看護学部 School of Nursing

看護学部

School of Nursing

卒業生VOICE

看護師、保健師及び助産師として活躍している卒業生が、学生時代に得たことや看護の現場での経験を紹介します。

看護師

川中子 知里

川中子 知里 さん

栃木県立
栃木女子高等学校 出身

自治医科大学附属病院
総合周産期母子医療センター 新生児集中治療部


子どもとご家族を中心に考えた
看護支援をめざして

子どもとご家族を中心に考えた看護支援をめざして 子どもに携わる仕事をしたいと考えていた際に、新生児集中治療部で働く看護師のドキュメンタリー番組に感銘を受け、新生児集中治療部で働く看護師になりたいと思いました。
現在は、夢であった新生児集中治療部において、生まれてすぐに治療が必要な子どもとそのご家族への看護支援を行っています。新生児集中治療部は、子どもの命を救い、守るための看護や、子どもの成長発達を促すための看護、親子・家族の始まりを支えるための看護とさまざまな看護の側面を併せもち、どの側面においても、子どもとご家族を中心に考えた看護支援をめざしています。これからも、子どもとご家族の笑顔のために、より良い看護支援を追求していきたいと思います。

保健師

長山 美智子

長山 美智子 さん

栃木県立
小山高等学校 出身

小山市役所 保健福祉部健康推進課


生活に寄り添い
行動を変える後押しを

幼少期に入院した際に看護師の姿を見て、看護職に興味を持つようになりました。本学に入学し、臨床や地域、へき地等での実習を通して、地域で健康を守り住民の生活がより安心したものになるような支援をしたいと思いい、保健師をめざすようになりました。
現在は、健康教室や訪問指導等を行っています。特に訪問指導では、生活状況を実際に目で見て確認し、その方の生活状況に合わせて生活習慣の改善方法を提案していきます。ご自身の健康増進のために生活習慣を改善し、よりいきいきとした姿で再開できたとき、保健師としてのやりがいを感じます。これからも、住民の生活に寄り添い、行動を変える後押しができるようにしたいと考えています。

助産師

阿久井 理恵子

阿久井 理恵子 さん

茨城県立
下館第一高等学校 出身

自治医科大学附属病院
総合周産期母子医療センター 産科病棟


一人ひとりに寄り添える
助産師をめざして

命の誕生への感動とその分野への魅力を感じ助産師をめざしました。大学病院のハイリスクなケースや先輩方の教えからはとても多くの学びを得ることができます。さらに経験を積み、院内助産のスタッフになれたときはとても嬉しかったです。助産師外来でお産に向けて身体づくりを頑張った方々が、その人らしいお産を実現できた時には、助産師としてとてもやりがいを感じました。お産後は、お母さんとそのご家族が子育てをしていくために、退院後の生活がイメージできるよう日々関わっています。安心して、出産、育児ができるように、一人ひとりの声をしっかりキャッチし、柔軟に対応していける助産師になりたいと思っています。

教員・研究者

飯島 早絵

飯島 早絵 さん

栃木県立
栃木南高等学校
(現・栃木県立 栃木翔南高等学校)出身

自治医科大学 看護学部


よりよい看護を追究して

私は、大学卒業後に小児病棟で看護師として10年程勤務しました。そして、看護師として経験を積み重ねていく中で、疾患とともに成長していくたくさんの子どもやその家族に出会いました。成長をともに喜んだり、時には困難にぶつかってしまう子どもたちと接したりすることもありました。その中で、子どもや家族に対して、看護としてもっと何かできることはないのか、より良い看護とは何かを考えるようになり、研究に対して興味を持つようになりました。今は、教員として研究だけでなく、学生と共に授業や実習を通して学び、一緒に考えながら、小児看護の楽しさを伝えていけたらと思っています。