充実した実習施設 看護実践能力を養う最高の実習環境

充実した実習施設

看護実践能力を養う最高の実習環境

実習施設

主な実習施設として、キャンパス内に自治医科大学附属病院やとちぎ子ども医療センターがあり、さらには都心に近い附属さいたま医療センターもあります。 多様な診療科をもつ高度な医療環境での実習が可能です。 また、本学部卒業の先輩看護師や、看護学部臨地教授等の称号を付与された教育能力の高い看護師から実習指導を受けることができます。

大学附属病院

看護職約1,400人、病床数1,132床、診療科47科を有し、地域医療確保の先駆的な役割を担うとともに、充実した臨床教育の場としての環境を整備しています。

とちぎ子ども医療センター

とちぎ子ども医療センター

全国でも数少ない大学病院併設型医療センター。大学病院関連各科のエキスパートとの連携により高度専門小児医療の提供を実現しています。

附属さいたま医療センター

附属さいたま医療センター

社会生活面も含めた多角的・全人的な総合的診療と高度医療を提供し、地域医療に貢献しています。

その他の実習先一覧

  • 近隣の訪問看護ステーション
  • 近隣の介護老人保健施設
  • 栃木県内の健康福祉センター
  • 栃木県内の助産院
  • 近隣の小学校・中学校
  • 栃木県内の市町村役場
  • 栃木県内の精神科デイケア等多数

POINT ポイント

実習施設のポイント
  • 01

    看護学部校舎から徒歩3分

    看護学部校舎から徒歩3分

    主な実習先である自治医科大学附属病院やとちぎ子ども医療センターは、本学部と同じキャンパス内にあり、実習の際に通学にかかる負担もなく、実習に専念することができます。

  • 02

    先輩看護職が身近にいる環境

    先輩看護職が身近にいる環境

    主な実習先である大学の附属病院等には本学部を卒業した現役の看護職が多く活躍しています。看護実習の際には、先輩はとても頼りになる存在です。

看護実習のポイント
  • 01

    学内の附属病院と地域のさまざまな施設での実習

    学内の附属病院と地域のさまざまな施設での実習

    1年次の6月から実習を始めて看護実践への関心を高め、2~3年次には学内施設の大学附属病院から地域にある保健施設や福祉施設へと実習の場を広げ、4年次の「総合実習」に発展していきます。県内外に確保された多数の実習施設と本学部が密に連携を取り、包括的な視野と確かな看護実践能力を身につけることができます。

  • 02

    「臨地教授等制度」による手厚い指導体制と高い指導力手厚い指導体制と高い指導力

    「臨地教授等制度」による手厚い指導体制と高い指導力

    実習教育に協力する医療機関等において、優れた看護職に臨地教員という称号を付与する制度=「臨地教授等制度」を設け、本学部の教員と医療現場の看護職が連携を強化して実習指導をしています。また、実習先で指導する看護職を対象とする研修会を実施し、本学部教育への理解を深めた上で、看護実践現場での学生への的確な指導を行っています。

看護実習の流れ FLOW

  • 1年次

    6月に1週間の附属病院での初めての実習。
    看護実践の基礎を修得。

    前学期

    • 対象の理解実習
  • 2年次

    1か月の附属病院での病棟実習。
    看護実践の基盤を固める。

    後学期

    • 日常生活援助実習
    • 成人期継続療養看護実習
  • 3年次

    附属病院での病棟実習。地域の保健施設や福祉施設などでの実習。看護実践の幅を広げる。

    前学期

    • 周産期看護実習
    • 小児期看護実習
    • 成人期健康危機看護実習
    • 成人期長期療養看護実習
    • 老年臨床看護実習

    後学期

    • 老年在宅看護実習
    • 精神保健看護実習
    • 公衆衛生看護実習
  • 4年次

    附属病院での病棟実習。地域の保健施設や福祉施設などでの実習。看護実践の幅を広げる。

    前学期

    • 総合実習

    後学期

    • 助産学実習
      (助産師国家試験受験)
      (資格取得をめざす学生)
  • 戸沢 綾香さん

    戸沢 綾香さん栃木県立
    栃木女子高等学校 出身

    • 高度な医療を提供している施設での実習は、自分にとってかけがえのない経験でした。複数の疾患をもつ患者さんに対し、複雑に絡んだ疾患を理解して、一人ひとりに合った看護を提供することの難しさを実感しました。また、同グループ内で相談して話し合い、より良い看護を考える力が身につきました。

    • 3年次の「公衆衛生看護実習」で市町村の保健福祉センターに行った際、台風による水害で被災し、健康に不安がある住民が多くいました。そのような中、相談にのったり、避難所で被災者に優しく声をかける保健師の方を間近で見て、地域住民の健康を守る仕事の重要性を強く感じました。

    • 看護実習一日のスケジュール