高度治療部 | 特殊有床診療部門のご案内 | 自治医科大学附属病院
特殊有床診療部門のご案内
  1. トップページ
  2. 特殊有床診療部門のご案内
  3. 高度治療部

高度治療部

高度治療部(High care unit; HCU)は新館南病棟の増築に伴い旧ICU跡地に2018年10月22日、14床で開設されました。診療科を問わず高度治療を必要とする様々な領域の患者を受け入れています。

概要

自治医大疼痛管理チーム(J-TAPS)とのカンファレンス

内科系、外科系の高度治療を必要とする様々な疾患を持つ患者を受け入れています。HCUでは以下の患者を主に受け入れています。

  1. 術後患者(ICU入室の適応のない患者)
  2. ICU退室患者(一般病棟で管理が難しい患者)
  3. 緊急入院患者
    • 脳卒中患者(脳血栓溶解療法、血管内治療、脳出血等)
    • 急性呼吸不全、循環不全患者
    • 救急外来からの患者
    • 出張透析を必要とする患者
    • コロナ感染症(疑い)患者

診療体制

HCUの診療体制は各科主治医制です。4:1看護体制のもと術後患者、ICU退室患者、緊急入院患者に高度な医療と看護を提供しています。各科主治医制を補うため救命救急センターと連携しています。特定行為研修を終了した看護師が、主治医の指示のもと一定の診療行為の補助ができる体制を構築しています。

診療(治療)方針

各科主治医制のもと院内の様々な横断的医療チームと協働し、患者に安全で質の高い医療と看護を提供します。特定行為研修の指導者養成に貢献します。自治医大疼痛管理チーム(J-TAPS)と連携し術後患者の疼痛軽減に積極的に取り組みます。