Jichi Medical University Hospital Life Saving Emergency Center

センター紹介

大学附属病院の救命救急センターとしての役割は、
1)三次救急医療施設として重症・重篤患者に対して適切な救急医療を遅滞無く提供する体制を整えていること
2)周辺地域の救急医療体制全体を把握して、プレホスピタルを含めた地域の救急医療がスムーズに行われるようなシステム作りを行うためのリーダーシップをとること
と考えて活動してきたことが特徴である。
 
三次救急医療施設としては、救急医学会指導医1名、専門医6名を常勤で揃えており、また全レジデントが3ヶ月間ローテートすることから、その他のスタッフを含めて、救命センターだけで夜間帯でも医師3から5名の体制となっているため、重篤・重症の救急車を原則として断らずに診療できる体制にある。また、院内全科との協力の中で救急医療を行っているので、各科の当直・宅直の数は毎日20名を越えていて、どのような疾患にでも原則対応可能である。また、すべての救急車搬送に関しては、その受入状況について毎日病院長まで報告されるシステムがあり、受入不能の場合にはその理由などを救命救急センター委員会で検証して改善に努めている。

一方で、周辺救急医療体制は医療資源不足が深刻で、夜間では初期救急医療もままなら無い状況であったため、自治医大救命救急センターが非常に多くの軽症救急を受入れざるを得ない状況であった。その結果として三次救急医療体制の維持が危うくなったことから、救急患者統計をもとに地元医師会・市行政・県医療福祉部局との話し合いを行って、周辺地域の夜間・休日急患診療所の設置・強化を行うこととなり、2万名近い夜間・休日初期救急患者を診察する体制が確立した。その結果、三次救急医療が適切に継続できるようになったが、このような体制作りを自治医大救命救急センターが中心となって行ってきた。
 
また、プレホスピタルケアの充実が三次救急医療の推進には欠かせないが、メディカルコントロール(MC)体制の強化のために、栃木県小山・芳賀地区分科会MC協議会の事務局を設置し、消防機関との連携協力関係を結んで、独自の予算を組んで救急救命士のプロトコル作成・再教育などの活動を積極的に行っている。われわれは、救命救急センターとしてこの活動を積極的に支援してきた。その結果、周辺地区の搬送症例の全例調査をすでに2回に渡って実施して解析し、プレホスピタルケアの充実に生かすとともに、ドクターカーの運用をMC体制の中で行い、すでに救命例などの効果が明らかになっている。