自治医科大学 循環器内科学部門

文字サイズ変更
S
M
L

Menu

重症心不全


重症心不全

心不全の原因は、虚血性心疾患、弁膜症、心筋症、先天性心疾患と様々なものがあり、心不全の病態も軽度なものから重症なものまで多岐に渡ります。
左室の心機能が高度に低下した重症心不全の治療は、一般的に内服薬(ACE阻害薬、アンギオテンシン受容体阻害薬、利尿剤、β遮断薬、強心剤、PDE阻害薬)、ペースメーカーによる左室再同期療法、外科的治療(左室形成術など)が行われています。
しかしながら、これらの治療を行っても改善の認められない治療抵抗性の重症心不全は循環器疾患において最大の難関のひとつです。近年、日本においても本病態に対して補助人工心臓、心臓移植が行われるようになりました。
当院は、補助人工心臓の植え込みができる施設であり、2015年からは植え込み型の補助人工心臓を扱えるようになりました。
これに対応し、循環器内科医師、心臓血管外科医師が共同で重症心疾患治療部を立ち上げ治療抵抗性の重症心不全の診療を行っています。また、重症心不全の治療にあたっては、チーム医療の重症性が増しています。
当院においても、循環器センターの医師だけではなく、精神面をカバーする精神科医師、臨床心理士、看護師、薬剤師、臨床工学技師、栄養士がチームを作り、重症心不全治療にあたっています。 チームとして重症心不全診療に当たる醍醐味を望むスタッフを募集しています。




心不全チーム