研修医からのメッセージ

ジュニアレジデント1年/杏林大学出身
小峰 弘寛 先生

指導体制や学修環境など、教育体制が盤石だから、安心して進路を考え、学びを身につけていくことができます

神奈川県出身のため関東圏での研修先を考えていたところ、同級生から「自治医科大学附属病院は、研修先として教育体制がしっかりしている」と教わりました。実際に見学してみると、先生方は優しく、教育熱心で、見学時にもさまざまなことを教えてもらい、私も同級生も当院で研修することに決めたのです。志望する診療科は、内科系というだけで、ローテートは小児科、産婦人科、精神科、循環器内科、消化器内科など、共通した診療科を回り、その中で絞ることができればと考えています。研修は始まったばかりで、アレルギー・リウマチ科と消化器外科を回っただけですが、コロナ禍にあっても、指導はこれ以上ないくらいにていねいで、チームの上級医だけでなく、別のチームの先生方がいつでも相談にのってくれるサポート体制に助けられています。

現在の消化器外科では定時に帰宅できるので、遅くまで開館している図書館で勉強したり、WEBからも図書館所蔵の論文にアクセスできるので活用し、臨床現場での学びをしっかりと身につけていきたいと考えています。

ジュニアレジデント1年/大分大学出身
齋藤 有栄子 先生

研修医の働きやすさと、診療技術を高めるサポート体制が整備されていることを実感しています

出身地の大学医学部で学び、社会人になる前に県外へ出てみようと、学閥がなく全国から医学生が集まる自治医科大学附属病院を研修先に選びました。上級医は研修のスタートに際して、「最初はできなくて当たり前。できないことをできない、分からないことを分からないと、きちんと上の先生に言えることと、看護師から言われたことを共有できることが重要」と指導し、緊張している私たちの気持ちをほぐし、質問しやすい雰囲気にしてくださったことが印象的でした。また、働き方改革を含め、ジュニアレジデントが働きやすい環境が整えられていることを実感しています。例えば、当直は研修スタートから3カ月程度経過して、臨床現場の様子をひと通り体験した頃から始まるので、精神的な負担が少しは軽減できていると思います。

「まちのお医者さん」のような存在になりたくて医師になりました。地域住民から、「困ったことがあったら、この先生にまず相談しよう」と頼られる人柄であるには、当院で専門分野に精通し、診療技術を高めていきたいと考えています。

ジュニアレジデント2年/北里大学出身
藤沼 香栄 先生

市中病院と大学病院の両面を備え、実践的な経験を積むことができる研修生活を送っています

4年制大学を卒業する年、家族が救急救命にお世話になり、真摯に対応してくださった救急医の姿に感動し、一念発起して医学部を目指しました。研修先を決める際、当院は周辺の基幹病院であり、広域から患者が集まっていることや、大学病院の教育機関でありながら、コモンディジーズも扱う市中病院的な側面の両方を実践的に経験できることが決め手でした。

救命救急医を目指しており、どの診療科を回るかは、卒後臨床研修センター長をはじめ、スタッフの方がた、上級医の先生方のアドバイスをいただきながら選ぶことができました。先生方は多忙ななかで、研修医をしっかりと育てようという意欲にあふれています。研修医同士で腹部エコーを練習していると、「どうしたの?」と覗いて、1時間ほど集中的に教えていただいたことも。メンターの先生は、年齢的に近い女性脳外科医で、とても親身に女性の働く環境などを教えてくださり、将来を見据えたキャリアプランの参考になっています。

ジュニアレジデント2年/群馬大学出身
小尾 誠治 先生

全科が揃い、全国でも数少ない専用病床を持つ当院で専門性を高めるための知識や手技を学んでいます

大学時代から小児科や精神科に興味があり将来は児童精神科医になりたいと思っています。初期研修のうちから志望科を回りたかったので、全国でも数少ない児童精神科病床を持つ自治医科大学附属病院で研修しています。

1年目に子どもの心の診療科(児童精神科)で研修した際は、上級医にマンツーマンで指導していただき、家族面談の陪席や、少し慣れたタイミングで入院の導入もさせていただきました。見て学び、実際にやって学び、フィードバックをもらうという一連の流れで臨床能力を高めています。 その他のローテとしては、子どもを診るにあたり身につけておきたい診療技術を学べるよう、耳鼻科や皮膚科、小児科なども回ってます。学ぶことが多い日々ですが、昼食は職員食堂の日替わり定食でしっかりと栄養を補給し、休日には趣味の料理や同期とのテニスを楽しむなど、オンとオフを分けるよう心掛けて充実した研修生活を送っています。