看護学部 School of Nursing

看護学部

School of Nursing

学生VOICE

看護学部1年

戸崎 綾乃

戸崎 綾乃 さん

栃木県立
石橋高等学校 出身

看護職への第一

1年次では講義、演習、実習を通して看護の基本を学びます。演習では病室を模した環境で看護技術を身につけ、学生同士の意見交換や先生方のアドバイスから学びを深めることができます。看護師役と患者役に分かれて演習を行うので、患者さんの視点から看護を考える良い機会でもありました。また、初めての実習では、実際に現場で働く看護師の姿を見て、看護職への憧れがより一層強くなりました。素敵な仲間たちにも恵まれ、充実した日々を過ごしています。

看護学部2年

倉持 美海

倉持 美海 さん

茨城県立
古河中等教育学校 出身

「看護」という役割の大切さ

2年次では、基礎的な看護の知識をさらに発展させ、看護職としての考え方や感性を磨くことができたと思います。また、授業では、事例をもとに、患者さんやその家族が抱えている問題やそれに対する看護を検討する演習があります。看護師としてどのようなケアを提供すべきか、どのような関わり方が適切化を考えます。友達と意見を交換したり、先生からのアドバイスをいただいたりして、看護職という役割の大切さを改めて実感できました。

看護学部3年

米田 藍

米田 藍 さん

栃木県私立
國學院大學栃木高等学校 出身

たくさんの経験を積むことができる環境

3年次では、実習を通じて実際の患者さんやその家族との関わりから看護職の役割を学びます。実習施設は、その施設内にある附属病院に加え、市町村や保健所、訪問看護ステーションなどさまざまです。入院中に必要な看護だけでなく、退院後を見据えた支援や、地域での療養生活に必要なサポート体制などを実践的に学びます。さまざまな場面で学ぶことのできる環境が整っており、将来どのような分野で活動したいかを想像しながら、看護職に必要なスキルを身につけています。

看護学部4年

武島 遥菜

武島 遥菜 さん

栃木県立
宇都宮女子高等学校 出身

自己の実践課題に取り組み、より良い看護を追究する

4年次では1年を通して看護総合セミナーを履修します。実習体験などを振り返り、自分で課題を見つけて取り組むゼミ形式の授業です。文献等を活用しながら、課題を解決する方法を考え、レポートとしてまとめます。時には思うように進まず悩むことがありました。しかし、ご協力いただいた患者さんやご家族、丁寧に指導していただいた先生方、共に励まし合った仲間の存在が大きな心の支えとなり、最後までやり遂げることができました。自分の課題に真摯に向き合うことで、理想とする看護師に一歩近づけたと実感しています。