研究内容

頭頸部癌治療の標準化

西野教授が担当。シスプラチン投与と放射線治療を併用する化学放射線治療の標準化を検討した。JCOG頭頸部がんグループの班員として、臨床結果を集積および検討した。化学放射線治療に対する支持療法を検討した。

高齢者の癌治療

西野教授が担当。今後日本が迎える超高齢者社会における癌治療を行った。

Oncolytic virus therapy

西野教授と高野澤講師が担当。東京大学医科学研究所・先端医療研究センター先端がん治療分野(脳腫瘍外科)と共同研究。現在「進行性嗅神経芽細胞腫患者に対する増殖型遺伝子組換え単純ヘルペスウイルスG47△を用いたウイルス療法の臨床研究」を進行中。
それと並行して西野教授と長友大学院生が頭頸部癌に対するOncolytic virus therapyの基礎研究を行いデータの集積を行い、今後の実臨床への導入に対する準備を行った。

頭頸部癌幹細胞の表面マーカー

西野教授と高野澤講師が担当。臨床研究倫理審査委員会の承諾を得て行った。切除標本より癌組織を採取し、癌細胞を分離した。フローサイトメトリーを用いて癌細胞のCD44、CD44v、CD133の発現を検討した。またその細胞のスフェロイド形成能と細胞周期を解析した。

遺伝性感音難聴の原因遺伝子同定、外リンパ瘻診断目的のCTP検査

石川非常勤講師、中村助教が担当しており、遺伝性難聴家系の遺伝子変異検索が進行中である。信州大学の宇佐美教授を主任研究者とする厚生労働科学研究費補助金「遺伝性難聴および外耳・中耳奇形に関する調査研究」、「Usher症候群に関する調査研究」の分担研究者として、遺伝性難聴家系の遺伝子および臨床的解析を進行中である。自治医大附属病院で診療し、信州大学で遺伝子解析を行った高音急墜型難聴家系で、KCNQ4遺伝子とTECTA遺伝子変異の2つが同定された。他にも高音急墜型難聴を呈する2家系において、KCNQ4遺伝子が同定された。現在、他の複数の遺伝性難聴家系において病因遺伝子の解析が進行中である。また、埼玉医科大学の池園教授などとの共同研究で、外リンパ特異的蛋白の検出を利用した外リンパ瘻確定診断目的のCTP検査が行われており、外リンパ瘻を疑う症例では、積極的に検査を実施している。

加齢性難聴モデルマウスにおけるプロテオーム解析

中村助教が担当。機能生化学教室との共同研究で、加齢性難聴モデルマウスとして、C57BL/6Jマウスを用い、老化マウスにおける内耳蝸牛のタンパク質発現の変化、翻訳後修飾について調べ、加齢性難聴との関係について解析している。これまでに酸化ストレスやエネルギー代謝に関わる複数のタンパク質の発現が変化することを明らかにし、加齢性難聴の発症に関与することが示唆された。