子どもの心の診療科

診療内容

当科では、小学生から中学生の心や行動の問題を対象としています。治療の対象となる症状は、不登校、ひきこもり、気分の落ち込み、死にたい気持ち、眠れない、対人恐怖、不潔恐怖、幻覚、妄想、コミュニケーションが苦手、落ち着きがない、怒りっぽい等があります。また、身体の検査では問題がないのに、食べられない、体の痛みが続く、疲れが取れない等の症状が続く場合も、当科の治療の対象となります。

外来診療

外来は、初診・再診共に予約制となります。診察、心理検査、関係者からの情報に基づいて、総合的にアセスメントを行います。子どもの年齢や発達に応じて、精神療法、薬物療法、親ガイダンス、心理カウンセリング等を行います。本人が受診できない場合は、養育者や関係機関の相談にも応じることができます(自費診療)。

入院診療

当科には15床の児童精神科専門病棟があり、外来治療が困難な場合に、入院治療を行うことができます。入院中は、集団の中での遊び、コミュニケーション、創作活動、スポーツ等を介して、健康的な発達を促します。また子ども医療センター内には、栃木県立岡本特別支援学校の分教室(おおるり分教室)が併設しており、進度に応じた教育を受けたり、登校の練習を行ったりすることができます。

リエゾン診療

身体の病気のため子ども医療センターに入院している子どもに、心の問題が現れた場合、他の科と連携して治療に当たります。

主な対象疾患

  • 神経発達症(知的障害、自閉症スペクトラム障害、注意欠如・多動性障害、学習障害、チック障害など)
  • 統合失調症
  • うつ病
  • 不安障害(選択性緘黙、社交不安障害、パニック障害)
  • 強迫性障害
  • トラウマ・ストレス関連障害(愛着障害、心的外傷後ストレス障害、適応障害など)
  • 解離性障害
  • 摂食障害
  • 睡眠障害
  • 素行障害
  • その他(虐待、物質使用障害、ゲーム障害など)

特色

児童精神科における総合的な取り組みと連携

全国でも稀な大学病院の児童精神科であり、診療のみならず、教育や研究も積極的に行っています。他の大学病院や教育機関とも積極的に連携し、最新の情報の習得と診療のスキルアップを行っています。

栃木県唯一の児童精神科病棟

栃木県内唯一の児童精神科病棟であり、県内全域から入院治療が必要な子どもの診療依頼に応じています。

心身両面の治療に取り組む

子ども医療センター内の児童精神科であり、心と身体の両面で治療が必要な場合に、複数の科が連携して治療に当たることができます。

スタッフ紹介

教授
柳橋 達彦
病院助教
倉田 和美
病院助教
中村 博大
臨床助教
原 明広
臨床助教
佐藤 瑞穂
病院助教
青木 玲奈
教授 柳橋 達彦 病院助教 倉田 和美 病院助教 中村 博大
臨床助教 原 明広 臨床助教 佐藤 瑞穂 病院助教 青木 玲奈

外来診療日

(完全予約制)

午前 【初診】倉田 【再診】柳橋
【再診】倉田
【初診】柳橋
【初診】中村
【再診】柳橋
【再診】倉田
【再診】倉田
【再診】青木
午後 【再診】柳橋
【再診】倉田
【初診】中村
【再診】原
【初診】原

 

実績

臨床研究に関する情報公開について

各種お問い合わせ・ご相談

外来 TEL 0285-58-7752
内線 7752
医局
TEL 0285-58-7710(受付時間:9時~17時、医療関係者のみ)
FAX 0285-44-8329