小児整形外科

お願い

いつも自治医科大学とちぎ子ども医療センター小児整形外科をご利用いただきありがとうございます。
毎年のことで大変恐縮ですが、今年の春休みの外来が非常に混雑しております。
今年は例年よりも早く3月21日から4月5日まで(特に3月25日から4月5日)は大変混みあっております。
新患で3時間から4時間以上、再診でも2時間以上の待ち時間が見込まれます。
お急ぎでない方は、できれば上記の日を避けて来院されることをお勧めします。
また来られる方は時間的余裕をもって来院していただけると助かります。

診療内容

小児の脊椎、関節、筋肉、骨などの運動器に生じる疾患や変形、外傷に対する診療を行っています。いわゆる小児の変形矯正外科です。外科というと手術ばかりしているイメージですが、基本は装具治療などの保存的治療を行い、それでも治療が難しい時には手術治療を行っています。 

以下に主な対象疾患を挙げます。 

脊椎及び脊髄疾患(脊柱側弯症、後弯症、先天性側弯症、二分脊椎による脊柱変形、脊椎分離症及びすべり症、椎間板ヘルニア、腰痛症、硬膜内髄外腫瘍など)、先天性筋性斜頸、スプレンゲル変形、股関節疾患(先天性股関節脱臼及び発育性股関節形成不全、ペルテス病、大腿骨頭すべり症など)、膝関節疾患(ブラント病及び内反膝、外反膝など)、足部疾患(先天性内反足及び麻痺性内反尖足、外反扁平足、多合趾症など)、股関節感染症、骨系統疾患などです。 

特色

脊椎疾患

 当院では脊椎疾患の中で思春期の脊柱側弯症の治療に最も力を注いでおります。特に手術治療をできるだけ回避できるように当院独自の装具を使って治療しており、常に新しい装具を考え作るなどの工夫と努力しております。しかし、装具治療を行っても側弯の角度が大きくなる子には、その子と家族の同意の下で手術治療行っています。また、幼児期及び学童期などの早期発症型側弯症に対しても当院独自の治療法である装具治療と体幹ギプス治療を交互に行う治療法を行い、できるだけ手術治療を回避できるように努力している全国でも数少ない施設の一つです。そして、先天性側弯症特に半椎症のお子さんには、手術治療となったとしても、成長終了前になるべく小さな侵襲・固定範囲で半椎を切除する手術を行っています。最近では、脳性麻痺や二分脊椎などの麻痺疾患神経鞘腫症1型、プラーダーウィリ症候群、マルファン症候群などの遺伝性疾患に伴う側弯症に対しても装具治療や手術治療積極的に行っています。 

股関節疾患

 股関節疾患は、装具治療を中心に必要であれば手術治療を積極的に行っています。特にこの数年間で、先天性股関節脱臼及び発育性股関節形成不全(寛骨臼移動術)、ペルテス病(大腿骨内反骨切り術)、大腿骨頭すべり症などや脳性麻痺や二分脊椎などの麻痺性疾患(当院独自の大腿骨減捻内反短縮骨切り術及び関節切開術、寛骨臼移動術など)に対する症例が増加しています。 

足部疾患

 当院独自の短下肢装具や足底装具などを使った装具治療を中心に、手術治療も積極的に行っております。特に内反足に関しては、当院独自のギプス治療、手術治療を行っています。 

 当院では脳性麻痺や二分脊椎などのお子さんも多いため、小児整形外科だけで診療及び治療するのではなく、小児科、小児外科、小児放射線科、小児泌尿器科、小児脳神経外科、小児リハビリテーション科など他科との連携をしながら診療や治療を行う事を重要視しております。 

 また栃木県内の主に子どもの診療が多い病院である栃木県立リハビリテーションセンター、国際医療福祉大学なす療育園との病院間の連携も行っております。特に2022年から当院小児整形外科と小児科、栃木県立がんセンター整形外科と栃木小児骨軟部腫瘍ネットワーク(Pediatric Musculoskeletal Oncology Network in Tochigi: PMONT)を作り、骨軟部腫瘍のお子さんに適切な治療ができるように努力しております。 

栃木小児骨軟部腫瘍ネットワーク イメージキャラクター

栃木小児骨軟部腫瘍ネットワーク イメージキャラクター

 

スタッフ紹介

学内教授
渡邉 英明
病院助教
滝 直也
病院助教
小沼 早希
学内教授
渡邉 英明
病院助教
滝 直也
病院助教
小沼 早希

外来診療日

初診:月、木

午前 9:30~ 初診(滝・小沼)
9:00~ 再診(滝・小沼)
9:30~ 初診(渡邉・滝・小沼)
9:00~ 再診(渡邉・滝・小沼)
午後
13:00~ 再診(渡邉)
14:00~ 専門・処置(小沼)
14:00~ 専門・二分脊椎(月1回・第1週のみ)
(渡邉・滝・小沼 交代制)
14:00~ 専門・ギプス巻き・処置
(滝・小沼)
  • 担当医は都合により変更することがありますので、ご了承ください。
  • 初診及び時間外の受付時間は、午前8時30分から11時までとなっております。
    (午後の初診受付は行っておりません)
  • 初診の方は、診療などに時間がかかりますので、時間的余裕をもって来院してください。
  • 初診の方で、外来診察日以外の日中の緊急診察を希望の方は、近医を受診していただき、近医ドクターより電話連絡と紹介状をいただけると幸いです。しかし、手術中や検査中、緊急患者対応中にはお引き受けできないこともありますのでご了承ください。
  • 専門は再診予約のみとなっております。
  • 夏休み・冬休み・春休み期間は外来が非常に混んでおります。時間的余裕をもって来院していただけると助かります。急ぎでなければ、夏休み・冬休み・春休み期間以外の受診をお勧めします。

▶︎ 二分脊椎外来のご案内

実績

各種お問い合わせ・ご相談

TEL
外来 0285-44-2111(代表)
内線 2470,2115
医局
0285-58-7374
FAX
0285-44-1301
E-mail
otpdcst@jichi.ac.jp