スタッフ紹介

スタッフ紹介

自治医科大学 整形外科学教室 准教授 井上泰一

准教授井上泰一(いのうえひろかず)

卒業年度
2000年
専門分野
  • 脊椎
  • 脊椎内視鏡

丁寧な診断と治療を心掛けております。脊椎内視鏡手術を中心に低侵襲の脊椎手術を行っております。

資格

  • 医学博士
  • 日本整形外科 専門医
  • 日本脊椎脊髄病学会 指導医
  • 日本リハビリテーション医学会 専門医
  • 日本内視鏡外科学会 技術認定医
  • 日本整形外科学会 脊椎内視鏡下手術・技術認定医
  • 日本整形外科学会 認定脊椎脊髄病医
  • 日本整形外科学会 認定運動器リハビリテーション医
  • 日本整形外科学会 認定リウマチ医
  • 技師装具等適合判定医

所属学会

  • 日本整形外科学会
  • 日本脊椎脊髄病学会
  • 日本リハビリテーション医学会
  • 日本内視鏡学会
  • 日本低侵襲脊椎外科学会
  • 日本腰痛学会
  • 日本脊椎・脊髄神経手術手技学会
  • 日本整形外科スポーツ医学会
  • 日本運動器疼痛学会
  • 関東整形災害外科学会
  • 東日本整形災害外科学会
  • AAOS (American Academy of Orthopaedic Surgeons)
  • ORS (Orthopaedic Research Society)

留学

  • UCLA(2011年~2012年)
  • 稲波脊椎・関節病院(2015年)
  • 徳島大学(2018年6月)

その他

  • 自治医科大学整形外科専門研修プログラム統括責任者

業績

原著論文

  • Kimura A, Takeshita K, Inoue H, Inose H, Yoshii T, Maekawa A, Endo K, Miyamoto T, Furuya T, Nakamura A, Mori K, Seki S, Kanbara S, Imagama S, Matsunaga S, Yamazaki M, Okawa A. The 5-question Geriatric Locomotive Function Scale predicts postoperative fall risk in patients undergoing surgery for degenerative cervical myelopathy. J Orthop Sci. 2021 Sep;26(5):779-785.
  • Kimura A, Takeshita K, Inoue H, Seichi A, Kawasaki Y, Yoshii T, Inose H, Furuya T, Takeuchi K, Matsunaga S, Seki S, Tsushima M, Imagama S, Koda M, Yamazaki M, Mori K, Nishimura H, Endo K, Yamada K, Sato K, Okawa A. The 25-question Geriatric Locomotive Function Scale predicts the risk of recurrent falls in postoperative patients with cervical myelopathy. J Orthop Sci. 2018; 23(1):185-189.
  • Kimura A, Ohmori T, Sakata A, Endo T, Inoue H, Nishimura S, Takeshita K. Hemostatic function to regulate perioperative bleeding in patients undergoing spinal surgery: A prospective observational study. PLoS One. 2017; 12(6):e0179829.
  • Kimura A, Endo T, Inoue H, Takeshita K. Intervertebral bridging ossifications increase the risk of intravertebral cleft formation following a vertebral compression fracture. Eur Spine J. 2016; 25(11):3456-3462.
  • Kimura A, Seichi A, Takeshita K, Inoue H, Kato T, Yoshii T, Furuya T, Koda M, Takeuchi K, Matsunaga S, Seki S, Ishikawa Y, Imagama S, Yamazaki M, Mori K, Kawasaki Y, Fujita K, Endo K, Sato K, Okawa A. Fall-related Deterioration of Subjective Symptoms in Patients with Cervical Myelopathy. Spine (Phila Pa 1976). 2017; 42(7):E398-E403.

学会発表

  • 渡邉英明,吉川一郎,滝直也,富澤洋子,井上泰一,竹下克志:先天性内反足における距踵関節を解離しない後内側解離術の単純X線による術後成績.第94回日本整形外科学会学術総会2021.5.20-23, 東京.(6.10-7.12, Web.)
  • 木村敦,白石康幸,菅原亮,井上泰一,竹下克志:整形外科手術における術後せん妄の予測因子に関する検討.第94回日本整形外科学会学術総会2021.5.20-23, 東京.(6.10-7.12, Web.)
  • 井上泰一,渡邉英明,大上仁志,白石康幸,菅原亮,木村敦,竹下克志:腰部脊柱管狭窄症患者の握力はどの併存症に影響を受けるか.第94回日本整形外科学会学術総会2021.5.20-23, 東京.(6.10-7.12, Web.)
  • 渡邉英明,吉川一郎,滝直也,小沼早希,井上泰一,竹下克志:医学生は包帯で上肢を正しく巻くことができるか. 日本整形外科学会雑誌 94: S1206, 2020.
  • 木村敦,白石康幸,菅原亮,井上泰一,竹下克志:S2 alariliac screw を併用した脊椎固定術が仙腸関節痛に与える影響の検討.第54回日本側彎症学会学術集会2020.11.6-8, Web.

著書・総説

  • 倉林寛,井上泰一,安食孝士,竹下克志:Laboratory Risk Indicator for Necrotizing Fasciitis(LRINEC)スコアを用いた壊死性筋膜炎の評価.整形外科70(13)1351-1355, 2019
  • 遠藤照顕,井上泰一,白石康幸,木村敦,竹下克志:化膿性脊椎炎の保存的治療.別冊整形外科76 135-139, 2019
  • 井上泰一:(1)部位別の機能解剖と特徴 C 部位別の機能解剖と特徴 頚椎・腰椎.OPE NURSING 2019 秋季増刊 28-30, 2109
  • 井上泰一:(1)部位別の機能解剖と特徴 C 部位別の疾患別術式チャート 頚椎・腰椎.OPE NURSING 2019 秋季増刊 22-27, 2109
  • 井上泰一:内視鏡手術のlearning curve-いかにlearning curveを短縮するか.若手脊椎外科医のための内視鏡手術ガイド 岩井グループの技術の今2-7, 2018

研修案内

研修医・学生の皆様へ
当科でのキャリア形成をご案内いたします。

研究の紹介

当科で行なっている研究・業績の紹介です。

患者さまへ

診療案内・関連病院をご案内いたします。