自治医科大学 循環器内科学部門

文字サイズ変更
S
M
L

Menu

研究業績


研究業績

切替

2021年

  • 42.Changes in Plasma Renin Activity after Renal Artery Sympathetic Denervation
  • Mahfoud F, Townsend RR, Kandzari DE, Kario K, Schmieder RE, Tsioufis K, Pocock S, David S, Patel K, Rao A, Walton A, Bloom JE, Weber T, Suppan M, Lauder L, Cohen SA, McKenna P, Fahy M, B?hm M, Weber MA.
  • J Am Coll Cardiol. 2021 Apr 22:S0735-1097(21)04810-5. doi: 10.1016/j.jacc.2021.04.044. Online ahead of print.
  • PMID:33957242
  • [コメント]
  • 腎デナベーションのレスポンダーにレニン・アンジオテンシン系が関連しているか? を検討しています。(苅尾七臣)
  • 41.Are SGLT2 Inhibitors New Hypertension Drugs?
  • Kario K, Ferdinand KC, Vongpatanasin W.
  • Circulation. 2021 May 4;143(18):1750-1753. doi: 10.1161/CIRCULATIONAHA.121.053709. Epub 2021 May 3.
  • PMID:33939525
  • [コメント]
  • SGLT2阻害薬は新規・降圧薬か? これまでのエビデンスをまとめました。(苅尾七臣)
  • 35.Noteworthy Cardiovascular Involvement with Sporadic Late-onset Nemaline Myopathy
  • Matsuzono K, Kumutpongpanich T, Kubota K, Okuyama T, Furuya K, Yagisawa T, Horikiri A, Igarashi T, Miura K, Ozawa T, Mashiko T, Shimazaki H, Koide R, Tanaka R, Shimizu H, Imai Y, Kario K, Nishino I, Fujimoto S.
  • Intern Med. 2021 Feb 22. doi: 10.2169/internalmedicine.6068-20. Online ahead of print.
  • PMID:33612671
  • [コメント]
  • 佐野厚生病院からご紹介いただいた、心肺停止歴が過去に複数回ある、可逆性の低左心機能、肺高血圧、右心不全の症例です。病歴が複雑で診断に難渋しましたが、呼吸筋障害による肺高血圧を疑って神経内科にご相談し、筋生検の所見などから最終的にネマリンミオパチーの確定診断に至りました。神経内科の松薗先生が、多彩な循環器症状を呈した貴重なミオパチー症例として報告してくださいました。(久保田香菜)
  • 31.The long-term prognostic factors in hemodialysis patients with acute coronary syndrome: perspectives from sarcopenia and malnutrition
  • Kobayashi H, Takahashi M, Fukutomi M, Oba Y, Funayama H, Kario K.
  • Heart Vessels. 2021 Mar 6. doi: 10.1007/s00380-021-01815-0. Online ahead of print.
  • PMID:33677618
  • [コメント]
  • 透析患者のACS発症後の長期予後を検討した報告は過去になく、本研究では透析患者の予後因子として知られているSarcopeniaとMalnutritionに着目して長期予後への影響を検討しました。透析患者においては糖尿病がSarcopeniaやMalnutritionと比較して長期予後に関連する因子であり、非透析患者と異なる結果を示しました。その原因として透析患者はもともとSarcopeniaやMalnutritionの程度が強いことが考えられました。(小林久也)
  • 30.Regional differences in office and self-measured home heart rates in Asian hypertensive patients: AsiaBP@Home study
  • Tomitani N, Hoshide S, Buranakitjaroen P, Chia YC, Park S, Chen CH, Nailes J, Shin J, Siddique S, Sison J, Soenarta AA, Sogunuru GP, Tay JC, Turana Y, Zhang Y, Wanthong S, Matsushita N, Wang JG, Kario K; HOPE Asia Network.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2021 Mar;23(3):606-613. doi: 10.1111/jch.14239. Epub 2021 Mar 10.
  • PMID:33694262
  • [コメント]
  • アジアの11か国/地域において、同一血圧計を用いて実施した横断研究のサブ解析です。南アジア地域においては、東アジアや東南アジア地域と比較して心拍数が高く、同じアジア地域にあっても、心疾患予防のために地域に合わせた臨床戦略が有効である可能性が示されました。(冨谷奈穂子)
  • 29.Characteristics of hypertension in obstructive sleep apnea: An Asian experience
  • Hoshide S, Kario K, Chia YC, Siddique S, Buranakitjaroen P, Tsoi K, Tay JC, Turana Y, Chen CH, Cheng HM, Huynh VM, Park S, Soenarta AA, Sogunuru GP, Wang TD, Wang JG.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2021 Mar;23(3):489-495. doi: 10.1111/jch.14184. Epub 2021 Mar 11.
  • PMID:33705599
  • [コメント]
  • 高血圧のリスクとなる睡眠時無呼吸症候群についてアジア人の特徴及びエビデンスに焦点をあてたレビューです。(星出聡)
  • 28.Comparison of nighttime measurement schedules using a wrist-type nocturnal home blood pressure monitoring device
  • Tomitani N, Kanegae H, Kario K.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2021 Mar 16. doi: 10.1111/jch.14237. Online ahead of print.
  • PMID:33724674
  • [コメント]
  • 夜間家庭血圧測定の測定スケジュールについて、現在、明確な基準はありません。本論文では、オムロンヘルスケア社の最新の夜間家庭血圧計を使用して測定した夜間血圧について、どのようなタイミングで測定することが望ましいか検討しました。(冨谷奈穂子)
  • 26.Non-pharmacological management of hypertension
  • Verma N, Rastogi S, Chia YC, Siddique S, Turana Y, Cheng HM, Sogunuru GP, Tay JC, Teo BW, Wang TD, Tsoi KKF, Kario K.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2021 Mar 18. doi: 10.1111/jch.14236. Online ahead of print.
  • PMID:33738923
  • [コメント]
  • アジアの非薬物療法をまとめたHOPE Asia Networkからの総説です。(苅尾七臣)
  • 21.Hypertension and chronic kidney disease in Asian populations
  • Teo BW, Chan GC, Leo CCH, Tay JC, Chia YC, Siddique S, Turana Y, Chen CH, Cheng HM, Hoshide S, Minh HV, Sogunuru GP, Wang TD, Kario K.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2021 Feb 4. doi: 10.1111/jch.14188. Online ahead of print.
  • PMID:33538081
  • [コメント]
  • 20.Applications of artificial intelligence for hypertension management
  • Tsoi K, Yiu K, Lee H, Cheng HM, Wang TD, Tay JC, Teo BW, Turana Y, Soenarta AA, Sogunuru GP, Siddique S, Chia YC, Shin J, Chen CH, Wang JG, Kario K; HOPE Asia Network.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2021 Feb 3. doi: 10.1111/jch.14180. Online ahead of print.
  • PMID:33533536
  • [コメント]
  • HOPE Asia Networkからの人工知能を高血圧管理に活かすというホットトピックの総説です。 SPRINT試験のデータをAI解析したデータをHypertensionに発表したTsoi先生が第一著者です。(苅尾七臣)
  • 19.Disaster hypertension and cardiovascular events in disaster and COVID-19 pandemic
  • Narita K, Hoshide S, Tsoi K, Siddique S, Shin J, Chia YC, Tay JC, Teo BW, Turana Y, Chen CH, Cheng HM, Sogunuru GP, Wang TD, Wang JG, Kario K.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2021 Feb 1. doi: 10.1111/jch.14192. Online ahead of print.
  • PMID:33527663
  • [コメント]
  • 災害高血圧や災害関連循環器疾患についての総説です。COVID-19パンデミック下での循環器疾患や、災害時およびパンデミック時におけるICTを利用した血圧管理についても言及しております。HOPE Asia Network の先生方との共著です。(成田圭佑)
  • 17.Comparative effects of valsartan plus cilnidipine or hydrochlorothiazide on nocturnal home blood pressure
  • Fujiwara T, Hoshide S, Tomitani N, Kanegae H, Kario K.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2021 Jan 26. doi: 10.1111/jch.14199. Online ahead of print.
  • PMID:33497537
  • [コメント]
  • バルサルタン/シルニジピン配合錠とバルサルタン/ヒドロクロロチアジド配合錠において、夜間家庭血圧レベル低下度に対する効果を比較したRCTの結果です。バルサルタン/ヒドロクロロチアジド配合錠と比較して、バルサルタン/シルニジピン配合錠はベースラインの夜間血圧レベルに応じた降圧効果を示すことを明らかにしました。シルニジピンの薬剤特性を反映した結果であると考えられます。(藤原健史)
  • 16.Relationship between Home Blood Pressure and the Onset Season of Cardiovascular Events: The J-HOP Study (Japan Morning Surge-Home Blood Pressure)
  • Narita K, Hoshide S, Kario K.
  • Am J Hypertens. 2021 Jan 25:hpab016. doi: 10.1093/ajh/hpab016. Online ahead of print.
  • PMID:33493266
  • [コメント]
  • 心血管リスクを一つ以上を有する一般外来患者4258名において、家庭血圧と追跡期間中に発生した冬季発症の心血管イベントとの関連について検討しました。早朝家庭収縮期血圧は冬季発症の心血管イベントと有意な関連を認めました(10mmHg毎の調整ハザード比 1.22)が、就寝前家庭収縮期血圧では有意な関連を認めませんでした。早朝家庭血圧は就寝前家庭血圧と比べ、冬季発症の心血管イベントとより強く関連することが示唆されました。(成田圭佑)
  • 15.Critical angioedema induced by a renin angiotensin system blocker in the contemporary era of increasing heart failure: A case report and commentary
  • Sato M, Takahashi M, Kario K.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2021 Jan 25. doi: 10.1111/jch.14189. Online ahead of print.
  • PMID:33492725
  • [コメント]
  • 急性心筋梗塞に対するPCI後に、エナラプリルによる重篤な血管性浮腫を呈した症例を提示し、血管性浮腫のリスク因子をbackgroundとtriggerに分けてまとめました。心不全pandemic時代において至適薬物療法は益々重要となります。ACE阻害薬/ARBだけでなくARNIの使用も増加していく中で、重篤な血管性浮腫を発症する可能性を改めて認識し、早期診断につなげることの重要性について述べました。(佐藤雅史・高橋政夫)
  • 12.Telemedicine in the management of hypertension: Evolving technological platforms for blood pressure telemonitoring
  • Wang JG, Li Y, Chia YC, Cheng HM, Minh HV, Siddique S, Sogunuru GP, Tay JC, Teo BW, Tsoi K, Turana Y, Wang TD, Zhang YQ, Kario K; Hypertension Cardiovascular Outcome Prevention, Evidence (HOPE) Asia Network.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2021 Jan 23. doi: 10.1111/jch.14194. Online ahead of print.
  • PMID:33484617
  • [コメント]
  • HOPE Asia Networkから発表された、テレメディスンを高血圧管理に活かすというホットトピックの総説です。中国高血圧学会会長 Jiguang Wang先生が第一著者です。(苅尾七臣)
  • 10.Differences in exercise-induced blood pressure changes between young trained and untrained individuals
  • Nakamura K, Fujiwara T, Hoshide S, Ishiyama Y, Taki M, Ozawa S, Kario K.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2021 Jan 17. doi: 10.1111/jch.14177. Online ahead of print.
  • PMID:33455054
  • [コメント]
  • アスリートは非アスリートと比較して、マスターダブル負荷試験時における短期間の血圧変動は抑制されており、また、急性運動負荷に伴う一過性血圧上昇から速やかに回復を示すことを明らかにした。また、非アスリート群と比較して、アスリート群では左室心筋重量係数が大きいことを示した。これらの結果は、定期的な運動負荷に対する心臓の適応反応によってもたらされる、短期間の血圧変動や左室肥大のメカニズムを、理解するのに役立つと考えられる。(藤原健史)
  • 7.Renal sodium handling: perspective on adaptation to clinical practice
  • Suzuki D, Hoshide S, Kario K.
  • Am J Hypertens. 2021 Jan 13:hpab001. doi: 10.1093/ajh/hpab001. Online ahead of print.
  • PMID:33438727
  • [コメント]
  • renal salt handlingと環境/遺伝因子との関連性を調べた横断研究に対するcommentary論文です。renal salt handlingと血圧、食塩感受性高血圧との関連性をまとめました。一方で、renal salt handlingの測定が実臨床現場ではまだ一般化されていないことについて触れ、今後の展望を述べました。(鈴木大輔)
  • 6.Office blood pressure measurement: A comprehensive review
  • Siddique S, Hameed Khan A, Shahab H, Zhang YQ, Chin Tay J, Buranakitjaroen P, Turana Y, Verma N, Chen CH, Cheng HM, Wang TD, Van Minh H, Chia YC, Kario K.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2021 Jan 8. doi: 10.1111/jch.14169. Online ahead of print.
  • PMID:33420745
  • [コメント]
  • HOPE Asia Networkから発表された、外来血圧測定法に関する総説です。(苅尾七臣)
  • 5.Assessment of preferred methods to measure insulin resistance in Asian patients with hypertension
  • Minh HV, Tien HA, Sinh CT, Thang DC, Chen CH, Tay JC, Siddique S, Wang TD, Sogunuru GP, Chia YC, Kario K.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2021 Jan 7. doi: 10.1111/jch.14155. Online ahead of print.
  • PMID:33415834
  • [コメント]
  • HOPE Asia Networkから発表された、アジア人におけるより好ましいインスリン抵抗性評価に関する総説です。ベトナム高血圧学会会長・Minh HV先生が第1著者です。(苅尾七臣)
  • 3.Comparative effects of topiroxostat and febuxostat on arterial properties in hypertensive patients with hyperuricemia
  • Kario K, Nishizawa M, Kiuchi M, Kiyosue A, Tomita F, Ohtani H, Abe Y, Kuga H, Miyazaki S, Kasai T, Hongou M, Yasu T, Kuramochi J, Fukumoto Y, Hoshide S, Hisatome I.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2021 Jan 5. doi: 10.1111/jch.14153. Online ahead of print.
  • PMID:33400348
  • [コメント]
  • 血管特性に対するトピロキソスタットとフェブキソスタットの効果の違いを検証した無作為比較試験・Beyond UA試験の主論文です。(苅尾七臣)
  • 1.Different age-related impacts of lean and obesity on cardiovascular prognosis in Japanese patients with cardiovascular risks: The J-HOP (Japan Morning Surge-Home Blood Pressure) Study
  • Toriumi S, Kabutoya T, Hoshide S, Kario K.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2021 Jan 2. doi: 10.1111/jch.14161. Online ahead of print.
  • PMID:33389806
  • [コメント]
  • 痩せや肥満と心血管疾患リスクとの有意な関連については、すでに複数の報告があります。ですが、加齢によって、そのリスクに変動があることはあまり知られておりません。本研究では、65歳未満と65歳以上に層別化し、それぞれにおいて、正常体重と比して痩せや肥満と心血管疾患リスクとの関連を評価しました。その結果、痩せは、65歳未満とは異なり65歳以上においては心血管イベントの有意な独立因子となり、かつ肥満よりも高いハザードリスクを示しました。(鳥海進一)