自治医科大学 循環器内科学部門

文字サイズ変更
S
M
L

Menu

研究業績


研究業績

切替

2021年

  • 93.World Heart Federation Roadmap for Hypertension - A 2021 Update
  • Jeemon P, S?verin T, Amodeo C, Balabanova D, Campbell NRC, Gaita D, Kario K, Khan T, Melifonwu R, Moran A, Ogola E, Ordunez P, Perel P, Pi?eiro D, Pinto FJ, Schutte AE, Wyss FS, Yan LL, Poulter NR, Prabhakaran D.
  • Glob Heart. 2021 Sep 10;16(1):63. doi: 10.5334/gh.1066. eCollection 2021.
  • PMID:34692387
  • [コメント]
  • 世界的に高血圧制圧に向けた2021年度版最新のロードマップです。(苅尾七臣)
  • 92.Leadless Pacemaker Implantation for a Super-elderly Woman with a Mediastinal Tumor
  • Kabutoya T, Imai Y, Aoyama Y, Toriumi S, Yokota A, Komori T, Kario K.
  • Intern Med. 2021 Oct 19. doi: 10.2169/internalmedicine.8273-21. Online ahead of print.
  • PMID:34670897
  • [コメント]
  • 超高齢の縦郭腫瘍の患者さんに植え込んだリードレスペースメーカーの症例報告です。通常の鎖骨下静脈からのルートがない患者さんにリードレスペースメーカーは有用な選択肢です。(甲谷友幸)
  • 90.Accurate nighttime blood pressure monitoring with less sleep disturbance
  • Tomitani N, Hoshide S, Kario K.
  • Hypertens Res. 2021 Sep 21. doi: 10.1038/s41440-021-00745-8. Online ahead of print.
  • PMID:34548652
  • [コメント]
  • Full-night ABPM測定と同等の評価が可能な夜間血圧測定回数と測定スケジュールを検討した論文へのコメンタリーです。睡眠を阻害することなく正確な夜間血圧を測定するという観点から、過去の研究や最新のデバイスについてまとめました。(冨谷奈穂子)
  • 89.Direct comparison of the reproducibility of in-office and self-measured home blood pressures
  • Asayama K, Ohkubo T, Rakugi H, Miyakawa M, Mori H, Katsuya T, Ikehara Y, Ueda S, Ohya Y, Tsuchihashi T, Kario K, Miura K, Ito S, Umemura S; Japanese Society of Hypertension Working Group on the COmparison of Self-measured home, Automated unattended office, Conventional attended office blood pressure (COSAC) study.
  • J Hypertens. 2021 Oct 5. doi: 10.1097/HJH.0000000000003026. Online ahead of print.
  • PMID:34620775
  • [コメント]
  • 医療従事者が不在下で自動測定した診察室血圧と家庭血圧の再現性の直接比較した日本高血圧学会の研究です。家庭血圧の再現性がより良好でした。(苅尾七臣)
  • 85.Annual reports on hypertension research 2020
  • Mogi M, Higashi Y, Bokuda K, Ichihara A, Nagata D, Tanaka A, Node K, Nozato Y, Yamamoto K, Sugimoto K, Shibata H, Hoshide S, Nishizawa H, Kario K.
  • Hypertens Res. 2021 Oct 15. doi: 10.1038/s41440-021-00766-3. Online ahead of print.
  • PMID:34650193
  • [コメント]
  • Hypertension Researchの初めての企画であるAnnual reportです。2020年にHypertension Research誌に掲載された論文の内容をまとめています。(星出聡)
  • 83.Catheter-based ultrasound renal denervation in patients with resistant hypertension: the randomized, controlled REQUIRE trial
  • Kario K, Yokoi Y, Okamura K, Fujihara M, Ogoyama Y, Yamamoto E, Urata H, Cho JM, Kim CJ, Choi SH, Shinohara K, Mukai Y, Ikemoto T, Nakamura M, Seki S, Matoba S, Shibata Y, Sugawara S, Yumoto K, Tamura K, Yoshihara F, Nakamura S, Kang WC, Shibasaki T, Dote K, Yokoi H, Matsuo A, Fujita H, Takahashi T, Kang HJ, Sakata Y, Horie K, Inoue N, Sasaki KI, Ueno T, Tomita H, Morino Y, Nojima Y, Kim CJ, Matsumoto T, Kai H, Nanto S.
  • Hypertens Res. 2021 Oct 15. doi: 10.1038/s41440-021-00754-7. Online ahead of print.
  • PMID:34654905
  • [コメント]
  • 治療抵抗性高血圧患者を対象とした超音波・腎デナベーションシステムのシャムコントロール比較試験REQUIREの主要解析です。腎デナベーションは、シャムコントロール群に比較して、主要評価指標・24時間収縮期血圧に有意差を認めませんでした。シャム群での血圧低下が著しかったためです。次の試験では、シャム群の血圧低下をいかに防ぐかがポイントとなります。(苅尾七臣)
  • 81.Association of treatment-resistant hypertension defined by home blood pressure monitoring with cardiovascular outcome
  • Narita K, Hoshide S, Kario K.
  • Hypertens Res. 2021 Oct 17. doi: 10.1038/s41440-021-00757-4. Online ahead of print.
  • PMID:34657133
  • [コメント]
  • 家庭血圧で定義した治療抵抗性高血圧と心血管イベントリスクとの関連についての論文です。治療抵抗性高血圧の診断、治療管理における家庭血圧の有用性について述べました。今年(2021年)の高血圧学会総会Late brakingの特別企画である Hypertension Research の Ultra rapid publication として採用して頂きました。(成田圭佑)
  • 80.STEP to estimate cardiovascular events by home blood pressure in the era of digital hypertension
  • Kario K, Sakima A, Ohya Y.
  • Hypertens Res. 2021 Oct 17. doi: 10.1038/s41440-021-00764-5. Online ahead of print.
  • PMID:34657134
  • [コメント]
  • 高齢者高血圧のより厳格な降圧(110-130mmHg)の降圧有効性を見たSTEP研究より、早朝家庭血圧の低下から、REQUIRE試験やHERB DH1試験など最新の臨床研究の臨床効果を推定しています。(苅尾七臣)
  • 79.A Japan nationwide web-based survey of patient preference for renal denervation for hypertension treatment
  • Kario K, Kagitani H, Hayashi S, Hanamura S, Ozawa K, Kanegae H.
  • Hypertens Res. 2021 Oct 17. doi: 10.1038/s41440-021-00760-9. Online ahead of print.
  • PMID:34657136
  • [コメント]
  • 降圧療法中・高血圧患者を対象にした腎デナベーションに対する患者嗜好をメディアで調査しました。心不全や薬剤副作用の既往、家庭血圧が高いほど腎デナベーションをやってみてもよいとの志向が強くなりました。(苅尾七臣)
  • 77.Hypertension Research Awards for authors of outstanding papers in Hypertension Research
  • Kario K.
  • Hypertens Res. 2021 Oct 17. doi: 10.1038/s41440-021-00783-2. Online ahead of print.
  • PMID:34657139
  • [コメント]
  • 日本高血圧学会誌・Hypertension Research Awardの受賞者の紹介です。Hypertension Researchは40年の歴史を持ち、現在のImpact Factorは3. 87です。循環器の論文を広く扱っていますので、投稿をお待ちしています!(苅尾七臣)
  • 75.Renal denervation based on experimental rationale
  • Katsurada K, Ogoyama Y, Imai Y, Patel KP, Kario K.
  • Hypertens Res. 2021 Sep 13. doi: 10.1038/s41440-021-00746-7. Online ahead of print.
  • PMID:34518650
  • [コメント]
  • 中枢性循環調節と腎デナベーションの効果について、高血圧と心不全モデル動物を使用した基礎研究のエビデンスをまとめました。(桂田健一)
  • 74.Trial of Intensive Blood-Pressure Control in Older Patients with Hypertension
  • Zhang W, Zhang S, Deng Y, Wu S, Ren J, Sun G, Yang J, Jiang Y, Xu X, Wang TD, Chen Y, Li Y, Yao L, Li D, Wang L, Shen X, Yin X, Liu W, Zhou X, Zhu B, Guo Z, Liu H, Chen X, Feng Y, Tian G, Gao X, Kario K, Cai J; STEP Study Group.
  • N Engl J Med. 2021 Aug 30. doi: 10.1056/NEJMoa2111437. Online ahead of print.
  • PMID:34491661
  • [コメント]
  • 高齢者高血圧の血圧コントロールは、収縮期血圧130mmHg未満を目指すべきであることを無作為比較試験で示したSTEP研究の主要論文です。今年の高血圧領域の最重要研究です。(苅尾七臣)
  • 73.Seasonal variation in blood pressure: current evidence and recommendations for hypertension management
  • Narita K, Hoshide S, Kario K.
  • Hypertens Res. 2021 Sep 6. doi: 10.1038/s41440-021-00732-z. Online ahead of print.
  • PMID:34489592
  • [コメント]
  • 血圧の季節変動についてまとめた総説です。心血管疾患は冬季に増加し、血圧の季節変動が深く関与している可能性があると考えられます。血圧の過度な季節変動を抑制することは、心血管疾患予防に有用である可能性があります。本総説ではこれまでの知見と、今後のICTを利用した血圧モニタリングや居住環境整備の重要性などについてまとめました。(成田圭佑)
  • 68.Reproducibility of nighttime home blood pressure measured by a wrist-type nocturnal home blood pressure monitoring device
  • Tomitani N, Kanegae H, Kario K.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2021 Aug 21. doi: 10.1111/jch.14342. Online ahead of print.
  • PMID:34418278
  • [コメント]
  • 手首式家庭血圧計(NightView)を用いて、夜間睡眠中に1時間おきに2晩にわたり測定した夜間血圧の再現性を検討しました。1晩目と2晩目の夜間血圧平均値の再現性は良好でしたが、夜間血圧の変動指標(SDおよびARV)の再現性は、平均値と比較すると劣っていました。夜間血圧変動を評価するには、複数晩のモニタリングが必要であることが示唆されました。(冨谷奈穂子)
  • 67.Time course of disaster-related cardiovascular disease and blood pressure elevation
  • Narita K, Hoshide S, Kario K.
  • Hypertens Res. 2021 Aug 11. doi: 10.1038/s41440-021-00698-y. Online ahead of print.
  • PMID:34381195
  • [コメント]
  • 岩手医科大学 高橋先生らのグループによる東日本大震災後5年後の血圧推移の論文(Five-year blood pressure trajectories of survivors of the tsunami following the Great East Japan Earthquake in Iwate. Hypertens Res. 2021; 44: 581-590.)に対するCommentaryです。これまでの災害関連高血圧についての研究結果も併せてまとめております。災害直後に上昇した血圧は数ヶ月?1年ほどかけて慢性期に低下する報告がほとんどです。災害直後の血圧上昇が心血管イベント増加に寄与している可能性があり、災害関連循環器疾患の予防として、災害発生直後からの介入が重要であると主張しました。(成田圭佑)
  • 66.Long-term survival without surgical intervention in a patient with a natural history of a single right ventricle: A case report
  • Kubota K, Imai Y, Ishiyama Y, Kataoka K, Ohki G, Kawada M, Kario K.
  • J Cardiol Cases. 2021 Jan 9;24(2):56-59. doi: 10.1016/j.jccase.2020.12.013. eCollection 2021 Aug.
  • PMID:34354778
  • [コメント]
  • 未修復で中高年に達する単心室患者は非常に珍しく、当科では初めての症例でした。現在では、単心室患者には小児期に第一期的姑息術から両方向性Glenn手術を経た後にFontan手術を行うという流れが一般的ですが、Fontan循環患者は成人期に至ってから不整脈や肝不全などの合併症に苦しむ方が多いこともわかってきています。この方のように適度な肺動脈弁狭窄を有している症例においては、むしろ修復しないほうが予後を期待できる可能性もある可能性があります。(久保田香菜)
  • 65.Sympathetic modulation by antihypertensive drugs
  • Katsurada K, Kario K.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2021 Aug 3. doi: 10.1111/jch.14334. Online ahead of print.
  • PMID:34343397
  • [コメント]
  • 運動昇圧反射に対するMRブロッカーとCaブロッカーの影響の違いを検討した論文へのコメンタリーです。複数の降圧薬が末梢効果器や脊髄、脳のレベルで交感神経系に作用することをまとめました。(桂田健一)
  • 64.Prologue: Special Spotlight Issue on Japan
  • Yano Y, Nishiyama A, Ishimitsu T, Kashihara N, Rakugi H, Tamura K, Itoh H, Tsuchihashi T, Sakima A, Arima H, Matayoshi T, Imai Y, Miura K, Hisamatsu T, Asayama K, Ohkubo T, Node K, Kario K.
  • J Hum Hypertens. 2021 Aug 2. doi: 10.1038/s41371-021-00589-2. Online ahead of print.
  • PMID:34341468
  • [コメント]
  • 日本の高血圧研究をまとめた特集号の巻頭言です。(苅尾七臣)
  • 59.Difference between morning and evening home blood pressure and cardiovascular events: the J-HOP Study (Japan Morning Surge-Home Blood Pressure)
  • Narita K, Hoshide S, Kario K.
  • Hypertens Res. 2021 Jul 28. doi: 10.1038/s41440-021-00686-2. Online ahead of print.
  • PMID:34321616
  • [コメント]
  • これまでに家庭血圧のME差(早朝収縮期血圧[SBP]と就寝前SBPの差)と標的臓器障害の関連についての報告はありましたが、心血管イベントリスクとの関連についての報告はありませんでした。家庭血圧についての大規模観察研究であるJ-HOP研究のデータベースを用い、ME差と心血管イベントリスクとの関連について初めて報告しました(?ME差0-20mmHgに対するME差20mmHg以上の調整HR?1.40; 95%CI 1.02?1.91??ME平均135mmHg未満かつME差20mmHg未満に対するME平均135mmHg以上かつME差20mmHg以上の調整HR?1.64; 95%CI: 1.09?2.46)。ME差は早朝SBPから就寝前SBPをマイナスするだけでも求めることが可能な簡便な血圧日内変動の指標の一つです。(成田圭佑)
  • 54.Impact of home blood pressure variability on cardiovascular outcome in patients with arterial stiffness: Results of the J-HOP study
  • Ishiyama Y, Hoshide S, Kanegae H, Kario K.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2021 Aug;23(8):1529-1537. doi: 10.1111/jch.14327. Epub 2021 Jul 20.
  • PMID:34288371
  • [コメント]
  • baPWV高値群(≧1800cm/s)では、血圧変動性の増大は心血管イベントと関連していましたが、baPWV低値群では関連がありませんでした。これは血行動態ストレスの心血管イベント発症に及ぼす影響が動脈スティフネスの程度によって異なるということを示しており、systemic hemodynamic atherothrombotic syndromeの一部を支持するものと考えています。(石山裕介)
  • 51.Visit-to-visit office blood pressure variability revisited in SPRINT
  • Nagai M, Kario K.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2021 Jul 1. doi: 10.1111/jch.14313. Online ahead of print.
  • PMID:34196479
  • [コメント]
  • SPRINT研究において、外来血圧変動性Visit-to-visit BP variabilityと総死亡との関連が、フラミンガムリスクスコアを用いた層別化により、明確に示されました。SHATSの概念から、本解析結果に対し、コメントしました。(永井道明)
  • 50.Nocturnal Hypertension and Heart Failure: Mechanisms, Evidence, and New Treatments
  • Kario K, Williams B.
  • Hypertension. 2021 Jul 6:HYPERTENSIONAHA12117440. doi: 10.1161/HYPERTENSIONAHA.121.17440. Online ahead of print.
  • PMID:34225469
  • [コメント]
  • 夜間高血圧と心不全の最新レビューです。 MRブロッカー、ARNI,SGLT2阻害薬、腎デナベーションなどの治療効果の機序として夜間高血圧に注目しています。(苅尾七臣)
  • 48.European Society of Hypertension position paper on renal denervation 2021
  • Schmieder RE, Mahfoud F, Mancia G, Azizi M, B?hm M, Dimitriadis K, Kario K, Kroon AA, D Lobo M, Ott C, Pathak A, Persu A, Scalise F, Schlaich M, Kreutz R, Tsioufis C; members of the ESH Working Group on Device-Based Treatment of Hypertension.
  • J Hypertens. 2021 Jul 13. doi: 10.1097/HJH.0000000000002933. Online ahead of print.
  • PMID:34261957
  • [コメント]
  • ヨーロッパ高血圧学会がまとめた腎デナベーションの最新ポジション論文です。(苅尾七臣)
  • 42.Changes in Plasma Renin Activity after Renal Artery Sympathetic Denervation
  • Mahfoud F, Townsend RR, Kandzari DE, Kario K, Schmieder RE, Tsioufis K, Pocock S, David S, Patel K, Rao A, Walton A, Bloom JE, Weber T, Suppan M, Lauder L, Cohen SA, McKenna P, Fahy M, B?hm M, Weber MA.
  • J Am Coll Cardiol. 2021 Apr 22:S0735-1097(21)04810-5. doi: 10.1016/j.jacc.2021.04.044. Online ahead of print.
  • PMID:33957242
  • [コメント]
  • 腎デナベーションのレスポンダーにレニン・アンジオテンシン系が関連しているか? を検討しています。(苅尾七臣)
  • 41.Are SGLT2 Inhibitors New Hypertension Drugs?
  • Kario K, Ferdinand KC, Vongpatanasin W.
  • Circulation. 2021 May 4;143(18):1750-1753. doi: 10.1161/CIRCULATIONAHA.121.053709. Epub 2021 May 3.
  • PMID:33939525
  • [コメント]
  • SGLT2阻害薬は新規・降圧薬か? これまでのエビデンスをまとめました。(苅尾七臣)
  • 35.Noteworthy Cardiovascular Involvement with Sporadic Late-onset Nemaline Myopathy
  • Matsuzono K, Kumutpongpanich T, Kubota K, Okuyama T, Furuya K, Yagisawa T, Horikiri A, Igarashi T, Miura K, Ozawa T, Mashiko T, Shimazaki H, Koide R, Tanaka R, Shimizu H, Imai Y, Kario K, Nishino I, Fujimoto S.
  • Intern Med. 2021 Feb 22. doi: 10.2169/internalmedicine.6068-20. Online ahead of print.
  • PMID:33612671
  • [コメント]
  • 佐野厚生病院からご紹介いただいた、心肺停止歴が過去に複数回ある、可逆性の低左心機能、肺高血圧、右心不全の症例です。病歴が複雑で診断に難渋しましたが、呼吸筋障害による肺高血圧を疑って神経内科にご相談し、筋生検の所見などから最終的にネマリンミオパチーの確定診断に至りました。神経内科の松薗先生が、多彩な循環器症状を呈した貴重なミオパチー症例として報告してくださいました。(久保田香菜)
  • 31.The long-term prognostic factors in hemodialysis patients with acute coronary syndrome: perspectives from sarcopenia and malnutrition
  • Kobayashi H, Takahashi M, Fukutomi M, Oba Y, Funayama H, Kario K.
  • Heart Vessels. 2021 Mar 6. doi: 10.1007/s00380-021-01815-0. Online ahead of print.
  • PMID:33677618
  • [コメント]
  • 透析患者のACS発症後の長期予後を検討した報告は過去になく、本研究では透析患者の予後因子として知られているSarcopeniaとMalnutritionに着目して長期予後への影響を検討しました。透析患者においては糖尿病がSarcopeniaやMalnutritionと比較して長期予後に関連する因子であり、非透析患者と異なる結果を示しました。その原因として透析患者はもともとSarcopeniaやMalnutritionの程度が強いことが考えられました。(小林久也)
  • 30.Regional differences in office and self-measured home heart rates in Asian hypertensive patients: AsiaBP@Home study
  • Tomitani N, Hoshide S, Buranakitjaroen P, Chia YC, Park S, Chen CH, Nailes J, Shin J, Siddique S, Sison J, Soenarta AA, Sogunuru GP, Tay JC, Turana Y, Zhang Y, Wanthong S, Matsushita N, Wang JG, Kario K; HOPE Asia Network.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2021 Mar;23(3):606-613. doi: 10.1111/jch.14239. Epub 2021 Mar 10.
  • PMID:33694262
  • [コメント]
  • アジアの11か国/地域において、同一血圧計を用いて実施した横断研究のサブ解析です。南アジア地域においては、東アジアや東南アジア地域と比較して心拍数が高く、同じアジア地域にあっても、心疾患予防のために地域に合わせた臨床戦略が有効である可能性が示されました。(冨谷奈穂子)
  • 29.Characteristics of hypertension in obstructive sleep apnea: An Asian experience
  • Hoshide S, Kario K, Chia YC, Siddique S, Buranakitjaroen P, Tsoi K, Tay JC, Turana Y, Chen CH, Cheng HM, Huynh VM, Park S, Soenarta AA, Sogunuru GP, Wang TD, Wang JG.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2021 Mar;23(3):489-495. doi: 10.1111/jch.14184. Epub 2021 Mar 11.
  • PMID:33705599
  • [コメント]
  • 高血圧のリスクとなる睡眠時無呼吸症候群についてアジア人の特徴及びエビデンスに焦点をあてたレビューです。(星出聡)
  • 28.Comparison of nighttime measurement schedules using a wrist-type nocturnal home blood pressure monitoring device
  • Tomitani N, Kanegae H, Kario K.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2021 Mar 16. doi: 10.1111/jch.14237. Online ahead of print.
  • PMID:33724674
  • [コメント]
  • 夜間家庭血圧測定の測定スケジュールについて、現在、明確な基準はありません。本論文では、オムロンヘルスケア社の最新の夜間家庭血圧計を使用して測定した夜間血圧について、どのようなタイミングで測定することが望ましいか検討しました。(冨谷奈穂子)
  • 26.Non-pharmacological management of hypertension
  • Verma N, Rastogi S, Chia YC, Siddique S, Turana Y, Cheng HM, Sogunuru GP, Tay JC, Teo BW, Wang TD, Tsoi KKF, Kario K.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2021 Mar 18. doi: 10.1111/jch.14236. Online ahead of print.
  • PMID:33738923
  • [コメント]
  • アジアの非薬物療法をまとめたHOPE Asia Networkからの総説です。(苅尾七臣)
  • 21.Hypertension and chronic kidney disease in Asian populations
  • Teo BW, Chan GC, Leo CCH, Tay JC, Chia YC, Siddique S, Turana Y, Chen CH, Cheng HM, Hoshide S, Minh HV, Sogunuru GP, Wang TD, Kario K.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2021 Feb 4. doi: 10.1111/jch.14188. Online ahead of print.
  • PMID:33538081
  • [コメント]
  • 20.Applications of artificial intelligence for hypertension management
  • Tsoi K, Yiu K, Lee H, Cheng HM, Wang TD, Tay JC, Teo BW, Turana Y, Soenarta AA, Sogunuru GP, Siddique S, Chia YC, Shin J, Chen CH, Wang JG, Kario K; HOPE Asia Network.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2021 Feb 3. doi: 10.1111/jch.14180. Online ahead of print.
  • PMID:33533536
  • [コメント]
  • HOPE Asia Networkからの人工知能を高血圧管理に活かすというホットトピックの総説です。 SPRINT試験のデータをAI解析したデータをHypertensionに発表したTsoi先生が第一著者です。(苅尾七臣)
  • 19.Disaster hypertension and cardiovascular events in disaster and COVID-19 pandemic
  • Narita K, Hoshide S, Tsoi K, Siddique S, Shin J, Chia YC, Tay JC, Teo BW, Turana Y, Chen CH, Cheng HM, Sogunuru GP, Wang TD, Wang JG, Kario K.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2021 Feb 1. doi: 10.1111/jch.14192. Online ahead of print.
  • PMID:33527663
  • [コメント]
  • 災害高血圧や災害関連循環器疾患についての総説です。COVID-19パンデミック下での循環器疾患や、災害時およびパンデミック時におけるICTを利用した血圧管理についても言及しております。HOPE Asia Network の先生方との共著です。(成田圭佑)
  • 17.Comparative effects of valsartan plus cilnidipine or hydrochlorothiazide on nocturnal home blood pressure
  • Fujiwara T, Hoshide S, Tomitani N, Kanegae H, Kario K.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2021 Jan 26. doi: 10.1111/jch.14199. Online ahead of print.
  • PMID:33497537
  • [コメント]
  • バルサルタン/シルニジピン配合錠とバルサルタン/ヒドロクロロチアジド配合錠において、夜間家庭血圧レベル低下度に対する効果を比較したRCTの結果です。バルサルタン/ヒドロクロロチアジド配合錠と比較して、バルサルタン/シルニジピン配合錠はベースラインの夜間血圧レベルに応じた降圧効果を示すことを明らかにしました。シルニジピンの薬剤特性を反映した結果であると考えられます。(藤原健史)
  • 16.Relationship between Home Blood Pressure and the Onset Season of Cardiovascular Events: The J-HOP Study (Japan Morning Surge-Home Blood Pressure)
  • Narita K, Hoshide S, Kario K.
  • Am J Hypertens. 2021 Jan 25:hpab016. doi: 10.1093/ajh/hpab016. Online ahead of print.
  • PMID:33493266
  • [コメント]
  • 心血管リスクを一つ以上を有する一般外来患者4258名において、家庭血圧と追跡期間中に発生した冬季発症の心血管イベントとの関連について検討しました。早朝家庭収縮期血圧は冬季発症の心血管イベントと有意な関連を認めました(10mmHg毎の調整ハザード比 1.22)が、就寝前家庭収縮期血圧では有意な関連を認めませんでした。早朝家庭血圧は就寝前家庭血圧と比べ、冬季発症の心血管イベントとより強く関連することが示唆されました。(成田圭佑)
  • 15.Critical angioedema induced by a renin angiotensin system blocker in the contemporary era of increasing heart failure: A case report and commentary
  • Sato M, Takahashi M, Kario K.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2021 Jan 25. doi: 10.1111/jch.14189. Online ahead of print.
  • PMID:33492725
  • [コメント]
  • 急性心筋梗塞に対するPCI後に、エナラプリルによる重篤な血管性浮腫を呈した症例を提示し、血管性浮腫のリスク因子をbackgroundとtriggerに分けてまとめました。心不全pandemic時代において至適薬物療法は益々重要となります。ACE阻害薬/ARBだけでなくARNIの使用も増加していく中で、重篤な血管性浮腫を発症する可能性を改めて認識し、早期診断につなげることの重要性について述べました。(佐藤雅史・高橋政夫)
  • 12.Telemedicine in the management of hypertension: Evolving technological platforms for blood pressure telemonitoring
  • Wang JG, Li Y, Chia YC, Cheng HM, Minh HV, Siddique S, Sogunuru GP, Tay JC, Teo BW, Tsoi K, Turana Y, Wang TD, Zhang YQ, Kario K; Hypertension Cardiovascular Outcome Prevention, Evidence (HOPE) Asia Network.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2021 Jan 23. doi: 10.1111/jch.14194. Online ahead of print.
  • PMID:33484617
  • [コメント]
  • HOPE Asia Networkから発表された、テレメディスンを高血圧管理に活かすというホットトピックの総説です。中国高血圧学会会長 Jiguang Wang先生が第一著者です。(苅尾七臣)
  • 10.Differences in exercise-induced blood pressure changes between young trained and untrained individuals
  • Nakamura K, Fujiwara T, Hoshide S, Ishiyama Y, Taki M, Ozawa S, Kario K.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2021 Jan 17. doi: 10.1111/jch.14177. Online ahead of print.
  • PMID:33455054
  • [コメント]
  • アスリートは非アスリートと比較して、マスターダブル負荷試験時における短期間の血圧変動は抑制されており、また、急性運動負荷に伴う一過性血圧上昇から速やかに回復を示すことを明らかにした。また、非アスリート群と比較して、アスリート群では左室心筋重量係数が大きいことを示した。これらの結果は、定期的な運動負荷に対する心臓の適応反応によってもたらされる、短期間の血圧変動や左室肥大のメカニズムを、理解するのに役立つと考えられる。(藤原健史)
  • 7.Renal sodium handling: perspective on adaptation to clinical practice
  • Suzuki D, Hoshide S, Kario K.
  • Am J Hypertens. 2021 Jan 13:hpab001. doi: 10.1093/ajh/hpab001. Online ahead of print.
  • PMID:33438727
  • [コメント]
  • renal salt handlingと環境/遺伝因子との関連性を調べた横断研究に対するcommentary論文です。renal salt handlingと血圧、食塩感受性高血圧との関連性をまとめました。一方で、renal salt handlingの測定が実臨床現場ではまだ一般化されていないことについて触れ、今後の展望を述べました。(鈴木大輔)
  • 6.Office blood pressure measurement: A comprehensive review
  • Siddique S, Hameed Khan A, Shahab H, Zhang YQ, Chin Tay J, Buranakitjaroen P, Turana Y, Verma N, Chen CH, Cheng HM, Wang TD, Van Minh H, Chia YC, Kario K.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2021 Jan 8. doi: 10.1111/jch.14169. Online ahead of print.
  • PMID:33420745
  • [コメント]
  • HOPE Asia Networkから発表された、外来血圧測定法に関する総説です。(苅尾七臣)
  • 5.Assessment of preferred methods to measure insulin resistance in Asian patients with hypertension
  • Minh HV, Tien HA, Sinh CT, Thang DC, Chen CH, Tay JC, Siddique S, Wang TD, Sogunuru GP, Chia YC, Kario K.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2021 Jan 7. doi: 10.1111/jch.14155. Online ahead of print.
  • PMID:33415834
  • [コメント]
  • HOPE Asia Networkから発表された、アジア人におけるより好ましいインスリン抵抗性評価に関する総説です。ベトナム高血圧学会会長・Minh HV先生が第1著者です。(苅尾七臣)
  • 3.Comparative effects of topiroxostat and febuxostat on arterial properties in hypertensive patients with hyperuricemia
  • Kario K, Nishizawa M, Kiuchi M, Kiyosue A, Tomita F, Ohtani H, Abe Y, Kuga H, Miyazaki S, Kasai T, Hongou M, Yasu T, Kuramochi J, Fukumoto Y, Hoshide S, Hisatome I.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2021 Jan 5. doi: 10.1111/jch.14153. Online ahead of print.
  • PMID:33400348
  • [コメント]
  • 血管特性に対するトピロキソスタットとフェブキソスタットの効果の違いを検証した無作為比較試験・Beyond UA試験の主論文です。(苅尾七臣)
  • 1.Different age-related impacts of lean and obesity on cardiovascular prognosis in Japanese patients with cardiovascular risks: The J-HOP (Japan Morning Surge-Home Blood Pressure) Study
  • Toriumi S, Kabutoya T, Hoshide S, Kario K.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2021 Feb;23(2):382-388. doi: 10.1111/jch.14161. Epub 2021 Jan 2.
  • PMID:33389806
  • [コメント]
  • 痩せや肥満と心血管疾患リスクとの有意な関連については、すでに複数の報告があります。ですが、加齢によって、そのリスクに変動があることはあまり知られておりません。本研究では、65歳未満と65歳以上に層別化し、それぞれにおいて、正常体重と比して痩せや肥満と心血管疾患リスクとの関連を評価しました。その結果、痩せは、65歳未満とは異なり65歳以上においては心血管イベントの有意な独立因子となり、かつ肥満よりも高いハザードリスクを示しました。(鳥海進一)