耳鼻科領域が盛り上がりそうな予感です。

野村医師が異動になりました (2016年8月)

鼻のエキスパートとして、我々に沢山教えてくださった野村医師が、東北へ戻りました。

(野村先生、1年3か月間ありがとうございました!)

ハイキング in 尾瀬 (2016年8月)

  レクリエーションの一環として有志で計画し、緑の山々に心癒されてきました。

  このような会を今後も企画していく予定です。  

第1回 吉田杯 Golf competition が行われました。

青い夏空の中、第一回吉田杯が行われました。参加された皆様、暑い中お疲れさまでした。

SSOにて長谷川医師が発表いたしました。(2016.7.12)

第19回 Sonic Symposium on Otolaryngology ~埼玉病院勤務医の会~ にて、当院の取り組みについて報告いたしました。

○「当院における気管切開後の気道管理について」 長谷川 雅世

村木医師が埼玉県地方部会学術奨励賞を受賞しました。(2016.6.26)

受賞演題は以下です。村木先生おめでとうございます!

○「乳幼児の下咽頭、喉頭異物の2例」 村木 英里

(授賞式は次回の秋の地方部会です。)

各地で学会が開かれました。

5月から6月にかけて、耳鼻咽喉科の学会が日本・世界各地で行われ、交代で参加し発表してきました。

たくさん学んできた結果をまた日々の臨床に生かしていく予定です。

 

○第117回 日本耳鼻咽喉科学会(名古屋、4題) (カッコ内は参加演題数)

○第78回 耳鼻咽喉科臨床学会(鹿児島、2題)

○第10回 小児耳鼻咽喉科学会(徳島、1題)

○第13回欧州小児耳鼻咽喉科学会議(ESPO 2016)  13th International Congress of the European Society of Peadiatric Otorhinolaryngology(リスボン/ポルトガル、1題)

○第10回国際真珠腫学会(Chole 2016)10th International conference of Cholesteatoma and ear surgery  (エジンバラ/スコットランド、1題)

○ヨーロッパ鼻学会(ERS 2016)Europe Rhinology Society  (ストックホルム/スウェーデン、2題)


さいたまビアフェスタへ行ってきました。

院長写真

 

医学生の中沢くんが見学に来てくれたため、皆でさいたま新都心で行われていた「さいたまビアフェスタ」に行ってきました。

各地のビールを堪能することができました。気候もよく、楽しいひとときでした。中沢くん、また遊びにきてね。