自治医科大学 循環器内科学部門

文字サイズ変更
S
M
L

Menu

研究業績


研究業績

切替

2020年

  • Mobile mural thrombus and spontaneous echo contrast in ascending aorta after postoperative adjuvant cisplatin-based chemotherapy
  • Aoyama Y, Harada K, Yokoyama Y, Ishiyama Y, Komori T, Shinpo M, Kario K.
  • Echocardiography. 2020 May 21. [in press]
  • PMID:32437591
  • [コメント]
  • 腎盂癌に対してシスプラチンベースでの術後化学療法を施行後、上行大動脈内に可動性のある血栓およびもやもやエコーを認め、全身性塞栓症を呈した症例であった。化学療法での血栓形成は既知の副作用であり、血管内皮の損傷や凝固系の障害などに起因するとされている。またもやもやエコーの形成は低心機能や心房細動、動脈壁の損傷などにより認められるとされている。本来であれば上行大動脈の血流速度は速くもやもやエコーおよび血栓形成は起こりにくい環境ではあるが、化学療法による血管内皮の損傷が今回のもやもやエコー形成に関与していると推測する。もやもやエコーの有無から化学療法中の血栓症予防及び早期発見にも有用と考えられ、今後の症例の積み重ねや基礎研究が必要である。(青山泰) 
  • The Insular cortex, alzheimer disease pathology, and their effects on blood pressure variability
  • Kitamura J, Nagai M, Ueno H, Ohshita T, Kikumoto M, Toko M, Kato M, Dote K, Yamashita H, Kario K.
  • Alzheimer Dis Assoc Disord. 2020 May 6. [in press]
  • PMID:32384285
  • [コメント]
  • 広島大学神経内科の先生方との共同研究を総説としてまとめました。近年注目を集めている“アルツハイマー病とVisit-to-visit血圧変動性増大との関連”に対し、“大脳における自律神経制御ネットワークの破綻がどのように影響をおよぼすか?”というテーマについて、我々の研究データをもとに推論しております。特にアルツハイマー病における島皮質の脳病理について焦点を絞り、今後の展望について概括しました。(永井道明)
  • Increased arterial stiffness amplifies the association between home blood pressure variability and cardiac overload: The J-HOP study
  • Ishiyama Y, Hoshide S, Kanegae H, Kario K.
  • Hypertension. 2020; 75: 1600-1606.
  • PMID:32336235
  • [コメント]
  • 少なくとも一つの心血管リスクを有する一般外来患者において、baPWV高値群(≧1800cm/s)では低値群と比較して、血圧変動性がNTproBNPをより上昇させることを示しました。これは血行動態ストレスの心臓に与える負荷がatrterial stiffnessによって異なるというを示しており、systemic hemodynamic atherothrombotic syndromeの現象の一部を捉えたものと考えています。(石山裕介)
  • Febuxostat does not delay progression of carotid atherosclerosis in patients with asymptomatic hyperuricemia: A randomized, controlled trial
  • Tanaka A, Taguchi I, Teragawa H, Ishizaka N, Kanzaki Y, Tomiyama H, Sata M, Sezai A, Eguchi K, Kato T, Toyoda S, Ishibashi R, Kario K, Ishizu T, Ueda S, Maemura K, Higashi Y, Yamada H, Ohishi M, Yokote K, Murohara T, Oyama JI, Node K; PRIZE study investigators.
  • PLoS Med. 2020;17(4):e1003095.
  • PMID:32320401
  • [コメント]
  • 本研究は無症候性高尿酸血症(>7.0mg/dL)患者に対する、フェブキソスタットの頸動脈内膜中膜壁肥厚(IMT)抑制効果を、生活習慣指導群と比較した2年間の多施設無作為比較試験である。尿酸は有意にフェブキソスタット群で低下したが、頸動脈IMTの変化に差はなかった。(苅尾七臣) 
  • Automatic detection algorithm for establishing standard to identify "surge blood pressure"
  • Kokubo A, Kuwabara M, Nakajima H, Tomitani N, Yamashita S, Shiga T, Kario K.
  • Med Biol Eng Comput. 2020; 58: 1393-1404.
  • PMID:32281072
  • [コメント]
  • オムロンヘルスケアと共同で開発したBeat-by-beat血圧計を用いて、血圧が数十秒で急上昇する「血圧サージ」を非侵襲で観測できるようになりました。血圧サージは多い人だと夜間に数百回起こりますが、一晩約3万拍の中から目視で検出することは労力がかかるため、自動で血圧サージを検出するアルゴリズムを開発しました。開発したアルゴリズムを用いることで短時間に感度高く血圧サージを検出でき、臨床研究を加速できることが期待されます。(小久保綾子)
  • Control of 24-hour blood pressure with SGLT2 inhibitors to prevent cardiovascular disease
  • Kario K, Ferdinand KC, O'Keefe JH.
  • Prog Cardiovasc Dis. 2020 Apr 8 [in press]
  • PMID:32275926
  • [コメント]
  • 我々は、高血圧を合併する糖尿病患者を対象にSACRA研究とShift−J研究を実施し、SGLT2阻害薬が夜間・早朝血圧を含む24時間にわたる降圧効果を示すことを明らかにした。 本総説では、アメリカ糖尿病研究者と共に日本人と欧米のエビデンスと比較し、SGLT2阻害薬の心血管保護効果に関する最新情報と今後の展望を示した。(苅尾七臣)
  • Increased arterial stiffness and cardiovascular risk prediction in controlled hypertensive patients with coronary artery disease: post hoc analysis of FMD-J (Flow-mediated Dilation Japan) Study A
  • Maruhashi T, Soga J, Fujimura N, Idei N, Mikami S, Iwamoto Y, Iwamoto A, Kajikawa M, Matsumoto T, Oda N, Kishimoto S, Matsui S, Hashimoto H, Takaeko Y, Yamaji T, Harada T, Han Y, Aibara Y, Mohamad Yusoff F, Hidaka T, Kihara Y, Chayama K, Noma K, Nakashima A, Goto C, Tomiyama H, Takase B, Kohro T, Suzuki T, Ishizu T, Ueda S, Yamazaki T, Furumoto T, Kario K, Inoue T, Koba S, Watanabe K, Takemoto Y, Hano T, Sata M, Ishibashi Y, Node K, Maemura K, Ohya Y, Furukawa T, Ito H, Ikeda H, Yamashina A, Higashi Y.
  • Hypertens Res. 2020 Mar 9. [in press]
  • PMID:32152482
  • [コメント]
  • 血圧コントロール良好(<130/80mmHg)な冠動脈疾患患者において、上腕足首脈波伝播速度(baPWV)が独立して心血管イベントリスクと関連することを示した多施設観察研究FMD-Jの最新成績である。(苅尾七臣)
  • Seasonal Variation of Home Blood Pressure and Its Association With Target Organ Damage: The J-HOP Study (Japan Morning Surge-Home Blood Pressure)
  • Narita K, Hoshide S, Fujiwara T, Kanegae H, Kario K.
  • Am J Hypertens. 2020 Mar 23 [in press]
  • PMID:32202625
  • [コメント]
  • 家庭血圧についての大規模観察研究であるJ-HOP研究のデータを用いて、家庭血圧レベル、家庭血圧を用いた仮面高血圧についての季節変動性、および家庭血圧と標的臓器障害との関連についての季節変動性について横断的解析を行いました。新たな知見として、仮面高血圧の割合は他の季節と比較し夏季に低くなること、また、家庭早朝血圧と尿中微量アルブミン・クレアチニン比および血清BNP値との関連が他の季節と比較し冬季により強くなることを示しました。(成田 圭佑)
  • Efficacy of catheter-based renal denervation in the absence of antihypertensive medications (SPYRAL HTN-OFF MED Pivotal): a multicentre, randomised, sham-controlled trial
  • B?hm M, Kario K, Kandzari DE, Mahfoud F, Weber MA, Schmieder RE, Tsioufis K, Pocock S, Konstantinidis D, Choi JW, East C, Lee DP, Ma A, Ewen S, Cohen DL, Wilensky R, Devireddy CM, Lea J, Schmid A, Weil J, Agdirlioglu T, Reedus D, Jefferson BK, Reyes D, D'Souza R, Sharp ASP, Sharif F, Fahy M, DeBruin V, Cohen SA, Brar S, Townsend RR; SPYRAL HTN-OFF MED Pivotal Investigators.
  • Lancet. 2020; 395: 1444-1451.
  • PMID:32234534
  • [コメント]
  • 本試験は高血圧患者において腎デナベーションが科学的に血圧を低下させること初めてピボタル試験で明らかにした。未治療の高血圧患者を対象に高周波焼灼デバイス・SPYRALを用いたカテーテル腎デナベーションの降圧効果を証明した多施設国際無作為比較試験SPYRAL HTN-OFF MED Pivotalにおいて、シャム群に比較して、腎デナベーション群では、24時間収縮期血圧が3.9 mmHg、診察室収縮期血圧が6.5 mmHg低下した。 現在、降圧レスポンダーの解析が行われている。(苅尾七臣)
  • Stent fracture and thrombosis visualized by a combination of enhanced stent visualization and optical coherence tomography.
  • Oba Y, Funayama H, Takahashi M, Kario K.
  • Coron Artery Dis. 2020 Feb 22. doi: 10.1097/MCA.0000000000000850. [Epub ahead of print] No abstract available.
  • PMID:32097131
  • [コメント]
  • ステント内再狭窄の形態・病態把握に光干渉断層撮影(OCT)が有用であると考えています。以前、ステント内再狭窄の原因がステント断裂であることを3D-OCTで明瞭化できた症例を報告させて頂きました。しかし、ステント留置後慢性期にはステント内に新生内膜が形成されるため、必ずしも明瞭な3D-OCT像を得られないという限界もあります。そこで、ステント強調画像という撮像法と2D-OCTを組み合わせることで、より簡便に、より多くの症例で、ステント内再狭窄の形態・病態把握に役立つと考え、症例報告させて頂きました。(大場祐輔)
  • Rationale, design, and baseline characteristics of the Cardiovascular Prognostic COUPLING Study in Japan (the COUPLING Registry).
  • Kario K, Kabutoya T, Fujiwara T, Negishi K, Nishizawa M, Yamamoto M, Yamagiwa K, Kawashima A, Yoshida T, Nakazato J, Matsui Y, Sekizuka H, Abe H, Abe Y, Fujita Y, Sato K, Narita K, Tsuchiya N, Kubota Y, Hashizume T, Hoshide S.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2020 Mar;22(3):465-474. doi: 10.1111/jch.13764. Epub 2020 Feb 24.
  • PMID:32092246
  • [コメント]
  • 血管ステッフネス指標であるCAVIと脈波波形、心電図成分の掲示変化と循環器疾患の発症予後を検討するプロスペクティブ研究です。(苅尾七臣)
  • Perfect 24-hr Blood Pressure Control: Up-to-Date 2020.
  • Kario K.
  • Curr Hypertens Rev. 2020;16(1):2-10. doi: 10.2174/157340211601191226162545. No abstract available.
  • PMID:32065084
  • [コメント]
  • ウェアラブルモニタリング、デジタルハイパーテンション、腎デナベーション、アプリ、新規降圧薬などの最新情報を含むパーフェクト24時間血圧コントロール2020総説です。(苅尾七臣)
  • Renal Denervation in Asia: Consensus Statement of the Asia Renal Denervation Consortium.
  • Kario K, Kim BK, Aoki J, Wong AY, Lee YH, Wongpraparut N, Nguyen QN, Ahmad WAW, Lim ST, Ong TK, Wang TD.
  • Hypertension. 2020 Mar;75(3):590-602. doi: 10.1161/HYPERTENSIONAHA.119.13671. Epub 2020 Feb 3.
  • PMID:32008432
  • [コメント]
  • アジア各国の腎デナベーションを実施しているキーパーソンの先生方とまとめたコンセンサスステートメントです。(苅尾七臣)
  • What is new in the 2018 Chinese hypertension guideline and the implication for the management of hypertension in Asia?
  • Wang JG, Chia YC, Chen CH, Park S, Hoshide S, Tomitani N, Kabutoya T, Shin J, Turana Y, Soenarta AA, Tay JC, Buranakitjaroen P, Nailes J, Van Minh H, Siddique S, Sison J, Sogunuru GP, Sukonthasarn A, Teo BW, Verma N, Zhang YQ, Wang TD, et al.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2020 Mar;22(3):363-368. doi: 10.1111/jch.13803. Epub 2020 Jan 19.
  • PMID:31955513
  • [コメント]
  • 自治医大客員教授でもあるHopeアジアネットワークメンバーのWang先生より、中国の高血圧ガイドラインのダイジェストの紹介です。(星出聡)
  • Prediction of blood pressure variability using deep neural networks.
  • Koshimizu H, Kojima R, Kario K, Okuno Y.
  • Int J Med Inform. 2020 Apr;136:104067. doi: 10.1016/j.ijmedinf.2019.104067. Epub 2020 Jan 8.
  • PMID:31955052
  • [コメント]
  • 自治医大Predict研究データを用いて、京都大学奥野先生との共同研究で行った血圧変動を予測するAIモデルの構築です。(苅尾七臣) 
  • An overview of hypertension and cardiac involvement in Asia: Focus on heart failure.
  • Soenarta AA, Buranakitjaroen P, Chia YC, Chen CH, Nailes J, Hoshide S, Minh HV, Park S, Shin J, Siddique S, Sison J, Sogunuru GP, Sukonthasarn A, Tay JC, Teo BW, Turana Y, Verma N, Wang TD, Zhang YQ, Wang JG, Kario K.
  • J Clin Hypertens (Greenwich). 2020 Mar;22(3):423-430. doi: 10.1111/jch.13753. Epub 2020 Jan 19.
  • PMID:31955506
  • [コメント]
  • HOPE Asia NetworkメンバーのSoenarta先生より、高血圧と心不全の関係をアジア人における視点から注目したレビューです。(星出聡)