診療科等のご案内 小児泌尿器科

診療内容

平成18年9月の子ども医療センター開院から1年を経て、平成19年9月より小児泌尿器科が開設されました。小児の腎・泌尿器・生殖器疾患の診断と治療を幅広く行っています。治療方法は外科的手術が主体ですが、内科的治療の併用や薬剤治療のケースも少なくありません。
私たちの得意な疾患は、腎臓や尿路の先天奇形(水腎症、膀胱尿管逆流症、巨大尿管症、尿管瘤、尿管異所開口、腎形成異常、尿道弁、巨大膀胱、括約筋不全など)、生殖器の先天 奇形(尿道下裂、停留精巣、先天性副腎皮質過形成、性分化異常症など)、神経因性膀胱(二分脊椎症など)、排尿の異常(昼間尿失禁、難治性夜尿症など)、 泌尿器科系小児悪性腫瘍および外傷、お薬で治らない難治性の尿路感染症です。

当科の実績はアニュアルレポートをご覧ください。

特色

子ども専門の病院の特長を活かし、関連する小児系診療科とのチームワークを大切にしています。また、大学病院併設という特長を活かし、小児疾患のキャリーオーバー症例(成人)に対して、大学病院を利用しての診療態勢を持っています。
小児の泌尿器科診療には、質の高い専門性とアットホームな雰囲気の両者を兼備することが重要と考え、以下の点を心がけています。

それぞれのお子さんに応じた過不足のない適正な医療

診断は同じでも個々の病態はことなります。また病態は同じでも選択された治療方針や治療技術により経過は変わります。これらを見極める力は、手術の技術力とともに、重要な専門医療の要素です。

保護者や本人に充分な説明をする医療

お子さんの治療には医療に対する養育者の前向きな姿勢が重要で、お子さん自身の回復に影響します。したがって、治療をうまく進めるためには、充分な説明によって、ご両親が充分納得され、理解されることが重要なのです。不安なことを話し合えるアットホームな医師患者家族関係や雰囲気が大事と考え、充分な説明や納得が達成される努力をいたします。

こどもの年齢、成長発達段階に即した治療方針を追求する医療

今しなくてはいけない治療と急がなくてもよい治療があります。子どもは常に成長しており、病態は悪化するばかりでなく、自然改善する場合や手術以外の治療方針で治っていく場合もあります。一方では、手術を急がなければ、最善の治療効果を得られない場合もあるのです。そこに、小児専門の泌尿器科医療の特殊性があります。

長期経過を見守る医療

小児泌尿器科のご病気の中には、短期に完治を目指せるもの以外に、年余にわたる長期療養・治療を要するもの、さらに長期療養は不要だが、成長にしたがっての経過観察を必要とするものなどがあります。慢性疾患に対しては、状態の悪化がないかどうか、成長期を通じて経過観察しています。

入院期間を短縮化する医療

入院期間を短くすると、家族で安らげる自宅で療養ができるようになり、医療費を減らすことにもつながり好都合です。しかし、心配な病状なのに退院を早めれば、自宅での不安は増大するだけでしょう。手術方法や術後管理を工夫して、早期に回復されるようにすることが重要であり、その結果、入院期間が短縮できるような医療をめざしています。

スタッフ紹介

小児泌尿器科は、3名の小児泌尿器科認定医(兼泌尿器科専門医)と1名の泌尿器科専門医の計4名のスタッフで外来・入院診療に当たっています。

教授
中井秀郎
講師
中村 繁
助教
川合 志奈
助教
日向 泰樹

外来診療日

午前

中井秀郎

川合志奈

川合志奈

午後

中井秀郎
日向泰樹
中村繁

中井秀郎
中村繁

日向泰樹
田辺和也

二分脊椎外来のご案内

実績

平成26年1月から平成26年12までの手術症例

全手術症例数161例
全手術件数196件

手術症例病名別件数

先天性水腎症8件
膀胱尿管逆流症15件
停留精巣51件
非触知精巣6件
尿道下裂23件
先天性尿道狭窄8件
尿路悪性腫瘍0件

術式

腎盂形成術 5
腎摘除(腹腔鏡下) 2(2)
膀胱尿管新吻合術 19
精巣固定術 51
尿道下裂形成術 21
女児外陰腔形成 4
内視鏡尿道切開術 13
尿失禁手術 膀胱頚部形成術 1
膀胱頚部注入療法 4
腸管利用膀胱拡大術 4
腹壁導尿路作成術 0
腹腔鏡手術 14

臨床研究に関する情報公開について

インフォームド・コンセントを受けない場合において、『臨床研究に関する倫理指針』第4.1(2)<細則>に基づき、以下の通り情報を公開します。

小児下部尿路症状に影響を及ぼす排便異常の検討について

乳児有熱性尿路感染症におけるUSOAの妥当性の検討について

先天性難治性下部尿路疾患児の疫学的調査について

重症尿道括約筋不全に伴う腹圧性尿失禁に対するPippi Salle法の尿禁制効果に関する臨床的検討について

停留精巣症例の臨床的検討について

小児有熱性尿路感染発症症例の臨床的検討について

男児排尿時膀胱尿道造影における尿道の角度についての臨床的検討について

昼間尿失禁、夜尿症患児に対する尿流量測定検査の臨床的検討について

夜尿症治療における夜尿アラーム療法の臨床的検討について

各種お問い合わせ・ご相談

外来 TEL 0285-58-7131(受付時間:9時~17時)
内線 7647,7648
医局 TEL 0285-58-7716 (受付時間9時~17時 医療関係者のみ)
FAX 0285-44-8329

ページトップへ

  • 診療科等のご案内
  • 小児科
  • 小児外科
  • 小児・先天性心臓血管外科
  • 小児泌尿器科
  • 小児整形外科
  • 小児形成外科
  • 小児脳神経外科
  • 子どもの心の診療科
  • 小児耳鼻咽喉科
  • 小児画像診断部
  • 小児手術・集中治療部
  • 小児リハビリテーション部
  • 子ども医療センター ボランティア室