スタッフ紹介

スタッフ紹介

自治医科大学 整形外科学教室 准教授 木村敦

准教授木村敦(きむらあつし)

卒業年度
1994年
専門分野
  • 脊椎外科

主に成人の脊柱変形や脊柱管狭窄症、骨粗鬆症性椎体骨折に対する手術治療を担当しております。

資格

  • 医学博士
  • 日本整形外科学会 専門医・評議員
  • 日本脊椎脊髄病学会 手術指導医・評議員
  • 日本リハビリテーション医学会 専門医
  • 日本運動器科学会 評議員

留学

  • University of California, Irvine 博士研究員(2008年~2009年)

業績

原著論文

  • Kimura A, Takeshita K, Yoshii T, Egawa S, Hirai T, Sakai K, Kusano K, Nakagawa Y, Wada K, Katsumi K, Fujii K, Furuya T, Nagoshi N, Kanchiku T, Nagamoto Y, Oshima Y, Nakashima H, Ando K, Takahata M, Mori K, Nakajima H, Murata K, Matsunaga S, Kaito T, Yamada K, Kobayashi S, Kato S, Ohba T, Inami S, Fujibayashi S, Katoh H, Kanno H, Watanabe K, Imagama S, Koda M, Kawaguchi Y, Nakamura M, Matsumoto M, Yamazaki M, Okawa A. Impact of Diabetes Mellitus on Cervical Spine Surgery for Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament. J Clin Med. 2021 Jul 29;10(15):3375.
  • Kimura A, Takeshita K, Inoue H, Inose H, Yoshii T, Maekawa A, Endo K, Miyamoto T, Furuya T, Nakamura A, Mori K, Seki S, Kanbara S, Imagama S, Matsunaga S, Yamazaki M, Okawa A. The 5-question Geriatric Locomotive Function Scale predicts postoperative fall risk in patients undergoing surgery for degenerative cervical myelopathy. J Orthop Sci. 2021 Sep;26(5):779-785.
  • Shiraishi Y, Kimura A, Kimura H, Ohmori T, Takahashi M, Takeshita K. Deletion of inflammasome adaptor protein ASC enhances functional recovery after spinal cord injury in mice. J Orthop Sci. 2021 May;26(3):487-493.
  • Kimura A, Takeshita K, Shiraishi Y, Inose H, Yoshii T, Maekawa A, Endo K, Miyamoto T, Furuya T, Nakamura A, Mori K, Seki S, Kanbara S, Imagama S, Matsunaga S, Okawa A. Effectiveness of Surgical Treatment for Degenerative Cervical Myelopathy in Preventing Falls and Fall-related Neurological Deterioration: A Prospective Multi-institutional Study. Spine (Phila Pa 1976). 2020 Jun 1;45(11):E631-E638.
  • Shiraishi Y, Kimura A, Matsuo O, Sakata Y, Takeshita K, Ohmori T. Short-term inhibition of fibrinolytic system restores locomotor function after spinal cord injury in mice. Sci Rep. 2019 Nov 5;9(1):16024. doi: 10.1038/s41598-019-52621-8.

学会発表

  • 白石康幸,木村敦,木村博昭,大森司,高橋将文,竹下克志:NLRP3インフラマソームのアダプタータンパク質であるASCの欠損はマウス脊髄損傷後の運動機能を改善する.第94回日本整形外科学会学術総会2021.5.20-23, 東京.(6.10-7.12, Web.)
  • 木村敦,白石康幸,菅原亮,井上泰一,竹下克志:整形外科手術における術後せん妄の予測因子に関する検討.第94回日本整形外科学会学術総会2021.5.20-23, 東京.(6.10-7.12, Web.)
  • 木村敦,竹下克志,猪瀬弘之,遠藤健司,古矢丈雄,森幹士,関庄二,今釜史郎,松永俊二,大川淳:ロコモの患者立脚型評価は転倒の予測に有用か 頸髄症手術患者における多施設前向き研究.第94回日本整形外科学会学術総会2021.5.20-23, 東京.(6.10-7.12, Web.)【最優秀ポスター賞】
  • 井上泰一,渡邉英明,大上仁志,白石康幸,菅原亮,木村敦,竹下克志:腰部脊柱管狭窄症患者の握力はどの併存症に影響を受けるか.第94回日本整形外科学会学術総会2021.5.20-23, 東京.(6.10-7.12, Web.)
  • 木村敦,白石康幸,菅原亮,井上泰一,竹下克志:S2 alariliac screw を併用した脊椎固定術が仙腸関節痛に与える影響の検討.第54回日本側彎症学会学術集会2020.11.6-8, Web.

著書・総説

  • 木村敦:圧迫性頸髄症手術前後の転倒による症状悪化.脊椎脊髄ジャーナル33(2)103-108, 2020
  • 遠藤照顕,井上泰一,白石康幸,木村敦,竹下克志:化膿性脊椎炎の保存的治療.別冊整形外科76 135-139, 2019
  • 木村敦:圧迫性頚髄症手術前後の転倒による症状悪化.整形外科69(6)635-639, 2018
  • 木村敦:腰椎変性疾患に対するoblique lateral lumbar interbody fusion(OLIF).新NS NOW No.12 Minimally Invasive Neurosurgery: Up date 脳・神経・外科 低侵襲手術の今 158-161,2017
  • 木村敦:高齢者脊柱変形に対する保存的治療 頸部.脊椎脊髄ジャーナル30(4)332-337,2017

研修案内

研修医・学生の皆様へ
当科でのキャリア形成をご案内いたします。

研究の紹介

当科で行なっている研究・業績の紹介です。

患者さまへ

診療案内・関連病院をご案内いたします。