Jichi Medical University Hospital Life Saving Emergency Center

研究・業績

2016:業績

(A)原著論文
1)Izawa,Y., Suzukawa,M.,Alan ,K.:Self-inflicted injuries are an important cause of penetrating traumatic injuries in Japan. Acute Medicine & Surgery.DOI: 10.1002/ams2.186. 3(4): e305–309,2016.
 
2)Izawa,Y.,Hishikawa,S.,Muronoi,T., Yamashita,K., Maruyama,H.,Suzukawa,M., Alan,K.: Ex-vivo and live animal models are equally effective training for the management of a penetrating cardiac injury. World Journal of Emergency Surgery.DOI: 10.1186/s13017-016-0104-3. 31;11:45,2016.
 
B)学会発表
1)伊澤祥光,菱川修司,牧村幸敏,鈴川正之,佐田尚宏:下大静脈/肝静脈損傷を伴う肝損傷に対する一時的止血デバイスの開発.第116回日本外科学会定期学術集会,大阪, 2016416日(日本外科学会定期学術集会抄録集 116 Page OP-063-6, 2016
2)太田真, 伊澤祥光, 米川力, 室野井智博, 新庄貴文, 富永経一郎, 三浦久美子, 渡邊伸貴, 山下圭輔, 鈴川正之, 中村仁康 : P070-4 馬蹄腎に対する刺創の一例. 44回日本救急医学会総会学術集会, 東京, 20161117-19(日本救急医学雑誌 27(9) : 570, 2016)
 
3)鈴川正之:地域包括ケアシステムと救急看護連携メディカルコントロール体制と地域包括ケア.18回日本救急看護学会,20161029-30日(日本救急看護学会雑誌 18(3):80,2016
 
4)須藤淳一,中村聡,中田智子,鈴川正之:学校におけるアクションカードの有用性と消防機関の連携について.53回救急隊員学術研究会,東京,2016212日(日本救急医学会関東地方会雑誌 37(1)201,2016
 
5)豊國義樹,鈴川正之,山下圭輔,米川力,竹田豊,梶谷貴志,出川徹:出雲市伊野地区ファーストレスポンダー隊員の傾向.19回日本臨床救急医学会総会・学術集会,福島,2016513-14日(日本臨床救急医学会雑誌 19(2):339,2016
 
6)間藤卓,中田一之,山口充,大井秀則,大瀧聡,奈倉武朗,杉浦潤,有馬史一,杉山聡:経腸栄養剤とプロバイオティクスに用いられる生菌性剤と相互関係. 43回日本集中治療医学会学術集会,神戸,2016212-14日(日本集中治療医学会雑誌 23(Suppl)669,2016
 
7)間藤卓,中田一之,山口充,大井秀則,大瀧聡,奈倉武朗,杉浦潤,有馬史一,土屋守克,杉山聡:HRVをもちいた、ICUベッドのポジションが自律神経活性に与える効果の解析.43回日本集中治療医学会学術集会,神戸,2016212-14日(日本集中治療医学会雑誌 23(Suppl)716,2016
 
8)間藤卓:医工連携に救命救急医の果たす役割.45回日本医療福祉設備学会,東京,20161026-28(病院設備 58(6):100,2016)
 
9)間藤卓:救急自動通報システム(D-Call Net)が起動する航空医療の近未来 近赤外分光センサを用いたウエアラブル・デバイスによる、交通事故障害者の予後改善の試み.23回日本航空医療学会総会,埼玉,20161028-29(日本航空医療学会雑誌 17(2)76,2016)
 
10)間藤卓,中田一之,宮田俊一,山口充,大井秀則,有馬史人,今本俊郎,阿部建彦,城下翠,杉山聡:From Bedside to Lab,from Lab to Bedside救急医学研究を発展させるために重症患者管理におけるHRV(Heart rate variability)の有用性について. 44回 日本救急医学会総会学術集会, 東京, 20161117-19(日本救急医学会雑誌 27(9):348,2016)
 
11)間藤卓, 中田一之,山口充,大井秀則,杉浦潤,有馬史人,阿部建彦,今本俊郎,城下翠,杉山聡:救命救急センターの診療に有用な電子メモ帳の開発. 44回 日本救急医学会総会学術集会, 東京, 20161117-19(日本救急医学会雑誌 27(9):467,2016)
 
12)三浦久美子, 伊澤祥光, 室野井智博, 太田真, 鈴川正之:低酸素脳症後のミオクローヌス発作重積状態にブロポフォール間歎的投与が有効であった一例.44回 日本救急医学会総会学術集会, 東京, 20161117-19日(日本救急医学雑誌 27(9) : 586, 2016)
 
13)山崎正博, 太田真, 米川力, 伊澤祥光, 富永経一郎, 新庄貴文, 室野井智裕博, 三浦久美子, 山下圭輔, 鈴川正之, 中村仁康: 当院で経験した特発性腎出血12例についての臨床的検討. 44回日本救急医学会総会学術集会, 東京, 20161119(日本救急医学雑誌 27(9) : 496, 2016)
 
14)Izawa,Y.,Hishikawa,S.,Maruyama,H.,Muronoi,T.,Watanabe,N.,Makimura,Y.,Sasanuma,H., Yamashita,K.,Suzukawa,M., Naohiro Sata, Alan,K.: Ex-vivo training with a pump is useful for training of repair of cardiac injury: Evaluated with Objective Structured Assessment of Technical Skills (OSATS). 10th Annual Congress of Korean Society of Acute Care Surgery, 4th Joint Scientific Congress of KSACS and JSACS. Busan, Republic of Korea. April 9, 2016.
 
C)著者・総説
1)伊澤祥光:外傷外科トレーニングコース.第2章外傷外科.特集/消化器・一般外科医のための 最新 救急・集中治療のすべて. 臨床外科. 第71 巻第11号(2016年 増刊号)医学書院,2016.
 
2)伊澤祥光:15章 外傷における低侵襲手術,16章 外傷放射線医学.DSTC外傷外科手術マニュアル Boffard KD著 溝端康光・監訳 医学書院,2016
 
(D)特許
なし
 
(E)その他
1)伊澤祥光:Travel Grant.
10th Annual Congress of Korean Society of Acute Care Surgery, 4th Joint Scientific Congress of KSACS and JSACS. Busan, Republic of Korea. 2016.4.9.

2015:業績

A)原著論文
1)松本 健司, 伊澤 祥光, 三浦 久美子, 望月 礼子, 富永 経一郎, 米川 力, 阿野 正樹, 長嶺 伸彦, 山下 圭輔, 鈴川 正之:集学的治療が奏功した開放性骨盤骨折の1.Japanese Journal of Acute Care Surgery 5(1):72-76,2015.
 
2)谷島 雅子, 阿野 正樹, 鈴川 正之:RRS(rapid response system)を活用した、院内急変時対応の部署別教育.日本臨床救急医学会雑誌 18(3):506-511,2015.
 
3)Izawa, Y., Mizobata,Y., Fujita,T,. Matsumoto,H.,Hata,M., Yonekawa,C., Nagata,T., Hishikawa, S.,Makimura,Y., Kunita,S., Yamashita,K., Suzukawa,M., MD PhD and
Alan K. Lefor.: Live trauma surgery demonstration with a porcine model is valuable training for physicians and nurses. Medical Education (Japan). 医学教育46(6): 497-502, 2015.
 
4)Ogura ,T., Lefor AT, Nakano, M., Izawa, Y.,Morita,H.: Nonoperative management of hemodynamically unstable abdominal trauma patients with angioembolization and resuscitative endovascular balloon occlusion of the aorta. J Trauma Acute Care Surg. Jan;78(1):132-5,2015.
 
5)Ogura, T., Nakano,M., Izawa, Y., Nakamura, M.,Fujizuka ,K., Lefor AT.: Analysis of risk classification for massive transfusion in severe trauma using the gray zone approach. Am J Emerg Med. Sep;33(9):1146-51, doi:10.1016/j.ajem. Epub.2015.
 
6)Muronoi,T., Koyama,K., Nunomiya,S.,Wada,M., Koinuma,T., Shima,J.,Suzukawa,M.:xTomohiro MuronoiIncreased immature platelet fraction before platelet count decline reflects increased platelet production and coagulopathy-related platelet consumption in patients with sepsis. Vol.30:Issue 4,848 ,2015.
 
7)Sartelli M, Abu-Zidan FM, Catena F, Griffiths EA, Di Saverio S, Coimbra R,Ordoñez CA, Leppaniemi A, Fraga GP, Coccolini F, Agresta F, Abbas A, Abdel Kader S, Agboola J, Amhed A, Ajibade A, Akkucuk S, Alharthi B, Anyfantakis D, Augustin G, Baiocchi G, Bala M, Baraket O, Bayrak S, Bellanova G,Beltràn MA, Bini R, Boal M, Borodach AV, Bouliaris K, Branger F, Brunelli D, Catani M, Che Jusoh A, Chichom-Mefire A, Cocorullo G, Colak E, Costa D,Costa S, Cui Y, Curca GL, Curry T, Das K, Delibegovic S, Demetrashvili Z,Di Carlo I, Drozdova N, El Zalabany T, Enani MA, Faro M, Gachabayov M,Giménez Maurel T, Gkiokas G, Gomes CA, Gonsaga RA, Guercioni G, Guner A,Gupta S, Gutierrez S, Hutan M, Ioannidis O, Isik A, Izawa, Y., Jain SA,Jokubauskas M, Karamarkovic A, Kauhanen S, Kaushik R, Kenig J, Khokha V,Kim JI, Kong V, Koshy R, Krasniqi A, Kshirsagar A, Kuliesius Z,Lasithiotakis K, Leão P, Lee JG, Leon M, Lizarazu Pérez A, Lohsiriwat V,López-Tomassetti Fernandez E, Lostoridis E, Mn R, Major P, Marinis A,Marrelli D, Martinez-Perez A, Marwah S, McFarlane M, Melo RB, Mesina C,Michalopoulos N, Moldovanu R, Mouaqit O, Munyika A, Negoi I, Nikolopoulos I, Nita GE, Olaoye I, Omari A, Ossa PR, Ozkan Z, Padmakumar R, Pata F,Pereira Junior GA, Pereira J, Pintar T, Pouggouras K, Prabhu V, Rausei S,Rems M, Rios-Cruz D, Sakakushev B, Sánchez de Molina ML, Seretis C, Shelat V, Simões RL, Sinibaldi G, Skrovina M, Smirnov D, Spyropoulos C, Tepp J,Tezcaner T, Tolonen M, Torba M, Ulrych J, Uzunoglu MY, van Dellen D, van Ramshorst GH, Vasquez G, Venara A, Vereczkei A, Vettoretto N, Vlad N, Yadav SK, Yilmaz TU, Yuan KC, Zachariah SK, Zida M, Zilinskas J,: Ansaloni L.Global validation of the WSES Sepsis Severity Score for patients with complicated intra-abdominal infections: a prospective multicenter study (WISS Study). World J Emerg Surg. 2015 Dec 16;10:61. doi:10.1186/s13017-015-0055-0. eCollection 2015.
 
B)学会発表
1)新庄 貴文, 伊澤 祥光, 三浦 久美子, 望月 礼子, 富永 経一郎, 室野井 智博, 米川 力, 阿野 正樹, 太田 真, 山下 圭輔, 鈴川 正之:鈍的または鋭的外傷による横隔膜損傷9例の検討. 29回日本外傷学会総会・学術集会,札幌、2015611日~12.(日本外傷学会雑誌29(2):244,2015)
 
2)鈴川 正之:NPPVの現状とガイドラインの改訂 急性呼吸不全に対するNPPV.55回日本呼吸器学会学術講演会,東京、シンポジウム 2015418日~19.(日本呼吸器学会誌4()20,2015)
 
3)豊國 義樹, 鈴川 正之, 山下 圭輔, 米川 力, 松原 裕樹, 竹田 豊, 梶谷 貴志, 小林 明宏, 高山 好弘:心停止後症候群の社会復帰の向上には何が必要か 地域へのファーストレスポンダー体制導入の課題.18回日本臨床救急医学会総会,富山、201565日~6.(日本臨床救急医学会雑誌18(2)267,2015
 
4)三浦久美子,亀田知明:MRIの拡散強調画像で大脳白質に広範な高信号を認めた低血糖脳症の4例. 第56回日本神経学会学術大会,新潟、2015521日~23. 
 
5)室野井 智博, 伊澤 祥光, 太田 真, 山下 圭輔, 鈴川 正之:成傷器遺残背部刺創の1.29回日本外傷学会総会・学術集会,札幌、2015611日~12.(日本外傷学会雑誌29(2):274,2015)
 
6)望月 礼子, 三浦 久美子, 富永 経一郎, 太田 真, 鈴川 正之: 院内の各科連携により救命した壊死性筋膜炎の3症例.43回日本救急医学会,東京、20151022日~23.(日本救急医学会雑誌26(8)491,2015)
 
7)望月 礼子, 小出 正樹, 岩田 健司, 鈴川 正之:救急での初期研修医教育の現場から "鑑別シート"作成による思考過程の可視化の工夫.43回日本救急医学会総会,東京、20151022日~23.(日本救急医学会雑誌26(8)225,2015)
 
8)橋本 光雄, 米川 力, 寺山 美華, 舘野 章, 森戸 英男: 救急救命士再教育充実のための試み.18回日本臨床救急医学会総会.富山、201565日~6.(日本臨床救急医学会雑誌18(2):351,2015)
 
9)Miura.K.,Kameda.T., Suzukawa.M.: Diffusion-weighted imaging changes in a case of severe hypoglycemic encephalopathy:Internal Medicine.54(8):989,2015.
 
C)著者・総説
1)伊澤 祥光:【救急手術の新しい展開-ハイブリッド手術】 ハイブリッド手術の変遷と今後の課題.Medical Torch ,11(2):20-21,2015.
 
2)伊澤 祥光, 片岡 祐一, 畑 倫明, 藤見 聡, 船曵 知弘, 箕輪 良行:【救急手術の新しい展開-ハイブリッド手術】 迅速な救命をめざす画像誘導下手術の戦略. Medical Torch ,11(2)9-19,2015.
 
3)鈴川正之:メディカルコントロール(MC)を通した搬送困難への対応.消防研修,9761-66,2015.

2014:業績

A)原著論文
1)小島好子,雲野博美,角田圭佑,前原多鶴子,渡邊美智子,上原里程,草野英二,鈴川正之:救命救急センターにおける医療ソーシャルワーカーが介入する患者の特性と退院支援.日本臨床救急医学会雑誌17(3:395-4022014
 
2)Nakajima,T., Konno, T., Nagayama, R., Ando, Y.,
Yokota, H., Oguro, K., Fujimoto, K., Watanabe, E.: Advantage of axillary skin incision for implantation of deep brain stimulator. Stereotact Funct Neurosurgery 92(suppl 2): 182, 2014.
 
3)Ogura, T., Nakamura ,Y., Nakano ,M., Izawa, Y., Nakamura, M., Fujizuka,K., Suzukawa ,M., Lefor AT.: Predicting the need for massive transfusion in trauma patients: the Traumatic Bleeding Severity Score. J Trauma Acute Care Surg. 2014 May; 76(5): 1243-50.
 
4).Sartelli,M.,Catena,F.,Ansaloni,L.,Coccolini,F.,Corbella,D.,Moore,EE.,Malangoni,M.,Velmahos,G.,Coimbra,R.,
Koike,K.,Leppaniemi,A.,Biffl,W.,Balogh,Z.,Bendinelli,C.,Gupta,S.,Kluger,Y.,Agresta,F.,Saverio,SD.,
Tugnoli,G.,Jovine,E.,Ordonez,CA.,Whelan,JF.,Fraga,GP.,Gomes,CA.,Pereira,GA.,Junior,Yuan,KC.,Bala,M.,
Peev,MP.,Ben-Ishay,O.,Cui,Y.,Marwah,S.,Zachariah,S.,Wani,I.,Rangarajan,M.,Sakakushev,B., Kong,V., Ahmed,A.,Abbas,A.,Gonsaga,RA.,Guercioni,G.,Vettoretto,N.,Poiasina ,E., Díaz-Nieto, R.,Massalou ,D.,Skrovina, M.,Gerych, I.,Augustin ,G.,Kenig,J., Khokha ,V., Tranà,C., Kok,KY.,Mefire,AC.,Lee,JG.,Hong,SK.,Lohse,HA.,Ghnnam,W.,Verni,A.,Lohsiriwat,V.,Siribumrungwong,B., El Zalabany,T., Tavares,A., Baiocchi ,G., Das,K., Jarry ,J., Zida,M.,Sato,N.,Murata,K.,Shoko,T.,Irahara,T.,Hamedelneel,AO.,Naidoo,N.,Adesunkanmi,AR.,Kobe,Y.,Ishii,W.,
Oka, K.,Izawa,Y., Hamid, H., Khan, I., Attri, A., Sharma ,R., Sanjuan,J.,Badiel,M.,Barnabé ,R.: Complicated intra-abdominal infections worldwide: the definitive data of the CIAOW Study. World J Emerg Surg. 2014 May 14; 9:37. eCollection 2014.
 
5)Yonekawa,C.,Suzukawa,M.,Yamashita,K.,Kubota,K., Yasuda, Y., Kobayashi, A., Matsubara, H., Toyokuni,Y.:Development of a first-responder dispatch system using a smartphone.Journal of Telemedicine and Telecare.20:75-81,2014.
 
B)学会発表
1)伊澤祥光,菱川修司,山下圭輔,松本健司,新庄貴文,室野井智博,鈴川正之,Alan Lefor.:Acute Care Surgery における外傷手術simulationトレーニング.日本Acute Care Surgery 学会学術集会,青森市,2014921日.(日本Acute Care Surgery学会雑誌 4(2:193, 2014)
 
2)小泉 大, 佐田 尚宏, 眞田 幸弘, 田口 昌延, 石黒 保直, 兼田 裕司, 三木 厚, 黒河内 顕, 遠藤 和洋, 笹沼 英紀, 佐久間 康成, 太田 真, Lefor Alan, 安田 是和:鼠径部ヘルニア嵌頓症例における発症から緊急手術までの経過時間の検討.第114回日本外科学会定期学術集会,京都,201443日~5日.( 日本外科学会雑誌 115(臨増2):9182014)
 
3)新庄 貴文, 三浦 久美子, 富永 経一郎, 望月 礼子, 室野井 智博, 米川 力, 阿野 正樹, 伊澤 祥光, 山下 圭輔, 鈴川 正之:鈍的外傷による胸骨骨折・多発肋骨骨折・フレイルチェストを合併したIb型気管・気管支損傷の1例.第64回日本救急医学会関東地方会,横浜,201421日.(日本救急医学会関東地方会雑誌 35(1)1412014
 
4)鈴川正之:私たちが行ってきた搬送困難への対応策 会長講演.17回日本臨床救急医学会総会,栃木, 2014531日~61.(日本臨床救急医学会雑誌 17(2)1732014
 
5)高畠 裕介, 米川 力, 望月 礼子, 三浦 久美子, 富永 経一郎, 鈴川 正之:意思伝達装置「めがとーく」の脊髄損傷患者での使用経験.第17回日本臨床救急医学会総会,栃木,2014531日~61日.(日本臨床救急医学会雑誌 17(2):3022014)
 
6)滝 直也, 富永 経一郎, 三浦 久美子, 望月 礼子, 阿野 正樹, 伊澤 祥光, 米川 力, 室野井 智博, 山下 圭輔, 鈴川 正之:フェノール中毒による化学熱傷、腎機能障害を呈した1例.第42回日本救急医学会総会,福岡,20141028日~30日.(日本救急医学会雑誌25(8)5652014
 
7)中嶋剛,益子敏弘,小針隆志,木村唯子,横田英典,小黒恵司,渡辺英寿:3Dプリンターがもたらす機能的神経外科手術のイノベーション.53回日本定位・機能神経外科学会,大阪,201428.
 
8)中嶋剛,渡辺英寿:定位脳手術の現状と展望.(招待講演).CREST「脳神経回路」研究領域 運動系関連研究チーム合同ワークショップ,愛知,2014212.
 
9)中嶋剛,益子敏弘,小針隆志,木村唯子,横田英典,小黒恵司,渡辺英寿:アドオン型ニューロナビゲータと超音波ドップラー装置の統合による経鼻下垂体手術の安全性向上 当施設での工夫−.24回日本間脳下垂体腫瘍学会,福岡,2014222.
 
10)中嶋剛,手塚正幸,小針隆志,横田英典,小黒恵司,渡辺英寿:従来型非充電式IPGから充電式IPGへの交換には注意を要する – Technical Note -. 37回関東機能的脳外科カンファレンス,東京,201445.
 
11)中嶋剛:機能的脳外科.(招待講演).12回脳神経外科勉強会,愛知,2014412.
 
12)中嶋剛,小針隆志,佐藤信,木村唯子,山口崇,益子敏弘,渡辺英寿:3Dプリンターによる駒井式定位脳手術装置の再興―既存手術機器へのアドオン型デバイスの開発と臨床応用―.第23回脳神経外科手術と機器学会,福岡,2014418.
 
13)中嶋剛,安藤善仁,藤本健一,渡辺英寿:高齢者の難治性振戦に対する外科的治療の在り方.27回日本老年脳神経外科学会,新潟,2014425.
 
14)藤田尚,溝端康光,松本尚,畑倫明,永田高志,室野井智博,松本健司,新庄貴文,秋山由美子,舘野佐知子,米川力,伊澤祥光:特別企画 外傷手術ライブ開催.第17回臨床救急医学会総会,栃木県,2014531日~61日.(日本臨床救急医学会雑誌)
 
15)馬籠 宏一, 柳沢 淳一, 三好 隆朗, 山中 克則, 柏崎 幸男, 生井 忠篤, 鈴川 正之, 山下 圭輔, 阿野 正樹, 米川 力:救命士が考える地域メディカルコントロール体制充実に対する取組.第17回日本臨床救急医学会総会,栃木,2014531日~61日.(日本臨床救急医学会雑誌17(2):3262014)
 
16)松本 健司伊澤 祥光, 望月 礼子, 富永 経一郎, 米川 力, 阿野 正樹, 長嶺 伸彦, 山下 圭輔, 鈴川 正之:重症穿通性外傷に対する初期治療の特性と改善点.第76回日本臨床外科学会総会,福島,20141120日~22日.(日本臨床外科学会雑誌 7511):32002014
 
17)三浦久美子,亀田知明,中村仁康,阿野正樹,伊澤祥光,米川力,金子直樹,長嶺伸彦,山下圭輔,鈴川正之:特徴的な画像変化を来した低血糖性脳症の一例.第17回臨床救急医学会,総会,栃木,2014531日~61日.
 
18)望月礼子,富永経一郎,三浦久美子,阿野正樹,伊澤祥光,米川力,山下圭輔,鈴川正之:転倒後に対麻癒を呈した無痛性大動脈解籬の1例.17回日本臨床救急医学会総会, 栃木, 2014531日~61.(日本臨床救急医学会雑誌 17(2)2672014
 
19)山下圭輔,富永経一郎,望月礼子,三浦久美子,阿野正樹,伊澤祥光,米川カ,鈴川正之:たらい回しゼロを目指した救急医療体制 搬送困難ゼロへの地域MCからの試み 続報 パネルディスカッション. 17回日本臨床救急医学会総会,栃木, 2014531日~61.(日本臨床救急医学会雑誌 172):208,2014
 
20)山中 克則, 三好 隆朗, 馬籠 宏一, 柳沢 淳一, 柏崎 幸雄, 生井 忠篤, 鈴川 正之, 山下 圭輔, 阿野 正樹, 米川 力:救急救命士薬剤投与連携確認試験の取り組みについて.第17回日本臨床救急医学会総会,栃木,2014531日~1日.(日本臨床救急医学会雑誌 172):3392014
 
21)米川力,富永経一郎,三浦久美子,望月礼子,伊澤祥光,阿野正樹,山下圭輔,鈴川正之:オンラインメディカルコントロールにおける画像伝送装置の有用性についての検討.第17回日本臨床救急医学会総会,栃木,2014531日〜61.(日本臨床救急医学会雑誌172:324,2014)
 
22)Jinta,T.,Nishimura,N.,ohde,S., Marukawa,S., Suzukawa,M.,Chohnabayashi,N.: clinical application ofnon-invasive Positive-pressure ventilation in Patients withcommunity-acquired pneumonia. European Respiratory Soc iety International Congress 2014, Munich.Germany,2014.
 
23)Nakajima,T.: DBS and ablation – Movement disorder -. (Invited lecture). 9th Scientific Meeting for the Asian Australasian Society of Stereotactic and Functional Neurosurgery, Shanghai, China, January 10-12, 2014.
 
24)Nakajima, T., Konno,T., Nagayama, R., Oguro, K., Watanabe, E.: Advantage of axillary skin incision for implantation of deep brain stimulator - Protection from the direct forces in falls down -. 21st Congress of the European Society for Stereotactic and Functional Neurosurgery, Maastricht, Netherlands, September 17-20, 2014.
 
25)Nakajima,T.: Accuracy control of stereotactic surgery. (Invited lecture). 2nd Hands-on Training Course for Lesioning Procedures in Stereotactic and Functional Neurosurgery. Tokyo, Japan, November 17-19, 2014.
 
C)著者・総説
1)伊澤祥光:横隔膜損傷.胸部外傷.救急医学4月号 へるす出版 2014. 472-476
 
2)中嶋剛:新たな脳深部刺激装置. 橋本信夫, 寺本明,小川彰, 嘉山孝正(編), 臨床医のための最新脳神経外科, 先端医療技術研究所, 東京, 2014, 171-174.
 
D)特許
名称:止血シャントデバイス
発明者:伊澤祥光、菱川修司
出願人:学校法人自治医科大学
番号:特願2014-160881
出願年月日:201486日出願
 
E)その他
1)伊澤祥光:特別講演「重症体幹外傷における周術期集中治療」 北海道Acute Care Academy 北海道大学,札幌,201496日.
 
2)伊澤祥光:講演「外傷診療と外傷外科」 青森県立中央病院,青森市,2014124日.
 
3)中嶋剛: AADC欠損症に対する遺伝子治療の臨床研究 定位脳手術法の確立 - . 厚生労働科学研究補助金 成育疾患克服等総合研究事業 平成25年度総括研究報告書, 2014, 106-107.
 
4)中嶋剛,渡辺英寿:遺伝子導入手術の実際、問題点および対応について.厚生労働科学研究補助金 成育疾患克服等総合研究事業「AADC欠損症に対する遺伝子治療の臨床研究」班会議,栃木,2014118.

2013:業績

A)原著論文
1)伊澤祥光:十二指腸損傷の手術術式選択における近年の動向. Japanese Journal of Acute Care Surgery 310-14, 2013.
 
2)高山好弘,安田康晴,豊國義樹,久保田勝明,米川力,山下圭輔,鈴川正之:適切なバイスタンダーCPR実施率と生存率の関係 バイスタンダーCPRは正しく行われているか.日本臨床救急医学会雑誌 16(2):88-902013
 
3)米川力, 新庄貴文, 富永経一郎, 伊澤祥光, 阿野正樹, 山下圭輔, 鈴川正之:災害時において使用可能な情報伝達手段としての無線機の検討,日本臨床救急医学会雑誌 16(6)826-8302013
 
4)Kabutoya T, Hoshide S, Ogata Y, Eguchi K, Kario K.:Masked hypertension defined by home blood pressure monitoring is associated with impaired flow-mediated vasodilatation in patients with cardiovascular risk factors:J Clin Hypertens  15630-6362013.
 
5)Toyokuni Y,Suzukawa M,Yamashita K,Yonekawa C,Kubota K,Yasuda Y,Kobayashi A, Matsubara H: Introduction of the community first responder system into Japan: is that possible? International J Emerg Med 6:34,doi:10.1186/1865-1380-6-34,2013.
 
B)学会発表
1)伊澤祥光,山下圭輔,濱田徹,鈴川正之:重症体幹外傷手術を行うためにはMedical Control(MC)や院内体制整備が必要.第49回腹部救急医学会学術集会, 福岡, 2013314.(日本腹部救急医学会雑誌 33(2)3192013
 
2)伊澤祥光,山下圭輔,三浦久美子,望月礼子,富永経一郎,米川力,阿野正樹,鈴川正之: 人口200万人の医療圏に1つの外傷センター ~ 胸腹部外傷手術症例数の視点から.第27回日本外傷学会総会,久留米,2013524.(日本外傷学会雑誌 27(2)1692013
 
3)伊澤祥光,山下圭輔,三浦久美子,望月礼子,富永経一郎,米川力,阿野正樹,鈴川正之:Acute Care Surgeryで最も力を入れるべき領域は出血性ショックを伴う体幹部外傷手術である.第16回日本臨床救急医学会総会,東京,2013713.(日本臨床救急医学会雑誌 16(3)3242013
 
4)伊澤祥光,金子直樹,室野井智博,三浦久美子,望月礼子,富永経一郎,米川力,阿野正樹,長嶺伸彦,山下圭輔,鈴川正之:Thromboelastometry(ROTEM®)による凝固線溶系モニタリングは従来検査よりも迅速で病態把握に役立つ.第41回日本救急医学会総会、東京、20131021.(日本救急医学会雑誌,24(8)4942013
 
5)金子直樹:中枢神経系原発悪性リンパ腫に対し、可及的に放射線治療を温存した大量メソトレキサート療法の長期成績.日本脳神経外科学会第72回学術総会,横浜,20131016日~18.
 
6)金子直樹,益子敏弘, 難波克成,檜垣鮎帆,根本繁:脳血管内治療のためのbasic studyと臨床応用の展望 3次元プリンタを用いた脳動脈瘤血管内治療シミュレーションシステムの開発 手早く、安く作製できる精密血管モデルで実行可能なテイラーメイド治療へ. 29回日本脳神経血管内治療学会学術総会,新潟,20131121日~23.JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy 7(6)1512013)
 
7)梶谷貴志,伊藤桂太,江角博,飯塚幸夫,竹田豊,安田康晴,鈴川正之:早期119番通報広報チラシの効果について.第16回日本臨床救急医学会総会,東京,2013712日~13日.(日本臨床救急医学会雑誌 16(3)3762013
 
8)甲谷友幸,三橋武司,渡邊裕昭,渡部智紀,中神理恵子,籏義仁,苅尾七臣:自己心拍温存機能の使用によりICD不適切作動をきたした一例.第5回植え込みデバイス関連冬季大会,東京,2013222日~24日.(第5回植え込みデバイス関連冬季大会抄録集 ,2013
 
9)新庄貴文,伊澤祥光,山下圭輔,三浦久美子,望月礼子,富永経一,米川力,阿野正樹,鈴川正之:両下肢の重症外傷による出血性ショックに対しては大動脈遮断バルーンが有効である.第27回日本外傷学会総会,久留米,2013523日~24日.(日本外傷学会雑誌 27(2)2042013
 
10)鈴川正之:教育体制の強化とMCの関与.第21回全国救急隊員シンポジウム,シンポジウム,岡山市,2013
 
11)竹田豊,伊藤桂太,梶谷貴志,飯塚幸夫,安田康晴,鈴川正之:遠隔地域におけるPAD (Public Access Defibrillation)システムの検証.第16回日本臨床救急医学会総会,東京,2013712日~13日.(日本臨床救急医学会雑誌 16(3)3782013
 
12)富永経一郎,伊澤祥光,三浦久美子,望月礼子,米川力,阿野正樹,山下圭輔,鈴川正之:当科における穿通性頸胸腹部外傷手術症例の検討.第27回日本外傷学会総会,久留米,2013523日~24日.(日本外傷学会雑誌 27(2)2622013
 
13)富永経一郎,鈴川正之,山下圭輔,阿野正樹,伊澤祥光,米川力,新庄貴文,濱田徹,望月礼子,三浦久美子:血液透析(HD)が有効であったメタノール中毒の1例.第16回日本臨床救急医学会総会・学術集会,東京,2013年7月12日〜13日.(日本臨床救急医学会雑誌 16(3)4312013
 
14)豊國義樹,鈴川正之,山下圭輔,米川力,久保田勝明,安田康晴,小林明宏,飯島一則,古内貴志:ファーストレスポンダー体制導入に関するアンケート調査.第16回日本臨床救急医学会総会,東京,2013712日~13日.(日本臨床救急医学会雑誌 16(3)3812013
 
15)豊國義樹,鈴川正之,米川力,安田康晴:スウェーデン ストックホルムにおけるファーストレスポンダー体制.第16回日本臨床救急医学会総会,東京,2013712日~13日.(日本臨床救急医学会雑誌 16(3)3812013
 
16)中村仁康,伊澤祥光,河合陽,三浦久美子,望月礼子,富永経一郎,米川力,阿野正樹,山下圭輔,中田学,鈴川正之,杉本英治:脾・肝損傷、骨盤骨折の急性期の治療では、IVRは手術よりも有用性が高い、第27回日本外傷学会総会 シンポジウム,久留米,2013523日~24日.(日本外傷学会雑誌 27(2)1532013
 
17)中村仁康,伊澤祥光,河合陽,富永経一,望月礼子,三浦久美子,米川力,阿野正樹,山下圭輔,中田学,鈴川正之,杉本英治:外傷IVRにおけるNBCA塞栓術の初期経験について.第27回日本外傷学会総会,久留米,2013523日~24日.(日本外傷学会雑誌 27(2)2282013
 
18)中村仁康,伊澤祥光,河合陽,富永経一,米川力,阿野正樹,山下圭輔,中田学,鈴川正之,杉本英治,菱川修司:生体ブタを用いたIVR修練の試み、第27回日本外傷学会総会(久留米)、2013523日~24日.(日本外傷学会雑誌 27(2)2282013
 
19)成川憲司,坂本哲也,高野久一,久保田勝明,鈴川正之,山下圭輔,米川力,安田康晴,小林明宏,飯島一則,豊國義樹:ファーストレスポンダーを対象としたコール・トリアージ・プロトコルの検討.第16回日本臨床救急医学会総会,東京,2013712日~13日.(日本臨床救急医学会雑誌 16(3)3752013
 
20)松原裕樹,山下秀男,高野久一,大和克幸,倉谷日出夫,鈴川正之,久保田勝明,稲葉英夫,安田康晴,豊國義樹:加賀市塩屋町でのファーストレスポンダー体制の時間的効果、第16回日本臨床救急医学会総会,東京,20133712日~13日.(日本臨床救急医学会雑誌 16(3)3802013
 
21)宮本英二,中山辰志,菅原康一,鈴川正之,山下圭輔,米川力,久保田勝明,安田康晴,豊國義樹,高山好弘:CPA発生時の119番通報時間短縮に広報誌は有効か.第16回日本臨床救急医学会総会,東京,2013712日~13日.(日本臨床救急医学会雑誌 16(3)3762013
 
22)山下圭輔,阿野正樹,伊澤祥光,米川力,富永経一郎,望月礼子,三浦久美子,長嶺伸彦,新庄貴文,鈴川正之:搬送困難ゼロへの地域MCからの試み.第16回日本臨床救急医学会総会,東京,2013712日~13日.(日本臨床救急医学会雑誌 16(3)4202013
 
23)米川力, 山下圭輔, 鈴川正之, 久保田勝明, 安田康晴, 成川憲司,豊國義樹:携帯電話の位置情報システムを利用したFirst Responder応答時間短縮の試み.第16回日本臨床救急医学会総会・学術集会,東京,2013年7月12日〜13日.(日本臨床救急医学会雑誌 16(3)4652013
 
24)Izawa Y,Yamashita K,Matsumoto K,Tominaga K,Mochiduki R,Shinjo T,Yonekawa C,Ano M,Suzukawa M: Suicide attempt makes up a large proportion of penetrating trauma cases underwent surgery in neck, chest, or abdomen: three-year experience in a Japanese tertiary emergency center. 2nd World Society of Emergency Surgery, Bergamo, Italy, July 9, 2013.
 
25)Izawa Y,Hisikawa S,Yamashita K,Miura K,Mochiduki R,Tominaga K,Yonekawa C,Ano M, Nagamine N,Suzukawa M, Alan Lefor: Live tissue training for trauma surgery is effective for senior residents. 7th Asian Conference on Emergency Medicine, Tokyo, October 25, 2013.
 
26)Kabutoya T,Hoshide S, Ishikawa J, Eguchi K, Kario K:Flow-Mediated Vasodilation Magnitude Referenced as a Post-Dilation Diameter was Useful as an Indicator of Hypertensive Vascular Damage.第77回日本循環器学会学術集会,横浜,2013年316日~18日.
 
27)Kabutoya T,Hoshide S, Ishikawa J, Eguchi K, Kario K:The association between baroreflex sensitivity and sleep-disordered breathing in patients with cardiovascular risk.第77回日本循環器学会学術集会,横浜,2013年316日~18日.
 
28)Kabutoya T,Mitsuhashi T, Watanabe H, Watanabe T, Nakagami R, Hata Y , Kario KImpact of anemia in patients who underwent implantable cardioverter defibrillator/ cardiac resynchronization therapy defibrillator implantation.EHRA EUROPACE 2013,Athens – Greece, 23 Jun- 26 Jun
 
29)Kabutoya T,Mitsuhashi T, Watanabe H, Watanabe T, Nakagami R, Hata Y , Kario KPrognosis after Implantable Cardioverter Defibrillator / Cardiac Resynchronization Therapy Defibrillator Implantation in Cardiac Sarcoidosis Patients.EHRA EUROPACE 2013,Athens – Greece, 23 Jun- 26 Jun
 
30)Yonekawa C,Suzukawa M, Yamashita K,Toyokuni Y,Yasuda Y,Kubota K,Kobayashi A, Matsubara H:Are we ready to start? Introduction of community first responder system into Japan.European Resuscitation Council Conference Krakow, Poland, 2013.
 
C)著書・総説
1)伊澤祥光: 骨盤外傷.監修:箕輪良行.今日の臨床サポート.永井良三,福井次矢,木村健二郎,上村直実,桑島巌,今井靖,嶋田元,編.エルゼビア・ジャパン,2013(ウェブサイト:http://clinicalsup.jp/jpoc/
 
2)長嶺伸彦:門脈圧亢進症性胃症・胃前庭部毛細血管拡張症.内科学第10版第1刷,朝倉書店,2013949-51.
 
D)特許
 
E)その他
1)伊澤祥光:Lecturer & instructor  ATOM international course. Tokyo, 2013.8.5-6.
 
2)伊澤祥光:会長賞 第49回腹部救急医学会総会 2013314日.
 
3)甲谷 友幸:第1ICD友の会栃木県宇都宮講演会:電磁干渉、日常生活における注意点.宇都宮,2013629日.
 
4)甲谷 友幸:㈱埼玉県臨床工学技士会主催 第4回循環器セミナー:ペースメーカの基礎、最新デバイスと患者管理.さいたま,201377日.
 
5)甲谷 友幸:第62回おやま薬・薬連携研修会:心房細動の病態と治療 -β遮断薬の果たす役割-.下野,20131210日.

2012:業績

(A)原著論文
1)阿野正樹:COPD増悪期の治療戦略-NPPV.臨床呼吸生理 4455-58,2012.
 
2)伊澤祥光,室野井智博,山下圭輔,鈴川正之,菱川修司,アラン・レフォー:当科での外傷手術手技off-the-job trainingJapanese Journal of Acute Care Surgery 1: 49-54, 2012.
 
3)伊澤祥光,山下圭輔,米川力,阿野正樹,鈴川正之,永井秀雄:当科における膵損傷の手術術式選択. Japanese Journal of Acute Care Surgery 1: 16-21, 2012.
 
4)三浦久美子,阿野正樹,泉学,長嶺伸彦,山下圭輔,鈴川正之:造影CTでは診断できず、単純CTで診断し得た大動脈解離の1.日本救急医学会関東地方会雑誌 33:198-2002012.
 
5)米川力,伊澤祥光,阿野正樹,山下圭輔,鈴川正之:ビデオ通話ソフト”FaceTime"を使用した救急画像伝送の試み.日本救急医学会雑誌23:369-372,2012.
 
6)Ishikawa J, Hoshide S, Eguchi K, Ishikawa S, Shimada K, Kario K.:for the Japan Morning Surge-Home Blood Pressure Study Investigators Group. Nighttime Home Blood Pressure and the Risk of Hypertensive Target Organ Damage. Hypertension 60:921-928,2012.
 
7)Izawa Y, Hishikawa S, Muronoi T, Yamashita K, Suzukawa M, Lefor AT.:Ex-vivo porcine organs with a circulation pump are effective for teaching hemostatic skills. World J Emerg Surg. 9; 7(1):e5, 2012.
 
8)Joji Ishikawa, Yoshio Matsui, Cesare Russo, Eiichi Hyodo, Kotaro Arai, Marco R. DiTulio, Shunichi Homma, Kazuomi Kario.: Increased Aortic Wave Reflection and Longitudinal Regional Diastolic Dysfunction in Patients with Left Ventricular Hypertrophy. Artery Research 6: 97-102, 2012.
 
9)Joji Ishikawa, Efthimia G Nasothimiou, Nikos Karpettas, Scott McDoniel, Seth D Feltheimer, George S Stergiou, Thomas G Pickering, Joseph E Schwartz: Automatic Office Blood Pressure Measured without Doctors or Nurses Present. Blood Press Monit. 17(3):96-102,2012.
 
10)Tominaga K, Izumi M, Suzukawa M, Shinjo T, Izawa Y, Yonekawa C, Ano M, Yamashita K, Muronoi T, Mochiduki R.:Takotsubo cardiomyopathy as a delayed complication with a herbicide containing glufosinate ammonium in a suicide attempt: a case report.Case Rep Med. 2012;2012:630468. doi: 10.1155/2012/630468. Epub 2012 Nov 19.
 
(B)学会発表
1)阿野正樹,三浦久美子,鈴川正之:気管切開を介した侵襲的人工呼吸下で会話が可能であった高位頚髄損傷による呼吸筋麻痺の1.第34回日本呼吸療法医学会総会, 沖縄,2012714日~15. 
 
2)荒井則子,阿野正樹,茂呂悦子,岡田裕美,小畑美加子,鶴見真理子,樋口一,江長谷川剛,渡邉美智子,鈴川正之:worried callのみによるRapid Response System.第15回日本臨床救急医学会総会, 熊本,2012616日~17. 
 
3)石川譲治,山中祐子,渡辺慎太郎:血圧モーニングサージを認める脊髄損傷の症例.1回臨床高血圧フォーラム,大阪,2012513.
 
4)石川譲治,星出聡,江口和男,石川鎮清,島田和幸,苅尾七臣:家庭血圧計による夜間血圧-自由行動下血圧計による夜間血圧の推定能について‐.日本高血圧学会,名古屋,2012920.
 
5)伊澤祥光,山下圭輔,濱田徹,鈴川正之:重症体幹外傷手術症例に対しては特化した体制づくりが重要. 4Acute Care Surgery研究会学術集会, 東京, 20121128. (抄録集 232012.
 
6)伊澤祥光,山下圭輔,濱田徹,鈴川正之:体幹外傷外科医の育成には多角的なアプローチが有効である. 74回日本臨床外科学会総会, 東京, 20121130.(日本臨床外科学会雑誌73臨増:403, 2012.
 
7)泉学,富永経一郎,望月礼子,新庄貴文,室野井智博,米川力,阿野正樹,伊澤祥光,山下圭輔,鈴川正之:遅発性呼吸抑制から人工呼吸器管理、さらに時間を経過したこつぼ型心筋症を呈したグルホシネート中毒の一例.15回日本臨床救急医学会総会,熊本,2012616日~17.(日本臨床救急医学会雑誌 15-2:273,2012
 
8)久保田勝明,鈴川正之,山下圭輔,米川力,菅原康一,安田康晴,豊國義樹:ファーストレスポンダー体制の構築とその効果.15回日本臨床救急医学会総会,熊本,2012616日~17. (日本臨床救急医学会雑誌 15-2:238,2012
 
9)鈴川正之,豊國義樹,久保田勝明,安田康晴:離島におけるファーストレスポンダー(FR)制度の確立.51回日本生体医工学会大会 オーガナイズドセッション,福岡,2012510日~12.
 
10)尾形純一,南浩一郎,横山徹,鈴川正之:救急救命士2名体制はどの都市でも救命率を改善するか?.15回日本臨床救急医学会総会 シンポジウム,熊本,2012616日~17.
 
11)小島好子,雲野博美,角田圭祐,鈴川正之,渡邊美智子:MSWが介入する患者の特性と退院支援―救命救急センターの相談ケースを通して―.15回日本臨床救急医学会総会,熊本,2012616日~17.
 
12)鈴川正之:人工呼吸管理における医療チームの意志決定と意志決定支援.14回日本救急看護学会学術集会 基調講演,東京,2012112日~3.
 
13)高山好弘,北村浩一,鈴川正之,山下圭輔,米川力,久保田勝明,菅原康一,安田康晴,豊國義樹:バイスタンダーCPRの有効性について. 15回日本臨床救急医学会総会,熊本,2012616日~17.(日本臨床救急医学会雑誌 15-2235,2012)
 
14)富永 経一郎, 鈴川 正之, 山下 圭輔, 阿野 正樹, 泉 学, 伊澤 祥光, 米川 力, 濱田 徹, 室野井 智博, 新庄 貴文:頭部MRIにて外傷性の一次性動眼神経損傷を示し得た一症例.15回日本臨床救急医学会総会,熊本,2012616日~17.(日本臨床救急医学会雑誌 15-2303,2012)
 
15)豊國義樹,鈴川正之,久保田勝明,安田康晴:イタリアピアチェンザ郡におけるファーストレスポンダー体制. 15回日本臨床救急医学会総会,熊本,2012616日~17.(日本臨床救急医学会雑誌 15-2237,2012)
 
16)長嶺伸彦,大竹俊哉,礒田憲夫:内視鏡的食道静脈瘤結紮時の栄養管理における分岐鎖アミノ酸製剤就眠前投与の有用性. 39回日本肝臓学会東部会, 東京,2012127.
 
17)成川憲司,坂本哲也,小林明宏,飯島一則,鈴川正之,山下圭輔,米川力,久保田勝明,安田康晴,豊國義樹:ファーストレスポンダー対象コール・トリアージ・プロトコルの検討.15回日本臨床救急医学会総会,熊本,2012616日~17.(日本臨床救急医学会雑誌 15-2237,2012)
 
18)宮本英二,中山辰志,鈴川正之,山下圭輔,米川力,久保田勝明,菅原康一,安田康晴,豊國義樹:目撃ありCPA症例の119番通報までの時間経過及び通報遅延因子の検討.15回日本臨床救急医学会総会,熊本,2012616日~17.(日本臨床救急医学会雑誌 15-2236,2012)
 
19)米川力,阿野正樹,山下圭輔,鈴川正之:心肺蘇生開始時間短縮の為のファーストレスポンダー体制構築の試み.40回日本救急医学会総会,京都,20121113日~15.
    
20)米川力,阿野正樹,山下圭輔,鈴川正之:地方都市における多数傷病者発生事案に対するDMAT出動体制のあり方について. 40回日本救急医学会総会,京都,20121113日~15.
 
21)米川力,柳沢淳一,馬籠宏一,久保田勝明,豊國義樹,安田康晴,三浦久美子,濱田徹,山下圭輔,鈴川正之:位置情報サービスを利用したドクターカー出動指令の試み.15回日本臨床救急医学会総会,熊本,2012616日~17.
 
22)室野井智博,泉学,望月礼子,鈴川正之:降圧薬の大量服薬によりショックを呈し、大量カテコラミンに追加したグルカゴン投与により救命しえた1.15回日本臨床救急医学会総会,熊本,2012616日~17.(日本臨床救急医学会雑誌15-2:195,2012)
 
23)Joji Ishikawa, Satoshi Hoshide, Kazuo Eguchi, Shizukiyo Ishikawa, Kazuyuki Shimada, Kazuomi Kario.:Asleep Blood Pressure Measured Using a Home Blood Pressure Monitor. Annual Scientific Meeting of American Society of Hypertension May 18, New York,2012.
 
24)Joji Ishikawa, Satoshi Hoshide, Kazuo Eguchi, Shizukiyo Ishikawa, Kazuyuki Shimada, Kazuomi Kario.:Nighttime home blood pressure and the risk of hypertensive target organ damage: The Japan Morning Surge-Home Blood Pressure (J-HOP) Study. Annual Scientific Meeting of American Heart Association, Nov. 6, 2012, Los Angeles, USA,2012.
 
25)Joji Ishikawa, Shizukiyo Ishikawa, Kazunori Kayaba, Kazuomi Kario.: the Jichi Medical School Cohort Study investigators group. Cornell product left ventricular hypertrophy in electrocardiogram and mortality in a general population. Annual Scientific Meeting of Japanese Circulation Society March 16th,Fukuoka,2012.
 
26)Masayuki Suzukawa:How we can improve resuscitation rate?Importance of prehospital emergency system.The 32nd Annual Conference of the KSCCM,Invited lecture,Seoul Korea,April 28,2012.
 
(C)著書・総説
1)石川譲治,島田和幸:脳卒中合併高血圧患者における配合薬の使用.MEDICINAL,6,135-138,2012.
 
2)石川譲治:心不全 内科診断の本道-病歴と身体診察情報からどこまでわかるか?.Medicina,49(9),2012.
 
3)石川譲治: 第27回米国高血圧学会議(ASH)トピックス(学会報告).血圧,7,82-83,2012.
 
4)石川譲治、苅尾七臣:自治医科大学 循環器内科 サーカディアンリズムを考慮した高血圧治療 α遮断薬とβ遮断薬の24時間特性.MEDICINAL, 2012.
 
5)富永 経一郎, 鈴川 正之:【「指標」・「基準」の使い方とエビデンス】 腎機能 急性腎傷害(AKI)の診断・治療指標.救急医学 36:1272-1274,2012.
 
6)長嶺伸彦:緊急度の高い消化管出血. 救急医学 36:1488-1491,2012. 
 
7)長嶺伸彦:食道・胃静脈瘤破裂. Emergency Care. メディカル出版.25(9),12-18,2012.
 
(D)特許
 
(E)その他
1)阿野正樹:『突然死を救え!地域から始まる救命医療』結城市 救急の日2012市民の集い.20129月8日.結城市民文化センターアクロス.
 
2)阿野正樹:「ガイドライン2010」芳賀広域消防救急隊員研修会.201235.真岡市公民館.
 
3)阿野正樹:「CPRと急変対応」第3回とちぎ産業看護研究会.201210月27日.栃木.
 
4)石川譲治,星出聡,江口和男,石川鎮清,島田和幸,苅尾七臣:家 庭 血圧計による夜間血圧 -自由行動下血圧計による睡眠中の血圧と比較して‐. 第24回血圧管理研究会.2012121.京都.