センターのご案内

センター長挨拶

センター長
センター長
百村 伸一
自治医科大学附属さいたま医療センターは、地域医療への貢献と、へき地等の医療に従事する医師の育成および生涯教育等を目的に、平成元年12月に埼玉県大宮市(現・さいたま市)に開設されました。これらの目的に向かって、総合的診療を志向する総合医の育成・修練と大学病院としての使命である高度医療の提供に十分対応し得るよう、優秀な医療スタッフおよび最新の設備、医療機器の確保に努力を続けてまいり、お陰様で地域において高い評価をいただくようになりました。平成20年度からは、病床数も増え産科および周産期医療にも活動範囲を広げ、これにより、精神疾患以外の全ての疾患に対応できる体制となりました。
当センターは大学附属機関の使命である医学教育、および研究にも力を入れており、自治医科大学の学生実習を積極的に行い、卒後教育においては総合医の育成を中心とした研修プログラムが高い評価を受けています。さらに当センターには、循環器病臨床医学研究所が付置されており、診療と密接な関係を保ちながら、循環器病及びそれに関連する幅広い領域の臨床医学・社会医学の研究活動を行っています。
現在わが国の医療には様々な問題が山積しておりますが、センターといたしましてはこれからも、高度医療を提供し、地域住民の方々に安心して診療を受けていただける医療機関であるとともに、へき地で活躍する医師の支えとなる基地となるよう職員一同一生懸命に努める所存ですので引き続きご支援くださいますようよろしくお願いいたします。

センター長略歴

昭和51年3月 東京大学医学部卒
平成24年4月1日 センター長就任 現在に至る

ページの先頭へ