自治医科大学 循環器内科学部門

文字サイズ変更
S
M
L

Menu

研究業績


研究業績

切替

2019年

  • Key Points of the 2019 Japanese Society of Hypertension Guidelines for the Management of Hypertension.
  • Kario K.
  • Korean Circ J. 2019 Dec;49(12):1123-1135. doi: 10.4070/kcj.2019.0246. Review.
  • PMID:31760704
  • [コメント]
  • 韓国からの日本高血圧学会の新JSH2019ガイドラインの紹介依頼総説です。アジア各国は日本高血圧学会のガイドラインに大変興味を持っており、各国のガイドラインを作成する際の参考にしているようです。アジア人の特性を考慮した循環器疾患の予防治療管理が重要です。そのキーワードは、より早く、より厳格に、24時間にわたるパーフェクト血圧管理です。(苅尾七臣)
  • Target blood pressure and control status in Asia.
  • Chia YC, Kario K, Turana Y, Nailes J, Tay JC, Siddique S, Park S, Shin J, Buranakitjaroen P, Chen CH, Divinagracia R, Hoshide S, Minh HV, Sison J, Soenarta AA, Sogunuru GP, Sukonthasarn A, Teo BW, Verma N, Zhang Y, Wang TD, Wang JG.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2019 Nov 19. doi: 10.1111/jch.13714. [Epub ahead of print]
  • PMID:31742891
  • [コメント]
  • アジア人高血圧患者での降圧目標値をどうするか、を議論しています。忍容性と安全性が担保できれば、診察室血圧で130/80mmHg未満を目指すことを推奨しています。(星出聡)
  • Improvement of Actisensitivity after Ventricular Reverse Remodeling in Heart Failure: New ICT-based Multisensor Ambulatory Blood Pressure Monitoring.
  • Narita K, Hoshide S, Kario K.
  • Am J Hypertens. 2019 Nov 12. pii: hpz177. doi: 10.1093/ajh/hpz177. [Epub ahead of print] No abstract available.
  • PMID:31713582
  • [コメント]
  • 心不全治療に伴い左室リバースリモデリング(左室サイズの縮小および収縮能の改善)を呈した初発の心不全患者において、HIJAMP研究で使用しているマルチセンサー搭載ABPMを用いて、左室リバースリモデリング前後における身体活動感受性の増大を観察した症例報告です。左室収縮能の改善により身体活動に対する血圧反応性が増大したと考えられ、マルチセンサー搭載ABPMによる身体活動感受性の評価が心機能評価などにも有用である可能性が示唆されました。(成田圭佑)
  • Current status of ambulatory blood pressure monitoring in Asian countries: A report from the HOPE Asia Network.
  • Shin J, Kario K, Chia YC, Turana Y, Chen CH, Buranakitjaroen P, Divinagracia R, Nailes J, Hoshide S, Siddique S, Sison J, Soenarta AA, Sogunuru GP, Tay JC, Teo BW, Zhang YQ, Park S, Van Minh H, Kabutoya T, Verma N, Wang TD, Wang JG.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2019 Nov 7. doi: 10.1111/jch.13724. [Epub ahead of print] Review.
  • PMID:31696632
  • [コメント]
  • アジア人の高血圧管理でのABPMの位置づけを、それぞれのKOLの実臨床でのABPMの使用法のアンケート結果を示して議論しています。(星出聡)
  • Asian management of hypertension: Current status, home blood pressure, and specific concerns in Malaysia.
  • Chia YC, Kario K.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2019 Nov 6. doi: 10.1111/jch.13721. [Epub ahead of print] Review.
  • PMID:31693281
  • [コメント]
  • 2020年当初、World Hypertension League の機関紙であるJournal of Clinical Hypertensionがアジア特集号を組みます。アジアのキーオピニオンリーダーに、各国の現状と関心トピック、家庭血圧の位置づけ、さらに今後の展望の視点から、レポートをまとめてもらっています。これはマレーシアからの報告です。(苅尾七臣)
  • Asian management of hypertension: Current status, home blood pressure, and specific concerns in Japan.
  • Kabutoya T, Hoshide S, Kario K.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2019 Oct 17. doi: 10.1111/jch.13713. [Epub ahead of print] Review.
  • PMID:31622008
  • [コメント]
  • アジア各国の高血圧のコントロール状況の日本版です。新旧の高血圧ガイドラインの血圧閾値で比較した仮面高血圧や家庭血圧のコントロール状況と、近年の降圧薬のトレンドをまとめ報告しました(甲谷友幸)
  • The effects of topiroxostat on vascular function in patients with hyperuricemia.
  • Higa S, Shima D, Tomitani N, Fujimoto Y, Kario K.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2019 Sep 26. doi: 10.1111/jch.13707. [Epub ahead of print]
  • PMID:31556223
  • [コメント]
  • 高血圧を合併する高尿酸血症患者において高尿酸治療薬であるキサンチンオキシダーゼ阻害薬・トピロキソスタットが血流依存性血管拡張反応FMDを改善することを示しました。(苅尾七臣)
  • Central Glucagon-like Peptide-1 Receptor Signaling via Brainstem Catecholamine Neurons Counteracts Hypertension in Spontaneously Hypertensive Rats.
  • Katsurada K, Nakata M, Saito T, Zhang B, Maejima Y, Nandi SS, Sharma NM, Patel KP, Kario K, Yada T.
  • Sci Rep. 2019 Sep 19;9(1):12986. doi: 10.1038/s41598-019-49364-x.
  • PMID:31537818 | PMCID:PMC6753091
  • [コメント]
  • 高血圧自然発症ラットを用いた実験により、GLP-1受容体作動薬が延髄カテコラミンニューロンの活性化を介して降圧および交感神経抑制作用を発揮することを示しました。この神経回路が、臨床におけるGLP-1受容体作動薬の心血管イベント抑制作用機構の一部である可能性があります。(桂田健一)
  • Expert panel consensus recommendations for ambulatory blood pressure monitoring in Asia: The HOPE Asia Network.
  • Kario K, Shin J, Chen CH, Buranakitjaroen P, Chia YC, Divinagracia R, Nailes J, Hoshide S, Siddique S, Sison J, Soenarta AA, Sogunuru GP, Tay JC, Teo BW, Turana Y, Zhang Y, Park S, Van Minh H, Wang JG.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2019 Sep;21(9):1250-1283. doi: 10.1111/jch.13652.
  • PMID:31532913
  • [コメント]
  • HOPE Asia Network のエキスパートグループが発表した24時間血圧モニタリングのコンセンサス推奨論文です。アジア研究のエビデンスを重視し、現在のコンセンサスを提示しています。(苅尾七臣)
  • Cross-Sectional Analysis of the Relationship Between Home Blood Pressure and Indoor Temperature in Winter: A Nationwide Smart Wellness Housing Survey in Japan.
  • Umishio W, Ikaga T, Kario K, Fujino Y, Hoshi T, Ando S, Suzuki M, Yoshimura T, Yoshino H, Murakami S; SWH Survey Group.
  • Hypertension. 2019 Oct;74(4):756-766. doi: 10.1161/HYPERTENSIONAHA.119.12914. Epub 2019 Aug 26.
  • PMID:31446802
  • [コメント]
  • 国土交通省主導のスマートウェルネス住宅等推進事業の研究の研究成績です。私も副委員長として参加していますが、高齢者では就寝時血圧よりも早朝家庭血圧の方が室温の影響をより強く受けて上昇することを全国規模で示しました。高齢高血圧患者の循環器疾患の抑制には、食事、運動、の質睡眠に加えての室温を18℃以上に保つ住環境の整備が望まれます。(苅尾七臣)
  • Diagnostic accuracy of an algorithm for detecting atrial fibrillation in a wrist-type pulse wave monitor.
  • Kabutoya T, Takahashi S, Watanabe T, Imai Y, Uemoto K, Yasui N, Kario K.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2019 Sep;21(9):1393-1398. doi: 10.1111/jch.13648. Epub 2019 Aug 17.
  • PMID:31420946
  • [コメント]
  • 手首型脈波計による心房細動の診断能を評価しました。将来は血圧計を搭載し、モバイルで循環動態を評価できるモニターの開発をめざしています。(甲谷友幸)
  • Hemodynamic Stress, Pulse Pressure, and Blood Pressure Variability may be Strong Triggers of Cardiovascular Events in Diabetes.
  • Narita K, Hoshide S, Kario K.
  • Am J Hypertens. 2019 Aug 13. pii: hpz131. doi: 10.1093/ajh/hpz131. [Epub ahead of print] No abstract available.
  • PMID:31407770
  • [コメント]
  • 1型糖尿病患者を25年間の長期にわたってフォローし、脈圧が冠動脈疾患リスクと関連することを示したコホート研究の論文に対するCommentaryです。糖尿病患者における脈圧の病態と病的意義についてまとめ、苅尾先生が提唱されているSHATSの概念や心血管イベントトリガーとしての血圧変動について述べました。(成田圭佑)
  • Changes in 24-Hour Patterns of Blood Pressure in Hypertension Following Renal Denervation Therapy.
  • Kario K, Weber MA, Mahfoud F, Kandzari DE, Schmieder RE, Kirtane AJ, B?hm M, Hettrick DA, Townsend RR, Tsioufis KP.
  • Hypertension. 2019 Jul 1:HYPERTENSIONAHA11913081. doi: 10.1161/HYPERTENSIONAHA.119.13081. [Epub ahead of print] No abstract available.
  • PMID:31256723
  • [コメント]
  • これまでのシャム手技コントロールを置いた3つの臨床試験と日本のHTN-J試験の24時間血圧変動への影響をまとめたものです。 いずれも、降圧薬onでもoffでも、ラジオ波焼灼でも超音波除神経でも、腎デナベーションは明確に24時間降圧を認めています。 さらに特記すべきは降圧薬が効きにくい夜間から早朝血圧も十分に低下させており、今後の臨床導入が期待されます。(苅尾七臣)
  • Emergence of Home Blood Pressure-Guided Management of Hypertension Based on Global Evidence.
  • Kario K, Shimbo D, Hoshide S, Wang JG, Asayama K, Ohkubo T, Imai Y, McManus RJ, Kollias A, Niiranen TJ, Parati G, Williams B, Weber MA, Vongpatanasin W, Muntner P, Stergiou GS.
  • Hypertension. 2019 Jul 1:HYPERTENSIONAHA11912630. doi: 10.1161/HYPERTENSIONAHA.119.12630. [Epub ahead of print] No abstract available.
  • PMID:31256719
  • [コメント]
  • 家庭血圧を用いた高血圧診療は、世界の中でも日本が抜きんでています。世界の高血圧のKOLが考える現在の家庭血圧の臨床的位置づけと今後の展望がまとまっています。(苅尾七臣)
  • Comparison of blood pressure values-self-measured at home, measured at an unattended office, and measured at a conventional attended office.
  • Asayama K, Ohkubo T, Rakugi H, Miyakawa M, Mori H, Katsuya T, Ikehara Y, Ueda S, Ohya Y, Tsuchihashi T, Kario K, Miura K, Hasebe N, Ito S, Umemura S; Japanese Society of Hypertension Working Group on the COmparison of Self-measured home, Automated unattended office and Conventional attended office blood pressure (COSAC) study..
  • Hypertens Res. 2019 Jun 21. doi: 10.1038/s41440-019-0287-6. [Epub ahead of print]
  • PMID:31222188
  • [コメント]
  • 医師がいない状態の診察室で自動血圧測定した血圧(AOBP)は白衣効果を除外できることが期待されていました。 本比較研究で、AOBPは家庭血圧とは異なるものであることが明らかにされました。本研究を受けて、JSH2019 ガイドラインは、AOBPを積極的に推奨せず、従来通り家庭血圧をガイドにした個別高血圧診療を推奨しています。本研究は日本高血圧学会が企画を行った臨床研究です。(苅尾七臣)
  • Renal Denervation for Treating Hypertension: Current Scientific and Clinical Evidence.
  • Weber MA, Mahfoud F, Schmieder RE, Kandzari DE, Tsioufis KP, Townsend RR, Kario K, Bテカhm M, Sharp ASP, Davies JE, Osborn JW, Fink GD, Euler DE, Cohen DL, Schlaich MP, Esler MD.
  • JACC Cardiovasc Interv. 2019 Jun 24;12(12):1095-1105. doi: 10.1016/j.jcin.2019.02.050. Review.
  • PMID:31221299
  • [コメント]
  • 国際ワーキンググループで、腎デナベーションの最新情報をまとめたものです。 最新情報と今後の方向性が示されています。 (苅尾七臣)
  • Clinical Characteristics of Heart Failure from Case Reports Presented at the Regional Meeting of the Japanese Society of Internal Medicine.
  • Kabutoya T, Sato H, Aramaki E, Kario K, Nagai R.
  • Intern Med. 2019 Aug 1;58(15):2145-2150. doi: 10.2169/internalmedicine.2583-18. Epub 2019 Jun 7.
  • PMID:31178494
  • [コメント]
  • 内科学会症例データベース症例くんの約5万例の症例から、心不全の報告の報告科、病名などの調査を行いました。心不全は非循環器疾患から起こることが多く、インターネットによるデータベース構築が、症例報告を常にupdateするために有用でした。このようなデータベースを通じて、われわれ循環器医は循環器疾患のみならず内科疾患を幅広く勉強することが医学教育に有意義であると感じました。(甲谷友幸)
  • Added predictive value of high uric acid for cardiovascular events in the Ambulatory Blood Pressure International Study.
  • Reboldi G, Verdecchia P, Saladini F, Pane M, Beilin LJ, Eguchi K, Imai Y, Kario K, Ohkubo T, Pierdomenico SD, Schwartz JE, Wing L, Palatini P.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2019 Jul;21(7):966-974. doi: 10.1111/jch.13584. Epub 2019 Jun 6.
  • PMID:31169986
  • [コメント]
  • 我々の自治医大ABPM研究を含む追跡研究を合わせた国際データベースで、尿酸レベルを加えることにより、心血管予測モデルの精度向上を示した国際研究です。 (苅尾七臣)
  • Hypertension and Dementia: A comprehensive review from the HOPE Asia Network.
  • Turana Y, Tengkawan J, Chia YC, Hoshide S, Shin J, Chen CH, Buranakitjaroen P, Nailes J, Park S, Siddique S, Sison J, Ann Soenarta A, Chin Tay J, Sogunuru GP, Zhang Y, Wang JG, Kario K.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2019 May 27. doi: 10.1111/jch.13558. [Epub ahead of print] Review.
  • PMID:31131972
  • [コメント]
  • アジアの有志で作るHOPE Asia Netwrok からの高血圧と認知症に関する最新総説です。今後、循環器疾患と認知症が大きな問題となってきます。そのリンクに高血圧による血管障害と血行動態の変動があります。(苅尾七臣)
  • Usefulness of a salt check sheet for elementary school and junior high school children.
  • Fujiwara T, Kikuchi K, Hoshide S, Tsuchihashi T, Kario K.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2019 May 8. doi: 10.1111/jch.13549. [Epub ahead of print]
  • PMID:31067006
  • [コメント]
  • 塩分チェックシートが、小中学生における推定食塩摂取量の把握にも有用なツールであることを証明した初めての臨床研究です。小児に対する減塩教育が広まっていくことを切に願います。(藤原 健史)
  • Renal Sympathetic Denervation in Patients with Resistant Hypertension: A Feasibility Study.
  • Kario K, Rumoroso JR, Okawara Y, P?rez de Prado A, Garcia Fernandez E, Kagitani H, GoicoleaG?mez FJ, Rodr?guez Leor O, Stankovic G.
  • Pulse (Basel). 2019 Apr;6(3-4):137-143. doi: 10.1159/000490620. Epub 2018 Jul 25.
  • PMID:31049313 | PMCID:PMC6489090
  • [コメント]
  • テルモ・欧州IBERIS研究の成績です。単群のFeasibility研究ですが、有意な24時間血圧の低下がみられています。 (苅尾七臣)
  • Systemic hemodynamic atherothrombotic syndrome (SHATS): Diagnosis and severity assessment score.
  • Kario K.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2019 Apr 22. doi: 10.1111/jch.13542. [Epub ahead of print] No abstract available.
  • PMID:31006984
  • [コメント]
  • 血行動態と血管疾患が相乗的悪循環を形成して、循環器疾患のイベントと臓器障害の進展を引き起こす病態、全身血行動態アテローム血栓性症候群」の概念とスコア化です。今後、この概念のエビデンスを証明してゆきたいと思います。SHATS has everything. (苅尾七臣)
  • JSH Statement: Asahikawa declaration in promotion of diversity by the Japanese society of hypertension-the JSH Asahikawa declaration.
  • Nakamura S, Hasebe N, Yatabe M, Kishi T, Ishida M, Ichihara A, Node K, Ishimitsu T, Itoh H, Ito M, Ohishi M, Ohkubo T, Kai H, Kashihara N, Kario K, Saitoh S, Tsuchihashi T, Nishiyama A, Higaki J, Miura K, Rakugi H, Kawano Y, et al.
  • Hypertens Res. 2019 Apr 8. doi: 10.1038/s41440-019-0261-3. [Epub ahead of print] No abstract available.
  • PMID:30962519
  • [コメント]
  • 日本高血圧学会が発表した「旭川ダイバーシティー宣言」です。理事の中村 敏子先生(関西福祉科学大学 健康福祉学部 福祉栄養学科 教授)が力をいれてまとめられました。(苅尾七臣)
  • Blood Pressure Measurement and Treatment Decisions.
  • Kario K, Thijs L, Staessen JA.
  • Circ Res. 2019 Mar 29;124(7):990-1008. doi: 10.1161/CIRCRESAHA.118.313219.
  • PMID:30920932
  • [コメント]
  • Circulation Researchが定期的に出している高血圧State-of-Art特集です。ベルギー大学のStaessen先生、Thijs先生と共に、これまでのエビデンスを総括し、白衣高血圧と仮面高血圧に関して最新見解を発表しています。(苅尾七臣)
  • Effect of suvorexant on nighttime blood pressure in hypertensive patients with insomnia: The SUPER-1 study.
  • Kario K, Yamasaki K, Yagi K, Tsukamoto M, Yamazaki S, Okawara Y, Tomitani N, Kanegae H.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2019 Mar 15. doi: 10.1111/jch.13505. [Epub ahead of print]
  • PMID:30874378
  • [コメント]
  • 眠剤・オレキシン受容体拮抗薬の夜間血圧への効果を見た初めてのプラセボ対照無作為比較試験 SP-1です。どの血圧成分が改善したのかー夜間血圧、血圧サージ?(苅尾七臣)
  • The further development of out-of-office BP monitoring: Japan's ImPACT Program Project's achievements, impact, and direction.
  • Kario K, Tomitani N, Kanegae H, Yasui N, Nagai R, Harada H.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2019 Mar;21(3):344-349. doi: 10.1111/jch.13495. Epub 2019 Feb 27. No abstract available.
  • PMID:30811098
  • [コメント]
  • 内閣府ImPACT研究で自治医科大学と京都大学(工学部 原田博司先生)と共同開発した、新規周辺環境と血圧の時系列同時相伝送システム(The ImPACT hybrid Wi-SUN/WiFi 伝送システム)とその臨床応用の展望をまとめました。未来のDigital cardiovascular medicineです。(苅尾七臣)
  • Prior Anticoagulation and Short- or Long-Term Clinical Outcomes in Ischemic Stroke or Transient Ischemic Attack Patients With Nonvalvular Atrial Fibrillation.
  • Tokunaga K, Koga M, Itabashi R, Yamagami H, Todo K, Yoshimura S, Kimura K, Sato S, Terasaki T, Inoue M, Shiokawa Y, Takagi M, Kamiyama K, Tanaka K, Takizawa S, Shiozawa M, Okuda S, Okada Y, Kameda T, Nagakane Y, Hasegawa Y, Shibuya S, et al.
  • J Am Heart Assoc. 2019 Feb 5;8(3):e010593. doi: 10.1161/JAHA.118.010593.
  • PMID:30691339
  • [コメント]
  • 国立循環器病センター豊田一則先生が主導する非弁膜症性心房細動を合併する虚血性脳卒中・TIA入院患者の予後解析です。 発症前のワルファリン治療は3ヶ月後の死亡と身体障害のリスクを低減するが、2年後の予後改善はみられないことが示されています。(苅尾七臣)
  • Constipation-induced pressor effects as triggers for cardiovascular events.
  • Ishiyama Y, Hoshide S, Mizuno H, Kario K.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2019 Feb 13. doi: 10.1111/jch.13489. [Epub ahead of print] Review.
  • PMID:30761728
  • [コメント]
  • 便秘、排便時のいきみは血圧上昇を引き起こし、うっ血性心不全、急性冠症候群、不整脈、大動脈解離などの心血管イベントのトリガーとなる。循環器医は便秘を軽視せず、早期に介入する必要がある。(石山裕介)
  • Morning surge in blood pressure and blood pressure variability in Asia: Evidence and statement from the HOPE Asia Network.
  • Sogunuru GP, Kario K, Shin J, Chen CH, Buranakitjaroen P, Chia YC, Divinagracia R, Nailes J, Park S, Siddique S, Sison J, Soenarta AA, Tay JC, Turana Y, Zhang Y, Hoshide S, Wang JG; HOPE Asia Network..
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2018 Dec 7. doi: 10.1111/jch.13451. [Epub ahead of print] Review.
  • PMID:30525279
  • [コメント]
  • アジア11か国の高血圧専門センターの研究者で構成されるHOPE Asiaネットワークで作成した、早朝血圧と血圧変動のアジア人の特徴を記したエビデンスとステイトメントです(星出聡)
  • Utility of low-dose adenosine triphosphate sensitivity in slow-fast atrioventricular nodal reentrant tachycardia.
  • Watanabe T, Hachiya H, Kusa S, Kajiyama T, Yamao K, Miyazaki S, Igarashi M, Nakamura H, Imai Y, Kario K, Iesaka Y.
  • Pacing Clin Electrophysiol. 2018 Dec 19. doi: 10.1111/pace.13590. [Epub ahead of print]
  • PMID:30569491
  • [コメント]
  • 通常型房室結節リエントリー性頻拍:typical AVNRTにおける少量ATP (adenosine triphosphate) に対する感受性を検証した。ATP感受性を有する症例は有意に下位共通路を有し、また遅伝導路成功通電部位はHis束に近かった (渡部智紀)
  • Winter morning surge in blood pressure after the Great East Japan Earthquake.
  • Nishizawa M, Fujiwara T, Hoshide S, Sato K, Okawara Y, Tomitani N, Matsuo T, Kario K.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2018 Dec 20. doi: 10.1111/jch.13463. [Epub ahead of print]
  • PMID:30570209
  • [コメント]
  • 被災地で行ったABPMを用いた季節変動の要因を調べた研究です。結果は早朝血圧のみが夏から冬にかけて有意に上昇していることが分かりました。また、仮設住宅居住者で75歳以下の方と比べ、自宅居住者で75歳以上の方が約5倍も早朝の血圧上昇のリスクが高いことが分かりました(西澤匡史)
  • Hypertension Is Predicted by Both Large and Small Artery Disease.
  • Kario K, Kanegae H, Oikawa T, Suzuki K.
  • Hypertension. 2019 Jan;73(1):75-83. doi: 10.1161/HYPERTENSIONAHA.118.11800.
  • PMID:30571549
  • [コメント]
  • 血管年齢指標CAVIの増大が、高血圧の新規発症に先行し、高血圧リスクになることを初めて示した約35000名の日本人のエビデンスです(苅尾七臣)
  • JSH Statement: Kyoto declaration on hypertension research in Asia.
  • Ito M, Ishimitsu T, Ichihara A, Itoh H, Ohishi M, Ohkubo T, Kai H, Kashihara N, Kario K, Saitoh S, Tsuchihashi T, Nakamura S, Nishiyama A, Node K, Hasebe N, Higaki J, Miura K, Rakugi H, Tamura K, Kawano Y, Yatabe T, Ohya Y, et al.
  • Hypertens Res. 2019 Jan 7. doi: 10.1038/s41440-018-0172-8. [Epub ahead of print] No abstract available.
  • PMID:30617311
  • [コメント]
  • 伊藤正明先生が会長で開催された日本高血圧学会・高血圧フォーラム2018京都で発表された「京都アジア宣言」です。 国際FJSH制度を設置し、アジアの高血圧管理に貢献しようとする宣言です(苅尾七臣)
  • Maximum home systolic blood pressure is a marker of carotid atherosclerosis.
  • Kaihara T, Hoshide S, Tomitani N, Kanegae H, Kario K; J-HOP Study Group..
  • Clin Exp Hypertens. 2019 Jan 11:1-5. doi: 10.1080/10641963.2018.1557678. [Epub ahead of print]
  • PMID:30632806
  • [コメント]
  • 4000人を超える心血管リスクをもつ集団の、家庭血圧の最大値が頸動脈硬化に関連することを報告しました(星出聡)