センターのご案内

理念・基本方針と患者の皆様の権利等

理念

平成16年6月30日制定

  1. 患者中心の医療
  2. 安全で質の高い医療
  3. 地域に根ざした医療
  4. 心豊かな医療人の育成

基本方針

平成16年6月30日制定

  1. 患者の皆様を尊重し、開かれた安心できる医療を提供します。
  2. チーム医療を推進し、安全で質の高い医療を提供します。
  3. 地域との連携を深め、基幹病院としての役割を果たします。
  4. 地域医療に貢献する医療人を育成します。

臨床における倫理に関する方針

平成16年8月4日制定
平成27年7月1日改定

  1. 患者や家族の皆様の心情に配慮し、十分かつ偏りのないインフォームド・コンセントを実施します。
  2. 診療上の同意や選択にあたっては、患者の皆様の人権と自己決定権を尊重するとともに、意思が確認できない場合にあっては、家族の意向や関係法規を踏まえ、安全で質の高い医療を提供します。
  3. 患者の皆様のプライバシーや個人情報を保護し、職務上の守秘義務を遵守します。
  4. 人工妊娠中絶については「母体保護法」を遵守するとともに、胎児診断や生殖補助医療についても、ガイドライン等に基づき、適切に対応します。
  5. 宗教上の理由により輸血を拒否される場合には、「宗教的理由による輸血拒否に関する方針」に基づき、適切に対応します。
  6. 安楽死や尊厳死、臓器提供や脳死判定については、関係法規やガイドライン等に基づき、リビングウィルや家族の意思を尊重し、適切に対応します。
  7. 医学の発展に向けての臨床研究の実施に当たっては、関係法規やガイドラインを遵守します。
  8. 治験の実施に当たっては、関係法規・ガイドラインを遵守します。
  9. 遺伝子検査や遺伝子治療の実施に当たっては、関係法規・ガイドラインを遵守し、適切に対応します。
  10. センター内のすべての倫理に関することは、センター内の関係委員会等において、十分な検討を行い適切に対応します。

患者の皆様の権利について

平成16年8月4日制定

医療は、患者の皆様と医療機関との十分な信頼関係で成り立っております。当センターでは、医療従事者の良心に従って最善を尽くすとともに、センターの理念・基本方針に基づき、患者の皆様の権利を尊重します。

  1. 個人の人権が尊重され、安全で質の高い医療を平等に受ける権利があります。
  2. 病気や診療、看護について、わかりやすい言葉や方法で情報提供を受ける権利があります。
  3. 十分な情報提供を受けた上で、ご自分の希望や意見を述べることができると共に、治療方法などを自らの意思で選ぶ権利があります。
  4. いかなる段階においても、病気あるいはその治療方法などについて、他の医療機関の意見を聞く権利があります。
  5. 診療の過程で得られた個人情報は、常に守られる権利があります。

患者の皆様へのお願い

平成16年8月4日作成

安全で質の高い医療を提供するためには、患者の皆様とのより良いパートナーシップと、皆様の医療への参加が必要と考えております。次の事柄を十分ご理解いただき、ご協力をお願いします。

  1. ご自身の健康に関する事を、できるだけ詳しくお話ください。
  2. 診療等について説明を受けてもよく理解できない場合は、遠慮なくお尋ねください。
  3. 療養中または治療中に不安を感じましたら、直ちにお知らせください。
  4. 他の患者の皆様の迷惑にならないよう、ご配慮を願います。
  5. 当センターは、地域の中核病院としての役割を果たすため、センターでの治療が終了した方には、お近くの医療機関へ紹介をさせていただくことがあります。より多くの方々が適切な医療を受けられますよう、ご協力お願いします。

なお、当センターは明日の医療を担う人材を育成するための教育・研修機関でもあります。ご理解とご協力を併せてお願い致します。

ページの先頭へ