診療科等のご案内 小児整形外科

診療内容

小児の脊椎、骨、関節、筋その他の運動器に生じる疾患や外傷に対する診療を行なっています。
以下に主な対象疾患を挙げます。
脊椎および脊髄疾患(腰痛症、椎間板ヘルニア、脊椎分離症すべり症、脊柱側弯症、後弯症、先天性側弯症、二分脊椎など)、斜頚、Sprengel変形、多合指症、野球肘、股関節疾患(先天性股関節脱臼、ペルテス病、大腿骨頭すべり症など)、膝関節疾患(Blount病を含むO脚・X脚変形、離断性骨軟骨炎、円板状半月など)、足部疾患(先天性内反足、麻痺性足部変形など)、多発性関節拘縮症、骨系統疾患、骨代謝疾患(くる病など)、骨関節感染症などです。

特色

脊椎疾患

当科では、ただいま脊柱側弯症の治療に最も力を注いでおり、本年夏休みにも既に数件の手術予定が入っています。手術には自己血輸血と術中回収血を使用して他家血輸血を回避する努力を行なっております。
幼児期側弯に対しても積極的に体幹ギプス治療&装具治療を行なっていますが、今後手術治療を行なうべきケースもあり、積極的にgrowing rodなどの高度な手術治療も取り入れていく計画です。

足部疾患、股関節疾患

吉川、渡邉は先天性内反足、麻痺性足部変形の診断と治療を専門の一つとしており、その手術成績をこれまでに日本小児整形外科学会や栃木整形外科医会でもたびたび発表してきました。
雨宮は小児の下肢疾患、特に先天性股関節脱臼とペルテス病を主とした股関節疾患の診断と治療を専門としており、小児股関節の超音波診断の臨床研究にも取り組んでいます。また大学院の研究としてペルテス病病態の解明を目的として基礎研究に取り組んでいます。

スタッフ紹介

学内教授
吉川 一郎
講師
渡邉 英明

外来診療日

午前

吉川
(AM10:00~)
猪股
(AM9:00~)

吉川
渡邉

午後

吉川
渡邉
萩原14:00~
(第1,3,4週)

二分脊椎外来
(第4週)
(吉川)

(小児の足外来)
渡邉
猪股
14:00~17:00

※担当医は都合により変更することがありますので、ご了承ください。
※初診及び予約外の受付時間は、午前8時30分から11時となっております。
 (午後の受付は行っておりません。)
※専門外来は再診予約のみです。

二分脊椎外来のご案内

実績

当科の実績はアニュアルレポートをご覧ください。

各種お問い合わせ・ご相談

TEL 外来 0285-44-2111(代表)
内線 2470・2115
医局 0285-58-7374
FAX 0285-44-1311
E-mail kikkawa@jichi.ac.jp

ページトップへ

  • 診療科等のご案内
  • 小児科
  • 小児外科
  • 小児・先天性心臓血管外科
  • 小児泌尿器科
  • 小児整形外科
  • 小児形成外科
  • 小児脳神経外科
  • 子どもの心の診療科
  • 小児耳鼻咽喉科
  • 小児画像診断部
  • 小児手術・集中治療部
  • 小児リハビリテーション部
  • 子ども医療センター ボランティア室