看護学部 School of Nursing

看護学部

School of Nursing

卒業生VOICE

看護師、保健師及び助産師として活躍している卒業生が、学生時代に得たことや看護の現場での経験を紹介します。

看護師

川村 紫乃

川村 紫乃 さん

群馬県立
前橋女子高等学校 出身

自治医科大学附属病院
耳鼻咽喉科 病棟


患者さんに寄り添い
安らぎのある看護支援をめざして

幼少期に家族が訪問看護を利用していました。病に苦しむ中で、心地良さそうに洗髪ケアを受けていた家族の顔が強く印象に残り、看護師をめざしました。現在は、病棟で治療補助や日常生活援助をしています。
患者さんは、家族や普段の生活から遮断され、病気の再発や今後の生活への不安、身体的苦痛などを抱えて入院生活を送っています。患者さんの抱える問題には個別性があり、関わり方や支援に悩むこともあります。
しかし、食事や清潔ケアなどの時間を通じて患者さんと向き合い、思いに触れることで、より良い支援を導き出すことにつながっています。これからも、患者さん一人ひとりとの時間を大切にし、患者さんの安らぎにつながる看護支援を探求していきたいと思います。

保健師

長山 美智子

星 あづみ さん

愛知県立
春日井南高等学校 出身

那須烏山市役所 こども課


未来を担う子どもたちの
成長に関わる、やりがいある仕事

医療職であった祖父の働く姿を見ていたため、幼少期から看護職に興味をもっていました。本学に入学し、病気の予防の重要性に関心をもち、保健師をめざしました。在学中は勉強や進路等、壁にぶつかることも多々ありましたが、先生方や友人たちに支えられ、充実した学生生活を送ることができました。友人と話が尽きず、何時間も学生寮のお風呂に入っていたことは今でも良い思い出です。
現在は、母子保健に携わっており、赤ちゃん訪問や乳幼児健診等を行っています。お子さんたちの成長に関われることは、これからの未来をつくっていくことにもつながるため、やりがいを感じています。住民の方々が地域で健やかに過ごせるよう、今後も保健師として尽力していきたいと思います。

助産師

阿久井 理恵子

小林 なつみ さん

栃木県立
宇都宮女子高等学校 出身

自治医科大学附属病院
総合周産期母子医療センター 産科病棟


一人ひとりに寄り添った
支援をめざして

私は地域医療に興味があり、本学に入学しました。周産期看護実習を通して、出産という貴重な経験のサポートをしたいと思いました。また、助産師の温かい支援を間近で見て、助産の分野に魅力を感じ、助産師をめざしました。助産師の対象は妊産褥婦や新生児、その家族と幅広く、妊娠や分娩の経過は一人ひとり異なります。
大学病院ではハイリスクなケースも多く、無事に出産の日を迎え、その人らしいお産ができるよう支援しています。赤ちゃんと対面したときのお母さんの優しい笑顔を見ると、ほっとすると同時にやりがいを感じます。コロナ禍の今、出産や育児に対して不安を抱えている方は少なくありません。安心して出産や育児に臨めるよう、一人ひとりに寄り添った支援をしていきたいと思っています。

教員・研究者

飯島 早絵

路川 達阿起 さん

茨城県私立
茗溪学園高等学校 出身

自治医科大学 看護学部 精神看護学


教育や研究を通して、精神看護を
共に考えていく仲間を増やしたい

私は祖父の認知症をきっかけに看護職に興味を抱きました。その後、実習で関わらせていただいた同世代の統合失調症の男性との出会いをきっかけに、精神疾患によって生きづらさを感じている人を支援したいと思うようになり、精神看護の道を志すようになりました。実際に精神科の病棟で勤務をすると、症状が再燃し、再入院となる方が多く、病棟で行われている看護実践が本当に良かったのか悩むようになりました。この疑問を解決したいとの思いから次第に研究活動に興味をもつようになりました。現在は教員として学生教育や研究活動とさまざまな活動をしています。これらを通して精神看護という領域について一緒に考えていく仲間を増やしていきたいと考えています。