基本理念 | 医療情報部 | 自治医科大学附属病院
医療情報部
  1. トップページ
  2. 医療情報部
  3. 基本理念

基本理念

1.患者アメニティーの向上を実現する

ペーパーレス、薬・検査・会計患者待ち時間の短縮、データの分かりやすく迅速な表示によるインフォームドコンセント支援等を実現し、患者アメニティーの向上を果たし得るシステムであること。

2.患者プライバシー等を考慮したシステムを実現する

患者プライバシーの保護及び患者情報のセキュリティーに配慮したシステムであること。

3.高度な診療支援情報等を提供する

医師、コ・メディカル、看護師等に対し高度な診療支援情報等を提供し、診療精度の向上を果たし得るシステムであること。
学内における教育、研究部門との連携を考慮したものであること。
学外における診療情報のやりとりを考慮したものであること。

4.病院業務の省力化を実現する

情報の共有化により情報の転記業務を排し、ぺーパレス・フィルムレスによる医療情報の効率的な整理保存を実施。

5.随時発展、変更可能なシステムであること

将来の医学の進歩及び社会の要請に対応し、電子カルテシステム、遠隔地医療システムをも視野に入れた発展可能なシステムであること。

6.利用者にやさしいシステムであること

少ない教育時間と最小の労力によって正確な情報の入出力を可能とする利用者にやさしいシステムであること。

7.病院経営支援情報を円滑かつ迅速に提供する

病院経営分析データのタイムリーな収集と迅速なシミュレーション作業に より健全な病院運営と経営戦略に寄与せきるシステムであること。