自治医科大学 循環器内科学部門

文字サイズ変更
S
M
L

Menu

高血圧


高血圧

高血圧は、循環器疾患の最大の危険因子であり、適切な診断と治療は言うまでもありません。当科には、日本高血圧学会の理事、専門医、評議員が複数在籍しており、循環器一般の臨床を行いながら、高血圧の診療・臨床研究を行っている日本では数少ない施設です。高血圧専門外来を開設しています。24時間自由行動下血圧計(ABPM)を積極的に使用し、白衣高血圧や仮面高血圧の診断を行っています。高血圧のほとんどが本態性高血圧ですが、約10%程度に2次性高血圧が隠れている可能性がります。2次性高血圧のなかでも、腎血管性高血圧の治療については、私たち循環器内科の得意としているカテーテル治療によって治療も行います。
また、睡眠時無呼吸症候群の高血圧への関与への診療・研究も積極的に行っており、当科で開発したトリガー血圧計(特許申請2004- 048404)は、現在、当科と共同研究を行っている全国の施設で、診療にも役立っています。
近年、治療抵抗性高血圧の治療として腎交感神経デナベーションが欧米で行われていますが、当院でも治験として9例の症例に行いました。現在も3つの腎交感神経デナベーションの臨床試験を行っています。

■施設認定 ・ 日本高血圧学会専門医施設

高血圧チーム