研修プログラム

初期研修

自治医科大学附属病院 卒後臨床研修センター研修医採用情報

耳鼻咽喉科 後期研修(専門研修プログラム)

自治医科大学附属病院耳鼻咽喉科と小児耳鼻咽喉科は、外来新患数、入院件数、入院手術件数すべてにおいて症例数は豊富です。
症例数が豊富のため、耳科学、鼻科学、頭頸部外科学など、特定の疾患に偏ることなく、バランスのとれた研修が可能です。
(→専門医を習得するのに有利です!!)

  

この専門研修プログラムは、一次審査を通過したものであり、まだ二次審査を踏まえて修正・変更があることをご承知おきください。

研修医指導方針

当講座でめざしているのは、まず人間として誠実に診療に取り組む医師を養成することです。真摯に診療に取り組む姿勢が、最終的に質の高い診療の源と なります。患者さんとの触れ合いの中から優れた診療技術を習得し、問題意識 を持つことが重要と考えています。次に臨床面で即戦力として活躍できる医師の養成です。先に述べたとおり、 当講座の研修では豊富な症例を経験することが可能であり、実際の臨床現場で 役立つ技術や問題解決のための思考過程を確立させます。最後に情報を発信できる能力の育成です。臨床経験の中で生じた問題点を解明したいという欲求を大切にし、evidence を集めるのみでなく、それを作り出す側に回ることができるよう育成していきます。

プログラムの目的

耳鼻咽喉科・頭頸部外科領域の疾患は小児から高齢者まで幅広い年齢層が対象で、外科的治療のみならず内科的治療も必要であり、専門医には幅広い知識と医療技術の習得が求められています。自治医科大学耳鼻咽喉科専門研修プログラム(以下、自治医大耳鼻科 PG)は、医学の変化に応じた知識・医療技術の質向上と、地域医療に貢献できる耳鼻咽喉科専門医を養成することを目的としています。また、日々の診療のみならず、学会発表や論文作成を通じて、科学者(Physician Scientist)としての能力を習得することも目標としています。

本プログラムの特色

自治医科大学は、医学の進歩の恩恵に浴しにくい、へき地や離島などの地域の健康を守り、医療に挺身する気概ある有能な総合臨床医を養成することを建学の精神として、昭和47年2月に設立されました。しかし、自治医科大学の使命は総合内科医を育成するだけではありません。総合的に広い視点で患者と疾患を診ることのできる、各分野の専門医を育成することも、重要な使命とされています。現在、我が国の医療・医学は転換期を迎えようとしています。今後迎える高齢者社会、福祉と介護、進歩した生命科学技術に追いつかない倫理などの課題が存在しています。これらの課題に建学当初から取り組んできた実績のある自治医大耳鼻科 PGでの研修は、患者を多方面から評価できる総合臨床能力を兼ね備えた専門医育成に重きを置いています。遺伝情報を扱うなど、近年飛躍的に発展した医療知識・技術とともに、原点である全人的な医療を身につけることを決して忘れてはなりません。自治医科大学の総合医を育成する環境を最大限に活用し総合的な医療と医学の知識を吸収しつつ、耳鼻咽喉科専門医としての資質、技量、人格を育てるのが本プログラムの特色です。本プログラム終了後は医育機関における診療・教育・研究、がん専門病院や地域中核病院における診療、大学院進学による研究など本人のキャリアアップに継なげていきます。本プログラムの指導医と専門医には複数の女性医師も含まれ、きめ細やかな女性医師へのキャリア支援も可能です。男女を問わず、将来の日本の耳鼻咽喉科医療を担う優れた医師の育成を目指しています。

募集要項

【指導医と専門領域】

専門研修基幹施設
自治医科大学附属病院(年間手術 1,200件)
プログラム統括責任者
西野 宏(主任教授、診療科長)(頭頸部外科、鼻科、喉頭)
指導管理責任者
西野 宏(主任教授、診療科長)(頭頸部外科、鼻科、喉頭)
指導医
  • 伊藤真人(教授)(耳科、口腔咽喉頭)
  • 佐々木徹(講師、外来医長)(耳科、鼻科、口腔咽喉頭)
  • 山内智彦(助教、病棟医長)(頭頸部外科、鼻科、口腔咽喉頭)
  • 上村佐恵子(病院助教)(耳科、鼻科、口腔咽喉頭)
専門医
  • 長友孝文(病院助教)(頭頸部外科、鼻科)
  • 島田ディアス茉莉(病院助教)(耳科、鼻科)

【専門研修連携施設】

地域の中核病院
新小山市民病院(年間手術 200件、救急患者豊富)
指導医:中村謙一(部長、特任講師)(耳科、鼻科、口腔咽喉頭、頭頸部外科)

芳賀赤十字病院 (年間手術 80 件、救急症例豊富)
指導医:藤澤嘉郎(部長)(耳科、鼻科、口腔咽喉頭、頭頸部外科)

がん専門病院
国立がん研究センター東病院
指導医:篠﨑 剛(頭頸部外科)、年間頭頸部外科手術件数 150 件以上

連携する専門研修基幹施設
慶應義塾大学附属病院 (年間手術 1,300件以上、耳科・鼻科手術症例豊富)
指導医: 大石直樹(専任講師、保険医長)(耳科)

自治医科大学附属さいたま医療センター(年間手術 900件、耳科・鼻科手術症例豊富)
指導医:吉田尚弘(教授)(耳科、鼻科、口腔・咽頭、頭頸部外科)

【募集定員】

5名

【研修開始時期と期間】

2019年4月1日~2023年3月31 日
研修を行う専門研修連携施設および研修時期・期間は、専攻医ごとに適宜変更があります。

【応募方法】

応募資格
  • 日本国の医師免許証を有する
  • 臨床研修修了登録証を有する(第 99 回以降の医師国家試験合格者のみ必要。2019年3月31日までに臨床研修を修了する見込みの者を含む)。
  • 一般社団法人日本耳鼻咽喉科学会(以下、日耳鼻)の正会員である(2019年4月1日付で入会予定の者を含む)。
応募期間
2018年10月1日~2019年3月15日
プログラムに関するご不明な点、ご質問でも受け付けていますので、お気軽にお問合せください。
選考方法
書類審査および面接により選考する。面接の日時・場所は別途通知します。
応募書類
願書、希望調査票、履歴書、医師免許証の写し、臨床研修修了証の写し

【問い合わせ先および提出先】

〒329-0498 栃木県下野市薬師寺3311−1
自治医科大学附属病院 耳鼻咽喉科
電話:0285-58-7381 Fax:0285-44-5547
臨床研修指導医 島田ディアス茉莉
メールでのお問合せ
URL:http://www.jichi.ac.jp/oto/student/program.html

プログラム概要

大学附属病院と地域中核病院での研修

自治医科大学耳鼻科 PG では、専門研修基幹施設である自治医科大学附属病院と、地域の中核医療を担う研修連携施設(新小山市民病院及び芳賀赤十字病院)において、それぞれの特徴を活かした耳鼻咽喉科研修を行い、日耳鼻が定めた研修到達目標や症例経験基準に掲げられた疾患や手術を経験します。4 年間の研修期間の内、1 年目は自治医科大学附属病院で耳鼻咽喉科の基本的知識、診療技術を習得します。2 年目以降の希望する1年間に新小山市民病院もしくは芳賀赤十字病院で研修を行います。これらの研修連携施設は、Common diseaseの症例数が豊富で手術件数が多く、救急疾患も多く取り扱う病院なので、この研修では耳鼻咽喉科のCommon diseaseから専門的疾患まで手術手技や救急対応などに習熟できます。

頭頸部癌診療の高度な研修も可能

将来、頭頸部癌診療に従事することにも興味を持っている専攻医には、国立がん研究センター東病院において1年間、がん診療に特化した研修を受けられるコースもあります。頭頸部がん診療を専門とする指導医による高度な研修を受けることができます。

連携する専門研修基幹施設での研修

専門研修基幹施設として連携する、慶應義塾大学附属病院や自治医科大学附属さいたま医療センターにおける研修を受けることもできます。慶應義塾大学附属病院は、年間手術件数1,300件以上と症例数が多く、耳科・鼻科・頭頸部領域など豊富な経験が積めます。自治医科大学附属さいたま医療センターは、特に耳科・鼻科領域の症例が豊富です。これらのコース希望者は、1年目は自治医科大学附属病院で耳鼻咽喉科の基本的知識、診療技術を習得します。2 年目以降は希望する連携基幹施設での研修を行います。自治医科大学のみならず、他の大学病院(医育機関)での研修を受けることで視野が広がります。

豊富な臨床経験と将来のアカデミアの基礎確立が可能

自治医科大学附属病院では高度な医療および先端医療を経験できることはもとより、その立地から各領域の救急疾患やCommon diseaseも含めたあらゆる疾患が集まっており、万遍なく症例を経験できます。そのため、他の大学病院(医育機関)とは異なり、自治医科大学附属病院の中における研修だけでも耳鼻咽喉科専門医として必要な、全般的な研修も可能です。このことは、専門研修基幹施設コースにおいて基幹施設(慶應義塾大学、自治医科大学附属さいたま医療センター)のみで研修を行なう専攻医においても、耳鼻咽喉科の救急疾患やCommon diseaseも含めた幅広い研修が可能であることを示しています。さらに、手厚い指導のもとで専攻医が積極的に手術を執刀できるよう体制を整えており、専攻医の手術スキルの習得に役立っています。
また頭頸部癌新患数と手術の件数は全国でもトップクラスです。日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)の頭頸部癌グループと高齢者研究小委員会のメンバーとして、日本の癌治療の道標を作っています。医師主導の臨床研究「嗅神経芽細胞腫のoncolytic virus therapy」を東京大学医科学研究所病院脳腫瘍外科と共同研究として行っています。
このように自治医科大学附属病院専門研修プログラムは、耳鼻咽喉科あらゆる分野の一次治療から三次治療までの経験ができるとともに、日常診療に学術的背景の経験を積重ねることのできるプログラムです。将来のトランスレーショナルリサーチと産学共同研究の下地を作ることができます。

多職種間で検討される症例

自治医科大学附属病院では、週 2回の症例検討カンファレンスを開催しています。この症例カンファレンスは看護師、放射線診断部医師、放射線治療部医師と看護師、病理診断医、歯科口腔衛生師が常に参加します。多職種間の意見交換を通じて病態や治療概念などを学び、日々の研修に活かすことができます。また、毎週栄養サポートチーム(NST)回診があります。嚥下と栄養管理の知識を深めることができます。月に1回、頭頸部Cancer Boardが耳鼻咽喉科医師、歯科口腔外科医師、形成外科医師、放射線診断部医師、放射線治療部医師、臨床腫瘍部医師、脳神経外科医師、歯科口腔衛生師とともに症例検討をおこなっています。このような症例検討を通して疾病の理解、診断と治療、手術手技の習得、解剖知識の理解に役立てることができます。4 年間の研修中、日本耳鼻咽喉科認定学会や関連する国際学会に積極的に参加し学会発表を行います。また、筆頭著者として学術雑誌に 英文・和文の論文発表を行います。そのために積極的に科学的根拠となる情報を収集分析し、日々の診療に活かすよう、Physician Scientistとしての科学的思考や生涯学習の基本を身につけます。プログラムに定められた研修の評価は施設ごとに指導管理責任者(専門研修連携施設)、指導医および専攻医が行い、プログラム責任者が最終評価を行います。4 年間の研修終了時にはすべての領域の研修到達目標を達成することが可能であり、研修の評価や経験症例は日耳鼻が定めた方法でオンライン登録します。

研修に効果的な豊富な教材

専攻医には耳鼻咽喉科病棟と同じ階にある専攻医用の部屋に机が置かれます。この部屋には参考図書が多数揃っており、自由に閲覧できます。また自治医大Wi-Fi環境に接続が可能で大学図書館にアクセスできるため、文献検索と電子ジャーナル閲覧が自由にできます。また情報センターにアクセスするとWeb教材の使用も可能です。

基本的研修プラン

<基本コース>

1年目(2019年度)
自治医科大学附属病院にて研修
2年目(2020年度)
地域の中核医療を担う病院(新小山市民病院、芳賀赤十字病院)において研修を行う。希望により3年目または4年目でも可能
3年目(2021年度)
自治医科大学附属病院にて研修
4年目(2022年度)
自治医科大学附属病院にて研修

<頭頸部癌専攻コース>

1年目(2019年度)
自治医科大学附属病院にて研修
2年目(2020年度)
地域の中核医療を担う病院(新小山市民病院、芳賀赤十字病院)において研修を行う
3年目(2021年度)
国立がん研究センター東病院において研修を行う
4年目(2022年度)
自治医科大学附属病院にて研修

<専門研修基幹施設コース>

1年目(2019年度)
自治医科大学附属病院にて研修。
2年目(2020年度)
慶應義塾大学附属病院、もしくは自治医科大学附属さいたま医療センターにて研修
3年目(2021年度)
自治医科大学附属病院、慶應義塾大学附属病院、もしくは自治医科大学附属さいたま医療センターにて研修
4年目(2022年度)
自治医科大学附属病院で研

週間スケジュール

月曜日 17:00~
放射線科合同カンファレンス
木曜日 8:00~
術前カンファレンス、病棟チャートラウンド、手術報告会、医局会
金曜日 8:00~
抄読会

お問合せ

見学も随時受け付けております。
当講座に興味のある方は是非一度見学にいらしてください。

お問合せはこちらから

自治医科大学医学部耳鼻咽喉科学教室
〒329-0498 栃木県下野市薬師寺 3311-1

TEL:0285-58-7381 FAX:0285-44-5547

教授 西野 宏
臨床研修指導医 島田ディアス茉莉