医学部 School of Medicine

医学部

School of Medicine

ミッション(使命)・3つのポリシー

ミッション (使命)

「医療の谷間に灯をともす」

  1. 医の倫理に徹し、医師としてのプロフェッショナリズムと豊かな人間性をもった人格の形成に力を注ぐ。
  2. 高度な医学知識と総合的な臨床能力を備え、常に進歩しつづける医学の様々な分野に対応できるように生涯にわたり精励する医師を育てる。
  3. 医療にめぐまれない地域で進んで医療に挺身し、地域のリーダーとして必要な教養と資質を備え、社会に貢献する気概を持った医師を育てる。

ディプロマ・ポリシー
(卒業認定・学位授与の方針)

医学部は、以下のものに対し医学士を授与し卒業を認定する。

医師としての豊かな人間性とプロフェッショナリズムを有すること

社会人としての素養を高め、医療専門職として必要な基本的態度・習慣を身につける

  1. 医の倫理に基づきヒューマニズムに徹して保健・医療・医学の問題に取り組む態度をもつ
  2. 保健・医療・医学の専門職としての役割の自覚と責任感をもつ
  3. 他者を理解し信頼関係を醸成できるコミュニケーション能力と態度を身につけている
  4. 病気とともに、病人とその家庭や地域に強い関心を持ちこれらを支援の対象とする姿勢をもつ

医療と医学に対する幅広い知識と臨床能力を併せ持ち生涯にわたって
精励できること

医師として基本的な医科学の知識を有し、生命科学を理解する以下のような能力を身につける

  1. 生命現象への基本的な理解
  2. 人間の心身の正常な発育・構造・機能に関する知識
  3. 発育・構造・機能の異常に関する知識
  4. 人間に作用する様々な因子と人体の反応についての知識

総合医として必要な医学知識と技能を修得し、医学的問題を正しく捉え解決する以下のような能力を有する

  1. 主要疾患の症候・診断とそれらの治療についての知識と実践
  2. 緊急性を要する疾患の診断と応急処置の知識と実践
  3. 医療面接、身体的診察法の知識と実践
  4. 基本的臨床検査の実施法・選択・解釈と診断の知識と実践
  5. 基本的治療手技の習得
  6. 臨床的問題の認識・推論、診療計画の設定と評価と実践

知識・技能・態度を自ら評価し、自発的学習と修練によって向上し続ける生涯学習能力を有する

  1. 総合的・科学的かつ沈着冷静に課題を探求・解決する態度と能力
  2. 自分の能力の限界を認識し適切な専門家に対して助言を求める習慣
  3. 医学・医療・科学技術と社会の変化に応じてキャリアを継続させる能力
  4. 医療の改善のために評価・検証し創生する能力

地域医療において指導的役割をはたす能力があること

医師として必要な地域医療学における基本的知識を有し、自ら実践する能力を有する

  1. 保健・医療データについての知識と実践
  2. 個人情報保護と情報リテラシーに関する知識と実践
  3. 医療における安全性の確保と事故対応についての知識と実践
  4. 疾病予防・健康促進についての知識と実践
  5. リハビリテーション、障害者福祉、介護・ケアについての知識と実践
  6. 生と死、死生観、緩和ケアについての理解
  7. 臨床疫学、EBM、NBM、行動科学についての知識と実践
  8. 医療科学(医療放射線、理学療法、看護、臨床工学)についての知識
  9. 予防・社会復帰を含む包括的なものとして社会と結びつけて医療を把握する態度

地域社会のニーズおよび将来を見据えて、医学・医療の枠を超えて柔軟性を持って対応できるリーダーシップを身につける

  1. 地域の保健・医療システム、特に過疎地域における地域包括ケアへの理解と実践
  2. 地域の保健・医療チームの一員として多職種連携を協調的に実践し指導できる能力
  3. 地域の文化・歴史・環境への理解を通して地域医療の遂行
  4. 地域医療を通じて地域づくりに貢献する能力
  5. 地域分析を実践する上での情報収集と分析方法の理解
  6. ソーシャル・キャピタルの概念の理解

カリキュラム・ポリシー
(教育課程編成・実施の方針)

  1. 総合教育、基礎医学、臨床医学、地域医療学の相互連携のうえで、全人教育としての倫理教育、プロフェッショナル教育として行動科学を全学年に配置する。
  2. 6年間の一貫的教育により、段階的に総合的な医学知識および技能の習得をめざす。
  3. 実践的な臨床能力を身につけるために、早期から基礎医学・臨床医学講義を行い、長期間の充実した臨床実習期間を設ける。
  4. 必修科目のみならず選択科目を数多く設けることで、幅広い興味に対応する多彩な学習機会を提供する。
  5. 全学年にわたり地域医療に関する様々な講義と実習を配置し、地域医療に関して広く深く理解し、地域医療において指導的役割をはたす能力を段階的に習得する。
  6. 各学年での到達目標を定め、科目ごとの到達度評価だけでなく、総括的評価を行うことにより段階的な知識・技能の習得を確認する。

アドミッション・ポリシー
(入学者受入れの方針)

求める学生像

医師として社会に貢献する自覚をもち、地域医療に進んで取り組む気概のある、次のような人を求める。

適性
  • ・ コミュニケーション能力が高く、行動力がある。
  • ・ 高い倫理観と幅広い教養を兼ね備える。
  • ・ 困難に直面しても、目標に向かって努力を継続できる。
基本的学力
  • ・ 論理的思考力が高い。
  • ・ 文章や発表における表現力が高い。
  • ・ 医学習得に必要な能力と十分な意欲を有する。
地域医療への意欲
  • ・ 総合的診療能力を有する医師を目指す。
  • ・ 医療を通じて地域社会のリーダーを目指す。

入学選抜の基本方針

  • ・ 入学志願者に対して、各都道府県で第1次試験(学力試験・面接試験)を行い、その合格者に対して、本学で第2次試験(記述式学力試験・面接試験)を行う。
  • ・ 第1次試験および第2次試験の成績並びに提出のあった調査書等の必要書類により総合判断し、本学の建学の趣旨を理解している者を各都道府県から若干名ずつ選抜する。

入学までに身につけておくべき
教科・科目等

入学までに次のことを身につけることを望む。

数学
数学の基礎的な知識・思考法を用いて問題解決する能力と技能
理科
物理、化学および生物についての基礎的知識とそれらに基づいた科学的思考力
英語
読解力、表現力、会話力などの基礎的能力
その他
文章読解力、論述力、思考力およびコミュニケーション能力