スタッフ紹介

スタッフ紹介

自治医科大学 整形外科学教室 教授 竹下克志

教授竹下克志(たけしたかつし)

卒業年度
1983年
専門分野
  • 脊椎脊髄疾患
  • 頚椎変性疾患
  • 側弯症
  • 運動器疼痛
  • アウトカム評価
  • 画像解析

栃木県は比較的医師数の少ない県であり、整形外科疾患を幅広く経験することができますし、手術も医局先輩の指導の下で若い時期から豊富に経験することができます。自治医大整形外科へ興味がある方は遠慮なくお声がけ下さい。

資格

  • 医学博士
  • 脊柱靭帯骨化症研究班 研究分担者
  • 脳脊髄減少症の診断・治療法の確立に関する研究班 班長協力者
  • 一般財団法人運動器の10年・日本協会 理事
  • NPO法人いたみ医学研究情報センター 評議員
  • NPO日本脊柱変形協会 理事

所属学会

  • Scoliosis Research Society
  • North American Spine Society
  • Cervical Spine Research Society
  • 日本整形外科学会
  • 日本リハビリテーション医学会
  • 日本脊椎脊髄病学会
  • 東日本整形災害外科学会
  • 関東整形災害外科学会
  • 日本側弯症学会
  • 日本腰痛学会
  • 日本運動器科学会
  • 日本運動器疼痛学会
  • 日本脊椎・脊髄神経手術手技学会
  • 日本成人脊柱変形学会

業績

原著論文

  • Doi T, Watanabe K, Doi T, et al. Associations between curve severity and revised Scoliosis Research Society-22 and scoliosis Japanese Questionnaire-27 scores in female patients with adolescent idiopathic scoliosis: a multicenter, cross-sectional study. BMC Musculoskelet Disord. 2021;22(1):312. Published 2021 Mar 29. doi:10.1186/s12891-021-04189-6
  • Kimura A, Takeshita K, Inoue H, et al. The 5-question Geriatric Locomotive Function Scale predicts postoperative fall risk in patients undergoing surgery for degenerative cervical myelopathy. J Orthop Sci. 2021;26(5):779-785. doi:10.1016/j.jos.2020.08.017
  • Kimura A, Takeshita K, Yoshii T, et al. Impact of Diabetes Mellitus on Cervical Spine Surgery for Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament. J Clin Med. 2021;10(15):3375. Published 2021 Jul 29. doi:10.3390/jcm10153375
  • Sakai D, Tanaka M, Takahashi J, et al. Cobalt-chromium versus titanium alloy rods for correction of adolescent idiopathic scoliosis based on 1-year follow-up: a multicenter randomized controlled clinical trial [published online ahead of print, 2021 Mar 19]. J Neurosurg Spine. 2021;1-10. doi:10.3171/2020.9.SPINE201486
  • Taniguchi Y, Ohara T, Suzuki S, et al. Incidence and Risk Factors for Unplanned Return to the Operating Room Following Primary Definitive Fusion for Pediatric Spinal Deformity: A Multicenter Study with Minimum 2-year Follow-Up. Spine (Phila Pa 1976). 2021;46(8):E498-E504. doi:10.1097/BRS.0000000000003822

著書・総説

  • 竹下克志:成人脊柱変形-疼痛管理(薬物療法).関節外科38(12)58-63, 2019
  • 竹下克志:頸椎症性脊髄症・神経根症.今日の治療指針 私はこう治療している61 1138-1139, 2019
  • 竹下克志:胸郭出口症候群と頚椎疾患の鑑別.整形・災害外科62 165-170, 2019
  • 竹下克志:頚椎椎弓形成術後の患者満足度.整形外科69(6)620-624, 2018
  • 竹下克志:15 腰椎椎間板ヘルニア.専門医の整形外科外来診療-最新の診断・治療 183-186,2017

研修案内

研修医・学生の皆様へ
当科でのキャリア形成をご案内いたします。

研究の紹介

当科で行なっている研究・業績の紹介です。

患者さまへ

診療案内・関連病院をご案内いたします。