理想に出会える、理想がみつかる
Special

理想の看護職像に「出会える、見つけられる」学びが自治医科大学の看護学部にはあります。学びの中から
理想を見つけ、具体化し、それを実現する3つの資格について紹介します。

看護師の資格 QUALIFICATION

看護の仕事には幅広い活躍の場があり、その人がその人らしく生きることを医療と生活の両面から支える奥の深い仕事であり、大きなやりがいにあふれています。看護職の先輩たちは今日もさまざまな場所で活躍しています。いろいろな領域で活躍できる看護をあなたの未来の仕事にしてみませんか?

看護師

看護師

看護師の仕事は、傷病者や妊産婦の療養の世話をしたり、診療の補助を行うこと。“人を看る”という看護師独自の視点で観察や判断をし、患者さんの生命と生活を支えています。病院や診療所などの医療機関のほかに、訪問看護や福祉関連施設など、活躍の場は高齢化が進むためさらに広がります。

看護師

保健師

保健師

保健師の仕事は、人々が健康な生活を送れるように保健活動を行うこと。保健所・保健センターなどの公的機関で働く保健師が多く、乳幼児健診・母親学級・健康相談などを実施したり、生活習慣病予防対策や各種健診を行っています。高齢者や障がい者を持つ人々の家庭訪問をし、相談やサービス調整といった当事者や家族への支援をしたり、介護予防の取り組みも。地域から企業までさまざまな場所で保健指導・環境調整を行います。

保健師

助産師

助産師

助産師の仕事はとても幅広く、出産の介助はもちろん、出産にいたるまでの妊産婦への教育支援やアドバイスから、産後の母子ケアや育児方法の教育まで担っています。ほかにも不妊治療を行っている夫婦の相談・思春期・成熟期・更年期の性に関する相談など女性の生涯を通じた健康問題に関わります。

助産師

動画に登場するそれぞれの
資格をめざす学生インタビューはこちら

看護師のスペシャリスト SPECIALIST

看護職は資格取得後も、知識・技術を高めることが求められます。キャリアアップのしくみとして、専門性の高い看護師を認定する制度があります。それが認定看護師と専門看護師です。

認定看護師
救急看護、皮膚・排泄ケア、感染管理など21分野において、質の高い看護技術と知識を用いて習熟した看護実践ができる看護師です。多職種によって構成されるチーム医療においても認定看護師の知識と経験が必要とされる場面が多くあります。
専門看護師
小児看護、母性看護、がん看護など11分野においてレベルの高い看護ケアを提供するため、知識・技術を深めた看護師です。患者さんやご家族、そして看護スタッフに対し、専門性を追求した実践、調整、コンサルテーションなどで支援します。

看護学科の進路・就職 CAREER

学部を卒業し国家試験に合格すると、看護師・保健師などの免許が取得できます。
卒業後は就職・進学など多岐な選択ができます。

国家試験受験資格取得

国家試験合格

卒業後

看護師

看護師

働く場所
病院/老人福祉・保健施設/社会復帰施設/訪問看護ステーション/
企業の保健医療部門 など

助産師

助産師

働く場所
病院/助産所/市区町村役場・子育て世代包括支援センター など

保健師

保健師

働く場所
市区町村役場・保健所/
企業の労働衛生部門/病院 など

  • 第一種衛生管理者
  • 養護教諭二種

保健師資格取得後申請で取得。
所定単位の修得が必要

キャリアアップ

自治医科大学大学院看護学研究科

専門看護師、看護管理者、
教育・研究者等を養成
併設の大学院では、専門性を高め、高度実践できる看護師や看護管理者、教育・研究者等にキャリアを発展できます。博士前期課程では5分野の専門看護師や認定看護管理者をめざすことができ、博士後期課程では地域のニーズに対応する教育・研究者を育成します。

博士前期課程

実践看護学分野
領域小児看護学/母性看護学/精神看護学/がん看護学
地域看護管理学分野
領域老年看護管理学/地域看護管理学/診療看護技術管理学

博士後期課程

広域実践看護学分野

専門看護師とは
日本看護協会より質の高い専門性と優れた看護実践能力をもつと認められたスペシャリスト。5 年以上の実務経験(うち 3 年以上は専門分野)と認定された教育課程のある大学院の修了が必要です。
認定看護管理者
とは
日本看護協会より管理者として優れた資質を持ち、創造的に組織を発展させる能力があると認められた者。5年以上の看護実務経験と看護管理(本研究科は地域看護管理学分野)の大学院等の修了が必要です。