EZRの使い方  左のリンクからダウンロード、インストールしてください。インストール方法はダウンロードページに記されています。使い方の概要については以下のリンクから簡易マニュアルをダウンロードしてください。詳細については以下の2種類のマニュアルが出版されています(右下のリンクを参照)。

使い方の概要 (簡易マニュアル、Acrobat Readerが必要です)。  

1. 初級~中級者向け
初心者でもすぐにできるフリー統計ソフトEZR(Easy R)で誰でも簡単統計解析」 南江堂
 統計の初歩の理解からデータシートの作成、EZRのインストールと主要な機能,
学会・論文発表のTipsについて図表を中心にわかりやすく解説しています。
 本の内容はこちらのページで立ち読みすることができます(マウスで右から左にドラッグするとページが進みます)。
 本書で使用するサンプルファイルは以下のページからダウンロードしてください。
サンプルファイル集

2.中級~上級者向け
EZRでやさしく学ぶ統計学 第2版」(中外医学社)
 統計の基礎、臨床研究の基礎、Rの使い方、EZRの全機能(メタアナリシス、マッチドペア解析、必要サンプルサイズ計算などを含む)、研究・学会・論文発表のテクニックについて詳細に解説しています。第2版で最新版のEZRや新倫理指針などに対応するとともにカラー化されました。
 本の内容はこちらのページで立ち読みすることができます。

3. EZRを紹介する英文論文
 Bone Marrow Transplantaion誌に掲載されました。全文閲覧が可能です。こちらにも英文の簡単なマニュアル(特に生存解析について)が紹介されています。CRANに登録したパッケージにも英文のマニュアルが記されています。



 また、中澤港先生(神戸大学大学院保健学研究科国際保健学領域教授)が作成された平成24年度群馬大学大学院実験基本技術(医学統計学)演習の平成24年度講義資料(英語)や「保健・医療研究の進め方入門:RとEZRを用いて」は、Rの基本的な使い方からEZRの使用法までコンパクトにまとめられていて便利です。以下のページからダウンロードできます。

群馬大学大学院実験基本技術(医学統計学)演習
保健・医療研究の進め方入門:RとEZRを用いて

 EZRはRコマンダーを改変して作成されていますので、関西大学の荒木孝治先生が翻訳された「Rコマンダー入門」も参考になります。

EZRの英文論文への記載  英文論文の統計解析方法の記載は以下を参考にしてください。
All statistical analyses were performed with EZR (Saitama Medical Center, Jichi Medical University, Saitama, Japan), which is a graphical user interface for R (The R Foundation for Statistical Computing, Vienna, Austria). More precisely, it is a modified version of R commander designed to add statistical functions frequently used in biostatistics.

(サンプル)


Referenceとしては以下の論文を引用してください。この論文は2016年9月時点で既に500編を超える英文論文に引用されています。

Kanda Y. Investigation of the freely-available easy-to-use software “EZR” (Easy R) for medical statistics. Bone Marrow Transplant. 2013:48,452-458. advance online publication 3 December 2012; doi: 10.1038/bmt.2012.244

EZRの変更履歴 ●Minor update (version 1.00 → 1.04)
 Ver.1.00からの変更点は以下のような機能追加が含まれます。

 ・解析結果を整形してクリップボードに出力する機能
 ・反復測定分散分析、Friedman検定での多重比較機能
 ・Wald検定
 ・整列チャート、Waterfall plot(瀑状プロット)
 ・Mantel-Byar検定

●Version 1.10
 Ver 1.10では比較的大きな変更が行われました。最大の変更点は解析を行う際にダイアログで選択した変数や条件などが記憶されるようになった点です。従って、ある解析を行った後に、もう一度その解析を選択すると、前回の解析内容が残っていますので、細かな変更などを行う際に便利です。データセットが変更された場合、あるいは選択解除ボタンをクリックした場合に選択内容は消去されます。
 また、CRANに登録されたため、CRANを経由したインストール方法の紹介を加えました。

●Version 1.11
 重回帰、ロジスティックで多共線性検討のためのVIF (variance inflation factor)値を表示するようにしたことなどのマイナーなアップデートです。
 詳細は以下の変更履歴に記されています。

●Version 1.20
 RコマンダーがVer 2にアップデートされたことに伴って、EZRもアップデートを行いました。ダイアログを開いたまま連続的に解析を繰り返すことができるようになるなど、いくつかの新機能を搭載するとともに、EZRを標準でR Ver 3.0.2、RコマンダーVer 2.0-1で動作するようにしました。

●Version 1.21
 生存曲線の描画の改善などのマイナーなアップデートです。

●Version 1.22
 日本語表記の修正などのマイナーなアップデートです。

●Version 1.23
 論文のTable 1(表1)でしばしば必要になるサンプル(患者)背景データのサマリー表を自動作成する機能を追加しました。亀田総合病院からHarvard School of Public Healthに留学中の吉田和樹先生が作成されたtableoneパッケージを使用させていただいています。これまで、面倒であり、かつ間違いの多かった手作業が不要となり、確実勝つ簡便にTable 1を作成できるようになります。


●Version 1.24
 ロジスティック回帰でモデル全体の有用性を評価として切片だけのモデルと比較する尤度比検定を加えました。

●Version 1.25
 データセットの複製、名前の変更、複数のデータセットの結合のメニューを追加しました。また、平均値のメタアナリシスで標準化平均値差での計算のオプションを追加しました。

●Version 1.26
 指定した閾値での3~6群へのカテゴリー化のメニューを追加しました。また、頻度の棒グラフで頻度を2つの因子で分類するグラフの作成に対応しました。

●Version 1.27
 ロジスティック回帰分析後にROC曲線を描画するオプションを追加しました。また、データセットの列単位の結合において照合する変数名を指定するオプションを追加しました。その他、いくつかのバグ修正を行いました。

●Version 1.28
 マイナーなアップデート。Man Whitney U検定でのサマリー(中央値、パーセンタイル値)表示を追加、OS X版でapp.napの停止や新しいデータセットの作成をメニューに追加。

●Version 1.29
 マイナーなアップデート。Man Whitney U検定でのサマリーなどの細かなバグの修正。

●Version 1.30
 RコマンダーがVer 2.2-0からreadxlパッケージでExcelファイルを読み込むことになったことに対応した変更。EZR側もExcel読み込みをreadxlパッケージを利用するように変更しました。したがってVer 2.1-7以前のRコマンダーにはVer 1.29以前のEZRが、Ver 2.2-0以後のRコマンダーにはVer 1.30以後のEZRが必要となります。また、利用されていない因子水準を削除するメニューを追加しました。その他、いくつかのバグ修正を行いました。

●Version 1.31
 平均値、生存曲線の非劣性試験のサンプルサイズ計算メニューを追加。Rコマンダー標準メニューの再コード化をEZRメニューにも追加。その他、マイナーなバグ修正。

●Version 1.32
 解析結果のサマリー表の出力のテキスト形式の出力に罫線を追加。独立変数が一つだけの場合のCox比例ハザード回帰、Fine-Gray比例ハザード回帰の出力の修正。Mantel-Byar()関数のオプションにSimon and Makuchプロットを追加。

●Version 1.33
 Rコマンダー、survivalパッケージのアップデートに伴う対応の他、ヒストグラム描画時に度数分布表を表示、・重回帰分析のサマリー表示に回帰係数の信頼区間を追加、 比例ハザード性の検定時に変数ごとのシェーンフィールド残差プロットを追加、Restricted mean survivalの計算と検定の関数rmean.table()を追加などの変更。

Ver 1.00以降の変更履歴
Ver 1.00以前の変更履歴

 Ver 1.27 が「EZRでやさしく学ぶ統計学第2版」に附属するCD-ROMのものと同じバージョンです。書籍版では書籍の説明に沿ったサンプルファイルもインストールされます。その後のアップデートで便利な機能が加わっていますが、基本的な使用方法や解析機能には大きな変化はありません。サンプルファイルは書籍版CD-ROMの\SampleDataフォルダにも含まれています。

EZRと統計の解説書

↑ 初級~中級者用

↑ 中級~上級者用

解析画面の紹介
(クリックすると拡大して表示されます)


EZRのメニュー画面

生存解析の指定画面

Rのスクリプトが
自動生成されます

生存曲線

解析結果サマリー出力

ROC曲線

散布図行列

メタアナリシスの結果

生存解析の指定画面
(英語版)