先端医療技術開発センター|ご利用のながれ

ご利用の流れ

当施設ご利用時の大まかなながれをご紹介いたします。

実験日までのながれ

1.はじめに

当施設ご利用を希望される方は、お気軽にお問い合わせください。
ご希望される実験の概要をお伺いし、以降の手続きや大まかな段取りなどをご相談させていただきます。
(当施設をご利用になる場合は、所定の施設利用料がかかります。学内の方のご利用料金については当施設に直接お問い合わせください。学外の方のご利用料金については、こちらのページをご参照ください。)

学内と方および学外の方 お問い合わせ方法 お問い合わせフォーム

2.事前登録・講習受講

当施設のご利用者登録をしていただきます。
また、動物実験倫理について所定の申請書をご提出いただくとともに、定期的に開催される講習会を受講していただきます。

先端医療技術開発センターの管轄内容 動物実験委員会の管轄内容 倫理講習の様子を拡大

3.利用申込書の提出・実験動物の調達

当施設所定の各申込書をご提出の上、ご利用申し込みをしていただきます。
また、実験のスケジュールにあわせて当施設にて実験動物の購入、飼育を行います。

実験当日の様子

実験の前準備(実験動物の麻酔導入を含む)および後手続きは当施設にて代行いたします。
これにより、実験に集中して取り組んでいただくことができます。

実験準備(センター側でサービスを提供) 麻酔導入を拡大 手術準備完了を拡大 実験準備(センター側でサービスを提供) 実験開始を拡大 麻酔管理を拡大 実験準備(センター側でサービスを提供) 黙とうを拡大 実験準備(センター側でサービスを提供) 清掃を拡大 群霊の碑 献花を拡大

共同利用料金表

共同利用でご利用の場合のご利用料金表です。学内の方は、当施設までお問い合わせください。

(利用料金は実費ベース)
経費項目 共同利用料金
手術室使用料 10,000円/日
ブタ購入費 実費(10%加算 料金変動制)
ブタ飼育管理費(術前) 7,700円(1,100円/頭/日×7日(馴化期間))
術後飼育管理費 1,100円/頭/日
前麻酔処置 7,700円/頭
手術台利用料 1,100円/頭
特殊支援管理費(術中) 11,000円/頭
特殊支援管理費(術後) 600円/10min
安楽死処置(KCl急速静注) 2,200円/頭
動物屠体廃棄処理料 11,000円/頭
E型肝炎ウイルス検査料 2,700円/頭
純酸素ガス 550円/頭/h
セボフルレン(吸入麻酔薬) 3,300円/頭/h
消耗品 実費(10%加算)
教官実験支援経費 20,000円/日
MRI使用料 38,900円/頭
Cアーム使用料 18,100円/頭
CT使用料 31,800円/頭
鏡視下手術機器使用料 11,000円
顕微手術用顕微鏡使用料 11,000円
胸骨鋸(スターナルソー)使用料 11,000円
高圧蒸気滅菌装置 480円
医療機器保管料 1,100円/個/月

※新館のご利用料金については、先端医療技術開発センターオープンサイエンスラボラトリーまでお問合せください。

先端医療技術開発センターオープンサイエンスラボラトリー
E-mail:pig-center@jichi.ac.jp
TEL:0285-58-7583

このページのトップへ