看護学部 School of Nursing

看護学部

School of Nursing

学生VOICE

2020年入学

塚田 帆南

戸崎 綾乃 さん

東京都立
成瀬高等学校 出身

看護っておもしろい

1年次の学習は、講義や演習、実習を通し、看護学の基礎を学びます。講義では最新の情報を得ることで知識を深めたり、演習や実習を通してより良い看護について考えることができます。また、それぞれの場面で他の人と意見を交換する機会があるため、視野が広がります。新たに学ぶべきことはとても多いのですが、普段の生活で得た経験も大切にすべきだと気づき、 看護の奥深さを実感しています。

2019年入学

岡部 綾乃

岡部 綾乃 さん

栃木県立
石橋高等学校 出身

やりがいを実感した充実の看護実習

2年次では、初めて患者さんを受け持たせていただく実習があります。学んだ技術、知識をもとに実習に臨みましたが、実際に患者さんを前にすると、自分の力不足を感じることが多々ありました。しかし、先生や病棟の臨床指導者から患者さんのための看護計画についてアドバイスをいただいたり、実習班の仲間と支え合ったりしながら乗り越えることができました。患者さんとの関わりを通して多くの学びを得て、看護をすることへのやりがいも感じることができ、充実した実習をすることができました。

2018年入学

近藤 千陽

近藤 千陽 さん

栃木県立
宇都宮女子高等学校 出身

看護職としての人間性を磨く

3年次は実習による学習が主になり、前学期の実習は、主に附属病院の病棟で行います。病棟実習では、患者さんと関わる中で自分の 弱点に直面する機会が多くありました。しかし、仲間や先生方の存在、回復していく患者さんの様子が支えとなり、看護職としての人間性が磨けたと実感しています。後学期は保健師としての学習が本格化し、市町村や健康福祉センターなど地域で実習します。助産学概論も開講され、将来自分がなりたい看護職について仲間と話し合うなど、充実した日々を過ごしています。

2017年入学

本多 菜々美

本多 菜々美 さん

福島県立
福島高等学校 出身

自己の課題に向き合いより良い看護を追究する

4年次ではこれまでの学習を統合し、自己の看護実践課題を明らかにして総合実習に臨みます。その経験を踏まえ、課題の解決に向けてレポートを作成します。看護を追究する過程は容易ではなく、より良い看護とは何か、真摯に向き合い続けた1年間でした。壁にぶつかることもありましたが、先生方の熱心なご指導のもと、自分自身の成長につなげることができました。得られた学びはかけがえのないものであり、課題に向き合った過程は今後の自己研鑽の土台となると考えています。